教育ローンのおすすめはどこ?ポイントを徹底解説

教育ローン

教育ローンは、選ぶポイントをしっかり抑えなければなりません。

また、お勧めとされる教育ローンを知っておかないと、あまり良くない教育ローンを利用する形になってしまいます。

より安心して教育ローンを利用したいと思っているなら、必要な情報を知っておくように心がけましょう。

ここでは教育ローンの選び方やおすすめの会社を紹介します。

プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短1時間融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
公式サイトはこちら

教育ローンを選ぶためのポイント

教育ローンを選ぶポイントは以下の通りです。

  • 金利
  • 使い道の広さ
  • 借り方の自由度
  • 限度額

以上のポイントをしっかり抑えなければなりません。

利用する場合は、とにかく安心して利用できる状況が求められます。

また、自分が使いたい金額に合わせて、教育ローンを使えるのかしっかりと判断しなければなりません。

ここからは教育ローンを選ぶポイントについて説明します。

金利

教育ローンはお金の借入ですので、低金利で借りられるかどうかが重要になります。

金利が高ければ高いほど、返済する利息は多くなってしまいます。

返済時の利息が多すぎると、返済が終わった時に支払った金額が増えてしまい、場合によっては大きな損失に繋がります。

また、利息が多くなると、返済が終わるまでの時間も増えてしまいます。

少しでも時間を短縮させたいと思っているなら、利息を減らすために金利はチェックしておきましょう。

金利が高いと思われる会社は利用せず、ある程度低金利で契約できる会社を利用してください。

なお、教育ローンは他のローンよりも金利を引き下げて契約する方針が多くなっています。

カードローンなどと同じような金利で考えないように注意しておきましょう。

使い道の広さ

教育ローンと言っても、使える範囲が限定されている商品は利用しづらくなります。

幅広く教育の場で使える商品が何よりも重要であると判断してください。

具体的には、教育に関連する費用として捻出できるかどうかが重要です。

学費以外の要素でも利用できると確認できるのであれば、多くの要素に教育ローンを利用できるため、比較的使いやすい商品となるでしょう。

また、使い道が広くなっていれば、多少ではありますが教育とは離れている分野にも使える可能性があります。

様々な場面で利用できるローンだと確認しておかないと、損をする場合もあります。

絶対に使い道の広さは確認したほうがいいでしょう。

借り方の自由度

借り方が自由にできるのか、しっかりと見たほうがいいでしょう。

この要素は、一括での借入となるか、分割して借りられるかが影響しています。

分割で提供している教育ローンというのは、カードローン形式で提供している会社のことです。

分割して借りられるようなら、必要な時に必要なお金だけ利用できるため、返済時の利息を抑えられるメリットがあります。

また、借りすぎによって、余計な借り入れが増える問題も解決しやすくなります。

借り方の自由度が存在する教育ローンを使ったほうが、将来的には大きなメリットが得られるでしょう。

限度額

限度額は、必要な借入を実施するために重要な項目です。

限度額が高くない教育ローンを使ってしまうと、本当に借りたい金額を借りられなくなってしまい、複数の会社に相談する形となります。

1つの会社で必要な資金を借りなければ、教育ローンのメリットはほぼありません。

とにかく借りられる金額は、ある程度多く設定されるように心がけたほうがいいでしょう。

元々の最大借入額などもしっかりと確認し、安心して借りられる状況を作ってください。

また、自分の収入でどれくらいまでなら借りられるのか、しっかり判断してから申し込みましょう。

無理な借入を希望すると、審査に落とされてしまい借りられなくなってしまいます。

おすすめの教育ローン5選!おすすめできるポイントを紹介

これから教育ローンを利用する人のために、おすすめの教育ローンをいくつか紹介します。

教育ローンでもいい商品を知っておけば、契約する際にこの会社を使えばいいと判断できるでしょう。

また、全国規模で利用できる商品となりますので、どの場所にいても利用できるメリットがあります。

地域限定とされる教育ローンではないため、安心して申し込めるでしょう。

ここからはおすすめの教育ローンを5つ紹介します。

イオン銀行教育ローン

イオン銀行が提供している教育ローンは、借入額がある程度多く、低金利で利用できるメリットもあります。

また、ネットでの契約となりますので、来店する必要がありません。

手間を省きたいと考えている方におすすめできる教育ローンです。

イオン銀行教育ローンの基本情報

限度額 10万円~500万円
金利 2.80%~3.80%
借入期間 最大15年
返済方法 元利均等方式
担保・保証人 不要
収入の条件 あり(150万円以上)

