みずほ銀行カードローンで即日融資はできない?最短で融資を受けるコツは?

みずほ銀行カードローン

カードローンを利用するとなると、安心して利用できるキャッシング業者を利用したいですよね

そこでおすすめなのが、みずほ銀行カードローン。メガバンクで安心して利用できますよね。

しかし銀行カードローンは時間がかかるイメージも。

そこで今回はみずほ銀行カードローンで即日融資は可能であるのか?などをもとに、スムーズに融資を受けるためのコツなどもご紹介していきます。

プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短1時間融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
公式サイトはこちら

みずほ銀行カードローンの基本情報

金利 2.0%~14.0%
融資額 10万円~800万円
必要書類 本人確認書類・収入証明書
返済方式 残高スライド式方式
遅延損害金(年率) 19.90%
担保・連帯保証人 不要

2019年9月現在みずほ銀行カードローンでは即日融資は不可

2019年9月現在、みずほ銀行カードローンでは、即日融資を行っていません。

2018年1月以降から銀行カードローンの即日融資が停止されました。

そもそも2013年に表面化したみずほ銀行による反社会的勢力への融資を行っていたことが本単の一つにもあります。

金融業界では反社会的勢力関係者との関係性を断つことを宣言していますが、審査の段階では反社会的組織であることを隠し通り抜けることができてしまってちたのです。

しかし2018年1月から審査時に警視庁のデータベースと照合のステップが追加され、そちらに日数が費やされることで、即日融資が物理的に不可に。

また同時に銀行カードローンによる即日融資の自粛していく流れになったのです。

そのことから特にみずほ銀行カードローンでは、他のメガバンクよりも審査に力が入っています。

そのため、「とにかく今すぐお金が欲しい」というような方にはみずほ銀行カードローンはおすすめできません。

みずほ銀行では最短でも2~3営業日かかる

みずほ銀行カードローンで融資までに要する期間は、最短でどの程度必要なのでしょうか?

みずほ銀行カードローンの融資までの最短期間は、2~3営業日と言われています。

営業日ですので、基本的に土日祝日は銀行は休業日のため手続きなどを行うことが出来ません。

水曜日に申し込みをした場合→最短でその週の金曜日に融資

金曜日に申し込み→最短で次週の火曜日

上記の程度の期間を要します。

しかしこの最短融資日数も、申し込み者が込み合っていたり、申し込み時に不備があり確認作業に時間がかかってしまっている場合、もう少し時間がかかってしまう可能性があります。

最短で融資を受けるためのコツは?

いかにみずほ銀行カードローンで最短で融資を受けられるようにするのかは、申し込み時にスムーズに手続きが進むように完璧に行うことが大切です。

そのためここからは、みずほ銀行カードローンで最短で融資を受けるためのコツを解説していきます。

最短で融資を受けるための3つのポイント

まずはみずほ銀行カードローンの申し込み方法をご紹介いたします。

みずほ銀行カードローン申込方法
  • WEB
  • 電話
  • 店頭
  • 郵送

コチラの中で一番スムーズに手続きを進められる方法はWEBです。

それを踏まえて大胆融資を受けるための3つのポイントを確認していきましょう。

みずほ銀行カードローンで最短で融資を受けるには、下記の3つのポイントを満たしているかが大切です。

みずほ銀行カードローンで最短融資を受けるために
  • みずほ銀行口座を持っている
  • カードローン契約時に「キャッシュカード契約型」を希望
  • みずほダイレクトを利用しているか

一番スムーズに融資まで進める方法は、みずほ銀行口座を持っているかつ、カードローン申し込み時に「キャッシュカード契約型」にし、みずほダイレクトを利用することでWEBですべて完結できる環境にあることです。

そもそもこの方法では、徹底的に来店・郵送の手間を省きます。

既に口座を持っており、カードを今持っているキャッシュカードに併用させる、またみずほダイレクトでWEBから申し込みを行うことにより、来店する手間も省きます。

これらを満たすことでスムーズに最短で油脂を受けることが出来るのです。

最短で融資を受けるための他のポイントは?

上記の3つのポイント以外にも、みずほ銀行カードローンの手続きをスムーズに進めさせるためのポイントはいくつかあります。

ここからは他のポイントをいくつかご紹介していきます。

最短で融資を進めるコツ
  • 提出書類をきちんと用意
  • 申し込み時間に注意
  • 審査対策も入念に

早速細かいポイントを解説していきます。

提出書類に不備が無いか

みずほ銀行カードローンの手続き時に注意したいことは、提出書類に不備が無いかどうかも大切です。

みずほ銀行カードローンの申し込み時には以下の書類の提出が必要となります。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 旅券(パスポート)
  • 個人番号カード
  • 各種福祉手帳(顔写真の貼付あり)
  • 身体障害者手帳
  • 住民基本台帳カード 等
収入証明書類
  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 課税証明書
  • 納税証明書

基本的には本人確認書類のみの提出で大丈夫ですが、借り入れ額が50万円を超える場合は収入証明書類も必要になります。

また書類提出時にはなにかと不備が起こりがちです。

提出前に以下の注意点も併せて確認をしましょう。

書類提出時の注意点
  • WEBアップロード・FAXなど、書類の画像が不鮮明
  • 本人確認書類の期限が切れている
  • 本人確認書類の住所などが現情報と相違がある

WEB完結にする場合はスマホなどのカメラで提出書類を撮影し、アップロードする必要があります。

その際に起こりがちなのが、書類が不鮮明であったり、また画像内に書類が収まり切れていない・切れているなどです。

そうなると上手く本人確認書衣類を認識できず書類確認が出来ないため、書類の再提出を求められたり、ひどい場合はそこで審査落ちしてしまうこともあります。

書類アップロード時には注意をしてアップロードを行いましょう。

また同様に、本人確認書類などにおいて運転免許証の更新が切れている、書類に記載されている住所が違う(引っ越したなどの理由で)などでも本人確認は完了しません。

提出書類も申し込み時に申告した情報と一致する書類を提出するか、更新などを行ってから申し込みを行うようにしましょう。

カードローンの申し込み時間に注意!

