おまとめローンの審査に通らない原因とは?審査通過率を上げるコツを徹底解説

おまとめローン

おまとめローンでカードローンをまとめようと思ったのに、審査に通らない…なんで?!

おまとめローンの審査って厳しいって聞いたことがあるけど、実際のところどうなんだろう?審査に落ちたら困るけど、そもそも審査の基準がわからない…!

おまとめローンとこれまで利用してきた通常のカードローンでは、審査の基準が異なります。

普通のカードローンと同じ感覚でおまとめローンに申し込みを行ってしまうと、審査に通らなくて途方に暮れる…なんてことになりかねません。

そのため、おまとめローンの審査に通過するためには、審査対策をしっかり行う必要があります。審査の通過率を上げるためのコツや、審査に通らない理由になりやすい原因を把握して、しっかりと対策を行いましょう。

そこで今回は、おまとめローンの審査に通らない理由や、審査に通らないときの対処法などを解説していきます。

この記事で分かること

  • おまとめローンの審査に通らない原因とは
  • 審査に通過するためのコツ
  • 審査に通過できない事例とは
  • 審査に通らないときの対処法

目次

プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短1時間融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
公式サイトはこちら

おまとめローンの審査に通らない理由とは?

おまとめローンの利用時でも、審査は行われます。

おまとめローンの審査通らないのであれば、なんらかの原因があると考えられるでしょう。

おまとめローンの審査に通らない具体的な理由を、詳しく解説していきます。

審査に通らない理由には、下記のような原因が考えられます。

  • 借入残高が返済能力を超えている
  • 滞納を起こすリスクが高いと判断される
  • 過去のローン利用の中で滞納を起こしたことがある
  • 収入が安定していない
  • 借入件数が5件以上ある
  • 過去に債務整理を行ったことがある
  • 申し込みブラックになってしまっている

各ポイントを確認していきましょう。

借入残高が返済能力を超えている

おまとめローンの審査が通らない理由の一つ目は、現在の借入の残高が、返済能力を超えてしまっていることです。

おまとめローンの審査に限らず、ローンの審査では申し込み者の収入から、いくら程度返済に回せて、何年間の契約で完済できるか、といったバランスを見て、審査を行っております。

そのため、おまとめローンで利用しようとしている金額が、現在の収入よりも明らかに多すぎるなどが生じてしまうと、借入額が収入よりも高い=返済の能力を超えていると判断されてしまいます。

そのような利用者に融資を行ったところで、返済できずに滞納・最悪の場合は返済が困難になってしまい、踏み倒し…なんてことになりかねません。

おまとめローンを提供している側としても、ボランティアでサービスを提供しているわけではありません。

そのため、わざわざリスクのある利用者を、審査に通過させるということは行わないでしょう。

滞納を起こすリスクが高いと判断される

おまとめローンの審査の中で、利用者が滞納を起こすリスクが高いと判断されると、おまとめローンの審査に通らない確率が高くなります。

借入残高が返済能力を超えている、でも当てはまりますが、その他にも審査の中で滞納を起こすリスクが高いと判断されると、容赦なく審査に通らない…なんてことになりかねません。

