銀行でお金を借りる方法にはどんな種類があるの?各種ローンを徹底解説

お金を借りる

銀行でお金を借りようと考える人も多いでしょう。

しかし一口に銀行カードローンにもいくつか種類があります。

借金の利用目的が決まっているのであれば、銀行の目的別ローンを利用した方がお得になることもあります。

今回は銀行でお金を借りる方法にはどのようなローンがあるのか、各ローンの違いは何か?などを徹底的に調べてまいりました。

また実際に銀行のろーんを利用することになった場合のために、申し込み方法や審査内容なども併せて紹介しています

今回は、銀行カードローンの種類、審査・申し込み方法などを網羅して解説していきます。

プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短1時間融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
公式サイトはこちら

銀行でお金を借りる方法の種類は?

銀行カードローンでお金を借りる方法といっても、用途によっていくつか種類があります。

基本的に銀行が提供するローンには2種類あります。

利用内容が決まっておらず自由な使い道で利用できるローンと、ローンを利用する目的が決まっている『目的別ローン』があるのです。

各ローンは、それぞれサービス内容や金利も異なります。また利用の目的が決まっているローンほど、審査に時間がかかる傾向にあります。

利用目的の内容が高額な融資であるケースが多く、融資を行った後も滞納されることなく返済をして貰えるのか?ときっちり審査が行われるためです。

その一方で、利用目的が自由なフリーローンでは、他の目的別ローンに比べて審査に時間がかからない傾向にあります。

自分の利用したい用途によって、選んでいきましょう。

まずは銀行でお金を借りる方法を紹介していきます。

  • カードローン
  • フリーローン
  • 住宅ローン
  • 教育ローン
  • マイカーローン

上記のローン内容をもう少し詳しく解説していきます。

カードローン

カードローンとは、限度額までであれば何回でも自分の好きなタイミングでお金を借りることができるローンサービスです。

基本的に保証人なし・無担保で利用出来ることが特徴と言えます。

他にもカードローンでは利用用途を制限されていないため、自由に利用することができます。(ギャンブルや事業の資金には使えません)

アコムやプロミスなどの消費者金融のローンも、このカードローンタイプのサービスとなります。

最近はカードローンの”カードレス”タイプも出てきており、より使いやすくなっています。

ちょっと生活費を借りたい…なんて時には、カードローンがおススメです。

審査のゆるいカードローンはどこ?審査に通りやすくするコツも解説
カードローンの審査に申し込んだはいいものの、審査のゆるいカードローンを探している人も多いと思います。 しかし、審査のゆるいカードローンなんてあるのでしょうか? 今回は審査のゆるいカードローンがあるのか、またカードローンの審査に通...

フリーローン

フリーローンとは、銀行が提供する個人向けのローンサービスです。

カードローンと同じく利用用途に制限は無いため、借り入れ目的が決まっていないときにおすすめです。

一見カードローンと同じものと混同をされやすいのですが、フリーローンの決定的な違いは、借入が出来るのは契約した初回のみという点です。

またカードローンよりも金利が低い傾向にあるのも特徴です。

おすすめの銀行フリーローンはこれ!銀行を利用するメリットとデメリットも紹介
銀行フリーローンは様々な銀行が提供しており、金利の範囲や借入額などに明確な違いがあります。 また、借入額によって審査基準も変わるため、審査を確実に通過したい人は審査基準の甘い銀行フリーローンも考えたいところです。 もちろん銀行フ...

