教育ローンの審査が甘い所はあるのか?メリット・デメリットを解説

教育ローン

教育ローンは審査が厳しい傾向にあり、なかなか審査を通過できない場合もあります。

審査を通過しようと考えている人は、審査基準をしっかり満たし、確実に借りられるようにしましょう。

しかし、教育ローンの中には、審査基準が甘くなっている商品もあります。

審査基準の甘いローンを見つけられれば、収入に不安を持っていた場合でも借りられると判断できるでしょう。

ここでは審査の甘い教育ローンについて説明します。

教育ローンの審査基準は何?審査に受かるための対策はある?
「子供を進学させるためにお金が足りない」 子供を進学させたいというのは親として当然の気持ちですが、進学には予想以上にお金がかかるもの。 そうしたときに便利なのが、教育ローンや奨学金です。 奨学金は子供が支払いをしますが、教...
プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短1時間融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
公式サイトはこちら

教育ローンは全体的に審査が厳しい

教育ローンは、全体的に審査が厳しい商品となっています。

審査が厳しい理由としては、提供している会社が銀行ばかりというのが関連しています。

銀行は、返済能力がしっかり確保されていなければ、審査を通過させてくれない会社です。

中途半端な返済能力では借りられないようにしているため、銀行で教育ローンを利用したくでも利用できない場合もあるのです。

特に収入不足によって審査に落とされる可能性はかなり高くなってしまいます。

収入をしっかりと確保し、確実に返済できる能力を示さなければ、教育ローンを利用するのは難しいでしょう。

審査の甘い教育ローンは存在する?

大半の教育ローンは審査が厳しいものの、審査が甘くなっている教育ローンもいくつかあります。

基本的には、銀行を避けて審査を受けるのが一番いい方法でしょう。

銀行の審査は厳しいものの、他の会社であれば審査基準が甘くなる可能性もあります。

より審査の甘い会社を狙って審査を受けるようにしましょう。

ただ、審査の甘い会社を利用すると、金利や収入の制限、更には限度額の制限が発生します。

自分が希望している借入額を得られるかどうか、慎重に判断してから審査を受けるように心がけましょう。

審査の甘い教育ローンを紹介!

