リボ払いは一括返済すべき!一括返済のメリットと注意点を紹介

リボ払い

リボ払いは、一定の金額だけを返済し、翌月以降に残高を持ち越す返済方法です。

この方法ですが、非常に利息が多くなりがちで、返済が終わった際に支払う金額が余計にかかってしまいます。

そこで、リボ払いを早期に終了させるため、一括返済という方法があります。

一括返済を活用すると、更に返済がスムーズに進み、簡単に返済を終えられるのです。

少しでも早く返済を終えたいのであれば、まずは一括返済を活用して返済しましょう。

ここではリボ払いの一括返済について説明します。

プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短1時間融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
公式サイトはこちら

リボ払いは利息が増えるデメリットを持つ

リボ払いは、支払う金額を分割し、返済を楽にする方法です。

しかし、毎月の返済時に利息が発生します。

利息ですが、カード会社が決めている金利に合わせて返済します。

この金利が高ければ高いほど、余計に利息を取られてしまいます。

多くの会社は、15%程度の金利を採用しており、利息が多くなりがちとなります。

つまり、リボ払いを使ってしまうと、余計な利息を支払うこととなって損をするのです。

また、返済が遅れやすいというデメリットも抱えています。

より早く返済したいと考えているなら、リボ払いは使わないほうがいいでしょう。

どうしてもリボ払いを使う場合は、返済時の対策をしっかりと検討しておきましょう。

リボ払いは一括返済で返した方が得をする

リボ払いですが、一括返済を使ったほうが得をする傾向があります。

一括返済により、支払い後の残高がなくなるため、その後の返済はありません。

また、リボ払いが終われば、再度借入やカードの利用が可能となります。

つまり、返済を早く進められる他、次の借り入れや利用も簡単にできるのです。

今後も長く同じカードを利用したいと考えているなら、一括返済をしっかりと使うようにしましょう。

なお、一部のカードは、一括返済の手続きが難しいため、返済に時間がかかる場合もあります。

リボ払いを一括返済するメリット

リボ払いを一括返済するメリットは以下のとおりです。

  • 翌月以降の返済がなくなる
  • 一括返済で利息を抑えられる
  • カードの利用枠が最大まで戻る
  • 毎月の返済に悩まなくてもいい

以上のメリットを持っています。

様々なメリットにより、快適にカードを利用できる他、毎月の返済も苦労しなくなります。

安心してクレジットカード等を利用したいなら、一括返済を上手に活用しましょう。

ここからは、リボ払いの一括返済が持つメリットについて説明します。

翌月以降の返済がなくなる

一括返済により、翌月以降の返済はありません。

一括返済は、残高がすべて消えるため、翌月以降は返済について何も考えなくていいのです。

毎月の返済で苦労している人にとって、翌月以降の返済がなくなるのはいいことでしょう。

返済回数を減らしたいと考えている場合や、翌月以降に返済したくないと思っているなら、リボ払いは一括返済で返しておきましょう。

一括返済で利息を抑えられる

一括返済により、利息を抑えられるメリットがあります。

リボ払いは、一括返済で毎月の返済額を固定できるメリットがあります。

しかし、利息によって余計な支払いが発生する問題も起きています。

この利息を支払わなくてもいいのが、一括返済が持つメリットです。

翌月以降は利息の返済もありませんので、余計な利息を取られないのです。

また、一括返済により、リボ払いでゆっくりと返済しているより、返済時の利息は大幅に削減されます。

最終的な返済額が大きく減少するため、余計な返済をしたくないと思っているなら、一括返済を活用してください。

カードの利用枠が最大まで戻る

カードの利用枠を再び戻すことが可能です。

持っているカードの利用枠は、利用するとどんどん減っていきます。

最終的には、上限いっぱいまで利用して使えなくなる恐れもあります。

こうした状態を解消するのが一括返済です。

一括返済により、現時点で利用できる枠が再び戻ります。

つまり大きな買い物に利用できる他、お金を借りたいと考えている時に再び大きな借入が可能となります。

今後のためにも、カードの利用枠を戻すために一括返済を使っていくといいでしょう。

