フリーターでもお金を借りるための対策法!消費者金融で借りるためのコツとは

お金を借りる

消費者金融でお金を借りるには、正社員など企業に勤めていないと利用できないイメージがあります。

そこで消費者金融であれば、フリーターでもお金を借りることができます。

しかし、フリーターは消費者金融の審査は不利な傾向にもあります。

そこで、審査に通るためのコツを抑えて申し込みを行うことが大切なのです。

今回は、フリーターでもお金を借りるためのコツなどを解説していきます。

プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短1時間融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
公式サイトはこちら

フリーターがお金を借りる時に必要こと

フリーターがカードローンなどでお金を借りる時に重視されるポイントを解説していきます。

重視されるポイントは、自分自身に安定した収入があるかがポイントとなります。

カードローンなどの審査時には、申し込み者本人に安定した収入があるかどうかがカギとなります。

そのため、フリーターでもきちんとアルバイトなどの収入があれば、お金を借りることができるのです。

安定した収入は何をもって安定と言うのか

安定した収入は、申し込み者の収入に関する情報からスコアリングして安定かどうかを判断します。

主に下記の項目です。

  • 勤続年数
  • 雇用形態
  • 給与形態
  • 月収

例えば、正社員であればフリーターよりも収入が安定しているようにも感じます。

しかし給与形態が歩合給など、月の収入額が安定していない場合は安定した収入として判断してもらえない可能性が高いです。

そのため、上記の項目のようにスコアリングを行い、安定性を測ります。

フリーターなど、アルバイトでの収入が主な収入源である場合は、勤続年数や毎月の月収が一定であるかなどで安定性を重視します。

フリーターがお金を借りる審査に落ちる理由

フリーターでも消費者金融でお金を借りることは可能ですが、審査に落ちやすいのも事実です。

ここからは、フリーターが審査申し込みで落ちてしまうよくある理由を紹介していきます。

  • 安定した収入を確認できなかった
  • 過去に金融事故を起こしている
  • 他社での借入件数が多い
  • 総量規制ぎりぎり
  • 働き先の勤続年数が短い

審査落ちになりやすい原因の細かいポイントを解説していきます。

安定した収入を確認できなかった

前述でも説明をしたように、スコアリングの結果、安定した収入と判断できなかった場合は審査に落ちてしまいます。

過去に金融事故を起こしている

過去に金融事故を起こしていると、審査に落ちてしまいます。

金融事故とは、これまでのローンの利用のなかでトラブルを起こしたことがあるかを指します。

具体的には、返済延滞や債務整理などを指します。

金融事故を起こしていると、今回融資を行ってもまた同じような事故を起こすのではないかと判断されるためです。

金融事故の有無は、ローンの利用履歴などを記録している信用情報で確認することが出来ます。

消費者金融の審査で必ずチェックされる信用情報の項目
消費者金融カードローンの審査で避けてはとおれないもの…、それは「信用情報機関の調査」です。 カードローンを提供している消費者金融は貸金業法の規制を受けますが、貸金業法では「審査時には必ず返済能力を調査すること」を義務付けています。 ...

他社での借入件数が多い

他社で借入件数が多い場合も審査落ちとなりやすい原因になります。

特に借り入れ件数が2件以上ある場合は、審査時に敬遠されがちです。

理由としては借入先が複数ある場合、一社の返済が間に合わっていないことが多いのです。

そのため返済を行うために新たな借入先で借りることで解決してしまっているため、自転車操業状態となってしまっています。

そのような状態になってしまっていると、今回融資を行ってもきちんと返済されないのではないかと懸念されるためです。

またフリーターの場合、正社員よりも安定性が低いです。

それに加えて借入件数が複数あると、審査落ちとなってしまいやすい傾向があります。

借入残高が総量規制ぎりぎり

すでに他社で借入残高があると注意が必要です。

申し込み時に、借入総額が年収の1/3を超えていると審査に落ちます。

消費者金融では、貸金業法により定められているきまりで、総量規制と言う決まりがあります。

総量規制ですが、対象となる貸付は年収の3分の1までしか借りられません。

引用:貸し付け時に適用される総量規制とは?例外となる事例も紹介

すでに総量規制ギリギリで融資を受けてしまっている場合、新たに申し込みをしても審査に通ることはできません。

働き先の勤続年数が短い

フリーターのカードローン申し込みではより安定性を重視します。

そのため、働き先の情報で勤続年数が短かったりする場合、すぐに辞めてしまう可能性もあると懸念されるのです。

そのため、審査に通りにくい傾向はあります

フリーターでも審査に通るためには

ここまでは、フリーターが消費者金融の審査に落ちてしまう理由をご紹介してまいりました。

ここからは、審査対策方法を解説していきます。

フリーターでもか確実にカードローンの審査に通過するためには、審査に通るコツを駆使することが大切。

ここからは審査に通るためのポイントを解説していきます。

  • 複数の働き口があればすべて申告する
  • 希望額を少なめに申しこむ
  • 同時にいくつもの申し込みをしない
  • 申し込み時にウソをつかない

細かいポイントを確認していきましょう!