ニチデン 審査 即日融資 口コミ-審査基準を教える女性

審査の甘い教育ローンはいくつかあります。

審査を通過しやすい会社を狙っておけば、収入が足りない場合でも審査を通過できて、お金を借りられる可能性が高くなります。

少しでも審査の甘い会社を狙い、すぐに教育ローンを利用できるようにしましょう。

ここでは審査の甘い教育ローンをいくつか紹介します。

国の教育ローン

国の教育ローンは、審査を通過しやすい傾向があります。

母子家庭など、収入が足りない人でも審査を通過できる場合が多く、借りたいと思っているときには利用しやすいでしょう。

その反面、借りられる金額があまり多くないため注意しておきましょう。

国の教育ローンの基本情報

限度額 10万円~300万円
金利 1.66%(固定金利)
借入期間 最大10年
返済方法 元利均等方式
担保・保証人 不要
収入の条件 なし

以上が基本情報です。

借入額はあまり多くないものの、低金利で借りられるメリットを持っています。

なお、保証料を支払わない場合、保証人を立てなければならないため注意が必要です。

国の教育ローンの審査が甘い理由

国の教育ローンは審査が甘くなっていますが、その理由は国が金銭を提供しているためです。

国は教育を促進するために、教育ローンの基準を引き下げて、借りやすいようにしています。

また、銀行と違い、ある程度返済能力を持っていない人への優遇措置ができるため、審査を甘くしても問題はないのです。

営利目的で提供しているというより、教育を受けやすくするための措置として提供されたローンだと判断してもいいでしょう。

国が提供するローンは、基本的に財源が国民の税金等によって賄われているため、ある程度の金額であれば簡単に融資ができるという側面もあります。

国の教育ローンのメリット

国の教育ローンは、とにかく低金利で借りられるメリットを持っています。

銀行の教育ローンに比べると、圧倒的に金利が下げられています。

これも営利目的で提供していないという部分が影響しています。

低金利で借りられれば、返済時の負担は大幅に減少し、最終的な返済額も大幅に抑えられるでしょう。

また、国の教育ローンは信頼性が高く、倒産などによってサービスが終了するという問題もありません。

基本的に、国がサービスを提供し続けている限り、この教育ローンは使い続けられるのです。

どの時代でも利用できるという部分は、安心できる要素と言えるでしょう。

他にも優遇措置を採用している他、返済期間もある程度長くしており、安心して借りられる教育ローンとなっています。

国の教育ローンのデメリット

一方でデメリットもいくつかあります。

デメリットとして挙げられるのは、借入額が少ない点です。

最大で350万円までしか融資が受けられないため、教育ローンを利用しても学費が不足するなどの問題が発生します。

その場合は、奨学金と併用するなどの方法を使い、少しでも教育費を確保するように心がけましょう。

また、借りるまでにかかる時間が長いというデメリットも存在します。

借入までの審査だけで、10日程度必要となるのです。

更に融資までに10日程度かかるため、最低でも20日は借入までに待たなければなりません。

借りるまでに多くの時間がかかってしまうのは、大きなマイナス要素と言えるでしょう。

国の教育ローンの利用条件

国の教育ローンですが、利用条件は特に設定されていません。

必要な収入等は記載されていないので、条件としては緩い分類に入ります。

更に、収入が足りない人などには、優遇措置が取られてより使いやすくなります。

利用できないと判断される収入等でも、借りられる可能性が高くなっているのは安心できるポイントでしょう。

ただ、収入を多く確保している人は、審査を通過できない場合があります。

ある程度の収入を持っていると、教育費を自分たちで賄えると判断されるためです。

多くの収入を得ている人は、逆に使いづらいローンに変わる可能性があるので注意しておきましょう。

ろうきんの教育ローン

ろうきんが提供している教育ローンは、審査基準が多少ですが甘くなっています。

国の教育ローンよりは審査が厳しいものの、借りられる可能性はそれなりに高くなります。

少しでも借りやすい状況を作るなら、ろうきんの教育ローンを利用していくといいでしょう。

ろうきんの教育ローンの基本情報

限度額 ~1500万円
金利 1.7%
借入期間 最大20年
返済方法 元利均等方式 :毎月返済・ボーナス返済
担保・保証人 不要
収入の条件 1年以上の勤務年数

