審査に通りやすいフリーローンは?審査時に気を付けるポイントも紹介

お金を借りる

「フリーローンの審査に落ちてしまった…。」

フリーローンの審査基準が厳しい傾向にあり、何も対策をせずに受けてしまうと、審査に落ちてしまう可能性が高いです。

フリーローンに落ちてしまったら、「審査に通りやすいフリーローンはないのか?」と考える方が多いです。

お金を借りるということは、信頼が必要なので誰でも簡単に借りるということは難しいです。

しかし、審査に通りやすいフリーローンはあります。

今回の記事では、審査に通りやすいフリーローンの紹介や、フリーローンに落ちてしまったときの対処方法について解説します。

お金を借りたいと考えている方は是非参考にしてください。

この記事でわかること

  • 審査に通りやすいフリーローン
  • フリーローンの審査に通るためのコツ
  • フリーローンの審査に落ちてしまったときの対処方法

目次

プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短1時間融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
公式サイトはこちら

審査に通りやすいフリーローンランキング!

まずは審査に通りやすいフリーローンをランキング形式で紹介します。

これから紹介するフリーローンを確認し、審査を通過する対策を取れば、お金を借りやすくなるでしょう。

第1位 イオン銀行フリーローン

イオン銀行が提供しているフリーローンは、限度額を抑えれば審査を通過しやすくなっており、多くの方が利用できます。

様々な目的に合わせて、目的別ローンと比較しつつ申し込みができるのはいいところでしょう。

イオン銀行フリーローンの基本情報

借入額 10万円~700万円
金利 3.8%~13.5%(固定金利)
契約期間 1~7年
金利の引き下げ なし
申込方法 ネット
担保・保証人 不要

最低の借入額が10万円に設定されているため、あまり多くの借入をしなくてもいいフリーローンです。

少額の借入に抑えておけば、審査を通過しやすくなるでしょう。

また、金利がやや高くなっているため、審査基準が変動金利を採用しているフリーローンよりも多少甘くなっています。

審査基準を甘くしたいと考えるなら、イオン銀行フリーローンを狙ってみるといいでしょう。

イオン銀行フリーローンの審査に通りやすい理由

イオン銀行フリーローンが審査に通りやすい理由は以下の通りです。

  • 金利がやや高く設定されている
  • 借入額が少額でも使える

以上の理由により、審査に通りやすくなっています。

特に金利が高いという部分は、審査に大きな影響を及ぼしており、審査を通過しやすい場合もあります。

ここからは審査に通りやすい理由を説明します。

金利がやや高く設定されている

イオン銀行フリーローンは金利がやや高く設定されており、返済時の利息が多くなる傾向にあります。

金利の設定が普通のカードローンと似たような数字ですので、カードローンのような審査基準に近いものと判断していいでしょう。

当然ですが、高い金利では返済のデメリットはあるものの、フリーローンを利用しやすいという部分では大きなメリットです。

どうしてもフリーローンを利用したい場合は、イオン銀行フリーローンのように高い金利で提供している会社を狙うといいかもしれません。

借入額が少額でも使える

10万円から借りられる点も審査に通りやすい理由となります。

借入額が少額で済むのは、フリーローンの計画を立てやすい点にも繋がっています。

また、フリーローンの借入額が少なくなれば、その分だけ審査基準は甘くなります。

審査基準を下げやすいという部分でも、イオン銀行フリーローンは審査に通りやすいと言えるでしょう。

イオン銀行フリーローンのおすすめな使い方

イオン銀行フリーローンは、目的別ローンと比較してサービスを利用するか考えておきましょう。

