審査通過率の高い消費者金融とは?審査を早めるコツもご紹介!

消費者金融,審査 お金を借りる

審査を受けて無事に審査を通過しないとその申し込んだ消費者金融や銀行などのキャッシングサービスを利用することはできません。

あなたがいまどれくらいお金に困っているのだとしても、お金を借り入れてそのお金で行動を起こそうと思っておりその予定を立てていたとしても、その予定はご破算なのです…。

今からあなたは消費者金融や銀行に申し込もうと考えているとしたら、審査にかかる時間審査の基準など様々な要素を考えながら申し込むことを考えなくてはいけないのです。

今回は審査基準の比較的優しい業者を紹介します。

自分の信用情報に自信がない方、パート、アルバイトとして日々働いている方や、その他経済状況に自信がない方も多いでしょうから、比較的審査通過率の高い業者を選んで申し込みを行うようにしてください。

アコム
アコム
おすすめポイント
  • はじめての方は30日間無利息!
  • 最短30分での審査回答が可!
  • 借入が可能かスグ分かる「3秒診断」機能あり
実質年率
3.0%~18.0%
限度額
1~800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短即日
公式サイトはこちら
  1. 即日振込の審査も普通のキャッシングと一緒
  2. 消費者金融は即日審査・即日融資できる
  3. 消費者金融の審査基準は?
    1. 申し込み条件を満たしているか
    2. 収入の状況
    3. 勤務先の状況
    4. 借入の状況
  4. 消費者金融の審査は甘い?
  5. 消費者金融の審査の流れ
    1. STEP1:申し込み
    2. STEP2:仮審査
    3. STEP3:必要書類提出
    4. STEP4:本審査
    5. STEP5:融資
  6. 消費者金融の審査で必要になる書類
    1. 本人確認書類は必須
    2. 50万円以上なら収入証明書類も
    3. 在籍確認を書類で行うパターンも
  7. 消費者金融の審査にかかる時間
    1. 早く審査結果を出すようにするコツは?
  8. 審査時に通過するコツは?
    1. 返済遅延は絶対しない
    2. 借入希望金額は最低限に
    3. 金融トラブルは起こさない
    4. 不要なクレジットカードは解約
    5. 収入をできるだけ増やす
    6. 申し込みは1つに絞る
    7. 嘘をつかない
  9. 早く審査結果を出すようにするコツは?
  10. 増額時にも審査がある
    1. 申し込み時の審査との違いは?
  11. 消費者金融の審査に落ちる理由
    1. 申し込み条件を満たしていない
    2. 嘘をついている
    3. 過去に何度も返済遅延をしている
    4. 収入が安定していない
    5. 他社借入が多い
  12. 消費者金融の審査に落ちてしまったら?
    1. クレジットカードのキャッシング枠
    2. おまとめローン
    3. 家族や友人を頼る
    4. 法的手段
    5. ほかの消費者金融を検討する
  13. 審査が甘いと誘惑してくる闇金には要注意
    1. 闇金に引っかかってしまったら?
  14. 即日審査のおすすめ消費者金融
    1. アコム
    2. プロミス
    3. アイフル
    4. SMBCモビット
    5. レイクALSA
  15. 中小消費者金融ならさらに高い審査通過率

即日振込の審査も普通のキャッシングと一緒

即日振込の審査でも、高い返済能力と信用度が必要になってきます。

どのようなものに気をつけたらいいかというと、キャッシング履歴と借り入れ件数、勤続状況です。
この3点が主に審査で重点的に見られるポイントなので、注目しておきましょう。

キャッシング履歴は過去の借り入れにおいて返済の延滞がなかったか、または債務整理などの事故を起こしていないかが重要になってきます。

また借り入れ件数は、なるべく0に近い方がよく、4件を超えていると審査に通らないと言われています。

そして勤続状況は、勤続年数が2年以上であり、年収がなるべく高く、公務員などの安定した職業についている方が通りやすいといわれています。

普通のカードローンの審査とそんなに変わらないですが、このような点に注目しておいてください。

消費者金融は即日審査・即日融資できる

なぜかというと、ここ数年で、資格や対象の敷居を下げている銀行や大手消費者金融が増えてきています。

アルバイトやパート、くわえて学生の方でも即日振込でキャッシングを利用できるようになりつつあります。

もちろん安定した収入などの条件はついていますが、初めての利用や審査が不安な方は、そういったところから利用してみてはいかがでしょうか。

一度利用した情報が信用できる履歴であれば、2回目以降の審査に好印象を与えることができるでしょう。

消費者金融の審査基準は?

