金融ブラックはどのような状態なの?厳しい状態はいつ消えるのか

お金を借りる

ブラックと呼ばれる中には金融ブラック状態の人もいます。

金融ブラックは信用されていない状況であり、借入が困難となっています。

ブラックの状態は非常に大きな影響を受けるほか、場合によっては数年間の借入が不可能となり、ローンを使えなくなってしまいます。

ローンが使えない理由を知っておくほか、ブラックに陥った場合はどのように対処していくのがいいか、しっかりと確認しておきましょう。

ここでは金融ブラックについて説明します。

プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短1時間融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
公式サイトはこちら

融資に問題が起きる金融ブラックとは

ブラックは申込ブラックと金融ブラックに分かれていますが、多くの人が対象となるのは金融ブラックです。

金融ブラックは融資の信用を失っている状態です。

基本的に融資というのは、信用してから実施するという方針を取っています。

しかし金融ブラックの状態だけで信用はなくなり、お金を貸せないと判断されてしまいます。

当然ですが、金融ブラックでは審査を受けても落とされてしまい、借入が不可能となります。

また、1度ブラック扱いを受けると長期的に影響が残ります。

場合によっては10年近くも金融ブラックとして扱われ、融資を受けられない状況もあります。

お金を借りたいときに金融ブラックではどうしようもない状況であり、借入ができない点に気を付けておきましょう。

金融ブラックに陥る原因

金融ブラックに陥る原因としては以下の理由があります。

  • 返済しない状況を続けた
  • 債務整理等で借金を整理した
  • クレジットカードなどの返済で問題を起こした
  • ローンを利用している際のトラブルが発生した

上記の理由により、金融ブラックとして扱われる場合があります。

ブラックに陥らないようにしっかりと対策をしておきましょう。

ここからは金融ブラックに陥る原因について説明します。

返済しない状況を続けた

お金を借りた場合は返済しなければなりません。

返済しないで借り続けるというのは非常に危険であり、絶対にしてはいけません。

こうした借入を返済しない状態で放置していた場合、金融ブラックとして扱われます。

返済しない状況は信用できないと判断されるからです。

返済しないで放置していると、非常に危険な状況に陥るものと考えてください。

また、返済しない場合は遅延損害金も多くなってしまい、返済額が増えてしまう点に気を付けてください。

債務整理等で借金を整理した

債務整理によって借金を減額した場合も金融ブラックとなります。

債務整理は本来支払うはずの借金を減額し、返済しやすいように調整する行為です。

お金を貸す側としては、返済される金額が大幅に減ってしまうため、利益を多く失ってしまうのです。

そのため借金をしっかり返済しない人は金融ブラックとして扱っています。

当然ですが自己破産により全額の返済を帳消しした場合は、さらに厳しい扱いを受ける場合もあります。

しっかりと返済できる状況を作り、債務整理を使わないように心がけましょう。

クレジットカードなどの返済で問題を起こした

ローン以外にもクレジットカードで問題を起こしている場合も金融ブラックとなります。

クレジットカードは一見すると関係ないように思われますが、クレジットカード用の信用情報も用意されています。

また、クレジットカードのキャッシング枠は借入で使われている信用情報機関に掲載されており、簡単に確認できてしまいます。

当然クレジットカードの返済に問題を起こしている場合、借入を返さない可能性が高いと判断されるのです。

クレジットカードは普段から利用する傾向が多いため、利用額が増える恐れもあります。

あまりにも多くの利用額に達しないように、しっかりとカードの利用額を考えておきましょう。

ローンを利用している際のトラブルが発生した

ローンを利用してトラブルを起こしている場合、金融ブラックとして扱われる場合があります。

返済していない状況のほか、ローンを不正に利用していたなどの問題があれば金融ブラックとなります。

この場合は信用できないという理由から、銀行側が単独でブラック扱いとする場合もあります。

また、不正にローンを利用していた場合、保証会社などを通じて多くの銀行に情報が知られる恐れもあります。

ローンは正しく利用して、他の銀行などに悪い情報が伝えられないようにしましょう。

問題となる状況を作らないように努力してください。

金融ブラックに陥るとどのような影響が出るのか

金融ブラックという状態は、ただ、ローン審査に落とされるだけではありません。

それ以外にも大きな問題が起きてしまうため、普段の生活に大きな影響を及ぼしてしまうのです。

金融ブラックとなった場合、以下の状況に陥るため気を付けてください。

  • 各種ローンが使用不可能となる
  • クレジットカードが発行できない
  • スマホの分割払い契約ができない
  • 賃貸住宅に入居しづらくなる
  • 会社での信用を失う