フリーローンと似たようなサービスとして、目的別ローンが提供されているイオン銀行では、このサービスと比較してどちらが使いやすいのか慎重に考えておくのです。

そして目的別ローンよりもフリーローンが使いやすいと感じているなら、フリーローンへ申込んで審査を受ける形を採用します。

特に少額の借入を希望している人は、フリーローンと契約したほうがいいでしょう。

少額の借入で色々な商品の購入などに充てられる場合、イオン銀行のフリーローンで少額だけ利用する申込みを実施し、お金を借りるのです。

比較的借りやすい会社でもあるため、用途に問題がなければ審査を通過しやすいでしょう。

第2位 ジャパンネット銀行フリーローン

ジャパンネット銀行がフリーローンは、限度額が低いものの審査を通過しやすい傾向があります。

審査を通過するという前提であれば利用しやすいでしょう。

ジャパンネット銀行フリーローンの基本情報

借入額 10万円~200万円
金利 14.75%~17.75%(変動金利)
契約期間 半年~7年
金利の引き下げ なし
申込方法 ネット
担保・保証人 不要

少額の借入で利用できるローンですので、あまり大きな借入を希望しなければ審査を通過しやすくなるでしょう。

ジャパンネット銀行フリーローンは、更に金利が高くなっており、比較的大きな金利で借りる商品となります。

フリーローンでもここまで金利が高くなっている商品はなかなかありません。

金利が高いというデメリットこそありますが、確実に審査を通過したいと考えている人におすすめです。

ジャパンネット銀行フリーローンの審査に通りやすい理由

ジャパンネット銀行フリーローンが審査に通りやすい理由は以下の通りです。

  • 金利が高い
  • 借入額も抑えられる

以上の理由により、ジャパンネット銀行フリーローンは審査に通りやすくなります。

金利が高いというだけではなく、借入額もかなり少ないフリーローンですので、審査基準はかなり甘くなっているのです。

ここからはジャパンネット銀行フリーローンが審査に通りやすい理由を説明します。

金利が高い

ジャパンネット銀行フリーローンは、フリーローンとしてはかなり高い金利が適用されています。

この金利は消費者金融のキャッシングと同レベルの数字となっています。

消費者金融と同じような金利が適用されているというのは、それだけ審査基準が甘くなっている証拠と言えるでしょう。

その分だけ返済時に発生する利息はかなり高くなるため、借りる場合は返済の計画をしっかり立てておきましょう。

借入額が抑えられる

借入額についても、最大で200万円までしか借りられないように設定されています。

大きな借入ができないルールに設定されているので、審査でも少額の借入で審査を受ける状況になりやすいのです。

また、借入額を減らせるという部分は、単純に必要な年収が減らせるというメリットもあります。

あまり多くの収入を持っていない場合でも使えるフリーローンと判断していいでしょう。

ジャパンネット銀行フリーローンのおすすめな使い方

ジャパンネット銀行フリーローンは、少額の借入で利用するように考えましょう。

大きな借入で利用するものではなく、小さい借入で使うものと考えておくのです。

具体的には、借入額の上限を考えて100万円程度の融資で必要なものに使いましょう。

一方で200万円以上が必要な借入には向いていないため、大きな借入の場合は他の銀行を検討したほうがいいでしょう。

第3位 スルガ銀行フリーローン

スルガ銀行が提供しているフリーローンも、銀行の中では審査基準が甘めとなっています。

ジャパンネット銀行と似たような傾向があるため、審査を通過して絶対に借りたいと考えているならスルガ銀行フリーローンを検討してください。

スルガ銀行フリーローンの基本情報

借入額 10万円~200万円
金利 14.9%(固定金利)
契約期間 半年~5年
金利の引き下げ なし
申込方法 ネット
担保・保証人 不要

ジャパンネット銀行と同じように、高金利で貸しているフリーローンの1つです。

借入額は200万円までに制限されており、あまり多くの借入はできません。

