消費者金融で借金があってもクレジットカードの審査に影響はあるのか?

消費者金融

消費者金融などで借金をしている時でも、クレジットカードをつくりたいとき、クレカの審査に通過できるのか気になりますよね。

結論、クレジットカードの申し込み時に借金があると、クレカの審査時に影響を及ぼします。

しかし借金があるからと言って、クレカの申し込みが出来ないわけではありません。

今回は、借金があるとクレジットカードの審査にどのような影響を及ぼすのかなどについて解説していきます。

プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短1時間融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
公式サイトはこちら

消費者金融を利用しているとクレジットカードの審査に影響がある

消費者金融で借金をしていると、クレジットカードの審査申し込み時に不利になります。

しかし、借金をしていてもクレジットカードの審査に通ります。

それでは、消費者金融で借金をしていてもクレジットカードの審査に通過することができる人には、どのような特徴があるのでしょうか。

クレジットカードの審査では「返済延滞」の心配が無いか否か

借金があってもクレジットカードの審査に通過できる人は、「返済延滞の心配がない人」です。

クレジットカードの審査においても、消費者金融の審査と同様に「この申し込み者にサービスを提供して、きちんと返済が行われるのか」をチェックされます。

クレジットカードの申し込み時に消費者金融などでの借金があると、「借金の返済があるのに、追加でカードを作ってしまって大丈夫なのか?」と懸念されます。

そのため、借金がある人はクレジットカードの審査で不利になるのです。

「返済していく能力がある」と証明できれば審査に通る

借金があるとクレジットカードの審査では不利になりますが、仮に借金があっても「返済能力がある」と判断されていればクレジットカードの審査に通過できます。

すでに借金を完済してもクレジットカードの審査に影響する?

過去に借金を利用していた場合、クレジットカードの審査に影響はあるのでしょうか?

この場合は借金完済をしてから5年経過していると、信用情報から借金の履歴は消えるため、クレジットカードの審査に影響を及ぼすことはありません。

しかし5年経っていない場合は信用情報上には記録が残っています。その場合、審査時に質問を受けたら完済済みであることを伝えましょう。

借金完済=消費者金融を解約したことにはならない

実は、信用情報では完済したら信用情報に記録が付くわけではありません。

あくまで消費者金融の契約を解約していないと、信用情報上では利用継続中になるのです。

信用情報で完璧に完済状態にしたいのであれば、消費者金融と契約を解約を行う必要があるので、注意しましょう。

消費者金融を利用中でもクレジットカードの審査に通る人は?

