フリーローンとカードローンは何が違う?用途ごとに使うべき商品を比較!

お金を借りる

カードローンとフリーローンは、同じように見えて実は違うものです。

商品の違いを理解して、どちらを利用すべきかしっかりと判断しておきましょう。

特に適した用途という部分を知っておかないと、間違った使い方をするので気を付けてください。

ここではフリーローンとカードローンの違いについて説明します。

プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短1時間融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
公式サイトはこちら

銀行が提供しているフリーローンとは?

銀行が提供しているフリーローンは、用途を自由にして多くの借入を可能にした商品です。

フリーローンは1度のみ借入が可能となっている商品ですが、用途に問題がなければ借入額が多くなる場合もあります。

また、銀行側に相談しやすいローンの1つで、用途を伝えて柔軟に対処してもらう手法もあります。

基本的にフリーローンは使いやすいローンの1つで、多くの借入を希望しているなら利用したほうがいいでしょう。

ただ、使い方をしっかりと考えないと、誤った使い方をして借入に失敗する場合もあります。

特に1度に大金が支給されるフリーローンでは、計画を立てて利用していかないと間違った使い方に発展する場合が多くなってしまいます。

必ず計画を立てて、どのように使っていくか判断しておきましょう。

多くの金融業者が提供するカードローンとは?

一方でカードローンは、銀行以外でも消費者金融や信販会社が提供しています。

こちらは何度も借入が可能となっていますので、1度に多くの借入をしなくても大丈夫です。

また、カードをATMに挿入して借りる方法が用意されているため、外出先でも借りられるメリットを持っています。

ただ、カードローンは金利が高くなる傾向にあり、大きな利息を支払う場合もあります。

利用するカードローンの金利はしっかりと理解しておきましょう。

また、返済の計画を立てるなどして、安心して返済できる環境を整えるように心がけてください。

上手に使えば、フリーローンよりも柔軟に使える場面が得られるかもしれません。

フリーローンとカードローンの違いは?

フリーローンとカードローンの違いは多数ありますが、代表的な違いは以下の通りです。

  • カードを発行するかしないか
  • 金利に大きな違いあり
  • 貸し付けの方法が異なる
  • 借り入れた金額の管理が異なる
  • 審査基準が異なる
  • ローンの更新をするかしないか
  • 金利を引き下げる方法の違い
  • 扱っている会社の違い
  • 融資を受けるまでの手間や時間