以上の問題が起きてしまいます。

中には生活に直結するものもありますので、できる限り金融ブラックは避けるようにしましょう。

ここからは金融ブラックによる影響について説明します。

各種ローンが使用不可能となる

金融ブラックで起きる一番の問題はローンの利用不可という部分です。

金融ブラックに関連する情報は共有されており、簡単に信用情報機関を通じて確認できるのです。

その結果、金融ブラックによって、各種ローンの審査に落とされてしまいます。

審査を通過できないため、借入はできなくなります。

借りられない状況はブラック状態として扱われる期間で続けられます。

長期的に借りられない場合もあるため、ブラックに陥るリスクはかなり高いと言えるでしょう。

クレジットカードが発行できない

ローンと一緒にクレジットカードが発行できなくなります。

クレジットカードでは分割払いやリボ払いと呼ばれる返済方法が用意されています。

この返済方法は金融ブラック状態では使えないように設定されており、カード発行時の審査でも影響しています。

一見するとショッピング枠だけならクレジットカードを発行できるように思われますが、実はショッピング枠もブラックの影響を受けてしまうため注意が必要です。

ブラックになるとカード決済が不可能になるため、普段の生活でもかなりの影響を受けてしまいます。

生活を楽にしたい、ネットでの買い物をしたいと考えている時に、クレジットカードの発行停止は非常に問題となります。

金融ブラックは生活にも大きな支障をきたすものと考えておきましょう。

なお、既に発行されているクレジットカードも利用停止となります。

スマホの分割払い契約ができない

スマホや携帯電話の購入費用を分割しようとしても、金融ブラックとして扱われる場合は利用できません。

分割払いは信用情報機関でブラックなのかを判断し、それから利用可能となる制度です。

信用情報機関でブラックとして扱われている場合、分割による返済ができない恐れもあります。

こうした返済されない状況を作ってしまうのは非常に危険と判断し、携帯電話の会社が分割払いによる購入を認めてくれません。

購入する際は一括払いによる購入を検討しなければなりませんが、近年はスマホの端末が高額な傾向もあり、一括払いでは厳しいケースもあります。

分割払いを使えないのは、スマホの買い替えなどに大きな影響を及ぼしてしまうものと考えておきましょう。

賃貸住宅に入居しづらくなる

賃貸住宅への入居に影響を及ぼす可能性があります。

賃貸住宅というのは毎月の支払いが発生するため、本当に家賃を支払う能力があるのか事前に確認されています。

ここで金融ブラックという情報が確認された場合、賃貸住宅に住んでも家賃が入ってこないと思われてしまい、入居を拒否される場合もあります。

特に大手の不動産会社が管理している物件は厳しく、入居が困難となります。

ただ、個人経営で運営されているアパートのように、入居時にブラックという状態を確認しないで入居させてくれる場所もあります。

従って賃貸住宅へ入居できないわけではないと考えてください。

ただ、有名なマンションなどは入居できる可能性が大幅に下がってしまうため、いいところに住めないという問題は起きてしまうでしょう。

なお、マンションによっては金融ブラックに陥った時点で退去するように求められる場合があります。

会社での信用を失う

金融ブラックは仕事をしている会社へ信用を失う可能性があります。

一見すると信用情報を確認しないため、金融ブラックでも影響はないように思われます。

しかし、会社側に金融ブラックに関連する情報が何らかの形で通知されると、一気に信用を失います。

また、支払いの督促に関連する電話がかかってくる可能性も高くなるため、会社としては仕事に集中できない状況を作ってしまいます。

会社としては、仕事に支障をきたす社員を雇用できないと判断し、何らかの理由を告げて退職するように求めるなどの対応を取る場合があります。

こうした問題を避けるためにも、金融ブラック状態はできる限り避けたほうがいいでしょう。

場合によっては解雇される恐れもあります。

金融ブラックが解消されるまでにはどれだけの時間がかかるのか

金融ブラックが解消されるまでにかかる時間がわかれば、実際に金融ブラックとして扱われた場合でも対処しやすいかもしれません。

しかし、金融ブラックは原因によって解消されるまでにかかる時間が変わり、全ての人が同様の扱いを受けるわけではありません。