消費者金融の審査基準は公表されていません。

また業者によって審査基準は異なります。

ここでは基本的な審査基準をご紹介します。

最低限注意しておきたい基準を把握しておきましょう。

申し込み条件を満たしているか

消費者金融は各々申し込み条件を設定しています。

審査以前に、最低限クリアすべきラインというわけですね。

まずこの申し込み条件を満たしていなければ、利用することはできません。

年齢や定期的な収入があるかどうかなど、事前に条件を満たしているかどうか確認しておきましょう。

収入の状況

審査では相手が返済できるかどうかがみられます。

返済できるだけの収入があるかどうかは、審査において重要なポイント。

またいくらまで借りられるかも、収入によって大きく左右されます。

消費者金融では、年収の1/3以上は借りられない「総量規制」の壁が存在します。

そもそも年収の1/3以上は法律的に借りられないことは覚えておきましょう。

勤務先の状況

勤務先も審査の対象です。

勤務形態はどうか、企業の規模はどれくらいか、審査されます。

審査に通るためには、できるだけ良い勤務先である必要があります。

勤続年数も重要ですから、収入が安定していることを提示できると良いですね。

借入の状況

他社の借入状況も審査されます。

すでに借金が100万円あるのとないのとでは、毎月の返済能力には大きな違いがありますよね。

消費者金融としても、他社借入が多すぎないかどうかを審査する必要があるのです。

カードローンだけでなく、住宅ローンやカーローンなども含まれます。

消費者金融の審査は甘い?