住宅ローン

住宅ローンとは、マイホームなどを購入する時に利用できるローンサービスです。

カードローン・フリーローンとは異なり、住宅以外で利用することができません。

また住宅ローンには、公的な住宅ローン(公的融資)と民間の住宅ローンがあり、銀行カードローンは民間のローンサービスとなります。

住宅購入時に、「頭金は用意できるけど、一括で支払うのは難しい…」という人が、ローンを利用することができます。

住宅ローンの金利には2種類存在する

カードローンやフリーローンでは、借入金額ごとに金利が決まる仕組みになっていますが、住宅ローンでは少し金利のシステムが異なります。

住宅ローンでは変動金利と固定金利が活用されています。

教育ローン

教育ローンとは子供の学費などを借りたいときに利用できるローンサービスです。

私立学校に入学をしたため、入学時に支払う学費を一括で払うのは難しい…なんていう時に利用できます。

また奨学金と混同されがちですが、奨学金は入学する本人が契約するものに対し、教育ローンは親が契約するものとされています。

学校の入学費用にとどまらず、子供の教育に関する費用であれば利用が可能です。

例えば受験時の費用や予備校・塾費用を始め、部活動の費用・留学費用なども教育ローンで融資を受けることが可能です。

また教育ローンは、国が運営するタイプと民間が運営するものと2種類あります。

詳しい違いは下記の記事で詳しく解説しています。

教育ローンを徹底比較!国と民間はどちらが良いの?
教育ローンは民間が提供している商品もあれば、国が提供している商品もあります。 国が提供している教育ローンは、民間が提供している商品に比べて使いやすく、審査基準も甘い傾向があります。 一方で、民間が提供する教育ローンにもいいところ...

また教育ローンでは進学先が決まる前に申し込みができたりなど、家庭にできるだけ負担をかけないように様々なサービスが充実しています。

教育ローンでも、ローンによっては担保なし・保証人なしでも利用ができます。

マイカーローン

マイカーを購入したい時に利用できるのが、マイカーローン(自動車ローン)です。

新品・中古に限らず、オートバイなどの購入にも利用ができます。

銀行のが提供する自動車ローンは、自動車メーカーやディーラーでのろーんに比べて利息が低い傾向にあります。

そのため、お得にローンを利用できるのですね。

また銀行カードローンによっては、担保・保証人なしで利用できるものもあります。

トヨタファイナンスのカーローンは審査が甘い?審査基準を解説
「トヨタの車を購入したいけど、カーローンの審査に通るか不安」 「トヨタファイナンスの審査は何が基準でおこなわれているの?」 こちらの記事では、そんな人に向けてトヨタファイナンスカーローンの審査について徹底解説しています。 ...

銀行で利用できるローンは他にもある

銀行がサービス提供している目的別ローンには、上記以外にも様々なタイプのローンが存在します。

ココでは、他にもどのようなローンがあるのかを紹介していきます。

  • リフォームローン
  • 事業者ローン
  • ブライダルローン
  • 医療ローン

リフォームローン

家のリフォームなどを行いたいときには、銀行のリフォームローンの利用がおススメです。

住宅のリフォームや改築などの資金として借り入れが出来るローンになります。

一見、住宅ローンと似ているように感じますが、異なるのは無担保で利用ができる点です。また住宅ローンよりもローンの金額がそこまでかからないとされるため、融資までの時間も短い傾向にあります。

「購入までは考えていないけど、リフォームはしたいな…」というかたは、銀行のリフォームローンがおススメです。

事業者ローン

事業の資金などを借りたい場合は、事業専用のローン利用を活用しましょう。

通常のカードローンやフリーローンでは、利用用途が自由でも事業の資金に使用することができません。

そのため事業専用のローンを利用する必要があります。

銀行の事業者ローンの場合、開業資金や仕入れ資金・設備資金の他にも従業員の給料の支払い資金などでも利用が可能です。

事業融資の審査は甘い?個人事業主の資金繰りはビジネスローンで!
事業融資にも種類がいろいろありますが、急な資金繰りが必要なときには審査に通りやすい融資を利用したいですよね。 ビジネスローンなら審査が甘いという話もありますが、実際のところはどうなのでしょうか? ビジネスローンは他の融資と比べて...

ブライダルローン

ブライダルローンとは、結婚式費用や新婚旅行などの費用のローンを組むことができるローンサービスです。

挙式にかかる費用から衣装・新婚旅行、また新婚に必要な入居の費用や家具代などもブライダルローンで借り入れを利用することができるのです。

またブライダルローンでも無担保・保証人なしで利用が可能のため、結婚にかかわることを費用で断念しているのであれば、ブライダル専用のブライダルローンを組むのも一つの方法でしょう。

医療ローン

メディカルローン

医療ローンとは、高額な医療費の支払いができないときなどに組むことができる医療用のローンです。

保険適用外でも利用ができるため、思わぬ事故で手術が必要になった!整形費用を少しづつ支払いたい…と言ったときに利用できる医療ローンです。

医療ローンの審査は厳しいのか?利用前にチェックしておきたいポイント
急なケガで高額な医療費がかかってしまった場合、医療ローンを組むことができます。 医療ローンを利用する時は審査に通過する必要がりますが、自分は審査に通過できるのか?そもそも審査は厳しいのかなども気になりますよね。 また医療ローンは...