また、金利は固定されているため、この数字から変化することはありません。

変動金利で金利が上昇していくサービスに比べると、やや使いやすい印象はあるかもしれません。

スルガ銀行フリーローンの審査に通りやすい理由

スルガ銀行フリーローンが審査に通りやすい理由は以下の通りです。

  • 金利が高い
  • 保証会社が銀行ではない

以上の理由により、スルガ銀行フリーローンは審査に通りやすくなります。

ジャパンネット銀行ほどではありませんが、高い金利で借りられるという部分で審査を通過しやすくなっています。

また、保証会社がスルガ銀行ではないため、審査基準は多少甘めになっており、審査を通過しやすい傾向もあります。

ここからはスルガ銀行フリーローンが審査に通りやすい理由を説明します。

金利が高い

スルガ銀行フリーローンは、金利が14.9%で固定されています。

金利が固定されている部分は審査にあまり影響しないものの、15%弱という金利はフリーローンで高い数字です。

この高い数字を適用しているスルガ銀行フリーローンは、利息である程度返済できない問題もカバーできるため、審査を通過しやすくしています。

カードローンと似たような金利を適用している点も影響し、審査を通過しやすいフリーローンと言えるでしょう。

保証会社が銀行ではない

保証会社が銀行ではなく、SMBCコンシューマーファイナンスを採用しているのがスルガ銀行フリーローンです。

SMBCコンシューマーファイナンスというのはプロミスのことで、消費者金融が審査を担当しています。

消費者金融が審査を担当するという理由だけでは、審査基準が甘くなるわけではありません。

ただ、スルガ銀行が審査を担当するより、厳格に審査基準を守る可能性が減っているため、審査を通過できる可能性はそれなりに高いのです。

消費者金融が審査を担当するフリーローンは珍しい傾向にあります。

審査を絶対に通過したいならスルガ銀行フリーローンを狙ってみるといいでしょう。

スルガ銀行フリーローンのおすすめな使い方

スルガ銀行フリーローンも少額の借入で利用するといいでしょう。

目的が明確にされておらず、目的別ローンなどを利用するメリットがないと判断される場合、スルガ銀行フリーローンへ申込むのです。

他にスルガ銀行が提供している目的別のローンなどを比較して、利用目的に該当していない時はこのローンを利用しておくのです。

そして少額の借入によって、自分が求めている目的でお金を使うようにしましょう。

第4位 りそな銀行りそなプレミアムフリーローン

りそな銀行りそなプレミアムフリーローンは、プレミアムという名称を使っていますが、審査基準はあまり厳しくない商品です。

審査を通過して大きな借入をしたいと考えているなら狙ってみるといいでしょう。

りそな銀行りそなプレミアムフリーローンの基本情報

借入額 10万円~500万円
金利 6.0%~14.0%(固定金利)
契約期間 1年~10年
金利の引き下げ なし
申込方法 ネット
担保・保証人 不要

借入額は500万円とフリーローンでは平均的な数字です。

金利は範囲が示されているものの、審査結果によって4つの金利から選ばれます。

場合によっては一番高い金利が適用される場合もあるため、利息が多くなる点には気を付けておきましょう。

ある程度長い契約期間を持っているため、返済もゆっくりと実施できるメリットがあります。

りそな銀行りそなプレミアムフリーローンの審査に通りやすい理由

りそな銀行りそなプレミアムフリーローンが審査に通りやすい理由は以下の通りです。

  • 高い金利に設定できる
  • カードローンと似たような審査が実施される

以上の理由により、りそな銀行りそなプレミアムフリーローンは審査に通りやすくなります。

りそな銀行りそなプレミアムフリーローンは、審査基準がそもそも厳しい傾向ではありません。

また、金利の設定次第では審査基準が甘くなる場合もあるため、審査を通過できる可能性はそれなりに高くなっています。