複数の働き口があればすべて申告する

「いくつかアルバイトを掛け持ちしてるんだけど、どれを申告すればいいの?」

などと言ったように、働き先がいくつもあるとどのように申告すればいか迷いますよね。

今回のような場合は、全ての働き口を申告するようにしましょう。

複数あることで、それぞれで収入が確保できているため、より安定した収入として担保しやすくなります。

希望額を少なめに申しこむ

確実に審査に通過したい場合は、希望の借入額を必要最低限にして申し込むようにしましょう。

審査担当者からすると、借入希望額が大きいと審査もより慎重になります。

そのため、なにか一つでも審査項目に引っかかる箇所があると、審査落ちとなってしまいかねないのです。

業者としては経営のため、確実に返済が行われるものであるということが担保できないと、踏み倒されるのリスクも生じますよね。

借入金額が高額であると、月の返済額も膨らみがちです。返済滞納も起こりやすくなります。

しかしそもそもの借り入れ額が低めであると、月の返済額もそこまで大きくならないので、返済を滞納されるリスクも軽減されます。

総量規制をクリアし、他に問題が無ければ大丈夫ですが、確実に審査に通過したいのであれば少なめに申し込みを行いましょう。

同時にいくつもの申し込みをしない

カードローンなどの申し込み時に、同時にいくつもの申し込みを行わないようにしましょう。

同時に3件以上の申し込みを行ってしまうと、申し込みブラックとなってしまいます。

カードローンの審査時には信用情報を照会しますが、この信用情報には、カードローンの申し込み状況なども記録されています。

審査時に信用情報を照会した際に、同時にいくつもの申し込みが発覚すると審査落ちの原因となってしまうのです。

理由としては、仮に両方とも審査に通過してしまった場合、総量規制を超えて融資を行ってしまう危険があるためです。

総量規制を超えての融資を行うと、貸金業法に違反してしまいます。

その際にペナルティを受けるのは、融資を行った業者側に課されてしまうのです。

それを防ぐためにも、同時に申し込みがされていることが発覚した時点ですべての審査に落ちてしまうのです。

確実に審査に通過するために、申し込み時は下記の注意点を守りましょう。

  • 審査申し込みは一社ずつ
  • 次の申し込みは今の申し込みの結果が判明してから
  • ひと月に申し込むカードローンの件数は3件まで
  • 3件以上申しこんだ場合は翌月まで待つ
  • 申し込みブラックになった場合は半年待つ
申し込みブラックでも融資可能?ブラック原因や対処法も紹介
キャッシングに申し込んだのに何も審査を受けないまま審査落ちの連絡が入る場合もあります。 審査をしているとは思えないような時間で審査落ちの連絡を受ける場合、ブラック状態に陥っているケースがあります。 ブラックは返済していないなどの...

申し込み時にウソをつかない

「審査に落ちるのが怖いから、正社員にしちゃおう」

「年収を少し持ってしまおう」

と言ったように、事実と異なる情報を申告するのはやめしょう。

情報を持ったところで、審査を進めていく中で確実にバレてしまいます。

またフリーターの審査においても、一つの要素では無くスコアリングで審査を進めていきます。

そのため、下手に情報を盛るよりも正確な情報を申告しましょう。

フリーターがお金を借りる時に注意すべきこと

ここからは、フリーターがお金を借りる審査に申し込みを行う際に注意したい点をご紹介していきます。

フリーターの場合、とくに注意したい点は勤務先への在籍確認の電話です。

在籍確認とは、申告された勤務先に本当に在籍をしているのかをチェックするための電話です。

お金を借りる審査で特に重要視される安定した収入であるのかをチェックするためにも、必ず行われます。

ですが、アルバイト先にカードローンから電話が来てしまうのはできるだけ避けたいですよね。

仮に借金をしていることがバレてしまったら…と思うと、どうにかかわせないかと思います。

このように周りにバレるのを恐れ、フリーターの多くはアルバイト先での在籍確認をうまくできず、審査に落ちてしまう人もいます。

ここでは、フリーターの在籍確認について解説していきます。

在籍確認はどのように行われるか

さっそく、在籍確認について確認していきましょう。

在籍確認でバレる心配は無い

勤務先への在籍確認で気になるのが、電話で借金を利用していることがバレてしまうのではないかですよね。

しかし、消費者金融の在籍確認では審査担当者の個人名で電話がかかってきます。

消費者金融の名前なども一切出さないので、在籍確認の電話で借金を利用していることがバレる心配はありません。

これは貸金業法の決まりの中に、業者を利用していることを第3社に漏らしてはならないという決まりがあります。

そのため、在籍確認の電話で業者の名前が出ることはありません。

本人が電話対応をしなくても在籍確認は完了する

仮に、本人宛にかかってた電話に変わら無くても在籍確認は完了します。

在籍確認の電話の例で確認してみましょう。

バイト先:○○店です。

審査担当者:お世話になっております。△△(審査担当者の個人名)でございます。◇◇様(申し込み者)はいらっしゃいますでしょうか?