フリーローンとカードローンの違いとは?

銀行でお金を借りることができる方法の中でも、フリーローンとカードローンは、どちらも利用用途が自由に使えるローンとご紹介しました。

大きな違いは、限度額内であれば何度でも借り入れができれるカードローンと、借入は初回の1回のみのフリーローンですが、他にもいくつか違いがあります。

  • カードを発行するかしないか
  • 金利に大きな違いあり
  • 貸し付けの方法が異なる
  • 借り入れた金額の管理が異なる
  • 審査基準が異なる
  • ローンの更新をするかしないか
  • 金利を引き下げる方法の違い
  • 扱っている会社の違い
  • 融資を受けるまでの手間や時間

各方法の詳しい内容は、下記の記事でも詳しく解説していますので、あわせてチェックしていってください。

フリーローンとカードローンは何が違う?用途ごとに使うべき商品を比較!
カードローンとフリーローンは、同じように見えて実は違うものです。 商品の違いを理解して、どちらを利用すべきかしっかりと判断しておきましょう。 特に適した用途という部分を知っておかないと、間違った使い方をするので気を付けてください...

各銀行ローンの金利はどれくらい?

利用用途が自由なカードローンやフリーローンの方が審査が早いなら、わざわざ目的別ローンを利用する必要なくない?とも思いますよね。

しかし目的別ローンの利用を行ったほうが、利息を抑えることができる可能性があります。

ここで、各ローンの金利の相場を確認していきましょう。

ローン 金利
カードローン 2.0%~14.5%
フリーローン 5%~14.5%
住宅ローン 0.2%~3.0%
教育ローン 2.0%~3.0%
マイカーローン 2.0%~5.0%
リフォームローン 2.0%~5.0%
事業者ローン 5.0%~15.0%
ブライダルローン 3.0%~10.0%
医療ローン 5.0%~10.0%

上記のようになります。

もし教育資金を借りたい・家のリフォーム用の資金を借りたいなどすでに利用の用途が決まっているのであれば、目的別ローンを利用することをおススメします。

銀行でお金を借りる方法は?

ここからは、銀行のローンでお金を借りる方法を解説していきます。

各ローンによって細かいポイントや順番が前後することがありますが、基本的な流れは同じです。

さっそく確認していきましょう。

  1. 銀行ローンの申し込み
  2. 提出が必要な書類を提出
  3. 申込内容を元に審査
  4. 審査結果判明
  5. 契約完了
  6. カードの発行やもしくは振込融資

融資までは、基本的に上記の流れで進んでいきます。

銀行のローンでお金を借りるには、各ローンが行う審査に通過する必要があります。

申し込み後には、書類の提出が必要

最初の申し込み後は、書類の提出が必要となってきます。

提出を求められる書類は、基本的に下記が必要となります。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類

この2点です。

金額がそこまで高額にはならないカードローンなどでは、収入証明書の提出が不要になるケースもあります。

基本的には本人確認書類と収入証明書類のどちらかでも提出が出来ないと、審査に通過することはできません。

申し込みの際には各書類を用意をしておきましょう。

本人確認書類となるもの

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 各種福祉手帳
  • マイナンバーカード

収入証明書類となるもの

  • 給与明細
  • 源泉徴収票
  • 納税通知書
  • 所得証明
  • 年金通知書

審査の最後に行われる在籍確認の対策も行う

銀行カードローンでは、審査の最終段階で在籍確認が行われます。

在籍確認とは、深刻された勤務先に本当に在籍しているのかをチェックするために行われます。

そのため、この在籍確認を突破しないと、銀行系のローンでお金を借りることはできません。

職場に金融機関から電話がかかってくるため、敬遠してしまう人も多いのですが、そこまで難しいことはありません。

基本はローン名は答えず銀行名で電話がかかってくるか、保証会社から電話がかかってきます。

本人に取次され次第、確認が完了となります。

また不在であったとしても、電話の対応を行った同僚が「席を外している」などの受け答えをしていれば、在籍していることは確認できたとされるケースも多いです。

そのため、変にごまかそうとする必要もありません。

それでも銀行系ローンの在籍確認が不安な場合は、下記の記事も併せてチェックしてみて下さい。

銀行カードローンの在籍確認は免除にできる?対策方法なども解説
銀行カードローンを利用する際に、審査時に勤先へ電話が行くことがあります。これを在籍確認と呼びます この銀行カードローンの在籍確認は、必ずしも行われるものではありません。場合によっては省略されることもあります。 会社に銀行カードロ...