以上が基本情報です。

とにかく借入額が多いというメリットを持っています。

他社では実施できない借入額を提供するろうきんの教育ローンは、多くのお金を必要としている方には利用しやすいでしょう。

返済期間もかなり長く、余裕を持って返済を続けられます。

ろうきん教育ローンの審査が甘い理由

ろうきんは、銀行と同様に営利目的という要素で教育ローンを提供しています。

しかし、銀行と同じ審査基準にすると、利用される可能性が低くなってしまいます。

そこで、銀行よりも審査基準を少し甘くすることで、より借りやすい状況としているのです。

ろうきんは、銀行よりも借りられる可能性が高くなっているため、他のローンも含めて困っている時は狙いやすくなっています。

大きな借入でも審査基準が甘くなっているため、借りられる可能性が高くなるでしょう。

ろうきん教育ローンのメリット

ろうきん教育ローンは、多くの借入額が得られるメリットを持っています。

銀行でも、1,500万円の借入というのはなかなか実現しません。

それだけ借りやすい状況を作り出しているのがろうきん教育ローンなのです。

多くの融資が必要となる家庭はもちろんのこと、お金が多く必要となる大学へ進学する場合などに便利です。

また、低金利で借りられるメリットも存在します。

金利は固定されており、比較的小さい利息で返済を続けられる良さを持っています。

また、国の教育ローンと同じ水準で貸してくれる場合もあるため、返済時の利息に悩まされる心配はないでしょう。

返済期間が長くなっている点に加えて、労金は全国規模でサービスを提供しているという部分も安心できるポイントでしょう。

ろうきん教育ローンのデメリット

デメリットとしては、審査基準が国に比べると厳しい点です。

国の教育ローンは、収入が少ない家庭でも審査を通過しやすくするため、色々な措置を取ってくれます。

しかし、ろうきん教育ローンにはそのような優遇条件はありません。

また、借りたいと思っている金額を提供してくれない場合もあります。

求めている限度額に対して、返済能力がしっかりと得られていない場合は、借りられる金額が下げられてしまうのです。

どうしても多くの借入を希望している場合は、まず収入等の状況をしっかり改善させるようにしましょう。

他にも、借入までにかかる時間が少し長いなど、すぐに借りられないデメリットもあります。

ろうきん教育ローンの利用条件

利用条件については記載されていないものの、ある程度の収入を持っていなければ借りられません。

特に大きな借入を希望している場合は、少しでも収入を増やすように心がけましょう。

収入が不足していると、審査に落とされる可能性が高くなってしまいます。

また、ろうきんは全国的に展開されていますが、利用できるろうきんは地域によって限られています。

地域をまたいでろうきん教育ローンを利用するのは難しい部分がありますので、利用できる地域をしっかりと確認した上で、教育ローンを検討してください。

なお、あまりにも教育とはかけ離れている借入を実施する場合、審査に落とされてしまいます。

ある程度教育に関連している借入で利用すると説明できるようにしましょう。

ろうきんの教育ローンの審査は厳しいのか?
ろうきんは教育ローンを提供している会社です。 民間の教育ローンは、大きな借入が期待できるため、融資額が多くなる人にはとても使いやすいでしょう。 また、融資の方法が複数用意されているため、場合によっては非常に借りやすいサービスとな...

