SMBCモビットの審査は厳しい?審査基準と対策をしっかり考えよう

SMBCモビット

消費者金融大手のSMBCモビットは、銀行よりも審査基準が甘いものの、消費者金融の中ではそれなりに審査が厳しくなっています。

厳しい審査をしっかり通過できるように、モビットの審査基準をしっかり満たしておきましょう。

そして審査に落とされる原因等を先に理解して、対策するように心がけてください。

ここではSMBCモビットの審査について説明します。

プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短1時間融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
公式サイトはこちら

SMBCモビットの審査内容は?

モビットは以下の項目を審査しています。

SMBCモビットの審査内容

・昨年度の年収
・勤続年数
・他社借入
・信用情報
・希望限度額
・過去にモビットを利用していたか

以上の項目を審査しています。

審査項目の中にはすぐに改善できない情報も多数あります。

日ごろからしっかりと審査基準を満たせるように対策を立てることが大事でしょう。

ここからは審査項目について詳しく説明します。

昨年度の年収

モビットは昨年度の年収で審査をしています。

年収が不足している人は審査に落とされてしまうほか、年収で借りられる範囲まで限度額を下げられてしまいます。

高い年収を持っている人は、よりモビットの審査を通過しやすくなるでしょう。

年収は現時点で得られている給料から算出するのではなく、昨年の源泉徴収票や確定申告書に記載されている年数額から算出します。

つまり現時点で多くの年収を確保していた場合でも、昨年の年収が少ない場合は審査に落とされる可能性が高いのです。

年収をしっかり確保して、確実に審査を通過できるように考えておきましょう。

勤続年数

会社に関連する項目も審査対象です。

主に勤続年数について確認されます。

勤続年数は、その会社で仕事をしている年数がどれくらいあるか確認するものです。

基本的に1年以上は勤続年数を確保しておきたいところです。

勤続年数が不足している人は審査に落とされてしまいます。

勤続年数は転職によってリセットされてしまうので、転職すると審査に落とされやすくなります。

理由は収入を安定して得ていないと判断されやすいからです。

より安定した収入を確保しているように見せたいなら、転職後はしばらく仕事を続け、確実に審査を通過できるようにしましょう。

他社借入

他社から借りている金額が審査に影響します。

モビットは総量規制を適用される消費者金融です。

年収の3分の1以上を貸さないように、現在の借金額はしっかりと確認しています。

現在の借金額が年収の3分の1以上に達している場合は、審査に落とされてしまいます。

また、他社借入が3分の1以上に達していない場合でも、借入額が多すぎると判断されれば審査に落とされやすくなります。

他社借入はあまりいイメージを持ってもらえない場合が多く、悪いイメージを審査中に与えてしまいます。

審査を確実に通過したいと考えているなら、他社借入額はできる限り減らしておきましょう。

借入額が0円であれば、審査への影響は全くありません。

信用情報

信用情報は過去に利用していた金融商品によって作られるものです。

信用情報には過去の借金だけでなく、クレジットカードや分割払いによる支払いが記載されている会社もあります。

消費者金融だけでなく、銀行も必ず信用情報機関を通じて信用情報の確認を取っており、安心して貸し出せるのか判断しています。

ここで明らかに悪い情報が多く出てきた場合は審査に落とされてしまいます。

信用情報に書かれている悪い情報は、お金を貸せないと判断されるものばかりだからです。

実際に残されている悪い情報は以下の通りです。

信用情報
  • 借金の滞納
  • 債務整理による借金減額
  • 分割払いの未払い
  • クレジットカードの滞納
  • キャッシング等の審査落ち

以上の情報が悪い情報として残されています。

悪い情報は1つだけでも厳しい判断を受ける可能性が高いのですが、複数あると確実に審査落ちの可能性があります。

信用情報は過去に利用している状況を確認して記載されているため、現時点で悪い情報が残っている場合はなかなか改善できないポイントです。

一応一定期間が経過すると悪い情報は削除されますが、年単位で待たなければなりません。

かなり長期間待たされる可能性もあるので、モビットの審査を受ける際は注意しておきましょう。

希望限度額

希望している限度額によって審査基準が変わってきます。

希望している限度額が高ければ高いほど審査は厳しくなります。

限度額が高いと、モビットは多くのお金を貸す可能性があります。

大きな借入は返済されないリスクも生じてきますので、どうしても審査基準は厳しくしなければなりません。

また、限度額が引き上げられると同時に金利が小さくなります。

金利は限度額に応じて変動する方式が採用されており、低金利で借りられるかどうかは限度額にかかっています。

限度額が大きくなれば、それだけ金利も小さくなり、さらに審査基準が厳しくなります。

高い限度額を望む場合は、審査基準が厳しくなるものと考えてください。

過去にモビットを利用していたか

過去にモビット利用していた場合、過去の情報を検索してモビットが審査に加えます。

過去に利用状況が良くないと判断されれば、審査に落とされる可能性が高くなります。

一方で利用状況が良く、安心して貸し出せると判断された場合は審査へプラスの材料として加えます。

解約してモビットへの再申込みをしている人も、過去の利用状況はとても大事なものと考えてください。

なお、モビットの審査は通過していたものの、全く利用していない場合はプラスにもマイナスにも働きません。

1度利用して返済している情報がなければほとんどプラスに働いてくれないのです。

過去に使っていないのであれば基本的に何も影響はしていないと考えてください。

SMBCモビットの審査基準はどうなっている?