即日振込だからこそ、金融業者はご利用される方をしっかりと見ています。

彼らの仕事はお金を貸して終わりではありません。

貸して、元金と利息を返済してもらうまでが1サイクルです。

ですから、返済をきちんとされる方を求めています。

借り逃げや法的手続きを行ったことのある方は、彼らにとってリスクの高い相手になるので、そういった過去の情報も確認しています。

消費者金融の審査の流れ

消費者金融に申し込み、審査が行われて契約するまでの流れをまとめました。

途中でつまづくことのないよう、事前に流れを把握しておきましょう。

消費者金融の審査の流れ
  1. 申し込み
  2. 仮審査
  3. 必要書類提出
  4. 本審査
  5. 融資

STEP1:申し込み

消費者金融の多くが、PCやスマートフォンから申し込めます。

申し込みは24時間いつでもできるのが一般的ですから、自分の好きなタイミングで申し込みましょう。

氏名や勤務先などの情報を入力すれば申し込みは完了です。

電話や窓口でも申し込めますよ。

STEP2:仮審査

申し込みが完了すると、仮審査が行われます。

仮審査は最短30分で終わりますから、結果が出たら次の手続きに進みましょう。

万が一仮審査に通過できなければ、他のローンや手段を検討する必要があります。

仮審査の結果はメールや電話で通知されますから、見逃さないようにしましょう。

STEP3:必要書類提出

カードローンを利用するうえで、必要になる書類を提出しましょう。

本人確認書類は必須、収入証明書類は条件次第で提出が求められます。

すぐに対応できるよう、申し込む前に準備しておきましょう。

多くの消費者金融が、WEBから書類提出できるようになっているため手間はかかりません。

STEP4:本審査

提出された書類をもとに、本審査が行われます。

本審査に通過すれば、晴れて契約できるわけですね。

消費者金融なら、本審査も最短即日です。

急いでいる場合は、電話をかけて「急いでいる」ことを伝えましょう。

STEP5:融資

契約手続きを済ませたら、融資スタートです。

消費者金融のカードローンは、基本的に上限額内であれば好きな額を引き出したり返済できたりします。

融資してもらうことがゴールではありませんから、完済することを視野に入れて計画的に利用しましょう。

むやみな借り入れはNGです。

消費者金融の審査で必要になる書類

審査をスムーズにクリアするためにも、書類を事前に用意しておきましょう。

消費者金融の審査で必要になる書類をまとめました。

本人確認書類は必須

本人確認書類は必ず提出する必要があります。

提出出来る本人確認書類は以下の通りです。

  • 運転免許証
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 各種保険証
  • パスポート等

顔写真がない書類の場合、いくつか組み合わせて提出しなければなりません。

50万円以上なら収入証明書類も

借入額が50万円以上の場合、収入証明書類の提出も求められます。

収入証明書類は以下の通り。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 給与明細書
  • 確定申告書
  • 所得証明書

他社借入との合計額が100万円を超える場合にも提出が必要となるため注意してください。

在籍確認を書類で行うパターンも

審査の際、職場への在籍確認が行われます。

基本的には電話で在籍確認が一般的な流れです。

とはいえ、消費者金融によっては書類での在籍確認に対応しているところもあります。

その場合職場がわかる書類を別途で提出することとなります。

消費者金融の審査にかかる時間

消費者金融の審査は、それぞれ「スコアリングシステム」によって行われています。

入力された情報を元にスコアがつけられ、その点数によって融資OKかどうかが決まるシステムです。

短時間で審査結果を出せるのが強みであり、最短30分ほどで結果がわかります。

混雑状況によっては時間がかかることもあるため、早めに申し込むようにしましょう。

いつまでたっても審査結果が届かない場合は、通知を見落としている可能性があります。

一度問い合わせてみましょう。

早く審査結果を出すようにするコツは?

審査が混雑しない、午前中のうちに申し込むようにしましょう。

また申し込み直後に電話で問い合わせ、急いでいることを伝えれば審査を優先的に行ってくれる可能性があります。

電話をすることによって審査に影響が出るわけではありませんから、できることはしておきましょう。

審査では在籍確認も行われるため、職場での対応ができる時間帯かどうかも注意が必要です。

審査時に通過するコツは?

審査に落ちてしまえば、消費者金融は利用できません。

出来るだけ通過する確率を高くするためにも、審査通過のコツを掴んでおきましょう。

審査時に通過するコツは?
  • 返済遅延は絶対しない
  • 借入希望金額は最低限に
  • 金融トラブルは起こさない
  • 不要なクレジットカードは解約
  • 収入をできるだけ増やす
  • 申し込みは1つに絞る
  • 嘘をつかない

