お金を借りる審査の基準は?ポイントや審査落ちの理由を徹底解説

お金を借りる

消費者金融や銀行カードローン、住宅ローンや自動車ローンなど、お金を借りる際は審査に突破する必要があります。

お金を借りる審査と言っても、どのような基準で行われるのか、よくわからないですよね。

お金を借りる審査全てが同じ審査基準で行われるわけでもありません。しかし、根本的に重視されるポイントは同じです。

そこで今回はお金を借りる審査について、審査が行われる理由や審査時に重視されること、審査に落ちてしまう理由などをご紹介していくので、お金を借りる審査に申し込む前に是非チェックして言って下さい。

アコム
アコム
おすすめポイント
  • はじめての方は30日間無利息!
  • 最短30分での審査回答が可!
  • 借入が可能かスグ分かる「3秒診断」機能あり
実質年率
3.0%~18.0%
限度額
1~800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短即日
公式サイトはこちら

お金を借りるのになぜ審査が行われるの?

カードローンや自動車などの目的別のローンなど、貸金業者からお金をかりるに借りるには、審査に通過しないといけません。

それでは、なぜお金を借りるには審査が必要なのでしょうか?

それは、融資を行った資金がきちんと返済されるかをチェックするためです。

カードローンや住宅ローンなど、ローンを提供する業者はあくまで業者なので、ビジネスで貸金業を行っています。ボランティアではありません。

融資を行った分だけきちんと返済される・利息を回収できなければ、ビジネスとして成り立たないので、会社が倒産してしまいます。

そうならないために、融資を行ったあとも滞納することなく返済を行うかを見極める必要があるのです。

そのためローンなどをお金を借りる際には、必ず審査が行われるのです。

お金を借りる審査で重視されるポイントは?

お金を借りる審査が行われる理由が分かったところで、ここからは実際にお金を借りる審査の内容についてチェックしていきます。

お金を借りる審査が行われる際に、重視される審査ポイントはなんでしょうか?

一番は、申し込み者に返済する能力があるのかどうか。

それを審査するため、下記の3つのポイントから審査を進めていく形になります。

お金を借りる審査では、カードローンや目的別ローンに限らず、このポイントは共通したポイントと言えます。

  • 申し込み者の収入
  • 信用情報
  • 現在の借入状況

各ポイントをもう少し詳しくチェックしていきましょう

お金を借りる審査ポイント①収入

お金を借りる審査で最も重視されるのは、収入です。

収入が無いと融資を行ったところで返済する術がないので、申し込みすら出来ません。

またこの収入もいくら以上ある必要があるのか、といった明確な決まりもありません。

兎にも角にも、まずは大手消費者金融と銀行カードローンの収入に関する申し込み条件を確認していきましょう。

【カードローンの収入に関する申し込み条件】

カードローン 審査条件
アイフル 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
アコム 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方
プロミス 20~69歳の安定した収入がある方
SMBCモビット 20~69歳の安定した収入がある方
レイクALSA 満20歳以上70歳以下の方で安定した収入のある方(パート・アルバイトで収入のある方も可)は、ご利用いただけます。
三菱UFJ銀行カードローンバンクイック 20~65歳で安定した収入がある方
三井住友銀行カードローン 20~69歳の安定した収入がある方
みずほ銀行カードローン 満20歳以上満66歳未満で安定かつ継続した収入の見込める方&みずほ銀行指定の保証会社であるオリコの保証を受けることができる方
イオン銀行カードローン ご契約時の年齢が満20歳以上、満65歳未満の方が対象です。

上記のようになります。

基本的にどこのカードローンも年齢制限が20才~65才前後で、安定した収入を条件としています。

この安定した収入とは、毎月の収入額が一定であるということです。

そのため、毎月何かしらで得ている収入額にそれほどふり幅が無ければ審査に通過することができるので、アルバイトや派遣社員でも申し込みが可能なのです。

反対に、たとえ正社員であったとしても給与形態が歩合給など、毎月の収入額に差があると、収入が安定していないと判断され、お金を借りる審査に通過できない可能性が高いです。