以上がイオン銀行教育ローンの基本情報です。

金利はイオン銀行のカードローンを利用している場合、1.0%の引き下げが実施されます。

ただ、変動金利ですので、景気の動向次第ではかなり数字が引き上げられてしまいます。

少しでも金利を抑えたいと思っているなら、イオン銀行のカードローンと契約し、その上で変動金利で金利の低い状況を確認しておきましょう。

借りられる金額は500万円までに制限されているものの、比較的利用しやすい会社です。

イオン銀行教育ローンのメリット

イオン銀行教育ローンのメリットは以下の通りです。

  • 低金利で借りやすい
  • 郵送で契約できる

以上のメリットを持っています。

契約しやすい点が多いのはいいところでしょう。

ここからはイオン銀行教育ローンのメリットについて説明します。

低金利で借りやすい

イオン銀行カードローンの金利は、比較的低い数字が採用されています。

現在は、最低の数字が2.8%ですので、相当低い金利で借りられる場合があります。

また、どれだけ少ない金額で借りたとしても、3.8%で借りられるのはいいところでしょう。

低金利で借りられるという利点は、返済時に負担する利息が大幅に減ります。

少しでも低金利を狙うのであれば、イオン銀行教育ローンを利用してください。

ネットで契約できる

イオン銀行教育ローンのメリットは、何と言っても郵送で契約できる点です。

教育ローンの中には、来店しなければ契約できないものが多数あります。

来店しなければならないのは、普段仕事をしている人には厳しいものでしょう。

来店できる時間を確保して、契約までの手続きを完了させるのが難しいのです。

こうした負担を軽減してくれるのがイオン銀行教育ローンです。

郵送ですべての契約ができるようにしている他、簡単に書類を送付できるメリットもあります。

負担を軽減させたいと思っているなら、イオン銀行教育ローンがおすすめです。

イオン銀行教育ローンのデメリット

イオン銀行教育ローンにもデメリットは存在します。

デメリットとしては、使える幅があまり広くない点でしょう。

利用できる範囲ですが、基本的に学費と交通費、教育に関連する住居費用などを補うために利用できる程度です。

それ以外の分野では利用できない点に気をつけてください。

また、納付証明書を提出しなかった場合、金利が5.0%引き上げられてしまいます。

金利が勝手に高くなり、利息を多く取られるデメリットがあります。

しっかりと対策を取らなければ、大きな損失を出してしまうでしょう。

イオン銀行教育ローンの借入方法

イオン銀行教育ローンの借入方法ですが、基本的に郵送を利用して契約する形を取ります。

まずは資料を請求し、郵送で送付する書類を手に入れます。

この時に来店し、イオン銀行の店舗で書類を受取る方法でも構いません。

次に必要な書類を記入し、書類をイオン銀行に郵送します。

そして審査を受け、問題がなければローン契約書が送付される形となります。

この契約書にサインすると、指定した銀行口座に一括で金額が振り込まれます。

かなり多くの金額が一括で振り込まれる場合もあるため、利用する際は気をつけておきましょう。

イオン銀行教育ローンがおすすめの人

来店して契約したくない人にはおすすめできるでしょう。

来店する時間がなくて困っている人は、イオン銀行の教育ローンを利用したほうが楽になります。

また、教育ローンの金利をあまり高くしない人には、イオン銀行がおすすめです。

特にカードローンを持っている人には、かなり低金利での借り入れができるでしょう。

イオン銀行教育ローンでおすすめの使い方

先程も紹介しましたが、カードローンを契約してから利用するといいでしょう。

カードローンと契約しているだけで、1.0%の金利を抑えられます。

低金利にしたいと思っているなら、まずはカードローンと契約しておきましょう。