またおまとめローンの審査でチェックされるのは、カードローンやローン商品の利用履歴だけではありません。

クレジットカードのキャッシング枠や、クレジットカードの返済滞納なども審査時に要チェックが行われます。

カードローンだけの利用枠は基準をクリアしているけど、クレジットカードのキャッシング枠も入れると返済能力を超えていた!なんてことになりかねないのです。

利用していなくても審査時にはチェックの対象となってしまうのです。

キャッシング枠を利用していない場合は枠を削除してもらうなどを行い、少しでもリスクとなりやすい項目をクリアにしておきましょう。

過去のローン利用の中で滞納を起こしたことがある

過去にカードローンやクレジットカードの利用の中で、返済・請求の滞納をしてしまったことがある場合も、おまとめローンの審査に通らない原因になります。

現時点での収入状況などに問題が無かったとしても、過去に滞納を起こしてから5年以内であれば、審査落ちの対象となります。

「返済日を少し過ぎてしまった」くらいであれば特に記録が残りませんが、ここで注意したいのが下記の二つです。

  • 61日以上・もしくは3カ月以上の延滞を起こした
  • 返済が出来ず保証会社が代位弁済を行った

いずれかを起こしてしまうと、その記録が個人の信用情報に「異動情報」として記録がされます。

おまとめローンの審査時には、利用者に問題が無いかを信用情報の照会を行いチェックをします。

そのため審査時に異動情報の記載が見つけられた時点で、おまとめローンの審査にはほぼ通らないでしょう。

ちなみに異動情報が消えるのは、その滞納の状態が改善されてから5年です。その間は新規で申し込みを行っても審査には通らないため、消えるまで待つ必要があるでしょう。

申し込みブラックでも融資可能?ブラック原因や対処法も紹介
キャッシングに申し込んだのに何も審査を受けないまま審査落ちの連絡が入る場合もあります。 審査をしているとは思えないような時間で審査落ちの連絡を受ける場合、ブラック状態に陥っているケースがあります。 ブラックは返済していないなどの...

収入が安定していない

収入が安定していないと判断されてしまうと、おまとめローンの審査には通らないでしょう。

おまとめローンの審査では、高額での融資となりますよね。

そのため返済が滞納されないためにも、利用者の収入の安定さを重視されます。

収入の安定さとは、どのような状態を指すのでしょうか。

ここでは正社員として毎月、一定の給与額を得ている、ということが一つの判断ポイントです。

一方でアルバイト・パートなどの場合、給与額がシフトに依存してしまうため、シフトが入らないと収入が減ってしまい、返済が滞納されてしまうというリスクがあります。

そのため、そもそも正社員でないと申し込みすらできない、なんてケースも多いのです。

また正社員であっても、歩合給などの場合も要注意が必要となります。

中には歩合給でガンガン稼いでいるため、返済も余裕と判断されるのでは?と思われがちですが、歩合給であると収入が安定していないという判断になってしまいます。

歩合が全く入らなかったから返済にお金を回せずに、支払いが滞納してしまった…なんてことになりかねないため、歩合給であるとおまとめローンの審査に通らない可能性が高くなってしまうのです。

そういったリスクがあることを頭に入れておきましょう。

借入件数が5件以上ある

おまとめローンでは、すで借入件数が5件以上あると、審査に通りません。

基本的におまとめローンに限らず、新規のローン申し込みを行う際は、多くても3件までとなります。

借入件数が多い人のことを、多重債務者と呼びます。

多重債務者の場合、審査担当者としても融資を行うことにとてもリスクを伴ってしまいます。

原因としては1社目の支払いが間に合わず、2社目で借りて返済を間に合わせている可能性が高いためです。

そのような場合、おまとめローンで債務状況をまとめたところでまた返済が滞ってしまう可能性が高いと言えます。

そのため借入件数が増えるごとに、おまとめローンの審査に通りにくくなるといえるのです。

『おまとめローン』のため、複数の債務があることは前提にはある物の、件数が増えるとその分の審査のハードルも高まります。

借入件数が5件を超える場合は、おまとめローンでも新規申し込みを行っても審査に通らないため、何かしらの対策が必要と言えます。

過去に債務整理を行ったことがある

過去に債務整理を行ったことがある場合、おまとめローンの審査に通りません。

債務整理とは、ローンなどでの返済が困難になってしまった場合、裁判所に申し立てを行い、返済額の減額・免除を行う措置です。

債務整理には段階があり、一番簡単なものは任意整理から、支払いが困難だと判断された場合は自己破産となってしまいます。

債務整理を行うと、5年間はおまとめローンをはじめとする、ありとあらゆる金融商品の審査申し込みが出来なくなります。

自己破産になると車などは差し押さえとなり、10年間は新規申し込みが出来なくなるのです。

そのため、一度でも債務整理を行ったことがある場合はおまとめローンの審査に通過することはできないため、注意が必要です。

誰にもバレずに自己破産は可能?
「借金が返済できず自己破産を考えている」 「家族や会社にバレずに自己破産したい」 多額の借金を抱え、自己破産を考えている…という人も多いと思いますが、そんなときに気になるのが「家族や会社に自己破産の事実がバレること」ではないでし...

