バンクイックで即日振込はできない?最短の申し込み方法をご紹介!

バンクイック

バンクイックのご利用を検討されているあなた。

急いでお金を借りたいと考えていますね?

バンクイックは銀行カードローンですが、消費者金融並のスピードが強みであることをご存知でしょうか。

スピードが速いと言っても、即日融資は可能なのか?どのくらいのスピードで借りることが出来るのかなど、気になるポイントは沢山あります。

そこで今回は、バンクイックで即日融資は可能であるのかや、最短で借り入れを行う方法を調べてきましたので、解説していきます。

即日振込可能な消費者金融と比較したい方はこちらの記事もご覧ください。
即日振込可能な消費者金融とは?

プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短1時間融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
公式サイトはこちら

銀行カードローン「バンクイック」は即日対応しているのか?

バンクイックとは三菱東京UFJ銀行が取り扱う銀行カードローンです。

「銀行カードローンって審査に時間がかかりそうなイメージ…」

「口座開設しないとダメなんでしょ?」

「そもそも即日で借り入れできるの?」と考えている方も多いはず。

ここからは三菱UFJ銀行のバンクイックは即日対応をしているのかを調べてまいりましたので、ご紹介していきます。

2019年6月現在「バンクイック」は即日対応していない

現在、三菱UFJ銀行カードローンの「バンクイック」は即日振込・即日融資の対応を行っていません。

2018年1月以降から銀行カードローンの即日融資が停止されました。

金融業界では、反社会的勢力関係者との関係性を断つことを宣言していますが、審査の段階では反社会的組織であることを隠し通り抜けることができます。

そのため審査時に判断が出来かね、きちんと審査時に取捨選択が出来ていませんでした。

しかし2018年1月から審査時に警視庁のデータベースと照合のステップが追加され、そちらに日数が費やされることで、即日融資が物理的に不可に。

まだ銀行カードローン側の自主規制により、銀行カードローン全てにおいて即日融資の停止を行うことになりました。

そのため、三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックは即日融資をうけることが出来ないのです。

最短では翌日融資可能?

上記のことから、バンクイックでは申し込み時の情報と、警視庁のデータベースとの照合が行われるため、借り入れまでの時間は最短翌日になるということが分かりました。

バンクイックで少しでも早く融資を受けるには?

バンクイックで、即日融資を受けることはできないということが分かりましたが、最短であれば翌日で融資を受けれる可能性もあるとのこと!

そのためには、警視庁のデータベースの照合以外のステップをいかにスムーズに進めさせることがカギとなります。

それではここからは、バンクイックで最短翌日に融資を受ける方法について詳しく解説していきます。

インターネットからの申し込みなら最短40分で審査完了

インターネットなら24時間365日申し込み可能で、最短40分で審査が完了します。

審査通過後はテレビ電話で契約し、その場でカード発行を行うことができます。

郵送でも契約手続き可能ですが、即日融資はできないためお急ぎの方はテレビ窓口で契約手続きを行うことをおすすめします。

テレビ窓口ならその場でカード発行

テレビ窓口ならその場でカード発行可能です。

銀行カードローンは平日15時までのところがほとんどで、かつ土日は利用不可のところも多いことを考えると、非常に利用しやすいカードローンであることが分かります。

しかし銀行よりも営業時間は長めではありますが、利用時間が決まっているので注意が必要です。

バンクイック営業時間
平日 9:00〜20:00
土祝日 10:00〜18:00
日曜 10:00〜17:00

テレビ窓口を利用する際、必ず必要になる書類があります。

  • 運転免許証(それ以外は不可)
  • 50万円以上の利用で収入証明書

書類は上記の2点となります。必ず有効期限内のもの、収入証明書は最新のものを用意しましょう。

また収入証明書は以下の書類が該当します。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 納税証明書その1・その2(個人事業者の方)
  • 確定申告書第1表・第2表

