消費者金融が住宅ローンに大きな影響を与える?原因や審査通過の対策も紹介

お金を借りる

住宅ローンは様々な視点で返済能力を確認し、最終的に貸し出せるかが決まります。

特に借金については慎重に判断される傾向にあり、他の借入を持っていると審査に通りづらくなります。

消費者金融の借金も同様の扱いを受けてしまうため、基本的に利用していると住宅ローンの審査に影響するものと判断してください。

ただ、住宅ローンを利用する際、消費者金融で借りている状態でも審査を通過できないわけではありません。

しっかりと借りられる条件などを確認し、住宅ローンの申し込みを考えましょう。

ここでは住宅ローンと消費者金融の関係性について説明します。

プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短1時間融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
公式サイトはこちら

消費者金融を利用していると住宅ローンの審査に影響する

消費者金融を利用した状態で住宅ローンの審査を受けた場合、審査に大きな影響を及ぼしてしまいます。

他社の借金を抱えているという部分で、本当に融資をしてもいいのか銀行側が不安に感じてしまい、審査に落とされる場合もあります。

また、返済能力がしっかり確保されていた場合でも、他にも借金をするのではないかと判断されて審査に落とされる傾向もあります。

1つの借入を持っているだけで、住宅ローンの審査に大きな影響を及ぼしてしまう場合があると判断しておきましょう。

ただ、あまり多くの借入がなければ、住宅ローンの審査への影響は最小限となります。

借入額が審査に影響しているものと判断し、あまり多くの借入を持っていない状態で審査を受けるなどの対応を考えましょう。

どうしても審査を通過したい住宅ローンがあるなら、審査前に消費者金融の完済も考えておきましょう。

消費者金融を利用すると住宅ローンの審査に影響する理由

消費者金融を利用した場合、住宅ローンの審査に落とされやすくなりますが、その理由は以下の通りです。

  • 他社借入によって返済能力が失われるため
  • 他にも借金をする可能性があるため
  • 収入と借金の割合を確認して危ないと判断されるため
  • 住宅ローンの審査は他社借入を厳しく見るため