申し込みブラックになってしまっている

申し込みブラックのなってしまうと、おまとめローンの審査に通過することはできません。

申し込みブラックとは、複数のローン商品に同時に申し込みをおこなってしまい、全てのローンの審査に落ちてしまうことです。

この状態を申し込みブラックと呼びます。

一度申し込みブラックとなってしまうと、半年間はブラック状態が続くため、新規のおまとめローンの審査に通過できなくなってしまうのです。

カードローンなどでは特に利用者の総量規制を超えての融資を行わないように、厳しくチェックが入ります。総量規制を超えての融資を行ってしまうと、融資を行ったローン会社側にペナルティが課されてしまうためです。

同時期に申し込んだ複数の商品が審査に通過してしまい、最終的に総量規制を超えてしまった…

なんてことになりかねないためにも、同じタイミングで複数のおまとめローンに申し込むのはやめましょう。

申し込みブラックでも融資可能?ブラック原因や対処法も紹介
キャッシングに申し込んだのに何も審査を受けないまま審査落ちの連絡が入る場合もあります。 審査をしているとは思えないような時間で審査落ちの連絡を受ける場合、ブラック状態に陥っているケースがあります。 ブラックは返済していないなどの...

おまとめローンの審査に通らないのは審査が厳しいから?

ここまではおまとめローンの審査に通らない理由を解説してまいりました。

おまとめローンの審査に通らない理由を考慮した上で、おまとめローンの審査難易度はどのくらいでしょうか。

結論から申しますと、おまとめローンの審査は厳しい傾向にあります。決して審査が甘いようなことはありません。

審査が厳しい理由には、一度に利用する金額が大きいということが大きな要因です。

これまで利用してきた複数の金融機関での借り入れを一つにまとめるため、当然利用金額もとても多額での利用となります。

そのためローン会社としても、仮に返済が滞納されてしまった場合、自社で負担となってしまう金額が膨大な金額となり、リスクとしても極めて高いものとなります。

そのため、確実に返済を進められる真面目な人物であるか、そもそも返済するための収入力・信用力はあるかなど、厳しくチェックを行っているのです。

おまとめローンの審査に通らない…!なんてことを避けるためのコツ

ここまでおまとめローンの審査に通らない原因や、審査が厳しい背景などを解説してまいりました。

しかしおまとめローンの審査も、審査に審査に通りやすくするコツを駆使することで審査に通過しやすくなります。

そこでここでは、おまとめローンの審査で審査通過率を上げる為のコツを解説していきます。

  • 複数のおまとめローンに同じタイミングで申し込まない
  • 申し込み時に虚偽の申告をしない
  • 利用の目的で「借金の一本化」であることを伝える
  • 今後も借り入れを行う予定があるのなら銀行のカードローンを使う
  • 審査に通りやすいとされている商品を利用する

各コツをもう少し詳しく解説していきます。

複数のおまとめローンに同じタイミングで申し込まない

複数のおまとめローンに、同じタイミングで申し込みを行うのはやめましょう。

同時期に複数申し込みをおこなってしまうと、申し込みブラックになってしまうためです。

申し込みブラック状態になってしまうと、自分のスペック自体に問題は無くても、新規申し込みを行っても審査に通過できない、なんてことになってしまいます。

おまとめローンの申し込みでブラック状態になってしまうことを防ぐためにも、下記の注意点に留意しながら申し込みを行うことをおススメします。

  • 一回に申し込む商品は一つまで
  • 一つの商品の審査結果が判明してから次の審査に申し込みを行う
  • 一つ気に申し込みを行う件数は最大3件まで

申し込みブラックで審査に落ちてしまうのは非常にもったいないため、慎重に申し込みを進めていきましょう。

申し込み時に虚偽の申告をしない

おまとめローンの審査に通過したいからと、申し込み時に虚偽の申告を行うことは絶対にやめましょう。

特におまとめローンの審査は、申し込み者の信用力も厳しくチェックが行われます。

収入状況も大切ですが、それ以上にきちんと返済を行うための信用力があるのかを重視するのです。

しかし申し込みの時点で情報をごまかすような利用者の場合、融資後も何かと誤魔化されてしまうのではないか?と勘繰られてしまいます。

おまとめローンとしても、わざわざ虚偽の申告を行うような信用力にかける人に融資を行うリスクを取りません。

確実に審査に通過したいのであれば、審査申し込み時に虚偽の情報を申告することは絶対にやめましょう。

入力ミスにも要注意

おまとめローンの申し込み時には、必要情報の入力ミスにも気を付けましょう。

誤った情報で申し込みをおこなってしまうと、きちんと連絡を行うことができず、結果審査落ちとばってしまうことがあります。

またそれが他の連絡方法で確認が入れば挽回は出来ますが、審査担当者からすれば提出された情報が全てです。

そのため、入力ミスであっても「虚偽の申告を行った」と判断されてしまえば、審査に通らない原因にもなってしまうでしょう。

おまとめローンの申し込み時の入力ミスにも十分に気を付けましょう。

利用の目的で「借金の一本化」であることを伝える

おまとめローンの審査申し込み時には、利用目的で『借金の一本化』であることを伝えるようにしましょう。

おまとめローンの専用商品であれば、おまとめ目的での利用ということが分かりますが、銀行カードローンなどにまとめる場合、現在の債務状況も審査時に影響を及ぼしてしまいます。

