みずほ銀行カードローンの審査は厳しいの?審査基準などを調査

みずほ銀行カードローン

カードローンの利用時は、出来るだけ信用できる金融機関で利用を行いたいですよね。

みずほ銀行カードローンであれば、三大メガバンクであり、メインバンクとして利用している方も多いと思います。普段から利用している金融機関であれば、お金を借りるのも安心。

しかし、銀行カードローンはハードルが高いイメージがあります。利用開始の審査もなんとなく厳しそう。

そこで今回は、みずほ銀行カードローンの審査について下記のポイントを網羅的にご紹介したします。

みずほ銀行カードローンの申し込みを考えている人は、審査前に是非一読を!

この記事で分かること
  • みずほ銀行カードローンの審査は厳しいのか
  • カードローンの審査基準は?
  • 実際に申し込んだ人の口コミは?
  • 審査に落ちてしまった際の対処法は?
プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短1時間融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
公式サイトはこちら

みずほ銀行カードローンの審査は厳しいのか?

そもそもみずほ銀行カードローンの審査において、何をもって審査が厳しいと言うのかも難しいところです。

さっそく、みずほ銀行カードローンの審査は厳しいのか?ご紹介していきます。

みずほ銀行カードローンの審査は厳しい?甘い?

結論から言います。

みずほ銀行カードローンの審査はとても厳しいです。

それではみずほ銀行カードローンの審査はどのように厳しいのか?確認していきましょう。

銀行系のカードローンは審査が厳しい

一般的にみずほ銀行カードローンのようなメガバンクのカードローンを始め、銀行カードローンの審査は、他のキャッシング業者の審査と比べとても厳しく行われています。

大手消費者金融では即日融資を行っているところも多いです。

これは審査が比較的甘めに行われているため、審査フローを短縮することができ、即日での融資を可能にしているのです。

しかし銀行系カードローンではその反対。もちろん厳しいだけでなく、審査をより入念に行い、時間がかかるため、即日融資を行っていないのです。

それではなぜ、みずほ銀行カードローンをはじめとする銀行カードローンは審査が厳しいのでしょうか?

それは「反社会的勢力のような組織にお金を貸さないようにする」ためです。

これまで銀行系カードローンも今ほど審査が厳しくなく、即日で融資を行うところも多かったのです。

しかしその分、審査時に「反社会的勢力であるか」どうかの審査を潜り抜けて融資を受けることができてしまうといったケースもありました。

反社会的勢力を徹底的に排除するため、2018年1月から審査時に警視庁のデータベースと照合のステップが追加されたのです。

そちらに日数が費やされるので、即日融資が物理的に不可に。

またそれに伴い銀行カードローン側の自主規制を行い、銀行カードローン全てにおいて即日融資の停止を行うことになったのです。

警察のチェックが入ったことにより、以前よりも審査のハードルが上がっていることは事実です。

みずほ銀行カードローンは低金利で利用できる

銀行系カードローンの審査の厳しさは、前述でご紹介した通り。

しかしみずほ銀行カードローンはただ厳しいだけではありません。

一般的に銀行カードローンは、低金利で融資を行っています。

貸し倒れにならないように、申し込み者がきちんと返済していける人物であるかの審査も行います。

厳しい審査に通過すれば、踏み倒しされる心配もないと判断されます。

そのため低金利で融資を行っても利益を回収することが出来るのです。

みずほ銀行カードローンの審査基準は?

審査時に警察のデータベースの照会が行われることは分かりましたが、もちろん反社会的勢力であるかどうかの審査以外にも、カードローンの審査基準はあります。

審査が厳しいといっても、他にどんな基準を元に行われているのかが分かりませんよね。

まずは審査基準の前に、みずほ銀行カードローンが定める申し込み資格に満たされているのかを確認する必要があります。

ここのみずほ銀行カードローンが定める申し込み資格を確認していきましょう。

みずほ銀行カードローンの申し込み資格
・ご契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満
・安定した収入
・みずほ銀行指定の保証会社であるオリコの保証を受けることができる方

この申し込み資格を一つずつチェックしていきます!