以上の理由により、他社借入を持っている場合は審査に落とされやすくなります。

特に消費者金融を利用している場合、返済能力や返済できるかという部分に大きな影響があるため、審査に落とされる可能性が高まってしまいます。

返済できる能力をしっかり確保して、安心感を与えないと審査を通過できないものと判断しておきましょう。

ここからは消費者金融を利用すると、審査に落とされやすい理由について詳しく説明します。

他社借入によって返済能力が失われるため

一番の理由は、消費者金融の借入によって返済能力が足りなくなるからです。

他社借入を持っている状態で審査を受けると、消費者金融の返済と同時に住宅ローンの返済もしなければなりません。

しかし、消費者金融の返済で収入の一部を利用されるため、住宅ローンの返済がスムーズに進まないのではないかと判断されます。

この影響により、多くの収入を確保していない場合、住宅ローンの審査に落とされてしまうのです。

安定した収入を確保しても、住宅ローンの返済が毎月できないと思われる年収では、審査は厳しいものと判断しておきましょう。

どうしても住宅ローンを利用するなら、まずは消費者金融の借入を返済し、返済能力を最大限に持たせてください。

他にも借金をする可能性があるため

他社借入を持っている時点で、他にも借りるのではないかと判断される場合があります。

消費者金融で借りているお金以外にも、住宅ローンを利用して更にお金を借りようとする動きを取るかもしれないと判断され、審査に落とされるのです。

銀行としては、返済能力に影響する借入を持っているだけで、貸し出すと危険だと判断しています。

更に追加の借入等に手を出す可能性なども含めて、最終的に返済能力や信用性という部分で審査に落とす傾向があります。

こうした判断を受けてしまうため、消費者金融を利用している状態で審査を受けると通過できません。

確実に審査を通過するには他社借入をしていないクリーンな状態が大切です。

収入と借金の割合を確認して危ないと判断されるため

収入に対して借金の割合が多くなるため、返済されないリスクが高いと判断されてしまいます。

住宅ローンだけであれば、返済する能力を収入から判断しやすくなります。

一方で消費者金融と一緒に利用している場合、消費者金融の返済状況がわからないため、銀行側としては本当に信用できるかわかりません。

こうした安心して返済できる状況がしっかり生まれているか調べられないため、消費者金融を利用していると審査に落とされやすくなります。

ただ、大きな収入を持っていれば、消費者金融を利用しても審査に落とされないケースはあります。

その場合は相当な収入が必要とされるため、余程の余裕を持っていないと審査を通過するのは難しくなるでしょう。

住宅ローンの審査は他社借入を厳しく見るため

住宅ローンの審査は、他社借入を他の商品よりも厳しく見ている傾向があります。

銀行の借入で、一番基準が甘くされているのはカードローンです。

基本的にカードローンを利用する場合は、他社借入を含めて返済能力がどれくらいあるのか調べて、最終的に問題がなければ借りられるようにしています。

一方で住宅ローンの場合、返済されなければ大きな損害を受ける傾向が高く、銀行としては慎重に判断しています。

返済能力に多大な影響を及ぼす消費者金融の借入は、厳しく見ておかなければ完済する保証が得られないのです。

そのため銀行が一番審査基準を甘くしているカードローンと比較しても、消費者金融の借入が住宅ローンに与える影響は大きくなります。

審査を通過したいのであれば、基本的に他社借入を持たない状態で審査を受けたほうがいいでしょう。

消費者金融の借入が原因で審査に落とされる事例

消費者金融の借入が原因で審査落ちとなる事例は数多くありますが、特に影響を受けるのは以下の状態です。

  • 他社借入を申告しないで審査を受けた
  • 消費者金融の延滞をしていた
  • 消費者金融の多重債務が発覚した

上記の状態が見られた場合、審査に落とされる可能性はかなり高くなり、ほぼ審査を通過できません。

審査を通過したい人は、この状態が起こらないように気を付けておきましょう。

ここからは消費者金融の借入が原因で審査に落とされる事例を紹介します。

他社借入を申告しないで審査を受けた

他社借入を持っていたにもかかわらず、申込時に他社借入を申告しなかった場合、虚偽の申告による審査落ちを受けます。

他社借入に関連する情報は正しく申告しなければなりませんが、申込時に記載していないと正しい申告とはみなされません。

基本的に申込書類に記載されていない他社借入は、全て虚偽の申告による問題行為として扱われてしまうのです。

その結果、審査に落とされる可能性はかなり高くなります。

特に消費者金融の借入を多く持っていた場合、審査を通過できる可能性はかなり低くなってしまうのです。

どうしても審査を通過したいと考えているなら、他社借入をしっかり申告して審査を受けましょう。

消費者金融の延滞をしていた

消費者金融の借入をしっかり返済していない場合、審査を通過できません。

この問題は返済能力という部分でも影響しますが、信用情報でも厳しい扱いを受けてしまいます。