返済遅延は絶対しない

審査でみられるのは、申込者の返済能力の高さです。

返済できると判断されれば審査には通りやすくなります。

そのうえで、過去に何度も返済遅延をしていると審査には悪影響を与えてしまいます。

消費者金融からすれば「うちでも返済遅延するんじゃないか」と警戒するわけですね。

絶対に返済や支払いの遅延はしないよう、日ごろから心がけておきましょう。

借入希望金額は最低限に

審査に通るためには、いくら借り入れを希望するかも重要です。

1000万円借りたい相手と、100万円借りたい相手では、消費者金融側のリスクは大きく異なります。

消費者金融からしてみれば、1000万円借りたがっている相手のほうが慎重に審査をする必要があるわけです。

もちろん借りる金額が多いということは、返済の負担も大きいわけですから審査も厳しくなります。

申し込みの際は、必要最低限の金額を希望するようにしましょう。

そもそも必要以上に借りても、無駄に利息が発生するだけですよ。

金融トラブルは起こさない

金融トラブルを過去に起こしていれば、審査に通りづらくなってしまいます。

信用情報に記録されているため、隠すことはできません。

とはいえ、長くても10年経てば信用情報は消えるため、金融トラブルを起こしたという情報はなくなります。

自分のステータスを悪化させないためにも、出来る限り金融トラブルを起こさないようにしましょう。

不要なクレジットカードは解約

不要なクレジットカードやローンは解約しましょう。

多くの金融商品を契約していると、それだけお金を借りたりする可能性が広がっていきます。

審査のうえで、他のところからもお金を借りれる状況にある場合、それも踏まえて返済能力が図られてしまうことに。

実際のところ使っていないのに、使用前提で審査されてしまうかもしれないため解約すべきなのです。

収入をできるだけ増やす

収入が多ければ多いほど、審査には有利です。

出来るだけ収入を増やした状態で申し込むようにしましょう。

今後年収があがるタイミングが近いなら、あがってから申し込む。

副業で収入を増やすのも良いでしょう。

申し込みは1つに絞る

審査に落ちた時に備えて、複数の消費者金融に一度に申し込む方がいます。

確かに保険をかけているようで安心できそうですが、申し込みすぎると逆効果に。

「こんなにたくさんのところからお金を借りようとしている」と警戒されてしまいかねないのです。

申し込みは1つに絞って申し込みましょう。

嘘をつかない

審査時に気を付けるポイントは、正直に書くことです。

年収を330万円→350万円と書いたり、勤続年数を1年10ヶ月→2年と書いたりするのは、この程度でしたら問題ありません。

しかし、収入証明書の提出がある場合には内容と一致していないと審査に落ちますので気をつけましょう。

他に、キャッシングなどで金融業者を現在も利用されている方は、その借入分を返済し終わってから申し込むと印象が良いでしょう。

早く審査結果を出すようにするコツは?

また、即日振込を行えるようにするためには、審査結果を早く出せるようにしておかなければなりません。

心理的にも、早くでたほうが安心できますよね。

実はそこにもコツがあって、基本的に借り入れ希望金額を少なめにしておけば大丈夫なんだそうです。

これを行うことで「このくらいの金額なら貸し出しても大丈夫だろう」と思われ、すぐに通過の結果が来てそのまま即日振込に至るんだそうです。

どうしても早くお金を手に入れたいと思っている方は、このような方法を試してみるのもいいでしょう。

増額時にも審査がある

カードローンを契約した後にも、審査のタイミングがやってくることもあります。

それは「増額を申請した時」です。

上限金額をあげたい時、審査に通過しなければ増額は認められません。

増額審査を通過して初めて、より借りられるようになるわけですね。

申し込み時の審査との違いは?

基本的には審査の違いはありません。

とはいえ、他社の借り入れが増えたりしていれば審査に通る可能性は低くなります。

またより借りたい=返済の負担がさらに重くなるので、誰でも審査に通るわけではありません。

すでに負債があるステータスで審査を受けるわけですから、落ちる可能性は高くなってしまうわけですね。

消費者金融の審査に落ちる理由

誰でも審査に通るわけではありません。

半分以上は審査に落ちるため、きちんと準備をしてから申し込む必要があります。

どうして審査に落ちてしまうのか、その原因は以下の通りです。

審査に落ちる理由
  • 申し込み条件を満たしていない
  • 嘘をついている
  • 過去に何度も返済遅延をしている
  • 収入が安定していない
  • 他社借入が多い