なお、カードの利用枠が戻るまでには、少し時間がかかってしまいます。

すぐには戻らない点に気をつけておきましょう。

毎月の返済に悩まなくてもいい

毎月の返済に悩む必要はありません。

返済が1回ですべて終わるため、翌月以降の返済は特に考えなくてもいいのです。

また、毎月の返済計画を立てる必要がないため、1回の返済が終われば生活も楽になるでしょう。

返済をさらに楽にしたいと考えている氷魚、返済で生活に苦労する状況が起きている時は、一括返済を有効に使ってください。

リボ払いを一括返済するデメリット

リボ払いの一括返済はメリットもありますが、デメリットもあります。

代表的なデメリットについては以下のとおりです。

  • 一括返済額が多すぎると使いづらい
  • 返済方法が限られる場合もある

以上の問題が起きる可能性もあるため、一括返済を使う際は注意してください。

特に残高が多い人は、一括返済を使うべきか慎重に考えておきましょう。

ここからは、リボ払いの一括返済が持つデメリットを説明します。

一括返済額が多すぎると使いづらい

一括返済に必要な金額が多すぎる場合、一括返済が難しくなるデメリットを抱えています。

残されている金額が少ない場合、一括返済は難しいものではありません。

問題は、現時点で返済しなければならない金額が多い場合です。

特に50万円以上の金額が残っている際は、非常に厳しい状況となります。

用意するお金が多くなってしまうほか、一括返済後の生活がしっかりできるかという不安が残ってしまいます。

生活水準を落とさずに一括返済を実施することが何よりも大事です。

一括返済の金額が多すぎる場合は、まずはゆっくりと返済し、一括返済のタイミングをしっかり考えてください。

返済方法が限られる場合もある

一括返済は、返済方法が限られる傾向もあります。

基本的には、電話連絡により返済方法を教えてもらい、その方法で決められた期間までに返済します。

しかし、一部の会社は返済方法を口座引き落とし限定としており、速やかに返済が終わらない場合もあります。

また、返済方法が限られているため、自分が思っていた方法が採用できないケースもあります。

特にATMによる返済に対応していない会社は、気軽に一括返済を実施するという方法が使えなくなってしまいます。

より簡単に返済したいと考えているなら、一括返済の方法をしっかり確認しておきましょう。

できれば、一括返済が簡単にできる会社でリボ払いを使ったほうが安心です。

リボ払いを一括返済する方法

リボ払いの一括返済ですが、会社ごとに少し方法が異なっています。

しっかりと返済方法を理解して、一括返済ができるように心がけましょう。

ここからはリボ払いの一括返済で使う方法について紹介します。

一括返済を希望するための通知を送る

まずは、一括返済を実施するため、カード会社に連絡します。

この連絡ですが、電話による連絡に限られている場合もあれば、マイページで手続きをするだけで終わる場合もあります。

方法については、カード会社ごとに異なるため、しっかりと情報を確認するようにしてください。

もし、電話連絡のみの対応となっている場合は、指定された電話番号に連絡を入れるようにしましょう。

一方で、マイページによる手続きで完了する場合は、電話連絡をしなくても大丈夫です。

そのままマイページで手続きを完了させ、一括返済の準備を進めてください。

一括返済の金額を確認する

次に一括返済の金額を確認します。

一括返済では、どれだけの金額を返済すればいいのか、事前に知らなければなりません。

この金額ですが、カード会社からの連絡が来なければ確認できません。

自分で金額をすべて把握するのは不可能です。

その理由は、利息の計算が必要となるからです。

いつまでに返済するという通知を受け取ってから、カード会社は利息を計算し、必要な返済額を示しています。

つまり、金額を計算してもらい、正しい返済ができるような状況を作らなければなりません。

適当に金額を計算し、返済手続きを実施してはいけないのです。

まずは返済に必要な金額が通知されるまで待ってください。

もし、電話連絡を利用している場合は、電話連絡の際に計算してくれるので安心してください。

マイページによる返済方法を採用した場合のみ、金額の計算を待ってから手続きを進めてください。

指定された返済方法で一括返済を実施する

次に指定された方法で返済します。