住宅ローンは信用情報がとても重要な部分であり、信用情報に問題があれば審査に落とされてしまいます。

審査を通過したいと考えているなら、他社借入の返済遅延や延滞は絶対に避けなければなりません。

1つでも信用情報で確認される場合、住宅ローンを利用させると返済されないと判断されてしまいます。

過去に利用している消費者金融の影響により、審査を通過できない可能性があることもしっかりと判断しておきましょう。

また、普段から借入についてはしっかりと返済するように心がけてください。

消費者金融の多重債務が発覚した

消費者金融の多重債務が発覚した場合、審査に落とされてしまいます。

この問題は返済能力がないと判断されてしまうほか、債務整理のリスクがかなり高いと考えられるためです。

多重債務は返済されない可能性が高く、途中で債務整理などに踏み切って借金を減額する措置を取る場合があります。

この債務整理をすると決まった場合、住宅ローンを借りている時は住宅ローンもその対象に入ってしまいます。

特に自己破産の決定を下されると、銀行側としてはお金をほとんど返してもらえないまま、住宅ローンの利用が終わってしまう危険な状態となります。

そのため債務整理などの影響を考慮し、審査を通過できないようにしています。

どのような借入でも、多重債務はかなり厳しいものと判断したほうがいいでしょう。

消費者金融で借りている際は返済比率をしっかり考えること

住宅ローンの審査を通過したいと考える時、一番重要なのは返済比率です。

返済比率がある程度高くなっていれば、消費者金融を使っていたとしても審査を通過できる傾向があります。

この数字を計算する時は、消費者金融の借入が年収に対してどれくらいの返済割合となっているか、確認しておかなければなりません。

年収に対して消費者金融の借入がかなり影響を与えていると、審査を通過するのは絶望的な状態だと判断しておきましょう。

また、返済比率は銀行ごとにどれくらいの数字に達していれば問題なしと判断されるか、数字が変わっている点に気を付けてください。

基本的には35%以上の数字を確保していれば、審査を通過できる可能性は高くなるでしょう。

ただ、中には40%以上の数字を求めている場合もありますので、銀行側の審査を確実に通過したいなら40%以上の返済比率を目指しましょう。

返済比率には消費者金融以外の借入も影響するので注意

返済比率を計算する際は、消費者金融以外の借入もしっかり計算に入れなければなりません。

他にも借入等があれば、合計して返済比率を算出し、35%以上の数字に達しているか確認しなければならないのです。

返済比率に影響を与える借入は以下の通りです。

  • 消費者金融の借入
  • 銀行カードローンの借入
  • クレジットカードのキャッシング枠
  • 携帯電話の分割払い
  • 通販の分割払い

以上の項目が主に該当します。

上記の利用があれば、追加で計算に加えなければなりません。

特に携帯電話の分割払いは、計算に入れていない人が多く、返済比率の計算を間違えてしまう傾向があります。

必ず返済比率を計算する際は、分割払いの支払いなども入れるように心がけてください。

全ての借入を合計し、自分の年収にどれくらいの割合で影響を与えているか見ておけば、返済比率による審査落ちを判断しやすくなるでしょう。

消費者金融を住宅ローンの審査に影響させないための方法

消費者金融の借入は住宅ローンに大きな影響を与えますが、様々な方法を利用すれば住宅ローン審査に影響を与えづらくなります。

代表的な方法としては以下の通りです。

  • 住宅ローンの審査前に消費者金融の借入を完済
  • 収入を増やして返済比率を高める
  • 信用情報を改善させる
  • できる限り借入額を抑える

以上の方法を利用すると、住宅ローンの審査を通過しやすくなります。

消費者金融を現時点で利用している場合はもちろんのこと、消費者金融を利用しようと考えている人は、上記の方法をしっかり検討するといいでしょう。

ここからは消費者金融の借入を住宅ローンに影響させない方法について詳しく説明します。

住宅ローンの審査前に消費者金融の借入を完済

住宅ローンの審査までに消費者金融の借入を返済し、利用していない状態とします。

これだけで消費者金融の借入は持っていないと判断されるため、審査への影響は最小限に抑えられます。

住宅ローンを確実に利用したいと考えているなら、消費者金融の借入は完済しておきましょう。

完済できるかどうかを事前に確認しておくと、この方法を取り入れやすくなるかもしれません。

もしかなり借入額が多いようであれば、無理をせず返済を進め、完済できるようになってから一括返済を実施するといいでしょう。

完済による影響は信用情報にもプラスとなりますので、より住宅ローンの審査を通過しやすくなります。

収入を増やして返済比率を高める

消費者金融の借入をすぐに返済できない場合、収入を増やして返済比率を高める方法もあります。

返済比率を高めておけば、消費者金融の借入を持っている状態でも審査を通過できます。

その際は返済比率を40%以上、できれば45%以上の数字に持っていくようにしてください。

45%以上の数字を持っていれば、基本的に消費者金融の借入でも返済には何も影響していないと判断されます。