信販系の教育ローン

最後に紹介するのは信販系の教育ローンです。

信販系はローンをあまり提供していませんが、オリコのように教育ローンを出している会社もあります。

信販系は、銀行系に比べると審査基準が甘くなっており、借りやすい傾向があります。

その反面、金利が高い傾向にあるので注意しておきましょう。

ここではオリコの教育ローンについて説明します。

オリコ教育ローンの基本情報

限度額 10~500万円
金利 学校により変動
借入期間 未記載
返済方法 元利均等方式
担保・保証人 不要
収入の条件 なし

以上が基本情報です。

借入額がある程度多くなっているため、お金が必要な場合にすぐ対応できるのはいいところでしょう。

また、返済については、卒業後に子供が支払うという方法に切り替えられるため、親が負担する金額を抑えられるメリットを持っています。

ただ、金利が学校によって変動する方針となっているため、金利の把握が難しい部分を持っています。

オリコ教育ローンの審査が甘い理由

信販系の会社は、基本的に審査基準を下げています。

銀行と同じ審査基準に設定すると、金利が高い分だけ利用される可能性がなくなってしまうためです。

そこで、金利を多少引き上げることで、オリコ教育ローンの審査を甘くして、より借りやすくしています。

金利は公表していないものの、銀行の教育ローンよりも高い数字に設定しています。

金利を上昇させることで、審査基準を甘くしているのは消費者金融と同じ方法です。

つまり金利によって返済されないリスクを回避して、貸し出しやすくしていると判断してください。

オリコ教育ローンのメリット

オリコ教育ローンは提携している学校が多くなっており、利用できる場面が多くあります。

教育ローンと契約しようと思ったら、提携していない大学だったため、利用できないというケースもいくつかあります。

こうした問題が起こりづらいのは、オリコ教育ローンのメリットと言えるでしょう。

また、先程も説明したとおり、審査基準が甘くなっているため利用しやすいという良さもあります。

教育ローンの借り入れがなかなかできずに苦労している人には、とても使いやすい会社でしょう。

他にも子供に支払いを引き継げるなど、教育ローンではあまり採用されていない方法を積極的に取り入れている会社でもあります。

オリコ教育ローンのデメリット

一番のデメリットは、返済時の利息が多くなってしまう点です。

銀行に比べると高い数字を採用しており、どうしても返済額は増えてしまいます。

また、信販系や信用性が少し不足しており、本当に信頼して借りられるか不安があります。

オリコのように、信用できる会社ならいいものの、信用できない会社が提供しているローンでは不安が大きくなってしまいます。

さらに、返済については口座引き落としのみが採用されており、他の方法によって返済できないデメリットもあります。

返済の柔軟性が確保できないのは少し痛いポイントかも知れません。

オリコ教育ローンの利用条件

こちらも収入による利用条件は記載されていません。

収入によって制限されないのはいいところでしょう。

ただ、収入が記載されていないからという理由で、低収入で審査を受けないように注意しましょう。

基本的に多くの収入を確保していない限り、審査は通過できません。

返済能力をしっかりと示し、確実に返済を続けられる要素を示しましょう。

また、大学によっては利用できない場合があります。

提携していない大学は、オリコ教育ローンの対象外とされますので、審査を通過できないのです。

今後通う大学が対象となっているかしっかりと確認してから、オリコ教育ローンを利用するように心がけましょう。

審査の甘い教育ローンでも審査落ちはある

教育ローンの審査が甘くても、審査に落とされる可能性は十分にあります。

その理由としては、収入などの問題により、返済されないと判断されるためです。

収入を持っていない場合は、審査に落とされる可能性が大幅に増加します。

また、他にも何らかの問題を抱えており、審査に落とされる可能性が十分にあります。

審査が甘いからといって、対策を何もしないで審査を受けないように注意してください。

審査の甘い教育ローンで審査を通過するコツ

審査の甘い教育ローンで借りるためには、以下のコツを確認しておきましょう。

  • 収入を増やす
  • 他社借入を減らす
  • 借入額を減らす
  • 書類の不備をなくす
  • 信用情報を確認する

以上のコツを知っておけば、審査に落とされる可能性は下がります。

確実に審査を通過するためにも、1つ1つの条件を理解し、対処しておきましょう。

ここからは審査の甘い教育ローンで借りるコツを説明します。

収入を増やす

収入を増やせば、審査の甘い教育ローンを通過できます。

収入面での不安をなくせば、それだけ審査を通過できる可能性は高くなります。

安定した収入を確実に確保し、審査を通過できるようにしましょう。

ただ、収入が多すぎると、逆に審査落ちとなる場合があります。

一部の教育ローンは、収入の上限が決められています。

上限に到達すると、収入で教育費は確保されると判断され、教育ローンを利用できなくなります。

審査を通過したいのであれば、まずは収入の上限等の条件をしっかり見ておきましょう。

あらゆる条件を確認してから、最終的に審査を受けるかどうかを検討しておくのです。

他社借入を減らす