モビットの審査基準を理解しておかないと、審査を通過できない可能性が高くなってしまいます。

審査基準を理解し、確実に審査を通過できるように心がけましょう。

先ほど紹介した審査の項目でも、特に気を付けたい審査基準について説明します。

収入額は限度額に応じて必要な金額が変わる

必要な収入額ですが、希望する限度額に応じて変わってきます。

限度額が小さいと必要な収入額は下がっていきます。

10万円程度の限度額を希望するなら、100万円程度の年収があればほぼ審査を通過できるのです。

つまり小さい限度額になれば、低収入でも審査を通過できる可能性が高くなります。

しかし限度額を高めたいと考えているなら、審査基準は一気に厳しくなってしまいます。

仮に200万円を借りる場合は、最低でも600万円の年収が必要です。

年収がかなり必要な理由は総量規制が関連しています。

総量規制のルールに合わせて限度額を作っているモビットは、どうしても必要な収入が多くなってしまうのです。

どうしても審査を通過したいと考えているなら、年収額をできる限り増やしておきましょう。

そして年収額の3分の1以内に抑えられる限度額を希望して、審査を通過できるように心がけるのです。

勤続年数は1年以上まで待つこと

勤続年数は最低でも1年程度は欲しいところです。

勤続年数が1年未満だと、審査を通過できない可能性があります。

1年未満でも半年未満であればほぼ審査は通過できません。

審査を通過したいと考えているなら、最低でも1年以上は仕事を続けてください。

そして仕事を確実に続けている状況を示すようにしましょう。

仕事を1年以上続けていると記載しても、実際に仕事をしていないと判断されれば審査に落とされてしまいます。

在籍確認のできる状況を作り、確実に審査を通過できるようにするのです。

在籍確認は電話をかけてくれる時間を決めておけば、ほぼ間違いなく連絡が取れます。

事前にモビットと相談して、どの時間帯に連絡をしてもらえばいいか考えておきましょう。

他社借入はなるべく減らすこと

他社借入は持っているだけで審査に落とされやすくなる駄目なものです。

現時点で他社から借りているなら、早々に返済して他社借入を0円にしてください。

他社借入が0円であれば、かなり高い限度額の審査も通過しやすくなります。

一方で他社借入が残っていると、審査を通過するのはかなり難しくなるでしょう。

場合によっては審査を通過できなくなり、借りられるチャンスを失ってしまいます。

他社借入はとても厳しい判断を下される可能性が高いので、できる限り審査の前に返済して金額を減らしておきましょう。

他社借入件数にも気を付けよう

もう1つ気を付けておきたいのが他社借入件数です。

借入額は小さいものの、他社借入件数が多くなっていると審査に落とされやすくなります。

モビットの審査基準として、3件以内であれば審査を通過できる可能性があります。

一方で4件以上に達してしまった場合、審査に落とされる可能性はかなり高まり、ほぼ審査通過は期待できないでしょう。

他社借入件数が多くなるようなら、1件でも減らせるように借金を返すようにしてください。