たとえば現在2社で100万円の借り入れを行っている場合、借金の一本化であるかどうかを伝えるだけでも審査時の状況が180度変わってしまうのです。

年収:300万円 現在の借入件数/残高:2件/100万円

おまとめ目的を伝えていない場合

すでに100万円の債務があるのに、追加で借りて、トータルで200万円か…そもそも総量規制を超えているし、融資を行っても返済できずに踏み倒される可能性が高いな…

おまとめ目的であることを伝えての申し込み
現在の100万円の借り入れをまとめる目的ね。今の今の収入情報から見ても滞納する心配は無し。問題はないから融資を行っても大丈夫そう

今後も借り入れを行う予定があるのなら銀行のカードローンを使う

おまとめローンで債務状況をまとめたあとでも、追加で融資を利用する予定がある場合は、おまとめローン専用の商品利用はあまりオススメできません。

おまとめローンの場合、返済をまとめて債務状況を整理する目的があります。

そのため、基本的のおまとめローンでまとめた後は商品の規約により、完済がされるまで新規のローン申し込みが出来ません。

今の状況を少しでも改善させたいからおまとめローンを利用したかったけど、返済まで新規の申し込みが出来ないのはきついな…という人は、おまとめローンの利用はおすすめできません。

そこで、銀行カードローンを利用を行い、おまとめローン代わりに使用することがおススメです。

銀行カードローンは、高額での利用を目的としています。

そのため、おまとめローンとして利用を行うのにもピッタリのサービスです。

総量規制などの制限もない為、銀行カードローンでまとめた後も新規のカードローンに申し込みを行うことが可能です。

おまとめ後も新規のローン利用の予定がある場合は、銀行カードローンをおまとめローンとして利用することを検討しましょう。

また、申し込み時には借金の一本化での利用目的であることを忘れずに伝えましょう。

審査に通りやすいとされている商品を利用する

おまとめローンの審査に通らなかった…なんてことにならないためにも、審査に通りやすい商品を利用することも大切です。

おまとめローンの審査自体は、通常のカードローン商品に比べると高額での利用となるため、審査が厳しくなりがちです。しかし中には審査に通りやすいとされている商品もあります。

そういった審査に通りやすい商品を利用していき、確実に審査通過を目指す、ということも一つの方法と言えるでしょう。

審査に通りやすいおすすめおまとめローンはこれだ!通過するためのポイントは?
「カードローンの借り入れを一本化して、返済を楽にしたい…」と悩んでいる人におすすめなのが「おまとめローン」です。 他社借り入れを一本化して、金利を下げることができるほか、返済日がまとまるので管理がしやすくなるというメリットがあります。...

おまとめローンの審査に通らない事例

ここまではおまとめローンの審査に通らない理由や、審査に通過するためのコツなどをご紹介してまいりました。

しかし実際に審査に通らなかった人は、どのような利用状況であったのかなど、気になりますよね。

そこでここでは、実際におまとめローンの審査に申し込み経験があり、審査に通らなかった経験のある人の事例を解説していきます。

おまとめローンの口コミは下記の記事でも紹介しているため、併せてチェックしてみて下さい。

おまとめローンの口コミをご紹介!口コミ人気はどこのおまとめローン?
複数のキャッシングを利用している場合、おまとめローンを利用して、借金を一本化してしまったほうがお得になることが多いです。 しかし、いま借り入れをしているキャッシング業者からおまとめローンを選んだ方がいいのか?そもそもどこがいいのかなど...

