リボ払いは解除したらどうなる?解除の方法や対策について徹底解説

リボ払い

リボ払いは、途中での解約は難しくなっています。

リボ払いを利用した場合は、その時点で返済方法を変更できない傾向が多いためです。

しかし、リボ払いを事前に変更したり、自動でリボ払いとなるサービスを変更する手法はあります。

様々な方法を利用して、リボ払いを解除するといいでしょう。

ここではリボ払いを解除する方法を説明します。

リボ払いの仕組みとは?知らずに利用すると怖いリボ払いについて
皆さんはリボ払いという言葉を聞いたことはありますか? 大きな買い物をしたときに一括払いではなくリボ払いを勧められた経験もあるかもしれません。 お金に余裕がないときに毎月1万円の支払いで数十万円の商品を購入できるといわれたらついつ...
アコム
アコム
おすすめポイント
  • はじめての方は30日間無利息!
  • 最短30分での審査回答が可!
  • 借入が可能かスグ分かる「3秒診断」機能あり
実質年率
3.0%~18.0%
限度額
1~800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短即日
公式サイトはこちら

リボ払いは解除できる方法なのか

返済方法をリボ払いに指定した場合、その時点でリボ払いを解除する方法はありません。

リボ払いを選んだ場合、決済方法を変更する手法は取れないため、解除はできないのです。

つまり、リボ払いを採用した時点で、基本的に返済方法を変える手段はないと判断してください。

また、自動リボと呼ばれる方法を使い、返済方法が一括払いからリボ払いに変更された支払いも変更できません。

これは、返済方法をリボ払いに強制的に変更されたため、他の返済方法に切り替えられないためです。

このように、リボ払いを選んだ時点で、返済方法を変更するのはほぼできない状況なのです。

ただ、リボ払いを勝手に適用させる自動リボの設定は解除できます。

自動リボの設定さえ変えてしまえば、後は一括払いや分割払いを採用すれば、返済方法は指定した方法となります。

どうしてもリボ払いが嫌であれば、まずは返済方法を変える自動リボの解除から始めましょう。

既にリボ払いを使っている場合はなぜ変更できないのか

リボ払いを採用した場合、なぜ返済方法が変更できないのか、その理由は既に決済処理が完了しているためです。

一括返済であれば、後からリボ払いに変更する方法が採用できるため、返済に苦労している場合は変更してしまえばいいのです。

しかし、リボ払いはシステムの関係上、既に分割して支払う方法を決めています。

その結果、システムの関係でリボ払いから別の返済方法へ切り替えられないのです。

先にリボ払いを採用した場合は、別の返済方法を採用するのは難しいものと判断してください。

同時に、リボ払いを使うべきかどうかは慎重に判断し、使わない場合は設定を見直すなどの対応が必要です。

どうしてもリボ払いを解除するなら一括返済を

どうしてもリボ払いを解除したいのであれば、一括返済という方法を採用し、返済しておくといいでしょう。

リボ払いには、任意のタイミングで一括返済ができるシステムが用意されています。

この一括返済を利用すれば、残されている金額は全て一括で返済できるようになります。

事実上の一括払いとなりますので、これまで分割で返済していた問題から開放されます。