ここからはりそな銀行りそなプレミアムフリーローンが審査に通りやすい理由を説明します。

高い金利に設定できる

りそな銀行りそなプレミアムフリーローンでは、4つの金利から審査結果によって適用される数字が決まります。

その数字は以下の通りです。

  • 6.0%
  • 9.0%
  • 12.0%
  • 14.0%

以上の金利のどれかが設定されます。

実は借入額を下げるなどの対応を取れば、一番高い金利を適用させられるのです。

また、金利が高くなれば、それだけ審査基準が甘くなり、りそな銀行りそなプレミアムフリーローンの審査を通りやすくなります。

金利を高くして、あえて審査を通過しやすい方針を取るのもいい方法でしょう。

カードローンと似たような審査が実施される

りそな銀行りそなプレミアムフリーローンは、カードローンと似たような審査を実施する傾向があります。

厳密にはカードローンと異なる審査基準を設けていますが、金利などの設定がカードローンと似ており、同じような感じの審査が実施されます。

その影響により、りそな銀行りそなプレミアムフリーローンはカードローンを使えるようなら審査を通過できてしまうのです。

りそな銀行が提供しているカードローンの審査を通過できる人、他社でもかなり金利の低いカードローンを使える人は、審査通過の可能性はかなり高くなるでしょう。

りそな銀行りそなプレミアムフリーローンのおすすめな使い方

住宅ローンと併用にして利用すると、低金利で借りられるようになります。

住宅ローンを使うと、0.5%の金利引き下げが受けられるのです。

また、住宅ローンの返済がしっかりできていると、それだけで信用度が高まり、審査を通過しやすくなります。

りそな銀行りそなプレミアムフリーローンは、住宅ローンを使っている人にはおすすめのローンでしょう。

なお、りそな銀行以外の住宅ローンでは金利の引き下げは適用されない点に注意してください。

第5位 三井住友銀行フリーローン無担保型

メガバンクの三井住友銀行ですが、フリーローンの無担保型は審査基準が甘めです。

担保がない分だけ借りられる額は制限され、金利が高く設定されるため、審査基準が担保を必要とするものより甘くなるのです。

三井住友銀行フリーローンの基本情報

借入額 10万円~500万円
金利 6.0%~14.0%(固定金利)
契約期間 1年~10年
金利の引き下げ 店頭・ネット
申込方法 ネット
担保・保証人 不要

大きな借入額は期待できませんが、低金利で借りられる商品です。

ただ、金利は変動しているため、見直しのタイミングで更に金利が高くなる可能性もあります。

契約期間が長めに設定されている部分は、ゆっくりと返済できるメリットに繋がります。

ただ、あまりにも長く借りていると、利息が多くなる点には気を付けておきましょう。

三井住友銀行フリーローンの審査に通りやすい理由

三井住友銀行フリーローンが審査に通りやすい理由は以下の通りです。

  • 借入額が低い
  • メガバンクにしては条件が甘い

以上の理由により、三井住友銀行フリーローンは審査に通りやすくなります。

借入額がメガバンクのフリーローンではあまり高くないため、多くの借入を希望しなければ審査基準は甘くなります。

また、フリーローンを利用する条件が甘くなっており、条件をクリアすれば少額の借入は実施しやすい傾向があります。

ここからは三井住友銀行フリーローンが審査に通りやすい理由を説明します。

借入額が低い

三井住友銀行フリーローンは、メガバンクのフリーローンとしては借入額の上限が低く、大きな借入ができません。

借入額を下げられる点は、審査基準が甘くなる点に繋がっています。

大きな借入を必要としている場合は使いづらいものの、少額の借入でもいいなら三井住友銀行フリーローンを使うといいでしょう。

メガバンクにしては条件が甘い

三井住友銀行フリーローンは、メガバンクにしては申込条件が甘く設定されています。

特に年収の項目が200万円以上とされているのは、フリーローンの収入基準としては甘めとなっています。

