トヨタファイナンスのカーローンは審査が甘い?審査基準を解説

目的別ローン

「トヨタの車を購入したいけど、カーローンの審査に通るか不安」

「トヨタファイナンスの審査は何が基準でおこなわれているの?」

こちらの記事では、そんな人に向けてトヨタファイナンスカーローンの審査について徹底解説しています。

プリウス・アクア・ヴィッツなど人気車種が多数販売されているトヨタですが、新車購入時に現金一括購入というのはなかなか厳しいもの。

そんなときに便利なのが、トヨタファイナンスのカーローン。

ローンで車が買えるので手元に現金がなくても、車が手に入る可能性があります。

しかしそれにはトヨタファイナンスの審査に通過しなければなりません。

こちらの記事では、トヨタファイナンスの審査について解説しているので、審査に通過したい人はぜひ参考にしてみてください。

アコム
アコム
おすすめポイント
  • はじめての方は30日間無利息!
  • 最短30分での審査回答が可!
  • 借入が可能かスグ分かる「3秒診断」機能あり
実質年率
3.0%~18.0%
限度額
1~800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短即日
公式サイトはこちら

カーローンとカードローンの違い

まずはカーローンと通常のカードローンとの違いを解説していきます。

ちなみに銀行が出しているカーローン商品は、カーローンとして扱います。

車が担保になる

カーローンとカードローンの大きな違いは、車が担保になる点です。

カードローンは保証人や担保なしで借り入れをして、現金で返済をしていきます。

そして返済ができなくなると給料や財産を差し押さえるという方法で、借りたお金を回収します。

一方カーローンの場合、購入する車が担保に入っている状態。

もしカーローンの返済ができなくなった場合、担保の車を売却し返済に充てる流れになります。

車が担保にある状態なので、貸す側から見るとカーローンの方がリスクは低いですね。

頭金の支払いが可能

カーローンはカードローンと違い、頭金の支払いが可能です。

頭金を支払っておくとローン全体の金額が少なくなるので、借りる側にも貸す側にもメリットがあります。

しかし実際に頭金を支払っている人は少数派なので、頭金は支払わなくても大丈夫です。

ただし金融機関によっては、頭金の支払いが必須のケースも。

特に年収に比べて高い金額を支払う場合、頭金の支払いが求められる場合があるようです。

ちなみに頭金は総額の10~30%ほどが相場です。

最低でも総額の10%は用意しないといけないので、頭金を支払う人は念頭に置いておきましょう。

カーローンの方が審査に通りやすい傾向がある

カーローンとカードローンにはこのような違いがあるのですが、総合するとカーローンの方が審査に通りやすい傾向にあります。

カーローンの審査に通りやすい理由は?
  • 車が担保なので支払い不能になってもある程度回収が可能
  • 頭金を支払ってくれればローン総額が減る

この2点がカーローンの方が審査に通りやすい理由です。

そのためもし車を購入するのであれば、カードローンではなくカーローンを利用しましょう。

金利もカーローンの方が安いので、総合的に見てもお得ですよ。

トヨタファイナンスカーローンの審査基準

それではトヨタファイナンスカーローンは、どのような基準で審査がおこなわれるのでしょうか。

ここからはトヨタファイナンスカーローンの審査基準について解説していきます。

年収・勤務先などの支払い能力

トヨタファイナンスカーローンの審査ポイント1つ目は、年収・勤務先などの支払い能力です。

ローンを組むうえで支払い能力はとても大切で、年収や勤務先などは入念にチェックされます。

年収は高いに越したことはないのですが、安定性もとても大切。

ローンの支払いは年単位でおこなわれるため、その間クビになったり会社がつぶれたりすると、支払いが困難になるケースがあります。

そのため会社の規模をチェックして、その会社がつぶれないかどうかチェックします。

こうした事情から派遣・アルバイトといった非正規雇用の人より、正社員や公務員といった人がカーローン審査においては有利です。

もし正社員になれるのであれば、正社員でいたほうが審査には有利ですよ。

信用情報

トヨタファイナンスカーローンの審査ポイント2つ目は、信用情報です。

信用情報とは、クレジットやローン等の申し込みや契約に関する情報を指します。本人を識別するための情報のほか、クレジットの申込内容や契約内容、支払状況、残高などで構成されており、主にCICに加盟するクレジット会社等から登録された情報になります。
出典:CIC(https://www.cic.co.jp/confidence/intro/basic.html)

トヨタファイナンスは審査時に信用情報をチェックして下記のポイントをチェックします。

審査時のチェックポイント!
  • 他にどのようなローンを契約しているのか
  • 他社の支払いは滞りなくおこなわれているのか
  • 過去に債務整理の履歴はないか