以上の違いを持っています。

この違いをしっかり理解すると同時に、使いやすいローンを見つけておきましょう。

ここからはフリーローンとカードローンの違いを説明します。

カードを発行するかしないか

一番大きな違いは、フリーローンとカードローンでカードを発行するかどうです。

フリーローンはカードを発行しませんので、契約時にカードを送付されずに融資だけを受けます。

一方でカードローンはカードを発行しますので、基本的にカードが到着するまでは借りられません。

つまりカードローンの方が融資に必要なものがあるため、到着まで待たされる場合も出てしまうのです。

しかし、消費者金融を中心に、当日中にカードを発行する方法は用意されています。

時間を短縮させる方法を使えば、即日でもカードローンは利用できるのです。

フリーローンは融資までの時間を短くするのは難しいものの、カードローンはカードの発行方法を変えれば融資までの時間が変わると判断しておきましょう。

金利に大きな違いあり

カードローンは金利がやや高く設定されています。

中には低金利で融資をしている商品もありますが、カードローンは全体的に金利が高くなっています。

同時に金利は固定されているため、何らかの事情で金利が引き上げられる問題はありません。

一方でフリーローンは低金利で借りられる会社が多くなっています。

あまり多くの利息を支払わなくてもいいのはメリットと言えるでしょう。

ただ、変動金利を採用しているフリーローンが多くあり、何らかの事情で金利が引き上げられてしまいます。

最初に契約した金利よりも高い利息を支払う可能性がある点に気を付けておきましょう。

貸し付けの方法が異なる

フリーローンは貸し付けの方法が振込だけとなり、それ以外の方法では借りられません。

一方でカードローンはATMによる借入が可能となっており、振込以外にも様々な方法で融資が受けられます。

柔軟に借りられるという部分ではフリーローンよりもカードローンの方が使いやすいかもしれません。

ただ、カードローンによって貸し付けの方法は変わります。

利用するカードローンについてしっかり調べ、融資の方法を理解してから申込みましょう。

借り入れた金額の管理が異なる

フリーローンは1回だけの融資となりますので、借入額の管理は自分でしなければなりません。

また、口座内に多くのお金が振り込まれてしまうため、誤ってお金を利用しないように心がけないと借入に失敗する場合があります。

一方でカードローンの場合、借入は必要な金額だけ受ける方針を取ります。

つまり余計な借入をしないため、誤ったお金の使い方は起こりづらくなっているのです。

一見するとカードローンの方がお金の管理は楽になっていると言えるでしょう。

ただ、カードローンの場合、借りすぎて必要な時に借りられない問題もあります。

しっかりと計画を立てないと借入に失敗するので注意が必要です。

審査基準が異なる

審査基準が異なる点には気を付けておきましょう。

フリーローンは用途や収入面での安定性など、幅広い視野で審査をしています。

つまりカードローンよりも審査基準は厳しい傾向にあり、希望している融資額が得られない、もしくは審査に落とされるという問題が起こりやすくなっています。

一方でカードローンの場合、安定した収入と仕事状況が確認できれば、一定額の融資を受けられるようになります。

カードローンの方が審査基準は甘くなっているものの、限度額が高いと審査基準が厳しいのは変わらないので気を付けたほうがいいでしょう。

柔軟に審査基準が変えられるカードローンに対し、融資額を多くしなければならないフリーローンは審査基準が厳しい傾向にあると判断してください。

ローンの更新をするかしないか

フリーローンの返済期限は定められているものの、多くの場合は返済期限を迎えるとローンの更新が終了します。

つまり返済を一定の期間までに完了させなければならず、基本的には速やかにお金を返すように考えておかなければなりません。

一方でローンの更新を続けるカードローンの場合、返済期限ではなく利用できる年齢の上限に達するまではローンを利用し続けられます。

カードローンは高齢になるまでは更新が続けられますので、基本的にはローンを保有し続けられるメリットがあります。

一方で要らないと思ったカードローンは自主的に解約しなければならないなど、カードローンにも更新を続けるデメリットがあります。

更新を続けるカードローンを使うか、それとも1回だけの利用となるフリーローンを使うか、慎重に考えるように心がけてください。

金利を引き下げる方法の違い

カードローンは更新のタイミングで金利を引き下げてくれる場合があります。

また、限度額を増額させた時に金利が変わるケースもあります。

ただ、放置しているだけでは基本的に金利は変わりません。

一方でフリーローンの場合、銀行が提供しているサービスを使えば金利を引き下げてくれます。

場合によっては低金利を簡単に実現できる場合があります。

より金利を下げたいならフリーローンを使ったほうがいいかもしれません。

扱っている会社の違い

カードローンは消費者金融も扱っているため、多くの会社で利用できます。

フリーローンは基本的に銀行だけが提供しています。

そのため扱っている会社の違いにより、多少ですが使いやすさも異なります。

特に休日でも申込みをしやすいカードローンは、困っている時の助けとなるでしょう。

フリーローンはゆっくりと利用する場合におすすめで、速やかに借りたい時には向いていません。

融資を受けるまでの手間や時間

こちらもカードローンの方が若干ですが融資までにかかる時間が短くなっています。

即日融資を可能にしている消費者金融のカードローンは、すぐに借りたい時に便利です。

フリーローンは融資までに時間がかかる他、来店契約が必要な場合もあります。

手間はかかりますが、大きな借入には非常に適しているため、大掛かりな融資はフリーローンを使うといいでしょう。

カードローンを使うほうがいい場面

カードローンを利用したほうがいい場面はいくつかあります。

代表的な状況は以下の通りです。

  • 少額の借入で済ませられる買い物
  • 結婚式の祝儀
  • 生活費の確保

以上の用途ではカードローンを利用したほうがいいでしょう。