銀行でお金を借りる方法の審査基準は?

銀行ローンでお金を借りる方法を紹介してまいりました。

ローンの利用には、各ローンが定める審査基準が気になりますよね。

審査の際には、どのようなポイントを重視されるのでしょうか?

ココでは、カードローン・目的別ローンに共通する審査基準を紹介していきます。

  • 安定した収入が確保されているか
  • 過去に金融事故を起こしていないか
  • 借入件数が多すぎないか
  • 保証会社の保証を受けられるか

各ポイントをもう少し詳しく解説していきます。

安定した収入が確保されているか

銀行でお金を借りるための各方法では、安定した収入が確保されているかが最も重視されます。

要は、融資を行った後でも毎月滞納することなく返済するための収入があるかを審査時にチェックしていきます。

安定した収入が確認できないのに、融資を行ったところでローンの延滞などをされてしまうと、銀行側も経営が成り立ちませんよね。

そこで、確実に返済が行われるかをチェックするために安定した収入を重視します。

安定した収入とは?

安定した収入、とはいっても定義はどのようになるのでしょうか?

安定した収入とは、毎月の収入が一定額であることが基準です。

他にも、収入に関する下記の項目を相対的に審査をおこないます。

  • 月収額
  • 雇用形態
  • 給与形態
  • 勤続年数

上記の通りです。

例えば雇用形態が正社員であったとしても、給与形態が歩合給での至急の場合、月の金額が時期によって大幅に異なってしまっていたりして「支払いができず滞納になってしまう月が出てくるのではないか?」と懸念されてしまいます。

そのため、審査落ちとなってしまうケースもあるのです。

反対に、アルバイトで固定シフトで働いており、月収額が安定している場合、収入が安定していると判断され、審査に通過できる可能性があります。

(アルバイトの場合、目的別ローンであると申し込み資格対象外になることがあります。)

このように安定した収入を判断されるので、収入が少ないからだめだ…とあきらめる必要はありません。

過去に金融事故を起こしていないか

過去に金融事故を起こしていると、銀行のローン審査にはほぼ通過できないでしょう。

ローンの審査では、「確実に返済ができるか」を重視します。

過去に他のローンなどで延滞などを起こしてしまっていると、信用情報にその旨の記録がついてしまいます。

そうなると審査時に信用情報を照会した際に「この申し込み者は過去に延滞を起こしたことがあり、融資を行ってもまた延滞を起こすかもしれない」と懸念され、審査に落ちてしまうケースもあります。

特に銀行のローンは消費者金融よりも審査が厳しい傾向にあります。そのため、過去に金融ブラックを起こしたことがある場合は、利用できない可能性が高いことを頭に入れておく必要があります。

金融ブラックはどのような状態なの?厳しい状態はいつ消えるのか
ブラックと呼ばれる中には金融ブラック状態の人もいます。 金融ブラックは信用されていない状況であり、借入が困難となっています。 ブラックの状態は非常に大きな影響を受けるほか、場合によっては数年間の借入が不可能となり、ローンを使えな...

借入件数が多すぎないか

銀行ローンの申し込み時に、すでに複数のローンでの借入件数があると、審査に落ちてしまう可能性があります。

複数借り入れがある人=多重債務者となり、各ローンでの返済に追われている状態です。

そのスペックの人に融資を行ったとしても、つきの返済額が高額になってしまうのに融資を行って、きちんと返済がされるのかと懸念されてしまいます。

そのため、確実に申し込んだローンの審査に通過したいのであれば、借入件数が無い状態で申し込むことが大切です。

保証会社の保証を受けられるか

銀行ローンでは、基本的に保証会社を利用するケースが多いです。

銀行のローンでは、銀行法と言う法律の下で融資が行われています。

銀行法では、利用者の借入履歴などをチェックできる信用情報を照会することができないため、貸金業法のもとで運営している消費者金融が運営している保証会社を利用します。

その保証会社に審査を依頼して、融資を行っても良いか判断を行うのです。

そのため、その利用する保証会社の審査を受けることができないと、銀行のローンを利用することはできないとされてしまいます。

銀行カードローンの審査については下記の記事で詳しく解説していますので、併せてチェックをお願い致します。

銀行カードローンの審査は厳しめ?審査時にチェックされるポイントを徹底解説
銀行カードローンでは、消費者金融のように即日融資にも対応して居ません。 その背景に銀行カードローンの審査基準の厳格化を行い、審査に時間がかかるようになってしまったことが原因と言えます。 それでも銀行が運営しているカードローンであ...