その上でイオン銀行教育ローンの審査を受ければ、一番金利の低い状態で契約できます。

楽天銀行教育ローン

楽天銀行が提供している商品も、比較的契約しやすいプランが用意されています。

こちらもすぐに借りられるという利点がありますので、早期の借入を希望している人にはおすすめできるでしょう。

楽天銀行教育ローンの基本情報

限度額 10万円~500万円
金利 3.9%(固定金利)
借入期間 最大14年
返済方法 元利均等方式
担保・保証人 不要
収入の条件 なし

以上が楽天銀行教育ローンの基本情報です。

借りられる金額はイオン銀行と変わりませんが、固定金利で契約できるのはいいところでしょう。

また、提携している大学がいくつかあり、その大学を利用すると金利が更に減少します。

大学によっては、更に得をする可能性を持つ教育ローンです。

楽天銀行教育ローンのメリット

楽天銀行教育ローンのメリットは以下の通りです。

  • 提携する大学が存在する
  • 契約までの日数が短い

以上のメリットを持っています。

提携している大学の存在は非常に大きなものです。

ここからはイオン銀行教育ローンのメリットについて説明します。

提携する大学が存在する

楽天銀行教育ローンは、提携する大学がいくつか存在します。

この大学で楽天銀行教育ローンを利用する場合、優遇金利が適用されます。

優遇金利での契約となれば、負担はかなり軽減されるでしょう。

返済時の負担軽減には楽天銀行教育ローンがおすすめです。

契約までの日数が短い

楽天銀行教育ローンは、契約までにかかる時間が1日とかなり短くなっています。

また、大学に直接お金を支払う方法で借りる手法ですが、その借入も契約の翌日には実施されます。

すぐにお金を借りられるという部分は、楽天銀行教育ローンのメリットと言えるでしょう。

短時間で契約したい人におすすめです。

楽天銀行教育ローンのデメリット

楽天銀行教育ローンのデメリットとしては、金利が他の会社より高くなる可能性がある点です。

他社よりも金利の優遇方法が限られており、ほとんどの人は優遇金利で契約できません。

また、変動金利を選ぶと、急に金利が引き上げられてしまいます。

金利を固定にするか変動にするか、しっかりと考えなければ利用しづらい会社です。

楽天銀行教育ローンの借入方法

楽天銀行は、ネットから申し込む方法を採用しています。

ネットですべての情報を入力すると、その時点で申込が完了します。

その後、必要な書類をアプリで提出すると、審査を受けられます。

審査結果が通知されると、在籍確認や本人への確認の電話が入ります。

この電話が終われば、すべての契約が完了となります。

後は、大学に対して楽天銀行が直接お金を支払ってくれます。

自分で借入後の支払いをしなくてもいいので、手間はかからないでしょう。

楽天銀行教育ローンがおすすめの人

とにかくすぐに契約したいと思っている人には、楽天銀行教育ローンが使いやすいでしょう。

契約までにかかる日数が1日程度で、融資も翌日には完了します。

すぐに借りたいと思っている人は、楽天銀行教育ローンを使ってください。

楽天銀行教育ローンでおすすめの使い方

優遇金利で契約できる大学へ進み、楽天銀行教育ローンを利用するといいでしょう。

この時点で優遇金利での利用となり、返済の負担が大幅に減ります。

対象となる大学は、楽天銀行のホームページに記載されています。

自分が対象となっているかしっかりと見ておくように心がけてください。

三井住友銀行教育ローン

三井住友銀行の教育ローンは、全国規模で使えるメリットがあります。

また、高い信頼性を持っているため、安心して契約できるでしょう。

三井住友銀行教育ローンの基本情報

限度額 10万円~300万円
金利 3.475%(変動金利)
借入期間 最大10年
返済方法 元利均等方式
担保・保証人 不要
収入の条件 あり(200万円以上)