ここでほかのカードローンやクレジットカードの支払いが遅れていた場合、審査には通りにくくなります。

他社への支払いが遅れるということはお金に困っていて、自社の支払いも遅れる可能性があるという判断ですね。

他社への支払いが遅れている人は、できるだけ早く返済して信用情報をよいものにしましょう。

車・不動産などの資産

トヨタファイナンスカーローンの審査ポイント3つ目は、車・不動産などの資産です。

先ほども少し触れましたが、車は資産の一つとして扱われます。

そのため他に車や不動産を持っている人は、万が一返済ができなくなったときに担保として確保が可能。

こうした事情から申込者が持っている資産情報は、チェックされます。

カーローンは高額の契約になることも多いので、この辺りの点は詳しく審査されますね。

トヨタファイナンスカーローンの審査に通るためには

それではトヨタファイナンスカーローンの審査に通るためには、どのような対策ができるのでしょうか。

ここからはトヨタファイナンスカーローンの審査に通るコツを紹介していきます。

頭金を少しでも多く支払う

トヨタファイナンスカーローンの審査に通るためのコツ1つ目は、頭金を少しでも多く支払うことです。

先ほども解説しましたが、頭金を支払うとカーローンの審査には通りやすくなります。

そのため年収や信用情報に自信がなければ、少しでも頭金を支払って審査に通りやすくしましょう。

頭金を支払ったからといって必ず審査に通るわけではありませんが、審査に通る可能性を上げることはできますよ。

ほかのカードローンなどの支払いは済ませておく

トヨタファイナンスカーローンの審査に通るためのコツ2つ目は、ほかのカードローンなどの支払いを済ませておくことです。

トヨタファイナンスカーローンの審査では、信用情報をチェックされます。

そのため現在進行形で支払いができていない場合、審査に落ちる可能性は非常に高いです。

現在クレジットカードやカードローンの支払いができていないのであれば、支払いは済ませてから申し込みをしましょう。

勤務歴を長くする

トヨタファイナンスカーローンの審査に通るためのコツ3つ目は、勤務歴を長くすることです。

同じ会社に長く勤めているということは、イコール生活が安定しているということ。

そのため転職直後など、その人が会社で長く働けるかわからない状態だと、審査に落ちる可能性が出てきます。

こうした事情からすぐに車を購入しなくてもいいのであれば、少し時間を置いてから申し込みをするという方法があります。

勤務歴は少なくとも半年はほしいので、半年以上勤務してから申し込みすることをオススメします。

ディーラーカーローン以外の選択肢もある

ここまでトヨタファイナンスカーローンの審査について解説してきましたが、実はディーラーのカーローン以外にも選択肢があります。

ディーラーのカーローンは金利も高いので、ほかの選択肢も知っておきましょう。

銀行や信用金庫のカーローン

銀行や信用金庫など、カーローンを商品としている会社は多いです。

銀行や信用金庫のカーローンは、ディーラーカーローンに比べると金利が低い点が最大のメリット。

たとえばネッツトヨタ東京のカーローンは実質年率7.800%に対して、三菱UFJ銀行は実質年率2.975%。

地方銀行や信用金庫にはもっと金利が低いカーローンもあるので、探してみるとその違いに驚きます。

ちなみに金利が5%違うと、最終的な支払い額が30万円以上の差がでることもあります。

そのためディーラーに勧められたからと言って、すぐにディーラーカーローンと契約するのではなく、ほかのカードローンにも目を向けてみましょう。

残価設定ローン

ディーラーの提供するローンには、残価設定ローンというものがあります。

残価設定ローンとは車の下取り金額分を、あらかじめ引いた金額で組むローンのこと。

通常のカーローンと比べると月々の支払額が少なくなるのが特徴です。

ちなみに残価設定ローンは支払いが終わったら、下記のいずれかのパターンを選ぶことになります。

チェックポイント
  • 同じ販売店で新車に乗り換える
  • 車を返却する
  • 残価を一括または分割ローンで支払って購入する

残価設定ローンのデメリットとしては、走行距離に制限があるなど契約に条件があることです。

月々の支払額が少なくなる点はメリットなので、残価設定ローンを利用する場合ディーラーに相談してみましょう。

ディーラーカーローンはキャンペーンを狙おう

ディーラーカーローンは銀行かローンに比べると、金利が高いのですがキャンペーン中は低金利で契約できることがあります。

たとえばトヨタトヨペットでは、毎年3・6・9・12月にガンガンセールというキャンペーンを実施。

2019年6月におこなわれたガンガンセールでは、ハリアー・アルファード・プリウスなどが、セール販売されました。

こうしたセールではかなりお得になることがあるので、事前にチェックしておきましょう。

トヨタファイナンスカーローンの審査に通過しよう

ここまでトヨタファイナンスカーローンの審査について解説してきました。

トヨタグループの車を購入するときにお世話になることが多いトヨタファイナンス。

セールなどを活用するとよりお得に車が購入できます。

トヨタファイナンスカーローンの審査に通過して、理想のマイカーを手に入れましょう。