ただ、一括返済を選んだ場合、残されている金額をすべて支払うこととなります。

部分的に支払い、後はリボ払いでそのまま返済するという方法は使えないのです。

一括返済を利用するかどうかは慎重に考えたほうがいいでしょう。

同時に、返済できない金額が残されているなら、まずはリボ払いの支払額を増やすなどして、一括返済ができる状況に持っていきましょう。

自動リボを解除する方法

リボ払いを勝手に適用させられるのは、自動リボと呼ばれるものが採用されるためです。

自動リボの機能は、放置しておくとリボ払いの支払いが適用され、返済に影響が及んでしまいます。

こうした自動リボの問題が起きている際は、速やかに自動リボを解除する方法を採用しておきましょう。

ここからは、自動リボを解除する方法について説明します。

カード会社のホームページへ行く

まずはカード会社のホームページへ行ってください。

カード会社のホームページへ行くと、マイページへログインできる場所があります。

マイページの中には、自動リボを解除できるところがあるため、まずはマイページへ入りましょう。

なお、カード会社がメンテナンス等を実施しており、ログインができない時間帯もあります。

その時間帯は避けるようにして、少しでもログインしやすい時間帯を選んでください。

マイページで自動リボに関連するページを見つける

次に、マイページの中にあるリボ払い関連のページに移動します。

リボ払い関連のページには、リボ払いの様々な手続きが表示されています。

手続きの中に、自動リボを解除できる場所が存在しますので、そのページに入ってください。

なお、カード会社によっては、自動リボの解除がマイページ内に存在しないケースもあります。

その場合は、カードがリボ払い専用となっているか、電話によって変更する方法を採用している可能性があります。

解除が確認できない場合は、他の方法がないか探してみるといいでしょう。

自動リボの解除手続きを実施する

自動リボを解除する手続きを実施します。

基本的には、自動リボを解除するという部分をクリックする、もしくは自動リボのチェックを外してしまえば、リボ払いは適用されません。

どちらの場合でも、自動リボを解除しても大丈夫なのか判断し、しっかりと確認してから解除してください。

適当に考えて解除すると、一括払いの返済が多すぎてしまい、返済が困難となる恐れもあります。

自動リボが解除されるまで待つ

自動リボの解除手続きですが、マイページ上では既に完了しているものの、カード会社でシステムの変更が終わっていない場合もあります。

その結果、自動リボが解除されたはずなのに、リボ払いが適用される場合もあります。

自動リボを解除する際は、ある程度の時間をおいてからカードを利用するように心がけてください。

また、自動リボを解除する場合は、余裕を持って解除しておくといいでしょう。

早めに自動リボを解除して、一括払いが早めに適用されるように変更すると安心です。

自動リボを解除するメリット

自動リボを解除するメリットは以下のとおりです。

  • リボ払いの手数料を支払わなくていい
  • 自由に返済方法を選べる
  • 勝手に返済を分割される心配がない
  • カードの利用枠がしっかりと確保される
  • カードの設定を自分が好きなものに変えられる