おまとめローンの審査の基準

おまとめローンの審査に通らない…なんてことを防ぐためには、おまとめローンの審査基準を頭に入れておくことが大切です。

審査基準を知ることで、より審査通過のために対策すべきことが明確化するため、よりスムーズに事が進みます。

おまとめローンの審査時には、主に下記の項目をチェックされます。

  • 申し込み者の返済能力
  • 信用情報(=信用力)

要は返済のための収入があるか、利用者がきちんと返済を行うための信用力があるか。これまでのローンの利用のなかで延滞や滞納を起こしていないかなど、厳しくチェックが行われます。

それでもおまとめローンの審査に通らないときの対処法

おまとめローンの審査に通らなかった…それで諦められない…

そんな時にできる、審査に通らなかった時の対処法を解説していきます。

  • 借金の総額を少しでも減らしておく
  • プチおまとめを行っておく
  • 申し込みまで問題を起こさないようにする
  • 信用情報に問題が無いかをチェックしておく
  • 最終的には債務整理も

各対処法について解説していきます。

借金の総額を少しでも減らしておく

おまとめローンの申し込み前に少しでも返済を進めておき、借金の総額を減らしておきましょう。

利用金額が大きければ大きいほど審査のハードルが高まりますし、逆に少ないほど審査に通過しやすくなります。

審査担当者としても、少しでもリスクが低い利用者に融資を行いたいということには変わりありません。

審査に落ちてしまってもおまとめローンの利用が諦められない時には、次の申し込みまで少し時間をおいたうえで、その間にも返済を進めておきましょう。

出来れば1社だけでも完済を目指せると、審査の通過率もより高まります。

プチおまとめを行っておく

おまとめローンの審査通過率を高めるためには、プチおまとめを行っていくことも大切です。

例えばA社・B社・C社での3社で借り入れを利用している場合、C社の借り入れ分をB社で借りて、C社の借り入れを完済させることです。

1件すると借入金額の総額は変わりありませんが、借入件数が減っているため、若干審査に通りやすくなるのです。

このように少しでも件数や総額を減らすことで、微々たるようにも感じますが、審査通過率も「グンと上がりやすくなるのです。

そのため、おまとめローン利用前に少しずつプチおまとめを行うことも効果的です。

しかしこの場合、B社での借り入れ限度額が足りない場合は利用できないため、増額申し込みを行う必要などもあります。

カードローンの増額審査に通るコツは?審査に落ちてしまう原因とは
カードローンは、審査時に決められた限度額内であればいつでも好きなタイミングで借入が可能です。 しかし、もうちょっまとまったお金が必要であったりと、今の限度額じゃ足りないこともありますよね。 もう少し借りたいからと2社目のカードロ...

申し込みまで問題を起こさないようにする

次の申し込みまでに問題を起こさないように細心の注意を払いましょう。

少し期間を空けておまとめローンの審査申し込みに再チャレンジしてみたものの、今度は他の要素でひっかかってしまい審査に通らなかった…なんてことになりかねません。

申込みまでの間になんらかの問題を起こしてしまわないように、最新の注意を払っていきましょう。

信用情報に問題が無いかをチェックしておく

申し込み時に自分の信用情報に問題が無いかをチェックしておくことも大切です。

仮に信用情報に問題がある場合、審査申し込みを行っても審査に通ることはできません。

そのため、無駄に審査落ちの履歴を作ってしまわないためにも信用情報をあらかじめ確認しておくことも大切です。

信用情報の確認方法は、信用情報機関に照会手続きを行うことで確認することができます。電話・WEB・郵送から申し込みが可能で照会には1000円程度の手数料が発生しますが、確認をして損はないでしょう。

消費者金融の審査で必ずチェックされる信用情報の項目
消費者金融カードローンの審査で避けてはとおれないもの…、それは「信用情報機関の調査」です。 カードローンを提供している消費者金融は貸金業法の規制を受けますが、貸金業法では「審査時には必ず返済能力を調査すること」を義務付けています。 ...

最終的には債務整理も

おまとめローンの審査に通らなかった場合、すでに現在の債務状況が深刻化している可能性があります。

現在もちょくちょく滞納を起こしてしまっている、というような状態の場合、おまとめローンでは間に合わない状態の可能性が高いです。

その場合は最終手段として、債務整理も検討することをおススメします。

任意整理:融資を行っている金融業者に交渉を行い、借金の返済額を減額してもらうこと

個人再生:借金総額の20%・100万円のいずれか金額が大きい方を3年間で返済できれば残りの借金は全額免除してもらえます。

自己破産:借金の全額を免除してもらえますが、裁判の手続きは厳格で、家や車など原則として20万円以上の財産は手放さなくてはなりません。

オススメのおまとめローンは?

