おすすめの銀行フリーローンはこれ!銀行を利用するメリットとデメリットも紹介

お金を借りる

銀行フリーローンは様々な銀行が提供しており、金利の範囲や借入額などに明確な違いがあります。

また、借入額によって審査基準も変わるため、審査を確実に通過したい人は審査基準の甘い銀行フリーローンも考えたいところです。

もちろん銀行フリーローンにはメリットとデメリットがありますので、しっかりと情報を整理しておきましょう。

ここでは銀行フリーローンについて説明します。

プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短30分融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!※
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短30分
公式サイトはこちら
  1. おすすめの銀行フリーローンランキング!
    1. 第1位 みずほ銀行多目的ローン
      1. みずほ銀行多目的ローンの基本情報
      2. みずほ銀行多目的ローンがおすすめの理由
        1. 低金利での借入が可能
        2. ネット申し込みができる
      3. みずほ銀行多目的ローンを利用する際の注意
    2. 第2位 住信SBIフリーローン
      1. 住信SBIフリーローンの基本情報
      2. 住信SBIフリーローンがおすすめの理由
        1. 大きな借入が可能
        2. ネットを活用したスムーズな契約
      3. 住信SBIフリーローンを利用する際の注意
    3. 第3位 イオン銀行フリーローン
      1. イオン銀行フリーローンの基本情報
      2. イオン銀行フリーローンがおすすめの理由
        1. 目的別ローンと一緒に検討できる
        2. 来店不要で契約が簡単
      3. イオン銀行フリーローンを利用する際の注意
  2. 銀行フリーローンを利用するメリット
    1. 低金利で借りられる
    2. 高額な借入が可能
    3. 金利を引き下げるサービスが受けられる
    4. 窓口で相談しやすい
  3. 銀行フリーローンを利用するデメリット
    1. 審査が厳しく条件を整える必要あり
    2. カードローンで同等の借入が可能な場合もある
    3. 融資が1回に限られている
    4. 変動金利の見直しで利息の支払いが増える恐れも
  4. 銀行フリーローンと楽に契約したいなら
  5. 銀行フリーローンの審査を通過できない時は
  6. 銀行フリーローンは低金利が魅力!色々な銀行を比較しよう

おすすめの銀行フリーローンランキング!

まずは銀行フリーローンの中でもおすすめのローンを3つ紹介します。

紹介したローンはどの会社も使いやすく、多くの借入も狙える傾向があります。

どうしてもフリーローン選びに困った際は、これから紹介する銀行フリーローンを検討してください。

第1位 みずほ銀行多目的ローン

メガバンクの中でも使いやすい借入額と金利を両立している商品です。

審査基準は厳しいものの、みずほ銀行多目的ローンでは豊富な用途に使えるでしょう。

みずほ銀行多目的ローンの基本情報

借入額10万円~300万円
金利5.875%(変動金利)
6.5%(固定金利)
契約期間7年
金利の引き下げあり(最大0.1%)
申込方法ネット・店頭
担保・保証人不要

