サラ金って何?消費者金融や闇金とはどんな違いがある?

お金を借りる

今でも時折耳にする「サラ金」とはどのような業者でしょうか。

消費者金融や闇金と似ているような気がするけど、具体的な違いについてはよく分からないという人も多いでしょう。

業者からお金を借りたいと考えている人は、サラ金や消費者金融、闇金の違いをぜひ理解しておいてください。
サラ金と消費者金融、闇金について詳しく解説していきます。

プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短1時間融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
公式サイトはこちら

サラ金は「サラリーマン金融」の略!

「サラ金」とはサラリーマン金融の略称で、個人向けの融資を行う業者を指します。

つまり、現在の消費者金融ですね。

個人向け融資業者が、主にサラリーマンを対象に小口の融資を行っていたことから「サラリーマン金融」と呼ばれるようになりました。

サラ金はもともとサラリーマンへの小口融資を行っていた

高度経済成長真っ最中の1960年代は、個人が銀行からお金を借りるハードルが非常に高く、ごく限られた一部の人しか融資を受けることができませんでした。

そのため、「大量生産、大量消費の時代」に突入すると、人々の購買意欲を満たすため、団地に住む主婦を対象に信用貸しをする「団地金融」と呼ばれる業者が多く生まれます。

当時、団地に住んでいたのは主に裕福なエリートサラリーマンの家庭でしたから、保証人や担保なしで融資をしても確実に返済してもらえたのです。

その後、主にサラリーマンを中心に融資が行われるようになったため、貸金業者は「サラリーマン金融」と呼ばれるようになります。

大手サラ金であるアコムプロミスアイフルが誕生したのもこの頃です。

サラ金から名称を変更して現在の消費者金融に…

一時はサラリーマンが融資の対象だった無担保の個人向け融資は、1980年代頃からは事業者や女性などの契約が増加したため、名称を「消費者金融」に変更しました。

しかし、それは表向きの理由。

その頃には、サラ金に対するイメージが非常に悪くなってしまっており、業界は何とかしてそのイメージを刷新しようと「消費者金融」の名称の使用を強力に推し進めたというのが本当のところなのですね。

当時、業界の重鎮が「サラ金とは呼ばないようにしてほしいと」と声明を出すほど、業界のイメージアップに力を入れたといいます。

サラ金が消費者金融に名称を変更した背景とは

でも、なぜサラ金のイメージが非常に悪くなってしまったのでしょうか?

サラ金が消費者金融へと名称変更した背景について考えてみましょう。

サラ金を厳しく規制する法律がなかった!

消費者金融がサラ金と呼ばれていた時代には、貸金業法はまだ制定されていません。

審査は現在ほど厳格ではなかったので、申込者の返済能力以上にお金を貸すことがまかり通っていました。

現在、出資法は利息制限法に合わせて上限金利が引き下げられていますが、1983年までは109.5%と、今では考えられないような金利でした。

その出資法を基準として、サラ金の適用金利は設定されていたのです。

今とは違ってサラ金を厳しく規制する法律もなく、そのために多くの問題を生んでしまいます。

【利息制限法の上限金利(1952年~)】

元金 上限金利
10万円未満 20%
10万円以上100万円未満 18%
100万円以上 15%

【出資法の上限金利の推移】

1983年10月30日以前 109.50%
1983年11月1日~ 73%
1986年11月1日~ 54.75%
1991年11月1日~ 40.00%
2000年6月1日~ 29.20%
2010年6月18日~ 20%

1983年にようやく貸金業規制法が制定され、出資法も改正されます。

しかし、規制内容はまだまだ甘いものでした。

社会問題にまでなった「サラ金問題」とは?