安定した収入とは?

みずほ銀行カードローンの審査の申し込み資格の中には、「安定した収入があること」という項目があります。

安定した収入とは、「毎月安定した収入があるのか」ということになります。

そもそも何をもって安定というのか。「安定した収入」の定義が難しいですよね…

安定した収入とは、定期的な収入があるかということが判断基準になります。

例えば正社員で毎月決まった額の給与が振り込まれている人は、「安定した収入がある」と言えるでしょう。

また正社員でなくてもアルバイトや派遣社員でも「毎月額にそこまで大きな変動が無く振り込まれている」のであれば、安定した収入として認められます。

逆に、収入が無いとみずほ銀行カードローンの申し込みを行うことできません。

専業主婦は申しこむことが出来ないので、パートナーの収入などで申し込むことは可能ですが、内緒で申し込むことは出来ませんね。

少額でもパートなどの収入があることが大切です。

オリコの保証を受けることが出来る

みずほ銀行カードローンの申し込み時には、保証会社の保証を受けることが出来るかどうかも重要なポイントです。

保証とは、みずほを利用する際に申し込み者を保証を行ってくれる会社のこと。

申し込み者が何らかの形で返済を行うことが出来なくなった際も、保証会社が代わりにみずほ銀行カードローンに返済を行ってくれます。

みずほ銀行の保証会社はオリエントコーポレーションです。オリコで有名な会社ですね。

要は、このオリコの保証を受けることが出来るか=オリコの審査を通過することが出来るかどうかが一番大事なポイントです。

過去に審査に落ちたことがあれば要チェック

過去に他の銀行カードローンや消費者金融などで審査落ちしたことがある場合は、要注意です。

銀行カードローンや消費者金融の審査を行う保証会社は、その一社だけでなく、いくつもの業者を掛け持ちして保証を行っています。

そのため、保証会社内では審査結果を共有して行っているので、オリコが担当する他の銀行カードローンの審査に落ちたことがあれば、みずほ銀行カードローンの申し込みをしても審査に落ちてしまう可能性があります。

自己破産などの金融事故を起こしているのであれば別途期間が必要ですが、同保証会社間の審査に申し込む際には、半年ほど期間を開けてから申し込みを行うのがベターです。

オリエントコーポレーションが保証を行う会社一覧

そもそもオリエントコーポレーションが保証を行う銀行やキャッシング業者はどちらでしょうか。

ここからはオリエントコーポレーションが保証を行う銀行をご紹介いたします。

オリエントコーポレーションが保証会社一覧
  • みずほ銀行カードローン
  • みちのく銀行カードローン「トモカ」
  • 北日本銀行カードローン「ASUMO」
  • 福島銀行カードローン「イーペ」
  • 福島銀行カードローン「ニューイーペ」
  • 武蔵野銀行カードローン「シグナス」
  • 千葉興業銀行カードローン「リリーフ」
  • 八千代銀行カードローン「プラスユーネクスト」
  • 北越銀行カードローン「ホクギンカードローン『プラスエル』」
  • 福邦銀行カードローン「ベスパ」
  • スルガ銀行カードローン「リザーブドプラン」
  • 清水銀行カードローン「しみずピアカードローン」
  • 愛知銀行カードローン「リブレ」
  • 中共銀行カードローン「カードローン ハイステージ」
  • 第三銀行カードローン「エグゼクティブOne」
  • 紀陽銀行カードローン
  • 島根銀行カードローン「ウェブdeCan」
  • トマト銀行カードローン「トマト・カードローンMAX」
  • 広島銀行カードローン「マイライフプラス」
  • もみじ銀行カードローン「マイカードプレミアム」
  • 山口銀行カードローン「マイカードやまぐち君」
  • 西京銀行カードローン「さいきょうゲットカードローン」
  • 香川銀行カードローン「PaPaっとCard」
  • 高知銀行カードローン「ビビット・Smile」
  • 筑邦銀行カードローン「エクセルカードローン」
  • 福岡中央銀行カードローン「快速ポケットローン」
  • 佐賀銀行カードローン「Neoca」
  • 佐賀銀行カードローン「カードローンクイックワン Super」
  • 佐賀共栄銀行カードローン「カードローンプレミアム」
  • 肥後銀行カードローン「Back Up」
  • 肥後銀行カードローン「BEST ASSIST」
  • 豊和銀行カードローン「カードローンプラス」
  • 宮崎太陽銀行カードローン「使い上手」
  • 南日本銀行カードローン「ミナミネット カードローンWAZZECA」
  • 琉球銀行カードローン「しあわせのカードローン」