以上のメリットが得られます。

リボ払いの手数料を支払わなくても良いほか、自由な返済方法によって返済を楽にしてくれるなど、多くのメリットが得られます。

しっかりとメリットについて理解し、自動リボを解除しておきましょう。

ここからは自動リボを解除するメリットを説明します。

リボ払いの手数料を支払わなくていい

リボ払いの手数料を支払わなくてもいい部分は、一番のメリットと言えるでしょう。

手数料を取られてしまうと、余計にお金を支払っていることとなり、損をする形になります。

しかし、自動リボを解除しておけば、リボ払いを選択しなくてもいいため、返済で手数料を取られない方法を使えます。

少しでも返済金額を減らしたいと考えているなら、自動リボは不要な機能ですので解除したほうがいいのです。

また、分割払いでも手数料を避けられる回数に変更するなど、分割して支払う方法も柔軟に設定できます。

より安心できる返済方法を採用するために、リボ払いを解除する方法はとても重要なのです。

自由に返済方法を選べる

自由に返済方法を選べるという部分も非常にいいところでしょう。

リボ払いを適用させてしまうと、他の返済方法に切り替えられない問題があります。

また、自動リボを採用した場合、どのような返済方法も勝手にリボ払いに変わってしまいます。

リボ払いを勝手に適用させないためには、自由に返済方法を選んだほうがいいのです。

その返済方法を勝手に決めてしまう自動リボは、柔軟性を失うという部分でもあまりいいものではありません。

必要ないと判断しているようなら、自由に返済方法を選べないリボ払いは解除したほうがいいでしょう。

自動リボを解除するだけでも、返済方法の柔軟性をしっかり確保できます。

勝手に返済を分割される心配がない

自動リボの弱点は、様々な返済を勝手に変更し、利用しづらい状況に変えてしまう点です。

より返済しやすい方法を採用する場合や、一括払いをベースとして支払うのであれば、自動リボは非常に厄介な機能です。

採用しないのであれば、早々に解除したほうが返済は楽になるでしょう。

特に、あまり大きな金額を使っていないのに、自動リボを適用されるのは少し嫌なもので、余計な手数料を生み出してしまいます。

手数料を減らすためにも、自動リボを先に解除しておけば、勝手に返済額を分割されるなどの問題はないでしょう。

また、重要なタイミングだけで返済を分割できる場合があります。

自動リボを採用しなかった場合、リボ払いを採用するかどうかは任意で決められます。

後からリボ払いに変更する方法を採用できるなど、更に柔軟な支払いが期待できるのです。

カードの利用枠がしっかりと確保される

カードの利用枠が確保されやすく、クレジットカードが使えないという問題が起こりません。

クレジットカードというのは、リボ払いで残されている金額が利用枠から減らされています。

現時点で残っているリボ払いが、クレジットカードの利用枠を妨げる原因になるのです。

これは、国内で買い物をするだけならあまり影響はないかもしれません。

しかし、海外旅行へ行くなど、クレジットカードの利用金額が多くなる際には厄介です。

利用枠が足りなくなり、クレジットカードでの買い物ができず、現金を調達しなければならないのです。

こうした問題を避けるために、常に一括払いで利用可能枠を残しておく方法が有効です。

できる限り、利用可能枠をしっかり確保するためにも、自動リボは解除したほうがいいでしょう。

もし、リボ払いを利用するのであれば、一括払いで決済したものを後からリボ払いに変えたほうが安心です。

カードの設定を自分が好きなものに変えられる

自動リボを解除することで、カードの設定を自由に変更できるメリットがあります。

カードの設定というのは、様々な部分で余計な影響を及ぼし、場合によってはクレジットカードを使いづらいものへと変えてしまいます。

より決済しやすい状況を作るためには、自由に返済できる方法を採用したほうがいいのです。

例えば、リボ払いを使うにしても、特定の支払いだけに限定して採用する方法があります。

高額な支払いはリボ払いで、安い支払いは一括払いで返済するように設定すれば、安い金額までリボ払いが適用される心配がありません。

また、一括払いと分割払い、リボ払いの3つを併用して、クレジットカードの返済が可能となります。

こうした柔軟性がしっかり得られるのは、自動リボを解除するからこそできることです。

柔軟性がなくなる自動リボを適用させていると、様々な問題が起きてしまいます。

そのため、いきなりリボ払いに変えてしまう機能を削除し、自由に返済ができる方法を採用したほうが安心できるでしょう。

リボ払いの手数料はどこがお得?カード会社ごとの数字を比較してみた
リボ払いでは手数料がとても重要となります。 手数料の数字が多ければ多いほど、損失が増えてしまうのです。 損失を増やさないためにも、リボ払いの手数料を出来る限り減らす取り組みを実施しましょう。 そのためには、金利について理解...

自動リボを解除するデメリット

自動リボを解除するメリットを紹介しましたが、デメリットも存在します。

デメリットは以下のとおりです。

  • 毎月の返済額が変動する
  • カードを使いすぎると返済できない可能性がある
  • リボ払いのキャンペーンが使えない
  • リボ払いに切り替えるメールが頻繁に届く