より銀行のローンで借りやすくするポイントは?

銀行のローンの審査基準についてわかったところで、逆に銀行系のローンの審査に通過しやすくなるポイントは何でしょうか?

  • すでに銀行でと取引があると通過しやすい
  • 完済した実績があると審査に通りやすい

上記のポイントになります。

細かいポイントを解説していきます。

すでに銀行で取引があると通過しやすい

今回申しこもうとしている銀行のローンで、すでに同じ銀行内のローンを利用していると審査に通りやすい傾向にあります。

またみずほ銀行カードローンでは、すでに住宅ローンを利用していると、金利が0.5%下がるサービスがあります。

このように同じ銀行内のサービスを使っていると、割引されるサービスなどもあります。

もしすでに利用している銀行があるのならば、同じ銀行内のサービスを利用することが良いでしょう。

完済した実績があると審査に通りやすい

前述では、借入件数が何件かあると審査に通りにくいとお伝えしました。

しかし過去に何件か借り入れを利用していても、全てきちんと完済していると、審査に通過しやすくなることがあります。

完済の実績があると、「この申し込み者はきちんと完済した実績があるので、今回融資を行ってもきちんと返済をしてくれるだろう」と審査で判断されます。

そのため、完済をしているのであれば審査で有利に働きやすいのです。

完済しても契約解除していないと意味が無い

カードローンの場合、限度額内であればいつでも借り入れが出来るサービスになります。

そのため借り入れ分を完済していても、解約手続きなどをしていなければいつでも借り入れが出来る状態になっています。

そうなると、信用情報上では借り入れ継続中となってしまうため、完済しているのに借入件数として数えられてしまいます。

次の借り入れに影響を及ぼさないようにしたいのであれば、解約手続きまで行いましょう。

学生や無職でも銀行のローンを利用できる?

ここで気になるのが、学生や専業主婦などは銀行のローンを利用できるのかですよね。

各職種ごとにチェックしていきましょう。

学生は銀行のローンを利用できる?

学生は銀行のローンを利用できるのでしょうか?

この場合、銀行カードローンに限り学生でも借りられる可能性があります。

なかには学生の利用はNGな銀行カードローンもあります。

しかし基本的に、安定した収入をクリアしていれば学生でも銀行カードローンを利用できるため、安心して利用してください。

また学生の場合、学生向けの学生ローンの利用もオススメです。

銀行カードローンの方が低金利のため、お得に利用ができますが、やはり審査は厳しい傾向にあります。

しかし学生ローンであれば、学生の利用を前提としているため、審査に心配な項目があっても利用しやすい傾向にあります。

もし銀行カードローンの利用ができなかった場合は、学生ローンの利用も検討して下さい。

おすすめ学生ローンを完全網羅!ローン利用時の悩みも解説
学生ローンを利用したいと考えていても、どれがおすすめなのか分からないという人もいるかと思います。 また、実際に利用するにあたってお金を借りることにまつわる悩みもあるかもしれません。 この記事ではおすすめの学生ローンをすべてご紹介...

専業主婦でも銀行ローンは組めるの?

専業主婦の場合、審査時には無職の扱いとなってしまいます。

そのため審査基準の『安定した収入』をクリアしていないので、銀行系のローンの借り入れを利用することができません。

例えば旦那様の収入で申し込む『配偶者貸付制度』などを利用するなどの方法はあります。

配偶者の収入証明書を提出できるのであれば、この申し込みも可能ですが、『旦那に内緒で銀行ローンろを利用したい…!』となると難しくなってしまいます。

専業主婦でも借りれるカードローンを徹底取材!おすすめのカードローンは?
家計を管理する専業主婦のみなさん、なにかとお金が必要になることが多いですよね カードローンを利用するとなると、収入がないと申し込みをすることが出来ません。 ネットで専業主婦でも申し込み可能なカードローンで調べると、利用できるカー...

そもそも銀行カードローンと消費者金融の違いは?

ここまでは銀行ローンについてご紹介してまいりました。

仮に銀行のカードローンでお金を借りようとした場合、同じようなローンを提供している消費者金融とではどのような違いがあるのでしょうか?