経済が右肩上がりだった時は、適用金利が高くても所得がどんどん伸びていったため、サラ金の金利の高さはそれほど問題視されませんでした。

ところが1970年代前半、オイルショックによって高度経済成長は終わりを迎えます。

多重債務者の激増

オイルショックによる景気低迷の影響で、サラ金からお金を借りる人は急増しましたが、返済に行き詰まってしまう人も多くいました。

でも、それは当然のことでしょう。

所得が増えなくなってしまったのですから、高金利のサラ金の返済が追いつかなくなるのは当たり前のことです。

今ではとても考えられませんが、当時のサラ金の上限金利は109.5%と超高金利でしたから、所得が伸びなくなれば借金だけが雪だるま式に増えていくのは目に見えていたわけです。

サラ金の過酷な取り立てによる自殺者も…

しかも、当時はサラ金の取り立てに関する法律もなく、サラ金業者は融資したお金を回収するためにかなり過酷な取り立てを行っていました。

サラ金の取り立ては人権を無視した凄まじいものでした。

  • 家の近所に「金を返せ」と書かれた張り紙を貼る
  • 昼夜かまわず家や会社に電話をかけてくる
  • 家に押しかけて大声で怒鳴る、脅す、暴力をふるう

上記のようなことが当然のように行われ、「サラ金地獄」という言葉が生まれるほどでした。
こうしたサラ金の過酷な取り立てに耐えかねて、自殺をする人や行方不明になる人が続出し、サラ金問題は大きな社会問題に発展したのです。

サラ金のマイナスイメージを払しょくするため「消費者金融」へ

「サラ金地獄」という言葉が生まれるほど過酷な取り立てを行ってきたために、サラ金に対しては誰もが「悪いもの」というイメージを抱くようになりました。

しかし、サラ金業界は、何とかしてサラ金のマイナスイメージを払しょくしようとします。

サラ金問題と法改正

「サラ金地獄」という言葉が生まれたことや、サラ金問題が国会でも取り上げられて各方面から批判を受けるようになったことで、サラ金に対するイメージは非常に悪くなってしまいます。

そして、サラ金が社会問題化したことで、1980年代には貸金業規制法や出資法が制定、改正されました。

貸金業規制法の制定や出資法の改正によって、サラ金業界は厳しい時代を迎えます。

その頃、サラ金は、サラリーマンだけではなく自営業者や女性にも利用されるようになっていたため、サラ金業界は、悪いイメージが定着してしまった「サラ金」という名称の使用をやめ、消費者金融という新しい名称で業界のイメージアップを図ろうと考えたのです。

サラ金のイメージアップと内情

サラ金問題の社会問題化によって制定された貸金業規制法には、みなし弁済が規定されていました。

そのため、以前よりも金利が低くなったにもかかわらず高金利での融資が改められることはありませんでした。

また、取り立てに関する規定も設けられましたが、それがしっかり機能していなかったことも後になって明るみに出ています。

1990年代にバブル経済が崩壊すると、再び消費者金融の利用者は増加しました。

CMの解禁や自動契約機の登場などで、「親しみやすさ」「手軽さ」を積極的にアピールしたことで認知度も上がり、消費者金融は順調に業績を伸ばしていきます。

しかし、法規制の甘さが原因で多重債務者が激増し、再び社会に問題を提起することになるのです。

サラ金は貸金業法改正で大きく変化した!

結局、サラ金問題が本当に終息に向かい始めたのは、2010年に改正貸金業法が完全施行されてからでした。

改正貸金業法によって、何が変化したのでしょうか?

金利が引き下げられてグレーゾーン金利が解消された

利息制限法と出資法はどちらも金利の上限を定める法律です。

  • 利息制限法…お金の借主を守る法律
  • 出資法…お金の貸主を制限する法律

利息制限法は違反しても罰せられることはありませんが、出資法に違反した場合は刑事罰の対象となり懲役刑や罰金が科されます。

グレーゾーン金利とは

以前は、利息制限法と出資法2つの法律の上限金利が異なっていました。

そのため、利息制限法には違反しているのに出資法には違反しない、極めてあいまいな金利帯が発生していたのです。

それがいわゆるグレーゾーン金利です。

消費者金融は、利息制限法に違反しても罰せられないことを分かっていてグレーゾーン金利に注目して、出資法の上限ギリギリの金利設定をしていました。

グレーゾーン金利は、利息制限法には明らかに違反していますが出資法には違反していないため、処罰を受けることはありません。

みなし弁済とは

そのうえ、貸金業規制法ではみなし弁済が認められていました。

本来、利息制限法を超えた金利は無効です。

ところが、たとえ利息制限法を超えた違法な金利であっても、借主が任意で利息の支払いだと認識して任意にそれを支払ったのであれば有効にしてしまいましょう、という規定を貸金業規制法で認めてしまいました。