以上のデメリットがあります。

特にキャンペーンが利用できないという部分は、お得な買い物などに影響するため気をつけたほうがいいでしょう。

ここからは自動リボを解除するデメリットを説明します。

毎月の返済額が変動する

自動リボを採用すると、固定した金額で返済できます。

多少手数料の影響により、返済額が増える場合もありますが、リボ払いで返済額を固定し、返済しやすい状況を作るのもいい方法です。

しかし、自動リボを解除すると、一括返済による返済を採用するか、個別にリボ払いを適用して返済額を固定しなければなりません。

この影響により、毎月の返済額は変動し、場合によっては大きな返済を実施する場面が発生します。

特に、大きな買い物を利用した際は、返済額が急激に増える恐れもあるため、慎重にカードを利用するように心がけてください。

また、返済額を固定しないと支払えない場合は、自動リボを解除せず、そのまま適用させていたほうが安心です。

カードを使いすぎると返済できない可能性がある

カードを使いすぎた結果、1ヶ月で大金を支払うように求められてしまい、返済できない場合があります。

返済できない状況を作ってしまうと、クレジットカードの返済ができないため、滞納などの問題が起きてしまいます。

返済に遅れてしまうと、遅延損害金と呼ばれる追加の手数料を取られてしまいます。

この手数料を取られると、最終的に支払う金額が相当な数字となります。

また、遅延損害金の金利は高い傾向があり、適用された場合の手数料は多くなりがちです。

つまり、返済に遅れた時点で、更に大きな負担が待っているものと判断してください。

こうした負担を軽減するためには、自動リボを採用し、そのまま返済していたほうがいいでしょう。

リボ払いのキャンペーンが使えない

自動リボを解除し、一括払いのみを採用していた場合、リボ払いのキャンペーンは利用できません。

リボ払いのキャンペーンには、ポイントを増やしてくれる方法もあれば、キャッシュバックによって利用額を返してくれる場合もあります。

このようなメリットを受けられなくなり、ただカードを利用しているだけという状態が生まれるのはデメリットと言えるでしょう。

ただ、キャンペーンの中には条件が厳しく、簡単に利用できないものも多数あります。

使えないキャンペーンを利用するくらいなら、そもそもリボ払いを解除して普通に支払ったほうがいいこともあります。

キャンペーンにエントリーしても効果がないと思っているなら、自動リボは解除することをおすすめします。

一方でキャンペーンが魅力的で、自分にも適用できると判断できる場合は、自動リボを採用し支払ったほうがいいでしょう。

リボ払いに切り替えるメールが頻繁に届く

自動リボを解除し、一括払いを適用させた場合、リボ払いに変更するようなメールが届きます。

特に有名なクレジットカードで発生しやすい事例で、自動リボを適用させたほうが得をするという内容が多く記載されています。

このメールですが、1日1通は当たり前のように送付されてきます。

中には、1日で10通程度も送付するカード会社があり、非常に迷惑に感じてしまいます。

このような状態では、自分が読みたいメールを確認できないほか、メールボックスの容量に影響する場合があります。

どうしてもメールに影響させたくないなら、自動リボを解除しない選択も考えておきましょう。

ただ、リボ払いのメールを迷惑メール扱いとするなど、メールの処理をしっかりすれば問題はありません。

メールの管理ができるようなら、自動リボを解除してもさほど影響はないでしょう。

リボ払い専用カードは解除する方法がない

クレジットカードの中には、リボ払い専用カードも存在します。

リボ払い専用となっていますので、リボ払い以外の返済方法は利用できません。

つまり、一括払い等に切り替えられないため、自動リボも含めて解除できないのです。

キャンペーン等によって使いやすくなっているカードでも、リボ払い専用となっているだけで、使いづらいと感じる人もいるでしょう。

こうしたリボ払い専用カードを避けるには、しっかりと確かめてからカードを発行するように心がけてください。

特にリボ払い専用カードの場合、ホームページ等でしっかりと説明されています。

この説明をしっかり見て、確実に良いカードを発行できるようにしましょう。

また、自動リボのカードでも、一括払いに近い方法を取ることは可能です。

別の方法で一括払いに近い状態を作り、返済を楽にするといいでしょう。