テレビ窓口で契約手続きを行うなら、本人確認書類は運転免許証のみとなります。

運転免許証がなければ、健康保険証やパスポートでも代用可能ですが、バンクイックのテレビ窓口に限ってはできませんのでテレビ窓口以外の方法で申し込みを行いましょう。

しかし、運転免許証を持っている方であればテレビ窓口が最も早い申し込み方法です。

審査時間は最短40分とインターネット申し込みに比べて拘束時間はありますが、審査結果が出た後すぐカード発行ができるため、融資までスムーズに行うことができるのです。

電話でなら相談しながら申し込み可能

電話なら担当オペレーターと相談しながら申し込みまで行うことができます。

電話もインターネットと同様土日祝日も申し込み可能ですが、時間は限られているので確認しておきましょう。

バンクイック電話申し込み可能時間
平日 9:00〜21:00
土日祝日 9:00〜17:00

金利の低さと利用限度額の高さ

バンクイックは年1.8〜14.6%の金利の低さにも魅力に一つ。

流石銀行カードローンですよね。

「消費者金融は、審査時間は早いけど、金利が高いのがネック…」という方も、もう悩む必要はありません。
利用限度額は最高500万円で、総量規制対象外であるため年収に縛られることなく借り入れ可能です。
金利は利用限度額によって変化します。利用限度額が高ければ高いほど金利が低くなるのがお分かりいただけると思います。

利用限度額 借入利率
400万円以上500万円以下 年 1.8% ~ 年 6.1%
300万円以上400万円以下 年 6.1% ~ 年 7.1%
200万円以上300万円以下 年 7.1% ~ 年 9.6%
100万円以上200万円以下  年 9.6% ~ 年 12.6%
10万円以上100万円以下 年 12.6% ~ 年 14.6%

提携コンビニATMは手数料無料

バンクイックで借り入れ・返済を行う際、三菱UFJ銀行はもちろん、提携ATMでの利用が可能。

しかも手数料は無料で利用することが可能!

バンクイックの利用が出来る提携ATMは以下の3社です。

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート

国内の主要提携ATMで利用できるのはポイント高いですね!

他のキャッシング業者を利用するとなると、手数料が108円または216円と設定されていることがおおいですね。

これを毎月支払っていると、年間1296円~2592円ほどの手数料を支払うことになります。

「塵も積もれば山となる」と言われているように、手数料も長く支払い続けていれば大きなお金になるのです。

そのため手数料無料のバンクイックは使いやすい銀行カードローンであると言えます。

即日融資ができなくても最短で利用する方法

最短での振込サービスを利用するにはメールアドレスの登録が必要です。

アドレス登録済みの方は、インターネット電話の2種類の方法で即日振込を依頼することができます。

インターネットの会員ページにログインする

契約手続き終了後、バンクイックの公式サイトから会員ページにログインすると、振込依頼を行うことができます。

電話で申し込む

電話からでも振込依頼を行うことができます。
簡単に申し込むことができて、フリーダイヤルなので通話料がかかることもありません。

0120-76-5919

バンクイック振込依頼受付時間
平日 9:00〜21:00
土日祝日 9:00〜17:00(12/31〜1/3を除く)

最短翌日振込可能時間

最短での可能時間には制限があるので注意しましょう。

<初回>

申し込み時間 振込実施のタイミング
平日0:00〜14:00 当日中
平日14:00以降または土日祝日 翌営業日

<2回目以降>

申し込み時間 振込実施のタイミング
平日0:00〜8:15 当日9:00頃
平日8:15〜14:00 当日30分以内
平日14:00以降または土日祝日 翌営業日

バンクイック審査についてはコチラから!

バンクイックの申し込み方法や時間が分かったところで、審査基準なども気になりますよね。

バンクイックの審査についてまとめた記事もございますので、是非こちらも併せてご確認ください!

バンクイックの審査は甘いの?審査に落ちたときの対処法もご紹介
三菱UFJ銀行のカードローンバンクイックは、銀行カードローンの中でも、比較的使い勝手のいいカードローンとして人気急上昇中です。 メガバンクの三菱UFJ銀行ということで安心して利用できますし、また金利も安いので利用しやすいサービスですよ...