借金を返済して金額も件数も減らしておけば、審査通過の可能性は高くなっていくのです。

信用情報に悪い情報が1つでもあれば危険

信用情報は知らないうちに情報が記載されているため、気づかないうちに審査落ちの可能性が高くなってしまいます。

審査に落とされたくないと考えているなら、信用情報を綺麗に整えるよう、信用されない行為を取らないようにしてください。

信用されるためには以下の行為を取らないように心がけるのです。

信用情報の注意点
  • 借入の返済遅延
  • クレジットカードの返済遅延
  • 分割払いの支払い遅延
  • 他社の審査落ち
  • 債務整理

以上の行為を取っていると、審査通過の可能性が急激に下がってしまいます。

審査を確実に通過したいと考えているなら、できる限り金融商品で悪いと思われる行為は取らないようにしてください。

特にモビットは信用情報に敏感で、しっかりと確認しているのです。

悪い情報が1つでも残されているようなら、審査通過は厳しいものと考えてください。

一方でいい情報が多数残されていれば、審査通過の可能性が高まります。

少し収入不足だと思っている場合でも、信用情報のおかげで審査を通過できる可能性もあると思ってください。

モビットの他に申込みをしないように

審査基準というわけではありませんが、他の会社にも申込みをしていると審査に落とされてしまいます。

多重申込みと呼ばれる方法は、信用を一気に失ってしまうので絶対に行ってはいけません。

2つ以上の会社へ申込み、審査を通過できればいいという考えは、一見するとお金を借りるためにはいい方法のように思われます。

しかし、他社から見れば、他の会社にも申込みをしていると判断され、多重債務を引き起こす原因を作りだしているのです。

多重債務による問題を解消するためにも、モビットの審査を通過するならモビットだけに申し込んでください。

モビット以外の会社へ申込み、審査に落とされることがないように気を付けておきましょう。

モビットの審査基準は厳しいのか甘いのか

モビットの審査基準は、消費者金融の中でも厳しい傾向にあります。

消費者金融は中小の会社を中心に、信用情報に問題が起きている場合でも審査を通過させてくれる会社があります。

しかしモビットは信用情報に悪い情報が残されているだけで審査に落とされるなど、厳しい判断を下す場合が多いのです。

更に多重債務等にも厳しい傾向があり、他社借入を持っていると審査に落とされやすいのです。

いい情報を多数持っている人には審査を通過させやすくしているものの、悪い情報を多く持っている人には容赦なく審査落ちを告げてくる会社です。

モビットはいい情報をしっかり提供していないと審査を通過できないものと考えて、しっかり審査に必要な条件を満たしておきましょう。

一方で、銀行よりは審査が甘く、借りやすいのは間違いありません。

銀行はモビット以上に厳しい審査をしているところで、かなり厳しい対応を取られる場合があります。

銀行の審査を通過できない場合は、モビットへ申込んで借りてみるのもいい方法でしょう。

SMBCモビットの審査を通過するために日ごろから注意すべきポイントは?