ここからは、銀行カードローンと消費者金融系のカードローンのと意外を比較していきたいと思います。

  • 金利が違う
  • 借入できる限度額の違い
  • 審査までの時間の違い
  • 目的別かどうかのちがい

銀行系のカードローンの方が低金利の傾向

銀行系のカードローンと消費者金融系のカードローンの圧倒的な違いは金利にあります。

基本的に、銀行系のカードローンの低金利で利用ができます。一方で消費者金融系では金利が高い傾向にあります。

これは銀行カードローンでは審査基準を厳しくする代わりに、確実に返済が行われる申し込み者のみ、審査に通過させるようになっています。

審査を厳しくすることにより、低金利で融資を行っても、融資分を回収できるため経営が成り立ちます。

一方で消費者金融では、銀行に比べると審査がゆるい分、金利が高めに設定されています。

仮に滞納などをされてしまっても、高金利で融資を行っているため、リスクが少ないという仕組みになっています。

一部の銀行カードローンと消費者金融の金利を比較してみましょう。

  • プロミス 4.5%~17.8%
  • アコム 3.0%~18.0%
  • 三菱UFJ銀行バンクイック 1.8%~14.6%
  • 三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%

このように、銀行と消費者金融では上限金利が4%近くも違う結果になりました。

なるべく利息を抑えて融資を受けたいのであれば、銀行系のカードローンの利用がおススメですね。

借入できる限度額の違い

そもそも銀行系と消費者金融系では、借入できる限度額に違いがあります。

銀行系のカードローンでは、大口の利用を前提としています。

そのため、借入上限金額も800万~1000万円までのもの多いです。

また消費者金融では、借入できる金額が年収の3分の1までという決まりがあるため、それ以上の金額での融資を利用できないのです。

消費者金融のプロミスの限度額500万円を限度額ギリギリまで借りようとしてしまうと、年収が1500万円あることが前提となってしまいます。

そういったことから、そもそもの借入金額の限度額が異なるため、利用のしやすさが異なると言えます。

審査までの時間の違い

銀行系と消費者金融の違いでもう一つあるのが、審査結果が出るまでの時間にあります。

大手消費者金融では、即日融資を行っています。

申し込みから最短1時間で融資を受けられるカードローンもあるので、急いでいる人にはおススメの借り入れ方法と言えます。

一方で銀行カードローンでは、即日融資を行っていません。

そのため申し込みをしてから早くても翌営業日~3営業日程でないと、審査結果が判明しません。

メガバンクなどでは、較的審査結果が分かるまでの時間がスピーディーの傾向がありますが、基本的には数日かかることを念頭に置いておきましょう。

金利が高くついてもとにかく早くお金を借りたいのであれば、大手消費者金融の即日融資を利用しましょう。

また金利を安く抑えたいのであれば、数日かかっても銀行カードローンで低金利で利用を行うことがおススメです。

目的別かどうかのちがい

消費者金融のローンは、基本的に利用用途に制限はありません。

しかし銀行カードローンでは、利用用途に制限が無いフリーローンもあれば、利用用途別のローンなどもあります。

銀行でお金を借りる方法まとめ

今回は、銀行でお金を借りる方法についてご紹介していきました。

今回の記事内容を改めて振り返っていきましょう。

銀行で取り扱っているローン

  • カードローン
  • フリーローン
  • 住宅ローン
  • 教育ローン
  • マイカーローン
  • リフォームローン
  • 事業者ローン
  • ブライダルローン
  • 医療ローン

銀行が融資を行うローンだけで、これだけの種類があります。

  • 基本的に目的別ローンの方が低金利
  • 用途が自由なローンは借り入れまで早い傾向
  • 銀行系ローンの審査では『安定した収入』がポイント
  • すでに利用している銀行のローンサービスを利用した方が良い
  • 完済実績があると審査に通過しやすい

このように、自分が利用する用途によってローンを選ぶことが大切。

その上で審査に通過するためのコツなどを駆使していきましょう。

おススメの銀行カードローンを徹底比較!2019年おススメはこれだ
お金を借りると言えば、カードローン。 最近は消費者金融に銀行カードローン、また銀行もメガバンクやネット・地銀など、選択肢がおおすぎて、結局どこのカードローンが一番良いのかに分かりませんよね。 カードローンを利用するなら、銀行カー...