これがみなし弁済です。

お金を借りる人を守るための法律であったはずの利息制限法は、このみなし弁済の規定によって骨抜きにされてしまいました。

みなし弁済の廃止とグレーゾーン金利の解消

消費者金融の過剰融資によって多重債務者が激増すると、みなし弁済は廃止されるべきだという声が高まりました。

そしてついに2006年、みなし弁済の適用が否定される最高裁の判決が下ります。

この最高裁の判決がきっかけとなって、みなし弁済撤廃に向けての動きが活発化し、2010年には貸金業法が改正され、同時に出資法の上限金利は利息制限法に合わせて20%まで引き下げられました。

これによって、ようやくグレーゾーン金利も解消されます。

総量規制が導入された

貸金業法の改正の目玉として導入されたのが総量規制です。

これは、個人が貸金業者から借りられる金額の総額は年収の3分の1までに制限されるという規定です。

過剰融資を抑制するための規定でもあるし、借主が返済能力以上に借りてしまうのを防止するための規定でもあるともいえます。

また、年収の3分の1を超える貸付を行わないようにするため、消費者金融は加盟している信用情報機関に照会して申込者の返済能力を調査することを義務付けられました。

さらに以下の場合においては、利用者から収入証明書を徴収することも定められました。

  •  一社からの借り入れ金額が50万円を超える場合
  • 複数の業者からの借複数の業者が100万円をこえるばあい

貸金業者が総量規制の規定を守らず年収の3分の1を超える金額を融資した場合には、貸金業者には業務指導や営業停止などの処分が科されます。

サラ金時代のような厳しい取り立ても禁止された

1983年に制定された貸金業規制法にも厳しい取り立てを禁止する規定がありましたが、改正貸金業法では罰則規定をさらに強化して、非常識で暴力的な取り立てや本人以外への取り立てを厳しく制限しています。

もしこの規定に違反すると、6ヶ月以下の懲役又は百万円以下の罰金、業務の一部または全部の停止という厳しい罰則を科せられます。

非常識で過酷な取り立てはサラ金時代からずっと問題視されてきましたが、取り立て上の禁止行為が細かく定められたため、現在はどの消費者金融も取り立てルールを厳守しています。

ネット申し込みが導入されるなど利便性が格段にアップした

昔は、サラ金を利用するには店頭か郵送でしか手続きできませんでした。

しかし、インターネットが普及し自宅からPCなどで申込手続きが可能になったことで、サラ金を手軽に利用できるようになり、利便性は大幅に向上します。

また、改正貸金業法の施行で厳しい局面に立たされたサラ金は、苦肉の策でメガバンクの傘下に入りましたが、

  • 信用度が増しイメージアップした
  • 銀行の提携ATMを無料で利用できるようになった

など、逆に信用面やサービス面でよい影響を受け、業界のイメージを大きくひっくり返すことに成功しました。

サラ金と混同しないで!闇金やソフト闇金はただの違法業者!