みずほ銀行カードローンで、なるべく早く融資を受けたい方は、少しでも早く申し込みをスタートさせましょう。

みずほ銀行の営業時間が9:00~15:00までですので、その間にも申し込みをしておかなければ、次の営業時間まで手続きを進めることが出来ません。

みずほ銀行カードローンの審査所要時間は公表されておらず、また融資までも最短で2営業日までではありますが、早めにスタートさせることで、融資までの時間を短縮できる可能性があります。

急いでいる場合は、遅くとも午前中までには申し込みを完了させておきましょう。

在籍確認対策も!

みずほ銀行カードローンでは在籍確認も行われるため、その対策も必要です。

「会社が夏休みで暫く在籍確認が取れない!」

等と言った場合には、みずほ銀行に相談をしましょう。

しかしカードローンの申し込みをするにあたり、在籍確認を省略することはできないため、対策を行う必要があるのです。

みずほ銀行カードローンの審査対策も万全に

提出書類・申し込み時間以外にも、みずほ銀行カードローンの申し込み時に対策できるポイントはあります。

それはみずほ銀行カードローンの審査の対策です。

一番時間がかかりがちな審査ですが、最短で融資を受けるためにも、スムーズに審査が進められるように対策を練りましょう!

審査については下記の記事でも詳しく解説しています。

みずほ銀行カードローンの審査は厳しいの?審査基準などを調査
カードローンの利用時は、出来るだけ信用できる金融機関で利用を行いたいですよね。 みずほ銀行カードローンであれば、三大メガバンクであり、メインバンクとして利用している方も多いと思います。普段から利用している金融機関であれば、お金を借りる...

即日融資を受けるには消費者金融の利用がおススメ

どうしても今日中にお金が必要!

そんな方は大手消費者金融を利用して、即日融資を受けましょう。

「消費者金融って利息も高いし…」というかたも、初回利用時に適用される無利息サービスを活用すれば、サービス期間内に返済を完了してしまえば、融資額だけの返済で済みます。

おすすめの消費者金融は、下記の消費者金融です。

  • プロミス
  • ノーローン

ここでは無利息サービスを実施している上記の消費者金融をご紹介していきます。

おすすめ消費者金融①プロミス

CMでも話題の消費者金融のプロミスは、最短1時間で融資を受けることが出来る消費者金融です。

金利 4.5%~17.8%
融資額 1~500万円
必要書類 本人確認書類・収入証明書
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
審査時間 最短30分
融資時間 最短1時間
プロミスおすすめポイント
  • 申込はWEBで完結
  • 初回の借入から30日間無利息サービス実施
  • 最短10秒で振込可能
プロミスの即日融資は何時まで?最短10秒で即日融資を行う方法や口コミも解説
冠婚葬祭や病気など、急にまとまったお金が必要になることが必要になったとき、金額が大きければ大きいほど親や友人には借りにくいですよね。 金の切れ目が縁の切れ目とも言いますし…周囲の人間とは金銭問題のトラブルを避けるためにも、お金の貸し借...

おすすめ②ノーローン

ノーローンはあまり聞いたことが無いかもしれませんが、新生銀行グループが運営する消費者金融です。

金利 4.9%~18%
融資額 1~500万円
必要書類 本人確認書類・収入証明書

ノーローンの最大の魅力は、無利息1週間が何度でも利用できることです!

ノーローンでの融資は、申し込み時間によって振り込まれる時間が異なります。

基本的に平日の14時までに申し込みを行えば、その日のうちに融資を受けることが可能です。

また楽天銀行であれば、24時間融資を受けることが可能です。

楽天銀行以外は下記の受付時間に準じます。

曜日 受付時間 振込みの時間
平日 0:00~10:00 当日11:00頃までにお振込み
10:00~13:00 当日14:30頃までにお振込み
13:00~24:00 翌営業日11:00頃までにお振込み
土日祝 0:00~24:00 翌営業日11:00頃までにお振込み
ポイントは申し込み時間と口座!ノーローンで即日振込を行う方法
有名モデルや国民的アイドルをCMで起用する「レイク」で一躍有名になった新生銀行グループ。 新生銀行グループ会社のシンキ株式会社が提供する「ノーローン」はレイクよりは認知度は低いですが、安定した経営を行うキャッシング業者が運営するローン...
ノーローンは土日に即日融資可能?土日でもすぐに借りたい時は手続きが大事!
ノーローンは土日でも即日融資を可能にしています。 どうしても土日に借りたいと考えているなら、ノーローンに申込んで借りてみましょう。 ただ、ノーローンが確実に土日でも即日融資を可能にしているわけではありません。 色々な理由に...

みずほ銀行カードローンの即日融資まとめ

今回はみずほ銀行カードローンについて、即日融資は可能であるか、最短で融資を受けるコツなどをご紹介いたしました。

  • みずほ銀行カードローンで即日融資はできない
  • 最短でも2~3営業日はかかる

最短で融資を受ける為には、手続きがスムーズに進むようにしましょう。

みずほ銀行カードローンの返済日は10日で夜まで返済が可能?返済遅延時の対処法とは
みずほ銀行カードローンの返済日は毎月10日と決まっています。 ですけど返済日の何時引き落としであるかとか、土日の場合はどうなるのとか、気になるポイントは沢山あります。 明日返済日だってこと忘れていた!もうだめだ…と思っても諦めな...