他社借入を持っていると、その時点で審査に落とされやすくなります。

返済能力が確保されていないと判断されるためで、審査でも大きな影響を受けやすい項目です。

他社借入を持っている人は、まず返済して借金がない状況に持っていくといいでしょう。

借金を持っている状態よりも、借金を持っていない状況を作ったほうが圧倒的に審査は楽になります。

後少しで返済できると思われる借入は、早々に返済し、なくしておきましょう。

また、他社借入を作らないように、普段からお金を借りるサービスを頻繁に利用しないなどの対策も実施してください。

安心して利用するためにも、まずは他社借入に関連する問題を解決させるのです。

借入額を減らす

教育ローンで借りる金額を減らすようにしましょう。

教育ローンで借りる金額が多すぎると、借りる金額に対して収入が足りないと判断され、審査に落とされてしまいます。

審査を通過したいのであれば、まずは借入額が適切かどうかを慎重に判断してください。

本当にこの金額を借りていいのか、もう少し減らしても大丈夫なのか、検討してから申込むようにしましょう。

審査を通過するためには、借入額を調整し、確実に審査を通過できる状況を作らなければなりません。

あまりにも多くの借入が実施されないように、そして安心して借りられる状況を作るためにも、借入額の調整はしっかりと実施してください。

書類の不備をなくす

書類の不備が存在していると、その時点で審査に落とされてしまいます。

書類に問題があると、信用性が大幅に失われ、このままでは貸せないと判断されてしまうためです。

少しでも安心して借りられる状況を作るのであれば、書類の不備をなくすように心がけましょう。

特に気をつけたいのが、提出する書類の不備です。

提出する書類に問題が生じていると、審査に落とされやすくなります。

提出書類に何らかの問題がある、もしくは書類の内容が明らかにおかしいと判断されないように、提出する書類の内容はしっかりと見ておきましょう。

また、書類不足によって、提出できない状況も避けるようにしましょう。

確実に必要な書類は提出するように心がけるのです。

信用情報を確認する

信用情報に問題が生じていると、審査に落とされてしまいます。

審査に落とされる原因となるのは、過去の借入情報が問題とされるためです。

また、何度も審査を受けた結果、審査に落とされてしまう可能性があります。

審査に落とされている回数が多ければ多いほど、審査では大きな影響を及ぼしてしまいます。

審査を通過する場合は、信用情報に問題がないと確認しなければなりません。

信用情報に問題があると判断される場合は、審査を受けないようにしましょう。

悪い情報については、一定の期間が経過すれば削除されます。

信用される情報だけになってから、審査を受けると安心できるでしょう。

なお、信用情報は本人も確認できます。

不安に感じているようなら、先に情報を確認してください。

教育ローンの審査を通過できない時は他の商品も検討

教育ローンの審査は厳しいため、甘い会社を狙っても落とされる可能性があります。

どのような方法を利用しても審査を通過できない場合は、教育ローン以外の商品を利用してもいいでしょう。

その代表的な商品としてフリーローンが挙げられます。

フリーローンは、教育費に利用してもいいと記載されています。

教育ローン代わりとして利用できるため、教育ローンと契約できない場合は、フリーローンと契約してみましょう。

フリーローンの審査は、教育ローンよりも甘くなっており、色々な会社で借りられる可能性があります。

更に、教育ローンと同じくらいの限度額が期待できるため、借りられる額に問題は起こらないでしょう。

しかし、審査を通過しやすい代わりに、金利がかなり高くなるという問題があります。

特にフリーローンの中には、金利が10%以上に達する会社もあります。

大きな利息を取られる可能性があるため、返済計画などをしっかり立てて、安心して返済できるようにしましょう。

教育ローンも審査の甘い会社がある!審査を確実に通過しよう

教育ローンは審査が厳しいため、利用できない傾向も多々あります。

しかし、審査の甘い会社がありますので、そちらを利用すれば借りやすくなるでしょう。

ただ、審査が甘いと言っても、借りるための条件をしっかり整えないと、どれだけ審査が甘くても借りられません。

しっかりと借りるための条件を満たして、確実に借りられる状況を作っておきましょう。

また、教育ローン以外の商品で代用できないか検討し、代用できる場合はそちらを狙ってみるといいでしょう。

どちらにしても、安定した収入と信用できる情報が重要となるため、事前に対策を立ててから申し込んでください。

大学で留年すると奨学金は止まる?留年した場合の3つのケースについて解説!
大学で留年した場合、奨学金はどうなるのか様々な理由で気になる人も多いかと思います。 結論からいえば、大学で留年をした場合、奨学金は止まってしまいます。 しかし、手続きをすれば奨学金の貸与を再開してもらう方法もあるのです。 ...
教育ローンのおすすめはどこ?ポイントを徹底解説
教育ローンは、選ぶポイントをしっかり抑えなければなりません。 また、お勧めとされる教育ローンを知っておかないと、あまり良くない教育ローンを利用する形になってしまいます。 より安心して教育ローンを利用したいと思っているなら、必要な...