短期的な問題とされる返済遅延であれば、2年程度もあれば解消される場合があります。

これは2年程度で返済に関連する情報が改善されていると判断され、信用情報機関が削除するからです。

一方で債務整理をした場合は5年近くブラックとして扱われ、借入は不可能となります。

債務整理は大きな問題として扱われているため、そう簡単に信用情報機関も情報を削除しません。

中には10年間も債務整理の情報が残る場合もあり、金融ブラック状態が長く続いてしまいます。

つまり債務整理をした場合、対応している信用情報機関によっては10年も借入が不可能となってしまうのです。

どの信用情報機関が採用されているかでブラックの年数は変わりますが、すぐに改善されるわけではないと考えてください。

また、ブラック状態から解消されたとしても、本人にブラックではないという情報が伝えられるわけではありません。

金融ブラックというのは、自分でどのような状況に置かれているかしっかりと確認し、判断しなければならないのです。

自分が金融ブラックだと確認するための方法

金融ブラックに置かれているかどうか、自分で判断する方法を知っておくといいでしょう。

現在金融ブラックを確認する方法として使われているのは以下の手法です。

  • 信用情報機関で信用情報を得る
  • 過去のローンで悪質な行為をしているか思い出す
  • 実際にキャッシングへ申込んで審査を受けられるか確認する

以上の方法を利用できます。

中にはあまり使うべきではない手法がありますので、金融ブラックを確認する際は気を付けておきましょう。

ここからは金融ブラックを確認する方法を紹介します。

信用情報機関で信用情報を得る

金融ブラックは信用情報機関に問い合わせると簡単に確認できます。

信用情報機関によって必要なお金は変わりますが、お金を支払って希望を告げれば簡単に信用情報を見させてもらえます。

ここで確認される信用情報は、現時点で審査で使われているものと全く同じです。

従ってローン審査の前に確認しておけば、金融ブラックによる審査落ちは避けられるのです。

ただ、金融ブラック以外にも申込ブラックや審査を通過できない情報が多数残されているケースもあります。

この場合は審査を受けると落とされるリスクが高いため、これ以上の信用情報悪化を避けるために申込みを避けたほうがいいでしょう。

また、信用情報機関によって記載されている情報に違いがあります。

これは悪質な情報を削除する期間が異なっており、本来なら消えているはずの情報が残されている、もしくは逆に消えている場合があるからです。

信用情報機関による違いをしっかり確認しておかないと、本来なら残されている情報に気づかないまま審査を受け落とされる場合があります。

なお、信用情報に問題となる情報が見つからない場合は、そのままローン審査を受ければ信用情報による審査落ちはありません。

過去のローンで悪質な行為をしているか思い出す

過去のローンで問題を起こしていないか、自分で思い出してみるといいでしょう。

過去に返済遅延をしているなどの情報が思い出せるようなら、何年前に起こしている問題か見ておきましょう。

もし2年以内に起こしている問題であれば、金融ブラックの可能性が高く、信用情報だけで審査に落とされてしまいます。

審査を通過したいと考えているなら、過去のローンで2年以内に起こした問題があれば申込みを避けてください。

また、5年以内に債務整理をしている場合も同様で、審査を受けないほうがいいでしょう。

この場合は審査に落とされるリスクが非常に高くなる他、余計な申込で申込ブラックなどの状態を引き起こす恐れもあります。

過去の利用状況などを思い出し、まずは審査を通過できるかどうかを慎重に判断しておきましょう。

近年の問題が確認できる場合は申込を避け、しばらくローン審査を受けないほうがいいでしょう。

実際にキャッシングへ申込んで審査を受けられるか確認する

実際にキャッシング審査を受け、審査を通過できるかチェックする方法があります。

審査を通過するようなら、ブラック状態ではないと判断できるため、審査をほぼ通過できるのです。

しかし、この方法は現実的ではありません。

最大の理由は審査に落とされた際のリスクが高くなってしまう点です。

先ほども説明しましたが、余計な申込をした結果、申込ブラックを引き起こす恐れがあります。

折角信用情報の改善が見られたところに再びブラックに関連する情報が残されると、更にローン審査を通過しづらくなります。

場合によってはさらに1年程度のブラックが追加され、ほとんど借りられない状況が生まれてしまうのです。