お金を借りる審査ポイント②信用情報

お金を借りる審査のポイントに、信用情報も重要なや役割を果たします。

信用情報とはこれまでのローンの利用履歴や、申し込み状況などが記録されているものです。

過去にローンの利用の中で、返済を滞納してしまっている・債務整理などを起こしてしまっている場合も、この信用情報に記録が残ります。

お金を借りる審査では、申し込み者の返済力を裏付けるために、信用情報を照会して審査を行います。

ローン会社としては、融資を行った金額と利息分が回収できないと、ビジネスとして成り立ちません。

公共の福祉サービスでもないので、過去の利用履歴を元に、申し込み者を信用してお金を貸しても良いのかをチェックするための大切なポイントとななるのです。

基本的に信用情報にキズがついてしまう理由には、返済滞納などを起こしてしまうことがあげられます。しかしこの理由も3カ月以上の長期にわたる滞納が対象となります。一度傷がつくと5年間は信用情報から消えませんので、注意が必要です。

また加えて自己破産などを起こしていると、信用情報にキズが残るばかりでなく、信用情報への記録される期間が10年間になります。

そうなってしまった場合は、審査を受けてお金を借りるようなところでは借入することは絶望的です。

他の比較的に審査に通りやすいとされている中小消費者金融を利用したり、この記事の最後に紹介している審査無しでお金を借りる方法などの活用をおすすめします。

消費者金融の審査で必ずチェックされる信用情報の項目
消費者金融カードローンの審査で避けてはとおれないもの…、それは「信用情報機関の調査」です。 カードローンを提供している消費者金融は貸金業法の規制を受けますが、貸金業法では「審査時には必ず返済能力を調査すること」を義務付けています。 ...

お金を借りる審査ポイント③現在の借入状況

お金を借りる審査では、現在の借入状況も併せてチェックされます。

借入状況では、主に下記の二つのポイントをもとにチェックされます。

  • 他社の借入件数
  • 現在の借入残高

今回お金を借りる審査に初めて申し込む場合や、現在は他の借り入れを行っていなければ特に問題はありません。

しかし、申し込み段階で他社で借り入れある場合は借入件数と借入残高がチェックされるのです。

消費者金融などの貸金業者は、貸金業法という法律の元、融資を行っています。

貸金業法には総量規制という決まりがあり、簡単に言うと年収の1/3を超えて融資を行ってはいけませんよ、という決まりです。

これを違反してしまうと融資を行った業者側がペナルティを受けることになります。

そのため、審査の段階で他に借り入れが無いかを厳しくチェックを行う必要があるのです。

また総量規制に限らず、借入件数が多い人はすでに総量規制ギリギリの人が多い・いくつも借入件数がある人は返済が間に合っておらず、自転車操業状態になっていることが多いことから、融資を行ったところできちんと返済が行われない可能性があるのです。

そういったことを防ぐために、お金を借りる審査時には申し込み者の借り入れ状況厳しくチェックします。

お金を借りる審査に落ちてしまう理由は

お金を借りる審査で重視されるポイントはわかったところで、ここからは、審査に落ちてしまう理由を確認していきましょう。

お金を借りる審査に落ちてしまう理由を先にチェックしておいて、対策を行うことが大切です。

お金を借りる審査で審査落ちとなってしまいがちな理由は、下記の通りです。

  • 収入が安定していない
  • 信用情報にキズがある
  • 借入件数が多い
  • 借入金額が多い
  • 申し込み時に虚偽の申告をした
  • 同時に複数の業者に申し込みをした

細かいポイントをもう少し詳しく解説していきます。

収入が安定していない

お金を借りる審査で重視されるポイントにもあった通り、審査では収入状況も詳しくチェックされます。

安定した収入は、審査時に一番重要視されるポイントです。

収入状況が安定していないと、返済するための収入がないので、融資を行ったところ返済されない懸念があります。

信用情報にキズがある

前述でも解説しているとおり、信用情報にキズがあると、お金を借りる審査に落ちてしまいます。

信用情報にキズがあると、消費者金融に限らず銀行カードローンも申し込みをしても審査に落ちてしまうため、他の方法を考える必要があります。

もし信用情報のキズが、現在はその状態が改善されている場合、(例えば過去に一回滞納してしまい、記録がついてしまったが、すでに完済している)中小消費者金融であればお金を借りることが出来る可能性が高いです。