基本的に消費者金融で借金をしていても、問題を起こしていなければクレカの審査にも通過できます。

ここからはより具体的に審査に通る人の特徴を紹介します。

  • 借金の金額が年収の1/3未満であるか
  • 返済時にトラブルを起こしたことが無いか
  • 滞納したことが無いか
  • 借入件数がいくつもない

細かいポイントを解説していきます。

借金の金額が年収の1/3未満であるか

借金がある場合、借入金額が年収の1/3未満であれば、クレジットカードの審査でも問題はありません。

消費者金融の場合、借入できる金額が年収の1/3未満で無いとならない決まりがあります。

これを総量規制と言います。利用者が多額を借りすぎて破産にならないようにこのような決まりがあります。

そのため、借入金額が総量規制のギリギリであると、返済のハードルが高いため、クレカの審査も通りにくいことが多いです。

返済に加えて月々のクレジットカードの請求にも対応できるのか?と心配されてしまうのですね。

返済時にトラブルを起こしたことが無いか

消費者金融で借金をしていても、利用の中でトラブルを起こしていなければクレカの審査に通過する可能性が高いです。

返済トラブルとは借金の返済を遅れたり、業者となにか揉めたりすることを指します。

トラブルを起こしたことがある場合、その記録が信用情報に記録されます。

信用情報とは、これまでのローンの申し込みなどを記録されているものです。

消費者金融に限らず、クレカなどでも利用履歴や申し込み履歴が記録されています。

申し込みがされた時点で申し込み者の信用情報をチェックする際に、ここにトラブルを起こしたことがある旨が記載されていると、審査に落ちてしまうのです。

過去にトラブルを起こしたことがあると、再度同じトラブルを起こしかねないと判断されるリスクがあるためです。

滞納したことが無いか

借金返済を滞納したことがある場合、信用情報に記録が付くのでクレカの審査に通ることができません。

そのため、特に返済延滞や滞納を行ったことがなければ、特にクレカの審査でも心配する必要がありません。

借入件数がいくつもない

借入件数がいくつもあると、クレジットカードの審査でも審査に落ちる原因となります。

2件程度であれば、総額が総量規制を超えていないのであれば、審査に通る可能性が高いです。

要は、借金をしていてもクレカの毎月の請求を延滞する心配がなければよい、ということ。

また借入件数が多いと、1社の返済が間に合わず、また次の業者で借りると言ったように、自転車操業状態に陥っている可能性が高いです。

そのため、クレジットカードの審査時にも複数の借入件数が判明すると審査に落ちてしまうのです。

クレジットカードの審査に通過しやすくするコツ

消費者金融で借金があっても、審査に通りやすい人の特徴をご紹介しました。

ここからは、消費者金融で借金を行っていても審査に通過しやすくなるコツを解説していきます。

  • 申し込み時に虚偽の申告をしない
  • 何枚も同時に申し込まない
  • 信用情報にキズがあるのなら半年間待ってから申し込む
  • 総量規制ギリギリなら、少しでも返済をしておく
  • 借入件数を減らしておく

細かいポイントを解説していきます。

申し込み時に虚偽の申告をしない

クレジットカードの審査に通過したいからと、審査申し込み時にウソの申告をするのは絶対にやめましょう。

ちょっとくらい年収もってもバレないよね…

本当は30万の借金だけど、20万円にしておこう…

と言ったようなことも、クレカの申し込みでは全て虚偽の申告となります。

バレないでしょ…と思っても、借入金額や年収を盛って申告した所で、審査時に信用情報をチェックすればすべて分かります。

返済がされなければ、クレジットカード会社の経営にも関わるので、申告された情報は徹底的に調べられます。バレないことはありません。

虚偽の申告が発覚した時点で、その場でクレジットカードの審査に落ちてしまいまうので絶対にやめましょう。

何枚も同時に申し込まない

「審査に落ちてまた他の申し込むの面倒くさいし、何枚か同時に申し込みをしておこう」

といったように、同時に複数のクレジットカードの申し込みを行うことも辞めましょう。

同時にいくつも申し込みしていることが発覚した時点で、こちらも全てのクレジットカードの審査に落ちてしまいます。

これを申し込みブラックと呼びます。

クレカの申し込みも信用情報で履歴が残ります。

そのため、他のカード会社に申し込みをしていることも一目瞭然なのです。

複数の申し込みを同時に行わず、クレジットカードの申し込みは一件ずつ申し込むようにしましょう。

また申し込むクレジットカードの枚数も、月に3枚程度に留めましょう。

それ以上申し込むと申し込みブラックとなるため、審査に通過できなくなってしまいます。

申し込みブラックでも融資可能?ブラック原因や対処法も紹介
キャッシングに申し込んだのに何も審査を受けないまま審査落ちの連絡が入る場合もあります。 審査をしているとは思えないような時間で審査落ちの連絡を受ける場合、ブラック状態に陥っているケースがあります。 ブラックは返済していないなどの...