バイト先:◇◇ですか?ちょっとお店の方に出ちゃっていますね…。

審査担当者:かしこまりました。それでは改めます。

このトークフローで、在籍確認は完了します。

要は、勤務先への電話で在籍していることが確認できれば、完了できるのです。

個人情報に厳しい場合は対策が必要

上記のようなトークフローでとにかく在籍していることが分かれば大丈夫です。

しかし場合によっては上手く確認ができないこともあります。

最近は個人情報の取り扱いなども厳しく、ましてや個人名でかかってきたアルバイトの電話などは怪しまれてしまい、あやふやな回答を出すところも多いですよね。

結果、きちんと在籍確認が取れなかったとして、審査に落ちてしまうこともあるのです。

そうならないためにも、在籍確認の対策を行うことが大切。

一番有効的な在籍確認の対策は、下記の通りです。

クレジットカードを作ったので、在籍確認の電話が来るかもしれません。

このように事前に伝えておくと、自分宛ての個人から電話が来ても「クレカの審査か」とわかって貰え、在籍確認に対応して貰えます。

心配な場合は、事前にこのような対策を行っておきましょう。

カードローンの在籍確認で使える言い訳は?体験談をもとに厳選した言い訳をご紹介
消費者金融や銀行カードローンを利用する際にネックなのが、勤務先へかかってくる在籍確認の電話です。 基本的に在籍確認が取れない場合はカードローンの審査に落ちてしまいます。 しかしこちらの主張によっては、電話での在籍確認ではなく、書...

事前に相談しておけば書類に切り替えてもらえることも

どうがんばっても在籍確認が難しそう…。

そのような場合は、審査が始まる前に事前に相談をしておきましょう。

消費者金融によっては、収入証明書などの提出に切り替えてもらえることがあります。

フリーターがお金を借りることができる場所

そもそもフリーターがお金を借りることができる機関にはどのようなところがあるのでしょうか?

基本的に、フリーターがお金を借りるには大手消費者金融がおススメです。

銀行カードローンでは、フリーターは審査対象外であることも。

またそもそも銀行カードローンの審査は厳しい傾向にあります。

そのため確実にお金を借りたいのであれば大手消費者金融の利用がおススメです。

フリーターがお金を借りるのにおすすめはプロミス

プロミス

プロミス概要
商品名 プロミス
利用限度額 500万円まで
金利 4.5%~17.8%
担保・保証人 不要
遅延損害金 20.0%

おススメは、大手消費者金融のプロミスです。

プロミスのおすすめポイントを解説していきます。

  • 申し込みがWEB完結&アプリ完結
  • 初回利用に限り30日間の無利息サービス有
  • 最短10秒振込をしてくれる

プロミスは、申し込みがWEB完結で利用できます。

そのため申し込みのためにわざわざ来店する必要もありません。「来店しているところをバイト仲間に見られた!」なんてことも防げます。

また初回の利用時には30日間の無利息サービスを利用することができるのです!

お金を借りてから30日以内に完済をすれば利息がかからないので、嬉しいですよね。

プロミスの即日融資は何時まで?公式では教えてくれない融資成功のコツとは
冠婚葬祭や病気など、急にまとまったお金が必要になることが必要になったとき、金額が大きければ大きいほど親や友人には借りにくいですよね。 金の切れ目が縁の切れ目とも言いますし…周囲の人間とは金銭問題のトラブルを避けるためにも、お金の貸し借...

フリーターがお金を借りるは対策が大事

今回は、フリーターがお金を借りるためのコツをテーマに、解説してきました。

記事のポイントを改めて振り返りましょう。

  • フリーターがお金を借りるには『安定した収入』が大切
  • 審査に落ちる原因を把握して置き、対策を練っておく
  • 通るコツも併せて駆使する
  • 在籍確認の対策も事前に行っておく

フリーターでもお金を借りられないわけではありませんが、確実に借りるためには対策が大切。

今回ご紹介した対策法を使って、確実に審査に通過できるようにしていきましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今すぐお金が必要!とにかく早くお金を準備する対処法【一覧】
とにかく何でもいいから、今すぐお金が必要! 今すぐお金が必要なとき、どうすればお金を準備できるでしょうか。 いくら今すぐお金が必要っていったって、今すぐは無理でしょ…ヤミ金ぐらいしかないでしょ…とあきらめないでください。 ...