以上が三井住友銀行教育ローンの基本情報です。

限度額は低いものの、低金利で借りられる可能性が高い会社です。

収入の条件がやや厳しい点には気をつけてください。

三井住友銀行教育ローンのメリット

三井住友銀行教育ローンのメリットは以下の通りです。

  • 信頼性が高い
  • 低金利が狙いやすい

以上のメリットを持っています。

高い信頼性で安心感が得られます。

ここからは三井住友銀行教育ローンのメリットを説明します。

信頼性が高い

三井住友銀行は、高い信頼性を持っている銀行です。

安心して契約できるのはいいところでしょう。

完済まで安心して契約したい時は、三井住友銀行教育ローンを選んでください。

低金利が狙いやすい

低金利で契約できる可能性があります。

住宅ローンを利用していると、更に低金利を狙いやすくなります。

三井住友銀行のサービスを多く利用している場合は、教育ローンが低金利となり借りやすくなるでしょう。

三井住友銀行教育ローンのデメリット

借りられる額があまり多くないため、利用する際は少額の利用を検討しなければなりません。

また、契約方法がやや複雑で、審査についても厳しい傾向があります。

しっかりと情報を整理してから契約するように心がけましょう。

三井住友銀行教育ローンの借入方法

三井住友銀行教育ローンはネットから申し込めます。

申込後、審査を受けて問題がなければ、契約の手続きに入ります。

契約は来店して実施する他、ATMを利用しても可能ですが、手順はやや複雑な部分もあります。

事前に説明を聞いてから、三井住友銀行教育ローンと契約してください。

契約後は、速やかに融資をしてくれますので、安心して融資を待ってください。

三井住友銀行教育ローンがおすすめの人

安心して契約したいと思っている人には、三井住友銀行教育ローンがおすすめです。

電話で相談できる場所もしっかり準備しています。

困ったことがあれば、速やかに連絡して対応してもらいましょう。

三井住友銀行教育ローンでおすすめの使い方

住宅ローンと契約しておくといいでしょう。

住宅ローンと併用して契約すると、金利を下げられるメリットがあります。

低金利で借りられるため、返済時の負担を大幅に下げられるでしょう。

国の教育ローン

国が提供している教育ローンは、比較的返済しやすいメリットを持っています。

また、審査基準が甘く、収入面での不安を持っている人にもおすすめです。

国の教育ローンの基本情報

限度額 10万円~300万円
金利 1.66%(固定金利)
借入期間 最大10年
返済方法 元利均等方式
担保・保証人 不要
収入の条件 なし

以上が国の教育ローンの基本情報です。

とにかく低金利で借りられるのが安心できるポイントです。

借りられる額は少ないものの、上手に使えば他の教育ローンよりも使いやすくなります。

国の教育ローンのメリット

国の教育ローンのメリットは以下の通りです。

  • 低金利で借りられる
  • 優遇するサービスがある

以上のメリットを持っています。

低金利という部分が何よりも大きなメリットです。

ここからは国の教育ローンのメリットを説明します。

低金利で借りられる

他の教育ローンに比べて、明らかに低金利で借りられるメリットを持っています。

金利が1.66%というのは、他の教育ローンは実現しない数字です。

国が提供しているだけあって、返済時の負担は大幅に減ります。

優遇するサービスがある

母子家庭や世帯年収によって、優遇措置が取られます。

この優遇措置によって、金利や返済期間などが大幅に変更されます。

より使いやすい教育ローンとなるため、対象となる家庭では積極的に検討してください。

国の教育ローンのデメリット

唯一の欠点は、銀行よりも借りられる金額が少ない点です。

より多くの借入を希望している場合は、銀行に相談してください。

また、保証料がそれなりに大きい点にも注意してください。

国の教育ローンの借入方法

申込はネットで実施します。