この時に指定される方法ですが、以下の2つが用意されています。

  • 口座引き落とし
  • 銀行振込

以上の方法が採用されています。

どちらを利用するのか、電話連絡やメール等でしっかりと確認するようにしてください。

また、一括返済ができる期間についても確認し、締切日までにしっかりと手続きを実施してください。

ここからは、返済方法について詳しく説明します。

口座引き落とし

口座引き落としは、多くの会社が採用しています。

この方法は、普段の返済日に一括返済を実施する方法です。

一括返済が口座引き落としだけで完了するため、簡単に返済が完了します。

ただ、利息が多くなるというデメリットを抱えています。

口座引き落としまでにかかる時間は、通常通りに利息を取られてしまいます。

場合によっては、かなり利息が増えるケースもあります。

利息を減らしたいと考えているなら、あまり口座引き落としは採用しないほうがいいでしょう。

なお、この方法のみ採用しているカード会社の場合は、どのような状況でもこの方法に合わせて手続きを進めてください。

また、口座引き落としの場合、指定される日までにお金を準備しなければなりません。

間違っても口座引き落としの際にお金が足りないという問題は起こさないようにしましょう。

銀行振込

次に銀行振込について説明します。

この方法は、カード会社が指定した口座に振り込むという方法です。

多くの会社はこちらにも対応しており、銀行振込で早期の返済が可能としています。

銀行振込のメリットは、早期に返済が完了する点です。

口座に振り込み、指定された金額が返っている場合は、その時点で返済が終わります。

つまり、口座引き落としと違い、利息が余計に取られる心配はありません。

しかし、銀行振込は、連絡した当日、もしくは指定された日までに返済しなければなりません。

それまでにお金を準備しなければ、返済できないという問題を抱えています。

すぐに返済できない場合は、口座引き落としを採用してください。

どうしてもすぐに返済を完了させたい場合、もしくはこの方法しか対応していない場合は、銀行振込による一括返済を利用してください。

一括返済の完了通知を受ける

最後に一括返済の完了通知をメールで受け取ります。

返済が完了しているという通知が受け取れれば、その時点で完済したと判断されています。

ただ、この通知を送ってこない会社もあります。

通知を送っていない会社は、自分で返済されているかどうかを判断してください。

基本的には、利用明細を確認して、返済が終わっているか見ておくといいでしょう。

正しく一括返済が反映されていれば、利用明細に返済の情報が記載されています。

情報が確認できれば、問題なく返済が終わっているものと判断しておきましょう。

リボ払いを一括返済する場合の利息はどうなる?

先程も少し紹介しましたが、一括返済時には利息の計算が行われます。

この利息ですが、連絡したタイミングですぐに計算してくれます。

一括返済を確実に実施するため、そして一括返済によって完済させるため、利息の計算もしっかり実施しているのです。

そして、手続きの連絡をした時点で、返済日までに必要な利息を算出してくれます。

ただ、利息がどれだけ発生しているかは紹介してくれません。

返済時に通知される金額は、一括返済に必要な金額だけであり、利息がこれだけ発生しているという情報はわかりません。

つまり利息の金額は一括返済では分かりづらいものと判断してください。

また、利息は毎日計算されているものですので、返済日が変わると余計に増えてしまう場合があります。

特に銀行振込の場合は、返済する日程をしっかりと示し、その日までに支払う利息を必ず教えてもらいましょう。

なお、口座引き落としの場合は、引き落としが実施される日までの利息が計算されているため、指定された金額が支払えれば問題ありません。

口座引き落としを使う場合は、提示された金額通りに支払って確実に返済を終わらせておきましょう。

また、残高と利息は同時に支払うため、提示された金額を支払えば問題なく返済は終わるものと判断してください。

リボ払いを一括返済する際の注意点

リボ払いを一括返済する人は、以下の注意点をしっかり守りましょう。

  • 口座引き落としの場合は返済が遅れる
  • 銀行振込の場合は入金できる額に気を付ける
  • 一括返済の連絡をした日に返済手続きを実施する
  • カード会社の連絡時間に気をつける