信用情報にキズがあるのなら半年間待ってから申し込む

申し込みブラックなどで、信用情報にキズが付いてしまった場合。

傷が解消してから半年待ってから、クレジットカードの申し込みを行いましょう。

信用情報についた記録は、一定期間を過ぎると消えるようになっています。

基本的に申し込みブラック程度の記録であれば、半年たてば消えます。

返済延滞や、債務整理を行った場合、その状態が解消されてから5年以上たつと、信用情報から消えます。

その場合は5年経過してから申し込みを行うようにしましょう。

総量規制ギリギリなら、少しでも返済をしておく

現在の借金の金額が総量規制のギリギリである場合、少しでも返済を行い、借入金額を減らしておきましょう。

消費者金融での借入金額が少なければ少ないほど、クレジットカードの審査に通過しやすくなります。

確実にクレジットカードの審査に通過したいのであれば、少しでも返済を済ませておくことをおススメします。

また、完済した記録があれば「この人は借金をきちんと返済を行うことができる」と判断されます。

借入件数を減らしておく

借入金額同様に、借入件数を減らせるのであれば、こちらも少しでも件数を減らしておきましょう。

借入件数も、少なければ少ないほどクレカの審査に通過しやすくなります。

確実にクレカの審査に通過したいのであれば、借入件数は2件以下に抑えるようにしておきましょう。

クレジットカードの審査に通らないときの対処法

借金をしていても、クレジットカードの審査に通る人の特徴をご紹介してまいりました。

ここからは上記の特徴を踏まえた上でも、クレジットカードの審査に通過できなかった時の対処法をご紹介していきます。

信用情報をチェックしてみる

なぜクレジットカードの審査に落ちたのか原因がわからない場合、自分の信用情報をチェックするしてみましょう。

他のポイントで信用情報になにか影響を及ぼしている可能性があります。

信用情報のチェック方法は、個人信用情報機関で情報開示請求を行うことでチェックを行うことができます。

開示にあたり、手数料が1000円程度かかってしまいますので、注意が必要です。

しかし原因がわからず申しこみ続けても、審査に通ることができずに信用情報にキズがついてしまうばかりなので一度確認することをおすすめします。

開示方法は窓口と郵送で行うことができます。

個人信用情報機関にもいくつかあるので、詳しくは下記の記事も併せてチェックしてください。

消費者金融の審査で必ずチェックされる信用情報の項目
消費者金融カードローンの審査で避けてはとおれないもの…、それは「信用情報機関の調査」です。 カードローンを提供している消費者金融は貸金業法の規制を受けますが、貸金業法では「審査時には必ず返済能力を調査すること」を義務付けています。 ...

銀行系のカードに申し込む

クレジットカードの審査に通らない場合、銀行系が提供するクレジットカードを利用することもおススメです。

消費者金融の場合、総量規制の関係で審査に通過できないこともあります。

そこで、銀行が提供するクレジットカードであれば、審査に通過できる可能性があるのです。

しかし銀行でもカードローンを提供しているので、そこで審査に引っかかるからないのかも気になりますよね。

ですが、消費者金融は貸金業法、銀行は銀行法によって運営が行われているため、消費者金融ではだめでも銀行では審査に通ることがあります。

問題が総量規制の場合であれば、銀行系のクレジットカードを利用するのも一つの手です。

アコムマスターカードもおすすめ

大手消費者金融のアコムが提供する『ACマスターカード』もおススメです。

消費者金融のアコムが提供しているため、他のクレジットカードに比べて審査に通りやすい傾向にあります。

またACマスターカードは、即日発行も受け付けています。

今日申しこんで、そのままカードをゲットできるため、お急ぎの方でも安心して利用ができますね。

【ACマスターカードの概要】

年会費 なし
国際ブランド Mastercard
申込資格 満20歳以上で安定した収入のある人
手数料 ショッピング:10.0%~14.6%
キャッシング:3.0%~18.0%
利用限度額 ショッピング:最大300万円ショッピング
キャッシング:最大800万円

アコムのACマスターカードについては、下記の記事でも詳しく紹介しています。

アコムのクレジットカード「ACマスターカード」を徹底解剖!
消費者金融のアコムはカードローンだけでなくクレジットカードも取り扱っています。 消費者金融が発行しているクレジットカードということで、一般的なクレジットカードとは少々異なる特徴があるんです。 今回はそんなアコムACマスターカード...

消費者金融利用中でもクレカの審査に通る!

今回は、消費者金融で借金を利用していてもクレジットカードの審査に通れるのかについて解説してまいりました。

記事のポイントをもう一度振り返っていきましょう。

  • 消費者金融を利用していてもクレジットカード審査に通れる
  • 借金が無い人に比べたら不利ではある
  • 借金があっても毎月の請求をきちんと返済できると証明できれば審査に通る
  • 証明するには消費者金融の利用状況によってきまる
  • クレカの審査に通過しやすくなるコツを駆使する
  • それでも審査に通過できなかったら対処法を使う

どうしてもクレジットカードの審査に通過できなかったら、審査が甘い消費者金融でお金を借りるのも一つの手です。

下記の記事も併せてチェックしてください。

404 NOT FOUND | マネースタジオ