上記が、みずほ銀行カードローンと同じオリエントコーポレーションが保証を行う銀行です。

上記で審査落ちをした方は、他の保証会社の銀行を利用しましょう。

みずほ銀行カードローンの審査に有利なポイントとは?

みずほ銀行カードローンを利用す際、審査時に有利になるポイントがあります。

ここでは、その審査時に有利になるポイントをご紹介していきます。

カードローン審査時に有利なポイントは?
  • みずほ銀行の口座ある
  • みずほ銀行の住宅ローンを利用している

みずほの銀行口座を持っていると審査に通りやすい

みずほ銀行カードローンを利用する際、みずほ銀行口座を持っていると審査に通りやすくなると言われています。

もちろん持っていなければ、みずほ銀行カードローンの申し込み時に同時に口座を作ることも可能です。

しかしすでに銀行口座を持っていれば、それまでのみずほの利用履歴も判明するため、審査に通りやすくなるのです。

また毎月の給与受け取りの口座がみずほ銀行口座で、行っている場合、安定した収入の証明にもなります。

みずほ住宅ローンを利用していても有利

すでにみずほ銀行住宅ローンを利用している場合、みずほ銀行カードローンの審査にも通過しやすいです。

みずほ銀行住宅ローンの審査時にも同様に審査を行っているため、すでにみずほ銀行側に信用できると判断されているためです。

しかしこちらも、住宅ローンなどを延滞していれば話は別です。

みずほ銀行カードローンの審査落ちる理由は?

みずほ銀行カードローンの審査に落ちる人は、同じような共通点があります。

ここからは、そんなみずほ銀行カードローンの審査落ちがちな理由をご紹介いたしますので、申し込み時の審査落ちの対策に役立てて下さい。

みずほ銀行の審査に落ちるポイントは?
  • 同時に複数のキャッシングの申し込みをしている
  • 多重債務者は審査落ちしやすい
  • 在籍確認が取れない
  • 金融事故を起こしている
  • 申し込み時に虚偽の情報を申告した

同時に複数のキャッシングの申し込みをしている

みずほ銀行カードローンの審査の申し込み時に、同時に他のキャッシング業者などに申し込みを行っていると、両方の審査に落ちてしまいます。

というのも、キャッシングの申し込履歴も信用情報に記載されるのです。

複数の業者に一度に申し込みをしていると、審査時に「この人はいくつも申し込みを行わないといけないほど困っている状況で、返済をしていくことができるのか」と判断されて、審査に落ちます。

みずほ銀行カードローンの申し込み時に、他のキャッシングの申し込みを行っていることはみずほ銀行の審査時にも他社の審査時にもわかってしまいますので、双方に申し込み状況が筒抜けなんですね。