ただ、審査結果が通知されるまでに10日程度かかるため、かなり待たされる点に注意しましょう。

その後、来店による契約となりますが、郵送を利用すれば来店しなくても問題ありません。

必要な書類と契約書の記入が確認できれば、融資を受けられます。

国の教育ローンがおすすめの人

母子家庭で収入に困っている場合は、国の教育ローンがおすすめです。

優遇措置に加えて、低金利で安心して返済できるメリットも得られます。

なかなか収入を確保できずに困っている時は、国のローンに相談しておきましょう。

国の教育ローンでおすすめの使い方

ある程度計画を立ててから契約するように心がけましょう。

融資を受けるまでには多くの時間が必要となります。

先に計画を立て、どれくらいのお金を得なければならないか理解しておくと安心です。

JAバンク教育ローン

JAが提供している教育ローンも、借りやすい傾向があります。

また、大きな借入が期待できるため、多くの資金を必要としている家庭におすすめです。

JAバンク教育ローンの基本情報

限度額 10万円~1000万円
金利 固定金利と変動金利から選択
借入期間 最大15年
返済方法 元利均等方式
担保・保証人 不要
収入の条件 あり(200万円以上)

以上がJAバンク教育ローンの基本情報です。

高い限度額を持っているのは、他の銀行にはない利点と言えるでしょう。

なお、金利はJAによって変わりますので、事前に相談して情報を聞き出してください。

JAバンク教育ローンのメリット

JAバンク教育ローンのメリットは以下の通りです。

  • 借入額が多い
  • 返済期間が長い

以上のメリットを持っています。

借入額が多い点は、安心できるポイントと言えるでしょう。

ここからはJAバンク教育ローンのメリットを説明します。

借入額が多い

最大1000万円まで借りられる会社というのはなかなかありません。

より多くの借入が期待できる点で、JAバンク教育ローンは使いやすいと言えるでしょう。

金利も借入額に合わせて調整してくれるため、安心して利用できます。

返済期間が長い

返済期間が最大で15年と長めに作られています。

ゆっくりと返済したい人には安心できるでしょう。

ただ、計画を立てて返済しないと、期間までに間に合わない可能性があります。

JAバンク教育ローンのデメリット

JAへ相談しなければならないため、簡単に申し込めないのはデメリットと言えます。

事前に相談し、様々な情報を聞き出してから申込む必要があるのです。

ネットで気軽に申し込める教育ローンと違い、少し手間がかかる点には注意しておきましょう。

JAバンク教育ローンの借入方法

来店して申込むのが一番楽ではありますが、どうしてもネットから申し込みたいのであれば、JAのアカウントを作成してください。

ログイン後、自分の地域が採用している金利を確認し、必要事項を記載して申し込みます。

後は審査を受けて、結果を通知してもらうだけです。

結果を受けた後は、地域にあるJAへ来店して契約する形となります。

契約後は速やかに融資を実施してくれます。

JAバンク教育ローンがおすすめの人

JAバンク教育ローンは、多くの借入を希望する人におすすめです。

少しでも多くの借入を実施したいなら、JAへ相談してみましょう。

収入に余裕があれば、大きな借入も期待できるでしょう。

JAバンク教育ローンでおすすめの使い方

JAへ相談し、金利などの情報がわかってから契約するといいでしょう。

安心して契約できる状況になってから、申し込みをするのがおすすめです。

近くにJAが多く存在するなら、JAごとの金利を確認してから申込むのもいい方法です。

教育ローンを利用する際の注意点

教育ローンを利用する際の注意点は以下の通りです。

  • 地域限定のみで利用できる商品が存在する
  • 金利が固定されていない商品もある
  • 低金利で借りるためには条件が必要な場合も
  • 奨学金として採用されている商品に注意
  • 奨学金との併用ができないケースも