ここからはカードローンを使ったほうがいい用途を説明します。

少額の借入で済ませられる買い物

少額の借入で簡単に変える買い物にはカードローンが向いています。

数万円程度のお金が必要な時は、柔軟に借入額を調整できるカードローンの方が使いやすいでしょう。

ただ、多くの買い物に使いすぎて、借りすぎの状態は作らないように気を付けてください。

結婚式の祝儀

結婚式の祝儀を出したいときにもカードローンは便利です。

こちらも数万円程度の借入を受ければ、問題ない状況を作りだせるのです。

カードローンの事業者も、結婚式の祝儀で使えるという用途を大々的に説明しています。

代表的なカードローンの使い方といえるでしょう。

生活費の確保

生活費の確保はカードローンの方がいいでしょう。

カードローンは柔軟にお金を調整できるため、生活費が足りない時に少額だけ借りるという方法が使えます。

フリーローンでは大きな借入となり、必要以上に借りすぎる問題が起きてしまいますが、カードローンでは借りすぎの問題は防げます。

ただ、生活費で何度もカードローンを使い続けるのは危険ですので、利用回数には気を付けてください。

フリーローンを使うほうがいい場面

一方でフリーローンを使ったほうがいい場面は以下の通りです。

  • 自動車などの高額な買い物
  • 結婚式の開催費用
  • リフォーム代

以上の用途で利用するといいでしょう。

こちらは高額な借入に適しており、大きなお金が必要な場面で活躍してくれるのです。

ここからはフリーローンを使う場面について説明します。

自動車などの高額な買い物

自動車や高額な家電製品など、高い買い物にフリーローンは多く利用されています。

大きな借入が必要で、なおかつ専用のローンが利用できないなどの問題に陥った際は、フリーローンを使うといいでしょう。

なお、住宅の購入資金として活用する場合もありますが、こちらは住宅ローンを使ったほうが低金利で借りられます。

基本的に専用のローンを使えない大掛かりな買い物に利用するといいでしょう。

結婚式の開催費用

結婚式の開催費用を得るためにフリーローンを使うといいでしょう。

結婚式の祝儀を出すならカードローンは便利ですが、開催費用を確保するにはカードローンではお金が足りない場合も多くあります。

その場合はフリーローンを使い、結婚式に必要なお金を補うといいでしょう。

高額な借入も可能となっており、かなりお金が足りない状況でも安心して結婚式が開催できます。

リフォーム代

リフォーム代を確保する際に利用する方法もあります。

こちらは住宅ローンを利用する傾向が多いものの、あまり大きな借入をしなくても大丈夫な場合はフリーローンを使ったほうが安心です。

その理由は、住宅ローンの審査がフリーローンよりも厳しく、場合によっては借りられない状況が生まれてしまうためです。

より安心して借りられる状況を作りたいと考えているなら、フリーローンを使ってリフォーム代を確保する方法も検討してみましょう。

フリーローンとカードローンのどちらを使うべきか

基本的に、少額でも済むならカードローンと契約したほうがいいでしょう。

カードローンは少額の借入に適している商品で、更に何度も利用できます。

複数回の利用を検討しており、何度か少額の借入を続けたいと考えているならフリーローンよりもカードローンがおすすめです。

一方で少しでも低金利を狙い、大きな限度額が必要であればフリーローンと契約してください。

フリーローンは大きな借入と低金利の両立が可能となっています。

どうしても大きな借入が必要で、カードローンでは限度額を確保できないならフリーローンへ申込みましょう。

どちらにしても、用途に応じて契約するサービスをしっかり考えてから契約したほうがいいでしょう。

適当に考えて契約するローンを選んだ結果、融資先を間違える可能性もあります。

融資を間違えてしまうと返済や使い道に苦戦し、本来考えていた利用ができない恐れもあるのです。

フリーローンとカードローンに共通している項目

フリーローンとカードローンは別の商品ですが、共通している項目もいくつかあります。

代表的な項目としては事業用の融資を認めていないところです。

事業の融資を認めてしまうと、簡単にフリーローンやカードローンと契約し、会社の資金に充てられてしまいます。

その結果、多重債務や不適切な借入が続いてしまい、場合によっては返済されないリスクが大きくなってしまいます。

こうした問題を避けるため、貸している側は事業用としては使えないようにしています。

もし事業で使いたいならビジネスローンと契約するように心がけてください。

また、個人で利用している場合でも、ギャンブル目的は認められません。

ギャンブル目的も不適切な借入として処理されるほか、返済されない可能性が高くなっているためです。

そのため、ギャンブルの費用を得る目的で申し込まないように気を付けてください。

虚偽の記載や偽りの用途で申し込んだとしても、色々な情報を調べられてしまうと用途がバレてしまいます。

正しい使い方を説明し、安心して借入ができるように心がけておくのです。

フリーローンとカードローンには違いが多い!しっかり考えて契約しよう

フリーローンとカードローンには違いが多く、同じような商品と考えていると失敗する可能性があります。

2つの違いをしっかりと理解したうえで、適切な用途に合わせて商品を考えるといいでしょう。

また、用意されているローンは多数あり、金利や借入額、更には利用条件が会社ごとに異なっています。

全ての情報をしっかり確認したうえで、契約したほうがいいローンを1つに絞り込むといいでしょう。

契約するローンが絞り込めない場合は、有名な会社が提供するローンを考えるなどして、将来的にも安心できる状況を作るように心がけてください。

正しく情報を調べて、問題なく利用できるローンを見つけると、将来的に借入で大きな問題が起きる心配は大きく抑えられるのです。

審査に通りやすいフリーローンは?審査時に気を付けるポイントも紹介
フリーローンの審査基準が厳しい傾向にあり、対策をしないで審査を受けると落とされる可能性が高くなってしまいます。 審査に落とされたくない人は、フリーローンの審査対策をしっかり行ってください。 ただ、審査基準の厳しいフリーローンを利...