借入額はあまり多くありませんが、借入額に対して低金利で借りられる商品です。

金利が変動金利と固定金利で変わりますので、どちらの金利を利用するか慎重に考えておきましょう。

なお、契約期間が7年までとなっていますので、早期の返済も求められます。

みずほ銀行多目的ローンがおすすめの理由

みずほ銀行多目的ローンがおすすめの理由は以下の通りです。

  • 低金利での借入が可能
  • ネット申し込みができる

以上の理由によりおすすめです。

特にネット申込みが可能で、比較的簡単にフリーローンを検討できるのはいいところでしょう。

ここからはおすすめの理由を説明します。

低金利での借入が可能

みずほ銀行多目的ローンは固定金利と変動金利が用意されていますが、どちらの金利も低く設定されています。

安定志向の人には固定金利を、より低金利で契約したいと考えているなら変動金利を狙うといいでしょう。

また、みずほ銀行の証書貸付ローンを利用していると、0.1%ではありますが金利を引き下げてくれます。

過去の利用でも適用されるため、普段からみずほ銀行を多く利用している人は更に低金利が狙えるでしょう。

ネット申し込みができる

ネット申込みが可能となっており、比較的申込みやすいローンとなっています。

また、ネットで申し込んで審査を通過した場合、郵送による契約も可能になっています。

郵送で契約できるのはかなりいいところで、来店する手間がかかりません。

より簡単にローンと契約したいならみずほ銀行多目的ローンを考えるといいでしょう。

みずほ銀行多目的ローンを利用する際の注意

みずほ銀行多目的ローンですが、利用条件が細かく設定されています。

特に以下の条件には気を付けなければなりません。

  • 勤続年数が2年以上
  • 前年度年収が200万円以上

以上の条件を満たさないと審査を通過できない点に気を付けてください。

また、変動金利で契約する場合、金利が年2回程度見直されます。

突然高い金利に変えられる可能性があるため、金利の変動を嫌うなら固定金利で契約してください。

第2位 住信SBIフリーローン

大きな借入額が狙える住信SBIネット銀行のフリーローンです。

より多くの借入が必要な人におすすめです。

住信SBIフリーローンの基本情報

借入額10万円~1000万円
金利3.775%~12.0%(変動金利)
契約期間1~10年
金利の引き下げあり(最大1.0%)
申込方法ネット
担保・保証人不要

ネットのみで使えるフリーローンですが、多くの借入が可能です。

また、金利の引き下げ幅が広く、最大で1%まで金利を下げられるメリットがあります。

契約期間も長く、ゆっくりと返済できる会社です。

住信SBIフリーローンがおすすめの理由

住信SBIフリーローンがおすすめの理由は以下の通りです。

  • 大きな借入が可能
  • ネットを活用したスムーズな契約

以上の理由によりおすすめです。

借入額を増やせるというメリットは、住信SBIフリーローンのいいところです。

ここからは住信SBIフリーローンがおすすめの理由を説明します。

大きな借入が可能

住信SBIフリーローンは最大1,000万円までの融資が受けられるため、他社のフリーローンよりも多くの借入が可能です。

より多くの借入を希望しているなら、住信SBIフリーローンを選ぶといいでしょう。

収入によって適切な借入額も考えやすい会社で、希望している融資額に合わせて融資を受けられる点はいいところです。

ネットを活用したスムーズな契約

ネットバンクが提供するフリーローンですので、基本的にはネットを活用した契約となります。

申込から契約までの流れがスムーズにできて、契約までの負担が多くなりません。

短時間で契約を終わらせたいと考えているなら、住信SBIフリーローンを選ぶといいでしょう。

住信SBIフリーローンを利用する際の注意

住信SBIフリーローンはネットバンクの契約が必要です。

ネットバンクを持っていない人は、先に契約しなければなりません。

事前に口座を準備しておき、それからフリーローンの申し込みをしましょう。

また、住信SBIフリーローンは変動金利を採用していますが、金利の見直しが月1回と頻繁に実施されます。

場合によっては金利が突然高くなってしまい、予想以上に利息が増える恐れもあります。

毎月の金利をしっかり確認するように心がけてください。

第3位 イオン銀行フリーローン

イオン銀行が提供しているフリーローンで、こちらもネットで契約しやすいメリットがあります。

比較的多くの限度額を持っているため、大きな借入にも使いやすいでしょう。

イオン銀行フリーローンの基本情報

借入額10万円~700万円
金利3.8%~13.5%(固定金利)
契約期間1~7年
金利の引き下げなし
申込方法ネット
担保・保証人不要

固定金利を採用しているため、契約した金利がそのまま適用されます。