リボ払い専用カードで一括払いを実現する方法

リボ払い専用カードで一括払いを作り出す方法は以下のとおりです。

  • リボ払いの支払額を増やす
  • リボ払いの一括返済を実施する

以上の方法により、一括払いと同じ状態が作れます。

ただ、利用金額によって、一括返済ができない場合もあります。

しっかり一括返済ができる状況を作り、確実に返済しておきましょう。

ここからはリボ払い専用カードを使い、一括返済を実施する方法を説明します。

リボ払いの支払額を増やす

リボ払いの支払額を増やし、一括払いと同じような返済額に調整する方法があります。

リボ払いの返済方法ですが、任意に決めた金額を支払うというものです。

この支払額を増やして、より多くの金額をリボ払いで返せば、一括払いに近い状態を作れます。

ただ、設定した金額が足りない場合、リボ払いで分割されてしまうため注意が必要です。

また、リボ払いの返済に上限を設定するカードもあります。

この場合は、設定した上限までしか返せません。

どうしても一括返済に近い状態を作りたいのであれば、次の方法を使うといいでしょう。

リボ払いの一括返済を実施する

リボ払い専用カードにも、一括返済ができる機能が準備されています。

一括返済ができれば、その時点で残っている金額が全て返せます。

この方法を使い、一括返済で利用した金額分を返してしまえば、一括払いと同じような方法で返済できます。

この方法のメリットは、任意で決めたタイミングで一括返済ができる点にあります。

変なタイミングで返済を実施される心配がありませんし、お金に余裕を持った状態で返済できるのはとても安心できる部分です。

また、一括返済の金額が少なくても多くても利用できるため、ある程度大きな金額が残っていても利用できます。

ただ、1つだけ注意したいポイントとして、返済できないほどの残高が残っている際は使えない場合があります。

返済できないほどの金額が残っているなら、リボ払いの返済額を増やし、しっかりと返済を進めるように心がけましょう。

返済できるほどの余裕がしっかり得られた時点で、リボ払いの一括返済を考えるといいでしょう。

カードがリボ払いとなっているか確かめること!特に最初は要注意

スルガ銀行カードローン解約-ポイントを指す女性

近年は、クレジットカード発行時にリボ払いが適用されているものもあります。

特に有名なクレジットカードの中には、自動リボを最初から適用させる項目を申込時に作り、知らないうちに適用させている場合があるのです。

発行されたクレジットカードを受け取った際、リボ払いが適用されているか絶対に確認してください。

確認したとき、リボ払いが適用されているのであれば、速やかにマイページで自動リボを解除しておきましょう。

自動リボをそのまま残していると、大半の場合は返済が進んでいないことに気づかず、大きな残高まで膨れ上がってしまいます。

返済の問題を解消するためにも、まずはリボ払いの解除を実施してください。

また、リボ払いを誘導するメールなども多数送られてくるため、こうしたメールにも気をつけておきましょう。

適当にクリックを進めていた結果、自動リボに切り替わっている可能性があります。

こうした問題は、リボ払いを勧めてくる会社で起こりやすくなります。

リボ払いで気をつけたほうがいいとされる会社では、特に注意して対応したほうがいいでしょう。

リボ払いは自分で解除できる場合もある!一括返済の有効活用も考えよう

リボ払いですが、自動リボに設定されている場合、この設定を解除すれば一括払いに戻せます。

ただ、既にリボ払いに切り替わっているものは変更できず、一括返済以外では対応できません。

既にリボ払いが適用されている場合は、一括返済を有効に活用し、しっかり返済できる状況を作りましょう。

また、最初からリボ払いが適用されないためにも、リボ払いの設定は初期の時点で確認するように心がけてください。

知らないうちにリボ払いが適用されていたなどの問題が起こらないように、徹底してリボ払いを使わないようにする対策が重要となります。

リボ払いは一括返済すべき!一括返済のメリットと注意点を紹介
リボ払いは、一定の金額だけを返済し、翌月以降に残高を持ち越す返済方法です。 この方法ですが、非常に利息が多くなりがちで、返済が終わった際に支払う金額が余計にかかってしまいます。 そこで、リボ払いを早期に終了させるため、一括返済と...