申し込みは同時には行わないように、一社での審査結果が出てから次の申し込みを行いましょう。

また同じ月にキャッシングなどの審査に申し込む場合は、月に2~3件程度に留めておきましょう。

多重債務者は審査落ちしやすい

みずほ銀行カードローンの審査申し込み時に、すでに他社での借り入れがあったとした場合も、審査に落ちてしまう原因の一つになります。

4件以上の借り入れを行っている人のことを『多重債務者』と呼びます。

多重債務者は制限によりそれ以上借り入れが行えないことが多く、審査落ちの原因にもなります。

多重債務者でなくても、借り入れ件数があるだけで審査時には敬遠されがちです。

そのためには、やはり出来るだけ返済を済ませ、借り入れ件数を減らしておく必要があるのです。

みずほ銀行カードローンからの在籍確認が取れない

在籍確認が取れない場合、みずほ銀行カードローンの審査には、ほぼ落ちます。

在籍確認とは、申し込み時に申告した勤務先に本当に勤めているのかの審査になり、勤務先にみずほ銀行から電話で行われます。

在籍確認は、虚偽の勤務先申告を行っていないか、安定した収入を得ていいるかなど、申し込み時のすべての確証を行うポイントにもなります。

そのため審査時には避けて通ることのできない重要な審査ステップであるため、スキップすることは出来ません。

金融事故を起こしている

金融事故を起こしていると、みずほ銀行カードローンの審査に通ることは出来ません。

金融事故とは、返済の延滞や自己破産など、キャッシングの利用時に起こした問題のことを指します。

金融事故を起こしたことがある場合、みずほ銀行カードローンの審査どころか、大手消費者金融の審査にも通りません。

申し込み時に虚偽の情報を申告した

みずほ銀行カードローンの審査の申し込み時に、本当の情報とは違う情報を申告していても、審査落ちの原因になります。

例えば「ちょっとだけ年収を多めに書いてもバレないっしょ」なんてこともアリがちですよね。

そういったことも信用情報を照会したら一発で分かってしまうので、虚偽の申告を行わないようにしましょう。

また、申告時の記入ミスでも審査落ちの原因になります。

記入ミスであるのか故意的な申告であるのかは、みずほからしたらわかりません。

実際の情報と異なっていることには変わりないので、虚偽の申告をしたということには変わらないため、申告時には記入ミスの内容にしましょう。

ただ審査に時間がかかっていることもある

前述でもご紹介した通り、銀行カードローンの審査は厳しく行われているため、それ故審査自体に時間がかかってる場合もあります、

繁忙期であると何日か待つことになることもあるので、すぐ審査結果が来ないからといって焦る必要はありません。

「3営業日審査結果の連絡が来ない」のであれば問い合わせても良い

3営業日頃を過ぎてもみずほ銀行カードローンの審査結果が来ない場合は、問い合わせをしてみましょう。

みずほ銀行カードローンの審査に申し込んだ人の口コミ

みずほ銀行カードローンの審査を申し込んだ人の口コミも気になるところです。

ここからは、実際にみずほ銀行の審査に申し込みをした方の口コミをご紹介していきます。

審査に通った人の口コミ

周りが結婚ラッシュで、祝儀だなんだとお金が必要になりカードローンを利用することに。

冠婚葬祭には借金してでも行けっていうのをテキトーに聞き流していましたが、本当に利用するとは(笑)

初回は金利がかからないってよく聞くプロミスとかアコム?とかでも良かったんですけど、なんとなく抵抗があって…

自分のメインバンクでもある、みずほ銀銀行のカードローンを利用することにしました。

特にこういうローン?とかも利用したことが無いので、普通に行けるかな?と思いつつ何も考えずに申し込みました。職場の電話も特に問題なく。

口コミサイトとか見てると時間かかるっぽいって書いてあったけど、普通に次の日には審査結果が出て借りれました。安心。

だってみずほだし。

(2019/6/9・男性・30代・利用額30万)

審査落ちしてしまった人の口コミ

ちょっとお金が必要になって、申し込みました。

普通に申し込みをしたのに、なぜか審査に落ちて。

というか審査に時間がかかるといっても、4日ぐらい待ったのに、遅すぎませんか流石に?