変動金利を採用するローンが苦手な人におすすめです。

高い借入額を狙える点でも使いやすいローンでしょう。

イオン銀行フリーローンがおすすめの理由

イオン銀行フリーローンがおすすめの理由は以下の通りです。

  • 目的別ローンと一緒に検討できる
  • 来店不要で契約が簡単

イオン銀行フリーローンは、目的別ローンも一緒に扱っており、フリーローンと一緒に検討できるメリットもあります。

来店しなくていいなどのメリットも使いやすいでしょう。

ここからはイオン銀行フリーローンがおすすめの理由を説明します。

目的別ローンと一緒に検討できる

イオン銀行フリーローンは、フリーローンと一緒に目的別ローンも用意しています。

どちらのローンを利用するか検討し、最終的に契約できるのはいいところでしょう。

目的別ローンは低金利で借りられますが、利用できる範囲が狭まるデメリットもあります。

広い範囲で契約したいと考えているなら、イオン銀行フリーローンを考えるといいでしょう。

来店不要で契約が簡単

来店しなくても契約できるのはいいところでしょう。

来店する手間が省けますし、時間もかかりません。

自宅に居ながら契約の手続きが終わるため、自由な時間を使ってフリーローンの契約を進められます。

あまり時間がなくて銀行へ来店できない人にもおすすめです。

イオン銀行フリーローンを利用する際の注意

イオン銀行フリーローンは、固定金利でもやや金利が高い傾向にあります。

どれくらいの金利で契約するのか、収入などを考えて判断するように心がけてください。

また、金利を引き下げるサービスがないため、概要に書かれた金利よりも数字は下がりません。

他社よりも金利が高くなる傾向には注意しておきましょう。

銀行フリーローンを利用するメリット

スルガ銀行カードローン解約-ポイントを指す女性

銀行フリーローンを利用するメリットは以下の通りです。

  • 低金利で借りられる
  • 高額な借入が可能
  • 金利を引き下げるサービスが受けられる
  • 窓口で相談しやすい

以上のメリットがあります。

他のローンに比べて低金利で借りられる傾向がある他、場合によっては金利の引き下げも可能なので更に利息を減らせます。

また、相談しやすい窓口が用意されているのもいいところでしょう。

ここからは銀行フリーローンを利用するメリットを説明します。

低金利で借りられる

銀行のフリーローンは低金利で借りられる傾向があります。

中には10万円でも金利が1桁に抑えられる場合もあり、カードローンよりも利息を抑えられるメリットがあります。

少しでも低金利で借りたいと考えているなら、銀行フリーローンを考えるといいでしょう。

また、フリーローンの場合は変動金利を採用する傾向が多く、最初から低金利に設定されるケースが増えています。

変動金利による金利の引き下げが期待できるのもいいところでしょう。

高額な借入が可能

銀行のフリーローンは高額な借入が可能です。

中には1,000万円に近い借入が可能となっており、多くの融資を受けたいと考えている人におすすめです。

ただ、フリーローンの中には借入額の上限があまり高くない商品もあります。

事前に借入額についてはしっかり確認し、少しでも多くの借入を得られるローンを検討してください。

また、フリーローンによっては借入額を制限する条件も存在します。

条件などを確認して、より多くの借入が使えるものを選ぶといいでしょう。

比較的ネットバンクのフリーローンは、条件が緩くて多くの融資が期待できるのでおすすめです。

金利を引き下げるサービスが受けられる

銀行が提供するほかのローンを使っていた場合、金利を引き下げられるサービスを受けられます。

引き下げる幅は銀行によって異なりますが、場合によっては1%以上も金利が下がります。

金利を引き下げられれば、利息の発生を抑えられるメリットがあります。

より多くの利息を支払いたくないと考えているなら、銀行フリーローンでも金利を引き下げられる商品を使うといいでしょう。

なお、住宅ローンの利用など、条件が厳しくなっている商品もあるので気を付けてください。

窓口で相談しやすい

フリーローンに関連する相談は窓口で行えます。

窓口で気になる点を相談し、疑問が解決してからそのまま申し込める利点もあります。

窓口を持つ銀行であれば、相談でフリーローンの問題点を解決しやすいでしょう。

ただ、ネットバンクのようにやや相談しづらい銀行もありますので気を付けてください。

銀行フリーローンを利用するデメリット

一方で銀行フリーローンを利用する場合、デメリットもあります。

デメリットは以下の通りです。

  • 審査が厳しく条件を整える必要あり
  • カードローンで同等の借入が可能な場合もある
  • 融資が1回に限られている
  • 変動金利の見直しで利息の支払いが増える恐れも