あまり多くの収入を持っていない人でも、三井住友銀行フリーローンを利用できる可能性があります。

他社で収入が原因でフリーローンを使えない人には、狙いやすい商品と言えるでしょう。

三井住友銀行フリーローンのおすすめな使い方

三井住友銀行フリーローンは、引っ越しなどの費用として使うのがおすすめです。

引っ越し費用はかなりかさむ場合もありますが、三井住友銀行フリーローンのように低金利で借りられる会社であれば、返済の負担は小さくなります。

また、少額の借入で引っ越し費用を確保できる場合があるため、三井住友銀行フリーローンのように少ない借入が可能な商品は使いやすいのです。

大掛かりな借入には少し向いていない商品ですが、身近なサービスを利用する時の資金確保としては使いやすいでしょう。

フリーローンの審査を通過するためのポイント

スルガ銀行カードローン解約-ポイントを指す女性

フリーローンの審査を確実に通過したいと考える人は、以下のポイントを押さえましょう。

  • 安定した収入を確保する
  • 過去に返済遅延等を起こさない
  • 契約までの手順をしっかり履行する
  • 年齢制限を満たす
  • フリーローンを提供する金融機関とトラブルを起こしていない

以上のポイントをしっかりと満たしておけば、審査を通過しやすくなります。

特に安定した収入は重要な項目ですので、確実に確保してください。

ここからはフリーローンを審査で必要なポイントを説明します。

安定した収入を確保する

安定した収入を確保しなければ、フリーローンの審査は通過できません。

昨年度の年収も重要な項目ですが、同時に安定して収入を受け取っているという条件をしっかり満たすようにしてください。

月々の収入がしっかり確保されていない場合、返済されないと判断され、審査に落とされる可能性はかなり高くなります。

確実に審査を通過したいと考えているなら、毎月の収入をしっかり確保し、信頼できる返済能力が示しましょう。

過去に返済遅延等を起こさない

過去に返済遅延を起こしていると、信用情報が悪化して審査に落とされてしまいます。

信用情報は審査を通過する際に重要な項目ですので、この情報を悪化させる問題は避けてください。

返済の遅延を起こしている場合は、その情報が削除されるまで審査を受けないように心がけましょう。

なお、無理をして審査を受けた場合、ブラック扱いとして処理される可能性もあります。

契約までの手順をしっかり履行する

契約までに必要な手順をしっかり守ってください。

特に審査完了後から契約までの間が重要です。

書類を提出していない場合はもちろんのこと、契約のために来店しなければならない状況で来店しなかった場合は審査に落とされてしまいます。

契約までの手順をしっかり守り、確実に契約するように心がけてください。

年齢制限を満たす

年齢制限をクリアできていないと審査に落とされてしまいます。

20歳以上になるまでフリーローンは使えない点に気を付けてください。

また、フリーローンは年齢の上限が決められています。

上限の年齢に達していないか、慎重に確認してから審査を受けましょう。

フリーローンを提供する金融機関とトラブルを起こしていない

フリーローンを提供する金融機関は、その人が過去に利用しているサービスなどを記録し、問題が起こっていないか判断しています。

過去に問題を起こしており、金融機関から信用されていない場合、審査に落とされてしまいます。

過去に借入等を実施し、問題を起こしている人は審査を受けないほうがいいかもしれません。

なお、過去の問題はある程度の期間が経過すると削除され、審査への影響がなくなります。

フリーローンの審査を通過しやすくするコツ

フリーローンの審査をどうしても通過したい人は、以下のコツを利用してみましょう。

  • できる限り収入を増やす
  • 適切な借入額に調整する
  • 提出が必要な書類を先に準備する
  • 過去の信用情報を確認する
  • 銀行のサービスを利用して信用を作る
  • 用途を明確にする
  • 地方のフリーローンを検討する