待たせておいてさらっと審査落ちました、なんて馬鹿にしてるでしょって思って問い合わせをしても、テキトーに対応されるだけでムカついたのでそのまま切りました。

もうみずほは使わない。

2019/6/27・男性・40代・利用額50万

みずほ銀行カードローンの審査に落ちてしまった際の対処法

みずほ銀行の審査に落ちてしまった!というかた、そんな時は、消費者金融を利用することをおススメします。

消費者金融は、銀行カードローンに比べて審査時間も短く、利用しやすい傾向があります。

金利が少し高いと感じることもありますが、無利息サービスなども充実しているので、上手く活用すれば、お得に借りることが出来ます。

今回ご紹介するのは、大手消費者金融と中小消費者金融です。

大手消費者金融ならプロミスが利用しやすい

大手消費者金融の中でも筆者がおススメなのはプロミスです。

プロミスは消費者金融の中でも、サービスが充実して居て、利用しやすい消費者金融です。

プロミスのおすすめポイント
  • 即日融資が可能
  • 初回申し込みで無利息サービスを利用できる

プロミスの詳しい情報はこちらから!

プロミスの即日融資は何時まで?最短10秒で即日融資を行う方法や口コミも解説
冠婚葬祭や病気など、急にまとまったお金が必要になることが必要になったとき、金額が大きければ大きいほど親や友人には借りにくいですよね。 金の切れ目が縁の切れ目とも言いますし…周囲の人間とは金銭問題のトラブルを避けるためにも、お金の貸し借...

中小消費者金融もオススメ

仮に過去に金融事故を起こしていて、信用情報に不安があるのであれば、中小消費者金融の利用もおすすめです。

大手消費者金融は、アイフル・アコム・プロミス・モビット・レイクALSAなどがあげられますが、それ以外の消費者金融は中小消費者金融になります。

中小消費者金融は、大手よりも審査が甘めであります。

そのため、中小消費者金融では、大手消費者金融の審査に落ちてしまうような人の受け皿になるような役割があります。

中小消費者金融のアロー

アローも、中小消費者金融の中でもおすすめの消費者金融です。

アローでは信用情報に傷があっても、その人の今の返済能力などで審査を行ってくれるので、金融事故を起こしていても融資を行ってくれる可能性が高いのです。

アローの基本情報
  • 24時間365日申し込み可能
  • 最短45分で審査完了
  • 限度額200万円

大手並みに利用しやすいのがポイントですね。

アローの金利は以下の通りです。

借入金額 5万円~10万円未満 10万円~100万円未満 100万円~200万円
金利 15.00%~19.94% 15.00%~18.00% 15.00%

大手消費者金融でも、だいたいは上限が18%のところが多いので、少々高めに感じますが、信用情報に傷があっても融資を受けることが出来ることを考えても利用しやすいと言えます。

ブラックでも借りられる消費者金融は存在するのか?
ブラックでも借りられる消費者金融は存在するのか? ブラック状態でどこからもお金を借りられない、でもお金が必要… ブラックリスト入りした人でも借りられる消費者金融なんてあるのでしょうか? 比較的柔軟な審査を行っているといわれ...

みずほ銀行カードローンの審査の総評

今回はみずほ銀行カードローンの審査についてご紹介いたしました。

みずほ銀行カードローンの審査まとめ
  • みずほ銀行に限らず、銀行カードローンは審査は厳しい
  • オリコの保証を受けることが出来るかがポイント
  • 口座や住宅ローンなど既にみずほを利用していると審査時に有利
  • みずほ銀行カードローンの審査に落ちたときは消費者金融を使おう

今回の記事でご紹介したポイントを元に、確実にみずほ銀行カードローンの審査に通過しましょう!

みずほ銀行カードローンで増額するには増額案内が必要?申し込み手順など紹介
みずほ銀行カードローンを利用していて、限度額が足りないと悩む方も多いでしょう。 新たに消費者金融を利用しようと考えられる方もいらっしゃるかと思います。 しかし、みずほ銀行カードローンを利用しているのであれば、新たに他社で借りるよ...