こうした問題を避けるためにも、申込みによる確認方法はできる限り避けたほうがいいでしょう。

まずは信用情報の確認、もしくは自分でローンの利用状況を思い出し、本当に審査を受けても大丈夫なのか判断しておきましょう。

色々な情報を確認した結果、審査を受けても大丈夫だと思った場合に限り、最後の確認方法として採用するといいでしょう。

もし審査に落とされてしまった場合は、まだ信用情報に問題がある、もしくは収入面などの問題を改善させてから審査を受けてください。

金融ブラックに陥った後の対処法

金融ブラックに陥った後の対処法としては以下の方法があります。

  • 信用情報が改善されるまで待つ
  • 現金払いを中心として生活する
  • 質屋などを利用して借入を考える

以上の方法を利用して、金融ブラックでも問題なく生活できる環境を作っておきましょう。

特に現金払いを中心とした生活は、金融ブラックでは必須の条件だと考えてください。

ここからは金融ブラック後の対処法について説明します。

信用情報が改善されるまで待つ

まずは信用情報が改善されるまで待つといいでしょう。

信用情報が改善されるまでは、とにかくローン審査やクレジットカードの申し込みを避けておくのです。

クレジットカードの審査に落とされてしまった場合でも、他のローン審査に影響が及んでしまいます。

まずは確実に審査を通過できるまで、ゆっくりと時間をおいて信用情報を変えておきましょう。

信用情報が変われば、現在の申込内容でも審査を通過できる場合があります。

悪い情報によって審査に落とされる状況が続いているなら、まずは信用情報の改善を図りましょう。

現金払いを中心として生活する

現金払いを中心とした生活に切り替え、普段の生活に支障が出ないようにします。

普段の買い物は現金で支払うように心がけ、クレジットカードなど使えないものを利用して決済する癖を抜いておくのです。

また、ネットでの買い物も銀行振込などを利用し、できる限りカードを使わなくても支払いができる方法を使ってください。

中にはカードを利用しないと買い物ができない通販サイトもありますが、そうしたサイトを利用せずにネットで買い物を考えるといいでしょう。

また、クレジットカードが使えない代わりにプリペイドカードや電子マネーを利用する方法もあります。

プリペイドカードは利用額が限られていますし、電子マネーは自分の現金をチャージして使う方法ですので失敗がありません。

基本的には現金払いを利用しつつ、買い物の時間を短縮させたいと考えているなら電子マネーなどの利用で短縮させましょう。

現金払いで不便なところは別のサービスを利用して改善させられないかしっかり考えてください。

質屋などを利用して借入を考える

質屋を利用すれば現金を借りられる場合があります。

品物を預ける代わりにその代金を受け取れる質屋は、お金に困っている際に便利です。

また、公的融資などの方法でお金を得る手法もあります。

こちらは審査が必要となりますが、お金を借りられる数少ない手段となるでしょう。

他にも物を売却してお金を作るなど、借入や現金を確保する手段は多くあります。

生活に支障が出るような状況であれば、まずはお金を得られる場所を使ったお金を作っておきましょう。

金融ブラック状態でも借りられるキャッシングはあるのか

金融ブラックでは大半の消費者金融では借りられませんが、一部のキャッシングに限り借りられる場合もあります。

代表的な会社としては以下の通りです。

  • フクホー
  • アロー
  • フタバ

以上の会社は金融ブラックでも貸してくれる場合があります。

ただ、確実に融資を受けられるわけではありません。

他にも収入等の条件がしっかり整っており、返済される可能性が高いと判断されない限りは利用できません。

従って金融ブラックでも簡単に借りられるわけではないと考えてください。

また、名前を出していない中小の消費者金融でも借りられる場合があります。

その場合は収入等をしっかり示し、安心して返済される能力を示すように心がけてください。

ここからは金融ブラックでも借りられる会社を説明します。

フクホー

フクホーは中小の消費者金融でも代表的な会社です。

審査基準が厳しくないほか、収入に問題がなければ借りられるチャンスが多く、融資の期待が高い会社です。

フクホーは信用情報も確認していますが、現時点での返済能力をベースとして審査する傾向があります。