以上の方法を使えば、審査を通過しやすくなります。

できる限り信用を得られるような対策を取っておきましょう。

ここからはフリーローンの審査を通過するコツを説明します。

できる限り収入を増やす

できる限り収入を増やし、返済能力を確保するように心がけてください。

収入が不足していると審査に落とされやすくなるため、自分ができる限りで収入を増やし、返済能力を増やすようにするのです。

多少の収入アップでも、審査を通過できる場合があります。

まずは収入の確保に全力を上げるようにしましょう。

適切な借入額に調整する

借入額を調整し、あまり多くの借入をしないように変更します。

大きな借入の審査は厳しいものの、少額の借入だと審査基準は甘くなる場合もあります。

あまり多くの借入をしないよう、借入額についてはしっかりと考えておきましょう。

提出が必要な書類を先に準備する

提出が必要となる書類は、先に準備してすぐに提出できるようにしましょう。

特に身分証明書と収入証明書の2つは絶対に用意してください。

提出が遅れたために、審査に落とされるという問題を避けられるようになります。

また、融資までの時間が短縮されるため、希望していたタイミングで借りられるようになります。

過去の信用情報を確認する

過去の信用情報を念のため確認してください。

信用情報に問題があると審査に落とされてしまいます。

お金を払ってでも、自分の情報を確認してから審査を受けましょう。

なお、確認した信用情報に問題がある場合は、フリーローンの審査を受けないほうがいいでしょう。

銀行のサービスを利用して信用を作る

銀行のサービスを利用すると、信用を得られやすくなります。

信用を増やせば、厳しい条件で審査を受ける際、優遇される場合もあります。

特に他のローンを利用した実績等があると、審査を通過しやすくなります。

できる限り銀行のサービスを使い、信用できる人だとアピールするように心がけましょう。

用途を明確にする

フリーローンの用途を明確にしてください。

明確にできないと審査に落とされやすくなってしまいます。

審査を通過したいなら、どの目的で利用するかしっかりと説明してください。

地方のフリーローンを検討する

メガバンクのフリーローンは審査基準がやや厳しい傾向にあります。

一方で地方銀行のフリーローンは審査基準が甘いものもあります。

中には低金利ではあるものの、審査基準が甘くなっているフリーローンも存在します。

地域限定で提供しているフリーローンなども検討し、審査を通過しやすくするといいでしょう。

フリーローンの審査を受ける際に気を付けるポイント

フリーローンの審査を受ける際、以下の項目には気を付けてください。

  • 地域限定のフリーローンが存在する
  • フリーローンで禁止されている用途を確認する
  • 1回しか借りられないので計画を立てる
  • 契約時に来店が必要な場合を考える
  • 融資を受けるまでにかかる時間を確認する