申し込み条件を満たしていない

そもそも、消費者金融のカードローンは誰でも申し込めるわけではありません。

各社申し込み条件を定めており、条件を満たしている人のみが申し込めます。

特に注意したいのが年齢と収入。

アルバイトやパートは不可としているところもありますし、地方銀行の場合営業区域内に住んでいるか勤務していなければ申し込むことはできません。

嘘をついている

申し込む時、さまざまな情報を入力することとなります。

そこで嘘の情報を入力していれば、当然審査には通りません。

年収を少し多めに申請しないようにしましょう。

正しい情報を入力して審査に通過してくださいね。

嘘がバレなかったとしても、契約後にバレれば一括返済を求められ苦しむことになるかもしれません。

過去に何度も返済遅延をしている

カードローンの審査では信用情報がチェックされます。

信用情報とはローンやクレジットカードなどお金に関する取引情報のこと。

つまり他のローンで何度も返済延滞していれば、審査に悪影響を及ぼしかねません。

消費者金融からしても、過去に何度も返済遅延を起こす人に貸したくはありませんよね。

日頃から返済が遅れないよう意識しておきましょう。

収入が安定していない

申し込み条件によく書かれているのが、「安定した収入がある人」というもの。

お金を借りる以上、毎月返済を進めていかなくてはなりませんよね。

決まった金額を返済していくため、収入が今月は少なくて返済できないなんて事態は避けなければなりません。

毎月の収入が安定していなければ、審査には落ちてしまいます。

他社借入が多い

他社からの借り入れが多ければ、審査に通るのは難しくなります。

すでに借金を抱えているわけですから、それ以上増えても返済に問題はないか警戒されてしまうわけですね。

審査では返済能力の高さがみられます。

いくら返済能力が高くても、それと同じくらいのローンがすでにあれば新規での借り入れは不可能です。

さらに消費者金融の場合、総量規制の壁があることも把握しておかなくてはなりません。

年収の1/3以上は借りられないと法律で定められているのです。

他社のローンも含めて計算されますから、そもそも自分があといくら借りられるのかは即考えて申し込む必要があります。

他社借入件数が多い方は、おまとめローンでまとめることをオススメします。

消費者金融の審査に落ちてしまったら?

消費者金融の審査に落ちてしまった場合はどうすればいいのでしょうか。

1人で悩んでいても事態は進展しません。

審査に落ちた時の対処法をご紹介します。

クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカードでも、お金を借りることはできます。

キャッシング枠を申請しておく必要があるため、枠がない方は申請しましょう。

審査に通る必要はありますが、通ればキャッシング枠を利用できます。

借りすぎには注意しましょう。

おまとめローン

おまとめローンは、複数のローンをまとめて返済負担を軽くする金融商品です。

他にカードローンを複数利用している方は、おまとめローンを使って他社借入件数を減らしましょう。

より低い金利かつ返済管理も楽になるため、ぜひともまとめておきたいですね。

他社の借り入れをできるだけ軽くしたうえで、再チャレンジしましょう。

家族や友人を頼る

頼れる家族や友人がいるのなら、お金を借りれないか確認してみましょう。

お金の問題は人間関係を壊しかねませんから、頼み方はよく考える必要があります。

場合によっては、自分で借用書を用意しておく必要もあるでしょう。

借りたお金は必ず返すようにしてくださいね。

法的手段

頼れるところがないなら、法的手段も1つの手です。

債務整理によって、借金を減額したり0にできる可能性があります。

自力で債務整理をやることは難しいですから、専門家に相談しましょう。

最終手段として覚えておいてくださいね。

ほかの消費者金融を検討する

そもそも他の消費者金融の審査であれば通過する可能性もあります。

まだ申し込んでいない消費者金融を検討してみましょう。

いきなり申し込むのではなく、前回なぜ審査通過しなかったのかを考え改善したうえで申し込むようにしてください。

同じステータスでは、また審査に落ちてしまう可能性が高いです。

審査が甘いと誘惑してくる闇金には要注意

業者の中には、違法な高金利でお金を貸し付けようとしてくる闇金も存在します。

違法業者に関われば、お金をむしり取られてしまうことに。

絶対に闇金には関わらないようにしましょう。

少しでも不安を感じたら、貸金業者の登録番号を調べてみて下さい。

金融庁で検索しても登録されていなければ、違法業者の可能性大です。

闇金に引っかかってしまったら?

万が一闇金に引っかかってしまった場合、すぐに専門家に相談してください。

1人で抱え込んではいけません。

警察や国民生活センター、法テラスなど相談窓口はたくさんあります。

取り返しがつかなくなる前に、すぐ相談してくださいね。

即日審査のおすすめ消費者金融

グレーゾーン金利や今より借金の取り立てにも国が寛容だった時代より審査基準はどこも厳しくなっているものの、やはり消費者金融の審査通過率は他のキャッシングにおける審査よりも高いです。