中小消費者金融は大手消費者金融に比べ、審査基準が低い傾向にあります。

大手と同じような条件で融資を行ったところで、客足は大手に流れるばかりのため、審査基準を引き下げることで大手の審査に落ちてしまったような人の受け皿となるのです。

そのため、信用情報にキズがついていても審査に通りやすいのです。

信用情報でお金を借りる審査に悩んでいる方は、中小消費者金融の利用を検討して見て下さい。

404 NOT FOUND | マネースタジオ

借入件数が多い

すでに申し込み前に、借入件数がいくつかあると、新しくお金を借りる審査に申し込みをしても審査落ちとなってしまいます。

そもそも借入件数が多い申込者は、1社目の借入の返済のめどが立たず新たに借り入れを申し込み返済をする、といったような自転車操業に陥ってしまっている可能性が高いのです。

そのため、申し込み時点で借入件数が多いと、新たにお金を借りる審査に申し込みを行っても審査に通過することが出来ないのです。

また借入件数が4件以上あると、どこのお金を借りる業者に申し込んでも審査に通過することは出来ません。

その場合は、一件でも借入先を完済してから新たに申し込みを行うか、1つにまとめるプチおまとめをして、借入件数を減らすなどを行う必要があるでしょう。

解約していなければ利用中の扱いとなる

過去に借りていた業者ですでに完済をしている場合。現在の借入額は0円であっても、新たに受ける審査では借り入れ利用中のスペックとしての審査になってしまうことがあります。

そのため、過去に利用していた借入で、もう今後利用する予定がないのであれば解約手続きを行う必要があります。

完済した=解約ではないため、注意が必要なのです。

また解約した後は、信用情報の反映に時間がかかることがあるため、解約手続き証明書を発行してもらっておくことをおススメします。

これを新たにお金を借りる際の審査で提出を行うことで、解約したことの証明になるプラス、他社できちんと完済をしたことがあるというプラスのアピールになるため、おススメです。

借入金額が多い

借入件数と同時に、借入金額が多い場合もお金を借りる審査に落ちる原因となります。

特に消費者金融を利用する際、総量規制が適用されるので、借入を出来る金額は自の年収の1/3までとなっています。

これは貸金業法と言う法律の元で定めらた決まりのため、総量規制を超えての申し込みを行った場合、即刻審査落ちの対象となるのです。

また単純に借入金額が多い状態であるのにも関わらず、新たに融資を行ったところで返済していけるのか?と懸念されてしまいます。

そのためお金を借りる審査に申し込むときは、借入残高が0円である・総量規制を超えていないことが大切なのです。

申し込み時に虚偽の申告をした

審査落ちしてしまうよくある理由によくある理由が、申し込み時に申告ミスをした・虚偽の申告をしてしまったです。

申告ミスとは、最近多いのがWEBからの申込みで入力ミスをしてしまったがために、正確な情報が業者に伝わらず、結果審査に落ちてしまったなどがあります。

その申告ミスが間違えてしまったものだとわかって貰えればよいですが、審査担当者からすれば提出されたものが全てです。

審査を進めていくなかで間違いが発覚した場合、最悪だと「審査に通るためにわざと虚偽の申告をした」と判断されてしまい、審査に落ちてしまうことも。

虚偽申告とみなされないように、申告内容は正直に・入力情報は慎重に行うなど心がけましょう。

同時に複数の業者に申し込みをした

お金を借りる審査で審査落ちしてしまう理由の一つに、同時に複数のカードローンの審査に申し込みを行ってしまったことなども上げられます。

このことを、申し込みブラックと呼びます。

ローンの申し込み情報は、信用情報内に記録されます。

申し込みしている状況なんて他の人にはわからないものではないの?と言えそうですが、申し込み状況も信用情報に記録されます。

そのため審査時に担当者が信用情報を照会した時に、申し込み者の利用状況が判明するのです。

いくつも申し込みを行っている場合、仮にすべての審査に通ってしまうと、総量規制に引っかかってしまうことがあります。そうなると貸金業法に違反してしまうため、業者の方がペナルティを受けてしまうのです。