以上の注意点をしっかり守らないと、一括返済が上手に進められない場合もあります。

特に銀行振込の金額については、しっかりと確認しておくように心がけましょう。

ここからは一括返済の注意点について説明します。

口座引き落としの場合は返済が遅れる

口座引き落としの場合、銀行振込よりも一括返済のタイミングが遅れてしまいます。

その理由は、連絡をしてすぐに返済できないためです。

口座引き落としでは、指定された日程に支払う方法を採用します。

つまり、自分が指定した日程で返済が終わらないのです。

そのため、銀行振込よりも利息が増えるというデメリットを持っています。

ただ、お金を準備する期間が長くなるため、少しでも余裕を持って返済したい時は口座引き落としを使ってください。

なお、口座引き落としのタイミングは、カード会社が普段引き落としで採用している日程を使う場合もあれば、別日に引き落とすという手法もあります。

どの方法を利用しているか、念の為カード会社に確認を取るようにしてください。

銀行振込の場合は入金できる額に気を付ける

銀行振込の場合は、振込ができる金額に気をつけてください。

主にATM返済を採用している場合に気をつけるべきポイントです。

ATM返済の場合、返済できる金額が制限されており、1回で投入できる金額の上限を超えると、返済できない可能性があります。

しっかりと返済できるか、事前にATMに振り込める金額を確認してください。

また、ATMで振り込めないと判断した場合は、別のATMを活用する、もしくは銀行の窓口で手続を実施するようにしましょう。

どちらの場合でも、ATMの振り込みができないほどの金額であれば、より多くの振込に対応できる媒体を使ったほうがいいでしょう。

特に50万円を超えるような状態であれば、銀行の窓口で相談し、振込の手続きを実施したほうが安心できます。

まずは返済できる金額なのか、慎重に考えておくといいでしょう。

一括返済の連絡をした日に返済手続きを実施する

一括返済を連絡した場合、返済手続きをその日に実施してください。

翌日以降になってしまうと、利息の数字が変わってしまうため、返済額が合わなくてなってしまいます。

返済額が足りなくなってしまうと、追加の返済を求められてしまいます。

また、一部の会社は、返済手続きができていないため、一括返済を最初からやり直すように要求してきます。

返済手続きを実施したい時は、連絡を入れた日に返済するように心がけてください。

間違っても、翌日以降に返済しようという気持ちは持たないでください。

一括返済を決めたタイミングで、しっかりと返済を完了させておくのです。

なお、口座引き落としの場合、当日中に返済手続きをする必要はありません。

指定された日までにお金を準備しておけば、問題なく返済は完了します。

カード会社の連絡時間に気をつける

一括返済の手続きは、カード会社が営業している時間内に連絡しなければ実施できません。

会社が指定した時間までに連絡を入れられない場合、翌日に連絡してください。

また、土日も対応していないため、平日に連絡を入れるように心がけてください。

平日以外の対応は不可能となっています。

どうしても連絡できない場合は、空いている時間を有効に使う、もしくはマイページで連絡する方法がないか確認しておきましょう。

なお、自動音声では一括返済の手続きはできなくなっています。

自動音声が流れてきた場合も、一括返済の手続きができない点に気をつけておきましょう。

リボ払いは一括返済を利用したほうが得!できる限りすぐに返そう

リボ払いをそのまま返済し続けると、利息がかなり増えてしまいます。

少しでも利息を減らしたいと考えているなら、まずは一括返済という手法を考えましょう。

一括返済ができれば、その時点で返済が完了するため、翌月以降の返済を考える必要はありません。

更に、支払っている利息が大幅に減少するため、将来的には得をしているのです。

返済するタイミングや方法に気をつけて、一括返済を検討するといいでしょう。

なお、一括返済に対応しているカードなのか、事前に確認してから一括返済の手続きするように心がけてください。

リボ払いの仕組みとは?知らずに利用すると怖いリボ払いについて
皆さんはリボ払いという言葉を聞いたことはありますか? 大きな買い物をしたときに一括払いではなくリボ払いを勧められた経験もあるかもしれません。 お金に余裕がないときに毎月1万円の支払いで数十万円の商品を購入できるといわれたらついつ...
即日OKなサラ金はどこ?申し込み時の注意点も解説
手持ちのお金が不足している時に限って緊急でお金が必要になることってありますよね。 そんなときに頼りになるのがサラ金です。 サラ金は即日融資にも対応していますが、どのサラ金でも即日融資を受けられるわけではありません。 即日融...