以上の注意点を守ってください。

注意点を守らないまま契約すると、大きな損失を生み出す可能性があります。

しっかりと情報を確認し、契約してもいいか最終的に判断してください。

ここからは教育ローンの注意点を説明します。

地域限定のみで利用できる商品が存在する

教育ローンは、地方銀行を中心に利用できる範囲が制限されています。

利用できる地域以外の人は、どれだけ低金利で借りられるローンでも利用できません。

対象となる地域を確認し、自分が契約できるローンか知っておくといいでしょう。

金利が固定されていない商品もある

変動金利を採用している教育ローンが数多くあります。

変動金利の場合は、どのタイミングで金利が引き上げられるかわかりません。

景気がかなり良くなっていくと、それに合わせて金利は大きく引き上げられてしまいます。

金利の動向についてもチェックしておく必要があるでしょう。

低金利で借りるためには条件が必要な場合も

金利の優遇を受けられる会社も多々ありますが、低金利で借りるためには条件が追加される場合も多くなっています。

一番多いのは、銀行のサービスを併用するというものです。

カードローンと契約するだけならいいものの、住宅ローンとの契約が必要とされていれば、かなり難しい判断を迫られるでしょう。

また、特定のサービスを利用するなどの確認が取れない場合、通常の金利で契約する形となります。

しっかりと低金利の条件は把握するように心がけてください。

奨学金として採用されている商品に注意

教育ローンという名前を採用しているものの、実際には奨学金制度の商品もあります。

奨学金と教育ローンは異なる商品ですので、間違って利用しないように気をつけてください。

なお、教育ローンと奨学金は併用できる場合があります。

奨学金と契約している場合も、教育ローンを利用して更に負担を軽減すれば、更に教育費用の確保は楽になるでしょう。

奨学金との併用ができないケースも

奨学金と併用できる教育ローンも数多くありますが、中には奨学金と併用できない商品があります。

奨学金と契約している場合、その時点で審査に落とされるというものです。

このような商品は、基本的に奨学金と契約しない状態で審査を受けるように心がけてください。

先に奨学金と契約した結果、審査を通過できない問題などは起こさないようにしましょう。

教育ローンで迷ったら国の教育ローンを検討

様々な教育ローンが提供されているものの、教育ローンはそれぞれにメリットとデメリットがあるため、慎重に検討しなければなりません。

どうしても教育ローンで迷った時は、国の教育ローンを検討するといいでしょう。

国の教育ローンは、低金利で借りられる他、条件等も緩い為借りやすい傾向があります。

優遇措置などによって、かなり狩りやすくなっている人もいます。

条件さえ満たせば、低金利と返済期間の猶予も受けやすくなり、非常に契約しやすいローンとなるでしょう。

銀行の教育ローンは審査が厳しく、利用できないケースも多々あります。

場合によっては、審査を通過できると思っていた内容で審査落ちの連絡を受けてしまうのです。

こうした審査落ちの連絡を受けてしまうと、教育ローンの計画を変えなければなりません。

すぐに計画を修正するのはかなり難しいため、最初から教育ローンは国で契約すると判断してもいいでしょう。

まずは審査を通過するという部分を大前提に考え、確実に借りられる会社を探しましょう。

一番安心して借りられるのは、国の教育ローンです。

教育ローンは比較した上で最適な商品を利用しよう

教育ローンは様々な商品が提供されており、比較などを通じて情報を仕入れなければなりません。

仕入れた情報によっては、教育ローンが使いやすいと感じるものもあれば、あまり使いやすいとは思わない商品もあるでしょう。

こうした比較により、一番使いやすい商品を知っておかないと、安心して教育ローンは使えないのです。

とにかく契約しやすいという部分、そして利用して損をするものではないか慎重に判断し、教育ローンを1つに絞り込みましょう。

教育ローンの審査基準は何?審査に受かるための対策はある?
「子供を進学させるためにお金が足りない」 子供を進学させたいというのは親として当然の気持ちですが、進学には予想以上にお金がかかるもの。 そうしたときに便利なのが、教育ローンや奨学金です。 奨学金は子供が支払いをしますが、教...
大学で留年すると奨学金は止まる?留年した場合の3つのケースについて解説!
大学で留年した場合、奨学金はどうなるのか様々な理由で気になる人も多いかと思います。 結論からいえば、大学で留年をした場合、奨学金は止まってしまいます。 しかし、手続きをすれば奨学金の貸与を再開してもらう方法もあるのです。 ...