以上の項目を無視していると、審査への影響や借入時の問題が起こりやすくなります。

また、申込みすらできない可能性がありますので、慎重に確認作業を取ってください。

ここからはフリーローンの審査を受ける際の注意点を説明します。

地域限定のフリーローンが存在する

フリーローンの中には、申し込める地域が限定されているところもあります。

地域が限定されている場合、対象外の地域の申込は認められません。

仮に申込みができたとしても、審査ですぐに落とされてしまいます。

審査落ちを繰り返した結果、信用情報が悪化する場合もあります。

申込みができないフリーローンへは申し込まないでください。

フリーローンで禁止されている用途を確認する

フリーローンでは禁じされている用途があります。

主に投機目的での借入、事業用資金としての借入は絶対に認められません。

これらの目的で申込むと絶対に審査落ちとなるため注意してください。

また、虚偽の記載でごまかしてもバレてしまいます。

嘘をついてまで不適切な借入をしないように気を付けてください。

1回しか借りられないので計画を立てる

フリーローンは1回しか借りられません。

2回目以降の借入は再びローンの申し込みが必要となります。

1度の借入で大きな金額が振り込まれますので、借りた金額をどのように使うか慎重に考えてください。

計画を立ててから融資を受けるように心がけるといいでしょう。

契約時に来店が必要な場合を考える

フリーローンでは来店契約が必要となる場合が多く、来店する時間を確保しなければなりません。

銀行では、土日祝日を休業日としており、来店しても契約できないケースが多くなっています。

平日に休みを確保できるか慎重に考えたうえで、フリーローンの審査を受けるといいでしょう。

なお、ネット契約のできるフリーローンが近年増加しています。

どうしても来店できない時はネット契約のフリーローンを考えてください。

融資を受けるまでにかかる時間を確認する

融資を受けるまでに必要な時間を計算し、どのタイミングで審査を受けるのがいいか考えてください。

審査を受けるタイミングを間違えてしまうと、予定していた日程で借りられない場合があります。

借入が必要な日程を理解し、早めに申込むように心がけてください。

また、審査にかかる時間が長引かないように、素早く手続き等を済ませる対策も検討してください。

フリーローンの審査に落ちてしまったときの対処方法

フリーローンの審査に落ちてしまっても、お金が必要だという方がほとんどですよね。

お金が必要なのに、お金を借りられないと困ってしまいます。

そうなった場合には、フリーローンの審査に落ちてしまったら、カードローンを利用してみましょう。

カードローンは、保証人や担保の必要がないので、気軽に借りることができます。

専用のローンカードを発行して、ATMから現金を借りるのが一般的です。

ただ、フリーローンとカードローンの違いが分からないという方もいらっしゃると思うので、それについても解説します。

フリーローンとカードローンの違い

フリーローンとカードローンの違いは以下の通りです。

フリーローン カードローン
カードを発行するかしないか 発行しない 発行する
金利の差 比較的低い 比較的高い
貸付方法 振込のみ ATM対応
審査基準 幅広い審査で厳しい 収入と仕事が確認できればよく、審査が甘い
扱っている会社 基本的に銀行のみ 消費者金融など
融資を受けるまでの時間 時間がかかる 即日にも対応

このような違いがあります。

金利の面でいえば、カードローンの方が高くなってしまいますが、カードローンの審査基準の方が易しいです。

金利を考えてフリーローンを利用するか、どうしてもお金が必要でカードローンを利用するか、考えてみましょう。

興味がある方は、以下の記事を参考にしてください。

フリーローンとカードローンは何が違う?用途ごとに使うべき商品を比較!
カードローンとフリーローンは、同じように見えて実は違うものです。 商品の違いを理解して、どちらを利用すべきかしっかりと判断しておきましょう。 特に適した用途という部分を知っておかないと、間違った使い方をするので気を付けてください...

おすすめのカードローン

フリーローンとカードローンの違いを説明しただけでは、どのカードローンを利用していいかわからないですよね。

ここでは、おすすめのカードローンについて解説します。

おすすめのカードローンは以下の通りです。

  • プロミス
  • アコム
  • アイフル

プロミス、アコム、アイフルのカードローンをおすすめする理由についても解説しますね。

  • 30日間無利息サービスがある
  • WEB申し込みができる
  • 即日融資に対応している

このようなおすすめポイントがあります。

即日融資にも対応しているので、急にお金が必要になった時にも便利ですね!

そのほかにも、カードローンをおすすめしているので、興味がある方は以下の記事を参考にしてください。

おすすめカードローン!2020年の人気を徹底解説【消費者金融&銀行カードローン】
カードローンは、最初の設定をした限度額内であれば好きなタイミングでお金を借りることができます。 しかし最近は消費者金融や銀行カードローンなど、様々な商品があふれており、結局どのカードローンがおススメなのかわかりませんよね。 そこ...

フリーローンは通りやすい会社もある!

フリーローンは提供する銀行により、審査基準が変わります。

少しでも審査を通過しやすい銀行を狙い、確実に借りられるようにするといいでしょう。

また、審査の際は信用を高められるように、収入や過去の利用状況などを改善させるといいでしょう。

時間をかけてフリーローンを比較し、自分の情報を改善させられれば、審査を通過できる可能性は高くなるのです。

また、フリーローンの審査に通らなかったとしても、カードローンを利用すればお金を借りることができます。

金利は高くなってしまいますが、どうしてもお金が必要という方は利用してみましょう!

審査が甘いフリーローンはあるのか?審査落ちの対処法も解説!
フリーローンを利用するとき、できれば審査に落ちることなく突破したいですよね。 そのため確実に審査に通過できるように、審査の甘いフリーローンを探すかと思います。 一般的には住宅ローンや医療ローンなど、そのローンの利用の目的が決まっ...