以上のデメリットが存在します。

デメリットについても理解し、融資を受ける際は慎重に考えておきましょう。

ここからは銀行フリーローンを利用する際のデメリットを説明します。

審査が厳しく条件を整える必要あり

銀行フリーローンは審査が厳しいため、収入や勤務状況などをしっかり改善させ、安定して返済できる状況を作る必要があります。

また、フリーローンを利用する条件が設定される商品もあるため、条件もしっかりと確認し、利用できるか考えてください。

すぐに借りられる消費者金融の借入と違い、銀行フリーローンは慎重に審査をしているため、少しでも悪い情報があると落とされる可能性があります。

過去の信用情報等もしっかりと確認して、確実に利用できると判断できる状態で審査を受けましょう。

カードローンで同等の借入が可能な場合もある

カードローンでも同様の借入ができる場合があります。

最近のカードローンは商品の限度額などが改善され、大きな借入も可能となっています。

また、金利を引き下げている商品も多くなり、あまり多くの利息を市は割らなくてもいい場合もあります。

カードローンでも問題なく利用できると判断できれば、銀行フリーローンを利用する意味はあまりないでしょう。

ただ、カードローンは金利が高い傾向があります。

より低金利を実現できる銀行フリーローンの方が使いやすい場面は多くあるでしょう。

融資が1回に限られている

1回しか融資を受けられない点に気を付けてください。

融資を受ける回数が多い銀行カードローンと比べても、1回で全ての融資を受けられる銀行フリーローンは使いづらい場面があります。

1回で大金を融資する傾向にある銀行フリーローンは、少額の借入で十分な生活費の確保には向いていません。

一部の用途では銀行フリーローンが使いづらくなる点に気を付けましょう。

変動金利の見直しで利息の支払いが増える恐れも

多くの銀行フリーローンは変動金利を採用しており、見直しのタイミングで金利が変更されます。

場合によっては金利が大きく引き上げられ、返済しなければならない利息も増えて今います。

変動金利は金利を下げるメリットもありますが、逆に金利を高めるデメリットにもなります。

慎重に利用するか考えておきましょう。

銀行フリーローンと楽に契約したいなら

銀行フリーローンと楽に契約したいなら、ネットで申込、郵送などで契約できる方法を検討してください。

ネットで申し込みができて、契約までの手続きができるネットバンクの銀行フリーローンは使いやすい傾向にあります。

また、郵送で契約できるフリーローンも用意されているため、どうしても銀行へ行けない場合は郵送で契約できる方法を検討するといいでしょう。

最近は銀行フリーローンをネットで申し込める銀行も多くなっています。

どうしても来店する時間がなければ、ネットで申し込める銀行からフリーローンを考えたほうが安心できるかもしれません。

また、ネットで申し込める場合、銀行が休日の場合でも簡単に申込めます。

土日祝日でも申し込める方法は非常に使いやすく、契約までの時間を短縮できるメリットもあります。

銀行フリーローンの審査を通過できない時は

銀行フリーローンの審査を通過できない場合、まずは審査基準の低いフリーローンを探してください。

銀行フリーローンの中でも、地方銀行は審査基準が甘い場合があり、審査を通過しやすくなります。

また、メガバンクのフリーローンは厳しい傾向があるため、最初から狙わないなどの対策も考えてください。

申込む銀行を変えても駄目なら、フリーローンの用途を明確に示して信用度を高めるといいでしょう。

また、借入額を下げて、審査基準を引き下げる対策も検討してください。

なお、審査落ちをしてから半年以内に申込むと、審査に落とされやすくなります。

審査に落とされてから半年以上空けることも忘れないでください。

何度も審査に落とされると、銀行からブラック扱いを受けてしまい、借りられなくなってしまいます。

どうしてもフリーローンが駄目なら、半年以上の期間を空けた上で消費者金融のキャッシングでも代用できないか考えるといいでしょう。

審査に通りやすいフリーローンは?審査時に気を付けるポイントも紹介
「フリーローンの審査に落ちてしまった…。」 フリーローンの審査基準が厳しい傾向にあり、何も対策をせずに受けてしまうと、審査に落ちてしまう可能性が高いです。 フリーローンに落ちてしまったら、「審査に通りやすいフリーローンはないのか...

銀行フリーローンは低金利が魅力!色々な銀行を比較しよう

銀行フリーローンは低金利で借りられる魅力があります。

また、色々な銀行を比較すると、より多くの借入ができる銀行もあります。

様々な情報を確認し、自分にとって理想的な借入ができるフリーローンを探してください。

多少手間のかかる銀行フリーローンもありますが、その分低金利と大きな借入の両立ができるメリットもあります。

時間をかけてでも、希望した借入ができる銀行フリーローンを使いましょう。

フリーローンとカードローンは何が違う?用途ごとに使うべき商品を比較!
カードローンとフリーローンは、同じように見えて実は違うものです。 商品の違いを理解して、どちらを利用すべきかしっかりと判断しておきましょう。 特に適した用途という部分を知っておかないと、間違った使い方をするので気を付けてください...
審査が甘いフリーローンはあるのか?審査落ちの対処法も解説!
フリーローンを利用するとき、できれば審査に落ちることなく突破したいですよね。 そのため確実に審査に通過できるように、審査の甘いフリーローンを探すかと思います。 一般的には住宅ローンや医療ローンなど、そのローンの利用の目的が決まっ...