そのため収入を持っている人は審査を通過しやすく、借りられる可能性が高いのです。

また、フクホーは銀行系列に属している消費者金融ではないため、自社の審査基準で審査を進められます。

その結果、金融ブラックでも審査を通過させてくれるのです。

ただ、借りられる額はかなり少ないので気を付けておきましょう。

アロー

アローもフクホーと同様に金融ブラックでも融資を認めてくれます。

アローは金利がフクホーよりもやや高くなっており、利用する場合は高い金利で契約する可能性があります。

また、高い限度額を望める会社でもありますが、アローは金融ブラックに対して限度額を調整するなどの対応を取っています。

その結果、あまり多くの借入ができない傾向もあります。

とにかく借りたいと考えているならアローに相談するといいでしょう。

なお、アローは即日融資が可能で、当日中に契約できます。

フタバ

少額の借入に特化している消費者金融です。

あまり多くの金額は借りられませんが、金融ブラックでも審査を通過できる可能性があります。

フタバも信用情報より現在の収入状況などを審査で注視しているため、金融ブラック状態でも審査を通過できる可能性があるのです。

ただ、借りられる額は10万円程度が基準となるため、大きな借入が期待できるという考えは捨てておいた方がいいでしょう。

ブラックでも即日キャッシングする方法と注意点
信用情報がブラックになっている場合、やはり新たな借り入れは無理なのでしょうか? 今回は、そんな「信用情報がブラック」という人が即日融資を受ける為の方法や注意点を、詳しく解説していきます。 この記事がオススメな人 カード...

金融ブラック状態で絶対にしてはいけないこと

金融ブラックで利用してはいけないことがいくつかあります。

その中でも絶対に利用すべきではないのは以下の2つです。

  • 闇金を利用する
  • ブラック状態でローン申込を続ける

以上の手法を取り続けると、将来的に大きな問題が起きてしまいます。

場合によってはローンが利用不可能になるなど、非常に不便な状態を作りだします。

更には返済できない借入で自己破産という流れもあり得ます。

絶対に実施しないようにしましょう。

ここからは利用すべきではない方法を説明します。

闇金を利用する

闇金はブラックでも借りられますが、金利が非常に高いことで知られています。

提示される金利は10日間で2割や3割という高いものです。

年間で18%程度が基準とされている本来の貸し付けに対して、僅か10日間でその数字を超える利息を求めてくるのが闇金の手法です。

当然ですが、返済できないととんでもない返済額に膨れ上がってしまいます。

更に取り立てが非常に厳しく、電話連絡を延々と続けるなどの問題もあります。

このような取り立ての厳しさや返済の難しさを持っているため、闇金を利用するとほぼ自己破産という流れになります。

絶対に利用しないように心がけてください。

また、ブラックでも借りられるなど、甘い表記を持つ会社には近づかないようにしましょう。

サラ金って何?消費者金融や闇金とはどんな違いがある?
今でも時折耳にする「サラ金」とはどのような業者でしょうか。 消費者金融や闇金と似ているような気がするけど、具体的な違いについてはよく分からないという人も多いでしょう。 業者からお金を借りたいと考えている人は、サラ金や消費者金融、...

ブラック状態でローン申込を続ける

ブラック状態でローン申し込みを続けた場合、申込ブラックに発展します。

場合によっては不適切な行為を続けたという理由から、永久的に審査を受けられないブラックリストに記載されるなどの問題もあります。

こうした問題を避けるためには、ブラック状態で申込をしないように心がけるのです。

自分が金融ブラックだとわからない場合や、金融ブラックの可能性を知りたい場合でも、ブラック状態でローン申し込みを頻繁に実施しないでください。

最悪の場合は金融ブラックが解除された後も銀行側に拒絶され、ローンを使えなくなってしまいます。

金融ブラックは非常に危険な状態!絶対に起こさないようにしよう

金融ブラックは借りられない状況を作りだしているため、基本的には申込などを避けるように心がけてください。

当然ですが、無理な借入や闇金を使って融資を受ける方法は避けるように心がけましょう。

もし金融ブラックとして扱われた場合は、まず信用情報が改善されるまで待ちましょう。

しっかりと情報が改善されるまで待ち、確実に審査を通過できる環境が整ってからローンへ申し込んでください。