サラ金と闇金を混同している人がかなり多いようですが、両者はまったくの別物です。

「サラ金」と、「闇金・ソフト闇金」の違いについてみていきましょう。

サラ金は闇金やソフト闇金とはまったく異なる

改正貸金業法が施行される以前の、高金利で暴力的な取り立てを行っていたサラ金のネガティブなイメージが、闇金のイメージと重なるのでしょう。

何となく語感も似ていることから、「サラ金=闇金」だと勘違いしている人も多いですが、両者はまったく別のものです。

確かに、サラ金という言葉に「怖い」イメージを持っている人はまだまだ大勢います。

法の整備が遅れていたために大きな被害を生み出してしまいましたが、サラ金の営業自体は一応法律の範囲で行われていたものであり、当時は合法だったという点は大きなポイントです。

一方の闇金は、そもそも貸金業者として登録も行わずに法律を無視しています。

高金利で貸し付けをし、人権を無視した悪質な方法で取り立てを行う違法業者です。

昔のサラ金業者が貸金業者として登録をしていて出資法を超えない範囲で融資を行っていたことを考えると、法律を守らない闇金やソフト闇金はやはり非常に悪質だといえます。

サラ金とはこんなに違う!闇金・ソフト闇金の特徴とは

サラ金は法律を守って営業している業者であり、闇金やソフト闇金はどちらも法律に違反している業者で、登録すらされていないというケースが多いです。

そこで、営業内容にどのような違いがあるか具体的に比較してみました。

審査の違い

サラ金 本人確認書類、在籍確認、信用情報調査
闇金・ソフト闇金 本人確認書書類、在籍確認、親兄弟の連絡先

闇金やソフト闇金は、収入や他社借り入れなども関係なく借りられます。

必要なのは、本人確認書類と勤務先が分かるもの、そして親兄弟の連絡先など、申込者本人とその関係者の身元を確認できる書類があればOKです。

ただし、闇金でも在籍確認は必ず行います。

それは安定した収入を得ているかどうかを確認するためではなく、利用者本人が返済に困って逃げ出してしまうような場合の連絡先としての確認です。

そもそも彼らにしてみれば、貸したお金と利息さえ回収できればそれでいいわけですから、本人からお金を回収できなければ、親兄弟や勤務先にも連絡が入ります。

金利の違い

サラ金 利息制限法に従って貸付している上限金利18%程度、20%を超えることはない
闇金・ソフト闇金 平均すると40%~50%程度だが100%超もザラ 年利1000%を超える金利で貸付している例も

闇金やソフト闇金は利息制限法を守ることはありません。
トイチ(10日間で1割)、トゴ(10日間で5割)といった暴利で貸付が行われることも…。
ちなみに、闇金業者は複利で貸付を行うのでトイチを年利に換算すると3,000%以上にもなります。

また、ただ違法な金利で貸し付けるだけでなく、下記のようにいつまでたっても完済できないようにして、半永久的に利息を支払わせるといった手口を使うのも特徴です。

  • 返済しようとしてもあれこれ理由をつけてお金を受け取らない
  • 利用者が拒否しても勝手に銀行口座に入金してくる

取り立ての違い

サラ金 利取り立ては本人のみ
闇金 自分以外の家族などにも取り立てが及ぶ
脅しや嫌がらせなどによる取り立ても…
ソフト闇金 基本的には強引な取り立てはしない
返済できないと手のひらを返したように厳しい取り立てをする業者も

取り立てに関しては、闇金とソフト闇金とでかなり異なります。

闇金は1日に何十回も電話をかけてきたり夜中に電話をかけてきたりすることも当たり前。

勤務先にも容赦なく連絡をしてきますし、利用者だけではなくその家族にも嫌がらせをします。

利用者に暴力をふるうと警察に捕まってしまうので、最近のヤミ金は嫌がらせによる取り立てで利用者を精神的に追い詰めてお金を回収する傾向にあるのですね。

一方、ソフト闇金は厳しい取り立ても行わず、返済が遅れそうな場合でもある程度融通を利かせてくれます。

親切そうな対応をするので、利用者が「良心的」だと錯覚するケースも多いです。

闇金・ソフト闇金には手を出してはダメ!