もしも他の審査に落ちてしまったとしても、消費者金融の審査なら通る可能性は十分あるということです。

即日審査に対応している、オススメの消費者金融をまとめてご紹介します。

アコム

アコム概要
商品名アコム
利用限度額1万円~800万円
金利3%~18%
担保・保証人不要
遅延損害金20.0%
必要書類運転免許証or顔写真付き身分証明書or保険証など

大手消費者金融のアコムのメリットはなんといっても高い知名度と、初めての利用に向けた30日間の無利息サービスがあるということ。

審査通過率も大手消費者金融の中では高い47.3%の数字になっています。

50%に届こうかという数字、そして最短30分で終わらせることができる優秀な審査対応は申し込む利用者側からするととても安心感のあるものです。

クレジットカード昨日が付いているACマスターカードなど、アコムに申し込むメリットは多いです。

プロミス

プロミス

プロミス概要
商品名プロミス
利用限度額500万円まで
金利4.5%~17.8%
担保・保証人不要
遅延損害金20.0%

プロミスの審査通過率は40.6%と、他の大手消費者金融と比べると少し低い数字になっています。

2014年と今年の審査通過率を比べると通過率が少し下がってしまっているのがこの順位の原因でしょう。

ですがプロミスの審査にも時間のかからない設定が組まれているだけでなく、初めての利用者に向けた30日間の無利息期間も用意されています。

振込キャッシングにも強いプロミスのキャッシングもかなりおすすめできます。

アイフル

アイフル概要
商品名アイフル
利用限度額1万円~800万円
金利3.0%~18.0%
担保・保証人不要
遅延損害金20.0%

今時珍しい銀行に頼らない経営を進める独立系の消費者金融。その独自の借入ノウハウが利用者の話題になっています。

女性専用のキャッシングサービス、レディースローンからおまとめ専用のローンもありますし、カードローンの審査も最短30分で終わらせることができます。

利用者の要望に応えてくれるサービスが整っている借りやすい消費者金融こそアイフルです。

SMBCモビット

モビット

SMBCモビット概要
商品名SMBCモビット
利用限度額1万円~800万円
金利3.0%~18.0%
担保・保証人不要
遅延損害金20.0%

SMBCモビットは、WEB完結で利用できる消費者金融です。

審査も融資も即日OK、簡易審査であれば10秒で結果がわかります。

またTポイントのサービスを利用できるところも大きなメリット。

返済でポイントが貯まるほか、貯まったポイントを返済に充てることもできます。

\ 10秒で簡易審査! /

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

レイクALSA

211101-レイクALSA

レイクALSA概要
商品名レイクALSA
利用限度額1万円以上~500万円以内
金利4.5%~18.0%
担保・保証人不要

レイクALSAは、21時までの契約手続き完了で当日中に振り込んでもらえます。

最短60分融資にも対応していますし、カードレスで使いやすさは抜群。

初めての利用であれば選べる無利息や、最短15秒で審査結果がわかる点も魅力的です。

即日融資のためにも、早め早めに申し込みたいですね。

\最短60分融資!/

中小消費者金融ならさらに高い審査通過率

ひと昔前より低くはなったもののおよそ申し込んだ人の半数は成約している大手消費者金融。

銀行カードローンの審査通過率ははっきりと提示されていないものの、およそ都市銀行カードローンのものが20%~30%と言われていることを考えるとかなり高い審査通過率です。

ですが厳しい銀行カードローンの審査に落ちてしまい、その後受けた大手消費者金融の審査にも落ちてしまった。

もう自分はどこからもお金を借り入れることができないのか…。

そんなことを思ってしまいがちですが、まださらに審査通過率の高い中小消費者金融に申し込むことを忘れています。

地方などで経営を進める規模の小さな消費者金融は多いです。

そういったところからのキャッシングはサービス面や安心感に乏しいと思ってしまいがちですが、最近の中小消費者金融はネットサービスにも手を伸ばしていますし、即日融資に対応している業者も増えています。

銀行や大手消費者金融の審査に落ちてしまったなら、ターゲットをこの少し規模の小さい地域に根づいた消費者金融からの借り入れに切り替えてみることをおすすめします。