モビットの審査を通過するためには、日ごろからお金に関連する問題を起こさないようにしましょう。

お金に関連する問題を1つでも起こしてしまうと、モビットの審査に落とされやすくなります。

また、審査通過のためにはモビットにいい情報を提供しなければなりません。

いい情報を提供できるように生活するのも大事なポイントです。

日ごろから取り組むべき行動の例として、以下の行為が挙げられます。

注意ポイント
  • 毎月の返済をしっかり済ませる
  • 返済遅延を起こさないように確認する
  • 収入を増やす
  • 勤続年数をできる限り増やす
  • 余計な借入をしない
  • 信用情報が消えるまでゆっくり待つ

以上の行動を取りましょう。

もし審査通過に不安を抱えているなら、審査を通過するように生活し、なるべく安心して審査を通過できるようにするのです。

ここからは日ごろから取り組むべき行動について詳しく説明します。

毎月の返済をしっかり済ませる

毎月の返済をしっかり済ませるように心がけてください。

毎月の返済がしっかりできていないだけで、モビットの審査に落とされやすくなります。

特に返済遅延や滞納と呼ばれる行為をしていると、審査に落とされる確率は急激に高くなってしまいます。

返済の遅延を起こさないためにも、毎月の返済はしっかり実施しましょう。

どうしてもお金が足りず、返済できないように感じられる場合は、事前に返済額を調整して毎月の返済を続けやすくするといいでしょう。

返済遅延を起こさないように確認する

返済遅延を起こさないように、毎月の返済日を確認してください。

最近は返済日を通知してくれるサービスを持っている会社が多数あります。

返済日を通知してくれるサービスを活用して、しっかりと返済日を覚えるようにしましょう。

忘れてしまった場合でも、返済日を通知してくれればギリギリでも返済に向けた行動ができる場合もあります。

返済日が固定されている場合は、毎月の返済日付近になったらお金を入れるように心がけてください。

間違ってもお金が足りなくて返済できない問題や返済日を忘れて何もしていない状況だけは作らないようにしてください。

収入を増やす

限度額を増やしたいと考えているなら、収入アップは欠かせない項目です。

収入アップは本業だけでなく副業で増やす方法もあります。

副業で増やす場合は収入証明書をしっかり作る必要はあるものの、収入を増やしている状況をしっかり示せば確実に審査通過が期待できるでしょう。

更に限度額を増やせる利点により、低金利で借りられる可能性が高くなります。

低金利で借りたいと考えているなら、常に収入アップに向けた行動を取ったほうがいいでしょう。

勤続年数をできる限り増やす

勤続年数が増えれば増えるほど信用度が高まります。

転職をしないで同じ仕事を続けるようにしましょう。

転職後は1年以上の時間を置いて、モビットの審査を受けるようにしてください。

モビットの審査を早く受けてしまうと、審査に落とされる可能性が高くなります。

まずは勤続年数を増やすための取り組みを実施して、少しでも会社で働いている部分で信用を得られるようにしましょう。

なお、勤続年数が増えると収入アップが同時に期待できる場合もあります。

給料を勤続年数で増やしてくれる会社であれば、収入アップの可能性をしっかりと考えて仕事を続けるといいでしょう。

余計な借入をしない

審査通過のためにも余計な借入は絶対にしないほうがいいでしょう。

余計な借入を1回でも行ってしまうと審査通過の可能性が減ってしまいます。

他社借入を持っているだけで、モビットは審査通過の確率が下がってしまうのです。

余計な借入は更に債務整理のリスクを高めてしまいます。

債務整理をした場合は審査に落とされる確率が相当高くなります。

中には数年間は審査落ちを続けるような状況もあり得るので、消費者金融でもなかなかお金を借りられず、厳しい状況だと感じる場合もあるでしょう。

甘い考えでお金を借りるのではなく、しっかりと考えてお金を借りるようにしてください。

信用情報が消えるまでゆっくり待つ

信用情報が悪いと判断できた場合は、まず信用情報から悪い情報が消えるまで待ちましょう。

信用情報は早いものでは1年程度、遅いもので10年程度で悪い情報が削除されていきます。

削除されるペースは信用情報機関によって異なりますが、概ね5年程度もあれば悪い情報のほとんどが削除されていきます。

過去に悪い情報を1回でも作ってしまったのであれば、信用情報が改善されるまでゆっくりと待ち、それからモビットの審査を受けるといいでしょう。

信用情報は個人でも確認できるので、もし悪い情報が多く残されているように感じているなら1度確認を取ったほうがいいでしょう。

ただ、確認のためにはお金を支払わないといけません。

お金を支払ってまで確認すべきかどうかも慎重に考えてから、信用情報機関で確認を取ってください。

SMBCモビットと他の消費者金融の審査基準は違う?