返済に影響しない程度の借入であれば、問題なく審査を通過できるでしょう。

なお、返済比率が40%未満に達する場合、審査に落とされる可能性がかなり高くなってしまいます。

他社借入を持っている状態では、40%程度の返済比率は確実に確保しておきましょう。

信用情報を改善させる

信用情報の改善も一定の効果を得られます。

信用情報によって、本当に返済されるのかを判断する傾向が多い住宅ローンは、情報の改善によって審査を通過しやすくなるのです。

特に返済に関連する情報がしっかりと記載され、安定して返済が続いていると思われれば信用されるようになります。

信用されるような情報を数多く掲載させておき、審査時に不安を与えないようにする対策を取りましょう。

また、信用情報でも悪いとされる情報は確実に削除しなければなりません。

悪い情報が残っている際は、時間をおいて削除されるまで待ち、それから住宅ローンの審査を受けましょう。

なお、信用情報は個人でも確認できる項目です。

不安に感じているようなら、信用情報を確認してから住宅ローンの審査を受けるといいでしょう。

できる限り借入額を抑える

できる限り借入額を抑えて、住宅ローンの審査を通過する方法があります。

借入額を抑えるというのは、2つの意味があります。

1つは消費者金融の借入を抑えるという意味で考えます。

消費者金融の借入を持っている状態では審査を通過しづらいため、極限まで借入額を抑えて審査を通過しやすくするのです。

消費者金融で借りた金額が少なくなっていれば、返済比率が高くなるため審査を通過できる場合が多くなります。

まずは消費者金融で借りている金額を減らすように考え、審査を通過しやすくしましょう。

また、もう1つの借入額を抑えるというのは、住宅ローンの借入額を減らすという意味です。

住宅ローンの借入額を少し減らし、審査基準を下げるという方法もあるのです。

ただ、住宅ローンでの借入を下げると、住宅に必要なお金を確保できない可能性があります。

慎重に考えて借入額を減らす方法を考えてください。

どちらの方法を利用した場合でも、審査を通過できる可能性はそれなりに高くなります。

審査を通過したいものの、消費者金融の借入を持っている人は検討するといいでしょう。

一部の住宅ローンは消費者金融の借入だけで審査落ちの場合も

パソコンの前で頭を抱える男性

一部の住宅ローンでは、消費者金融から借りているだけで審査に落とされてしまいます。

地方銀行を中心に、消費者金融からお金を借りても審査に落とされず、返済能力などを考慮して最終判断を下すところは増えています。

しかし、メガバンクは消費者金融の借入を敵視しており、借りているだけで住宅ローンの審査に落とされてしまいます。

メガバンクの住宅ローンを利用する場合は、消費者金融の借入を絶対にしないように心がけてください。

少しでも借りている情報が残されていると、審査に大きな影響を与えるため気を付けておきましょう。

なお、メガバンクというのは以下の3つを指します。

  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行

以上の3つの銀行は、消費者金融の借入が残っていると審査落ちとなるため、慎重に審査を受けるように心がけてください。

キャッシングの借入枠を持っているだけでも審査落ちの可能性が

消費者金融から借りていると、メガバンクの住宅ローン審査に落とされてしまいますが、実は借入枠を持っているだけで審査落ちの可能性があります。

借入枠というのは、消費者金融と契約して得られた借りられる限度額のことです。

この限度額が残されていると、消費者金融から借りると判断されて審査に落とされてしまうのです。

審査を通過したいのであれば、消費者金融を解約するなどの対策を取りましょう。

解約しておけば借入枠も残らないため、メガバンクの住宅ローン審査も通過しやすくなります。

一方で消費者金融の解約をしたくない人は、地方銀行の住宅ローンを検討するなど、審査を通過しやすい会社へ切り替えたほうがいいでしょう。

消費者金融が住宅ローンに与える影響は大きい!借入を返済するなどの対策を

消費者金融は、住宅ローン審査に与える影響がかなり大きくなっています。

審査を通過できない可能性を高めるほか、メガバンクの住宅ローンでは借入情報が残されているだけで審査に落とされるという状況が生まれます。

より安心して住宅ローン審査を通過したいのであれば、まずは消費者金融の借入を完済する、もしくは借入自体を避けるようにしましょう。

また、メガバンクは消費者金融と契約しているだけで審査落ちとなるため、消費者金融と契約しないように心がける必要もあります。

どうしても消費者金融と契約した状態で住宅ローンを利用したいなら、地方銀行を中心に審査基準を下げている会社を考えてみましょう。

どこでお金を借りることができますか?お金が借りれる場所を全部調べました
どこでお金を借りることができる? 急にお金が必要になったけど、財布の中身は残りわずか。給料日もまだまだ先…。 そんなお金がない緊急時に、どこでお金を借りることができるのでしょうか? 今回はどこでお金を借りることが出来るのか...