手元にお金がないと、すがるような気持ちで闇金やソフト闇金から借り入れをしてしまいがちですが、そうした業者から借りてしまったらとことんまで搾り取られ、追い詰められて人生が大きく狂ってしまいます。

自分だけでなく周囲も巻き込んでしまい、自殺にまで追い込まれてしまう人もいるのです。

闇金やソフト闇金融を利用して人生を棒に振ってしまうくらいなら債務整理をする方がよほど建設的です。

債務整理をすれば借金の負担は軽くなりますが、闇金やソフト闇金に手を出したら借金から逃げ出せなくなると考えましょう。

闇金やソフト闇金には絶対近づかないでください。

サラ金は怖くない!利用するなら大手サラ金(消費者金融)がおすすめ

サラ金を利用するなら大手サラ金をおすすめします。

中小サラ金と比べて非常にメリットが大きいです。

サラ金と消費者金融は実質的には同じ!

サラ金と消費者金融は、名称は異なりますが実質的には同じものです。

ただし、消費者金融を取り巻く環境はサラ金時代とは大きく変わり、それとともに営業方法も大きく変化しています。

法律を遵守しなければサラ金業者も生き残ることができないので、現在は高金利で強引な貸付をするサラ金業者はいません。

安心してサラ金を利用してください。

サラ金を利用するなら安心の大手消費者金融がおすすめ

サラ金と一口に言ってもテレビCMで宣伝をする大手業者から街の片隅でひっそり営業している零細業者まで、実にさまざまです。

それぞれにメリットやデメリットはありますが、利用するならやはり大手サラ金業者がおすすめです。

1.絶対的な信頼と安心

大手サラ金業者は、メガバンクグループに属しているので非常に安心感があります。

大手サラ金のうち、唯一独立系であるアイフルもグループ企業をいくつも抱える立場で大きな信頼を集めています。

現在のサラ金は以前とは異なり、公共性の高い企業として社会に貢献しているのですね。

一方、中小サラ金は知名度が低く、今一つ営業内容がよくわからないというケースも多いです。

普通のサラ金だと思って利用したら、闇金だったなどという話も聞かれます。

安心して利用するなら大手サラ金がおすすめです。

2.利便性が高い

大手サラ金は利便性の高さが魅力です。

どの業者もWEB契約が可能で、借入や返済の手段も、以下のように非常に豊富なので困ることはないでしょう。

  • インターネット
  • 自動契約機
  • 自社ATM
  • 提携ATMはコンビニから地銀まで

中小サラ金は、来店契約が必要なケースもありますし、自動契約機を設置している業者はごく少数で、借入や返済の方法もかなり限定的です。

借りられたのはいいけれども、返済に手間がかかるという声もよく聞かれます。

さらに、大手サラ金は即日融資にも対応していますが、中小サラ金は即日融資に対応していない業者もまだまだ多く、即日融資を受けるには来店が必要な場合もあります。

即日OKなサラ金はどこ?申し込み時の注意点も解説
手持ちのお金が不足している時に限って緊急でお金が必要になることってありますよね。 そんなときに頼りになるのがサラ金です。 サラ金は即日融資にも対応していますが、どのサラ金でも即日融資を受けられるわけではありません。 即日融...

3.借りられる金額に違いがある

大手サラ金と中小サラ金を比べると、初めての利用で借りられる金額にはそれほど違いはないかもしれません。

ただし、大手サラ金なら、取引を重ねることで収入に応じて比較的まとまった金額を借入できる可能性があります。

中小サラ金では借入限度額の上限が50万円程度に設定されているところも少なくないです。
従って、いくら取引を重ねてもそれ以上の金額を借りることはできません。

ゆくゆくはまとまった金額を借りたいと考えているなら、大手サラ金を利用する方がよいでしょう。

おわりに

サラ金と消費者金融は同じ業者を指すことが理解できたと思います。

今でも「サラ金」という言葉にマイナスのイメージを持つ人もいますが、サラ金は大きく変化しました。

現在は、安心してサラ金を利用できます。

お金を借りるなら、利便性が高くて信頼のおける大手サラ金業者がおすすめです。

また、くれぐれも闇金業者だけには手を出さないでください。