モビットのほかにも消費者金融は多数存在します。

消費者金融の大手としてはアコムプロミスアイフルがあります。

大手の消費者金融とモビットを比較すると、審査基準はモビットの方が若干甘い傾向もあります。

アコムは消費者金融の中では一番審査が厳しい傾向にあり、審査通過率も高くありません。

次に低いのはプロミスで、審査を通過している人はアコムより多少多いくらいです。

モビットはアコムとプロミスに比べると若干ですが甘めの審査をしている傾向があります。

消費者金融の大手と比較すると、少し甘い会社なのかもしれません。

ただ、アイフルの方が甘めな傾向もあるため、アイフルに申し込んだほうが審査を通過しやすい場合もあります。

モビットの審査は、大手の消費者金融では3番目くらいの難易度と考えてください。

中小の消費者金融との比較ではかなり厳しい

一方で中小の消費者金融と比較すると、審査基準は厳しい傾向にあります。

中小の消費者金融は審査基準がかなり甘めに作られており、審査を通過しやすくなっています。

中には悪い信用情報が多数残されていても審査を通過できる場合があるくらいです。

しかし、モビットは悪い情報を1つでも見つけると審査が厳しくなってしまいます。

審査を厳しくしているという部分では、中小の消費者金融よりも借りる難易度は高いと言えるでしょう。

なかなか大手の消費者金融を通過できないならモビットではなく中小の消費者金融を考えてください。

SMBCモビットは銀行カードローンよりも借りやすいので狙ってみるといい

モビットは銀行カードローンよりも審査基準が甘く、借りやすくなっています。

しかもすぐに借りられる可能性もあり、どうしてもお金が必要であればモビットを狙ってみるのもいいでしょう。

銀行カードローンは審査基準がかなり厳しく、特にメガバンクのみずほ銀行や三井住友銀行のカードローンは審査を厳しくしています。

しかしモビットであれば、同じくらいの限度額で審査を受けた場合、審査を通過できる確率が高くなっているのです。

モビットは審査通過が狙いやすいので、銀行カードローンの審査に不安を抱えているなら狙ってみるといいでしょう。

なお、銀行カードローンと違い、総量規制で厳格に借りられる額を制限しています。

借りる額を増やしたいなら、銀行カードローンを考えたほうがいいかもしれません。

smbcモビット.online!口コミからみえる本当のところを徹底調査
SMBCモビットは、WEB完結で利用ができる消費者金融として人気を集めていますが、実際のところ本当におすすめなのか気になるところです。 そこで今回は、実際にSMBCモビットを利用し人の口コミを元に、本当にSMBCモビットはおすすめなの...

SMBCモビットの審査は厳しい傾向あり!しっかり対策を

消費者金融といっても、モビットの審査は厳しい傾向にあります。

審査を通過できない場合もあるので、しっかり対策をしてから審査に臨みましょう。

審査を通過するためには、過去の利用状況などもしっかり考えなければなりません。

過去の利用状況があまり良くない人は、時間をかけて申込みに必要な状況をしっかり整えるといいでしょう。

SMBCモビットで即日融資を受ける為には?
給料日前だけどお金の支払いが…そんな時はキャッシングでお金を借りたいもの。 できれば自分の口座に振り込んでほしいけど…できるものなの? ノ~プロブレム!!モビットでは即日振込のキャッシング利用が可能です! どのように手続き...