そうならないために、いくつも同時に申し込みを行っている申し込み者は審査落ちしてしまうのです。

申し込みブラックでも融資可能?ブラック原因や対処法も紹介
キャッシングに申し込んだのに何も審査を受けないまま審査落ちの連絡が入る場合もあります。 審査をしているとは思えないような時間で審査落ちの連絡を受ける場合、ブラック状態に陥っているケースがあります。 ブラックは返済していないなどの...

審査が無しでお金を借りるには?

アプリローン 審査-アプリローンを解説する女性

これまでお金を借りる審査について解説してきましたが、出来れば審査無しでお金を借りることは出来ないものか?と思いますよね。

そこでここからは、審査が無しでお金を借りる方法をいくつかご紹介していきます。

  • 質屋に入れる
  • クレジットカードのキャッシング枠

もう少し詳しくチェックしていきましょう。

質屋に入れる

審査無しでお金を借りる方法の一つに、質屋を利用することです。

質屋は、ブランド品などを質に入れることで、お金を借りることが出来るのです。

お金を借りた後は、借りた金額と利息を質屋に返すことで質に出したものを返却してもらえるという仕組みです。

しかし注意したいのは、質屋は消費者金融のように貸金業法が適用されないので、金利の上限がありません。

そのため消費者金融の金利が最大でも20%であるのに対し、質屋の金利は大きい所では100%を超えるところもあるのです。

返済額が大きくなるので、利用する質屋をよく検討することをおススメします。

また、大手や銀行で借りられなくても、中小で借り入れが可能であるのならばまずは一回中小消費者金融にチャレンジをしてみるk十が大切です。

クレジットカードのキャッシング枠

審査無しでお金を借りる方法の一つに、今利用しているクレジットカードのキャッシング枠を利用して、お金を借りる方法もあります。

クレカには、ショッピング枠とキャッシング枠があります。

ショッピング枠とは普段利用しているカード決済のことを指します。ここの枠内であればカード利用が出来る、ということですよね。

また限度額にはそのショッピング枠に加えて、キャッシング枠があります。その名の通り、限度額内であれば利用したい金額を現金で引き出すことが出来るのです。

あくまでこれもキャッシングなので、利息が発生しますが、これも貸金業法のもと運営されているので、大体18%程度と大手消費者金融と同じくらいで借り入れを利用できます。

クレカのショッピング枠の現金か利用規約違反

キャッシング枠の現金化の他にも、ショッピング枠の現金化なんかも耳にしますよね。

ショッピング枠の現金化とは、クレジットカードで新幹線のチケットやアマゾンギフト券などの金券を購入し、その金券を転売することで手元にお金が入ることを指します。

これは一見何も問題が無いようにも感じますが、クレジットカードの利用規約を違反しているため、発覚した場合は即刻利用停止をされてしまいます。

そのため、ショッピング枠の現金化は絶対に行わないようにしましょう。

【お金が必要】10万円足りない!今すぐ10万円を稼ぐ方法・借りる方法はある?
「急にお金が必要になったけど、次の給料日までまだ遠い…」 この記事を読んでいる人はこのような悩みを抱えているのではないでしょうか。 金欠トラブルというのは誰にでもあること。 もちろん浪費は良いことではありませんが、突然の出...

お金を借りる審査まとめ

今回はお金を借りる審査についてまとめました。

お金を借りる審査において重要なのは、きちんと返済を行うことを証明できるか・信用させられるかです。

また過去にその信用を脅かすことを起こしてしまったとしても、現在はその状況を改善していることが証明できることも大切。

お金を借りる審査の前に、自分の状況をよく見極めたうえで審査対策を行っていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。