ここまでは、おまとめローンの審査に通らなかった時の対処法などをご紹介してまいりました。

対処法のなかには審査に通りやすい商品を活用することもコツの一つとして紹介いたしました。

そこでここでは、おまとめローンの審査に通りやすい商品をご紹介していきます。

  • アイフルおまとめローン
  • アコムおまとめローン
  • 中央リテール

アイフル

申込資格 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方
貸付利率 3.0%~17.5%
遅延損害金 20.00%
契約限度額 1万円~800万円
担保・保証人 不要
必要書類
  • 他社借入条件等の確認ができる書類
  • 本人確認書類
  • 源泉徴収票等収入を証明する書類
追加借り入れ 不可
返済方法 口座振替
アイフルのおまとめローンはどんな商品?利用するメリットは?
「おまとめローンの利用を検討しているのだけど、どの会社に申し込みをすればいいかわからない」 「アイフル含めた複数社から借り入れをしているのだけど、月々の返済負担を減らしたい」 こちらの記事では、そんな人に向けてアイフルのおまとめ...

アコムの貸金業法に基づく借換え専用ローン

申込資格 満20歳以上で安定した収入があり、アコムの審査基準を満たしている人
貸付利率 7.7%~18.0%
遅延損害金 20.00%
契約限度額 1万円~300万円
担保・保証人 不要
必要書類
  • 他社借入条件等の確認ができる書類
  • 本人確認書類
  • 源泉徴収票等収入を証明する書類
追加借り入れ 不可
返済期間 最長13年7ヶ月(2回~162回)
アコムのおまとめローンを詳しく解説!疑問をスッキリ解決します!
あちこちの金融機関から借入があって、毎月の返済が厳しい… という人は、アコムのおまとめローンでの利用を検討してみてはいかがでしょうか? アコムのおまとめローン利用すれば、複数の借入を一本にまとめられます。 ところが、アコム...

中央リテール

申込資格 満20歳以上で安定した収入があり、審査基準を満たしている人
貸付利率 10.95%~13.00%(不動産担保は8.2%~9.8%)
遅延損害金 20.00%
契約限度額 ~500万円(不動産担保で3000万円まで)
担保・保証人 不要
必要書類
  • 他社借入条件等の確認ができる書類
  • 本人確認書類
  • 源泉徴収票等収入を証明する書類
追加借り入れ 不可
返済 おまとめローン専用
消費者金融の中央リテールの審査基準は?口コミなども紹介
消費者金融でも、おまとめローンを専門としているのが中央リテールです。 この会社では、おまとめローン以外の借入はできなくなっています。 ただ、他社借入を持っている人にとって、審査基準の甘いおまとめローンを利用できるのはいいところで...
審査に通りやすいおすすめおまとめローンはこれだ!通過するためのポイントは?
「カードローンの借り入れを一本化して、返済を楽にしたい…」と悩んでいる人におすすめなのが「おまとめローン」です。 他社借り入れを一本化して、金利を下げることができるほか、返済日がまとまるので管理がしやすくなるというメリットがあります。...

おまとめローン審査通らないときはコツを駆使しよう

今回はおまとめローンの審査に通らない理由にはどのようなものがあるのかについて解説をしてまいりました。

おまとめローンの審査に通らない理由として考えられる原因には、下記のようなものがありました。

  • 借入残高が返済能力を超えている
  • 滞納を起こすリスクが高いと判断される
  • 過去のローン利用の中で滞納を起こしたことがある
  • 収入が安定していない
  • 借入件数が5件以上ある
  • 過去に債務整理を行ったことがある
  • 申し込みブラックになってしまっている

などが考えられるということが分かりました。

おまとめローンの審査に通らない場合は上記の原因に当てはまっていないか?またこれから審査申し込みを行う人は上記の要因に当てはまっていないかをよくチェックしてから申し込みを行うようにしていきましょう。

おまとめローンのデメリットを徹底分析!対処法についても解説
「これまでの借り入れ金を完済してスッキリしたい!」そんな人におすすめなのが「おまとめローン」です。 これを利用することで、複数社からの借り入れを一つにすることができます。 その結果、金利の軽減や返済額を減らせられる可能性があるの...
低金利のおまとめローンはどこ?銀行・消費者金融を比較して紹介
「おまとめローンと契約しようと思っているけど、オススメのおまとめローンはどこ?」 「低金利のおまとめローンと契約をしたい」 このように思っている人のために、この記事では低金利かつ、オススメのおまとめローンを紹介していきます。 ...
カードローンは審査なしで作れるの?確実に審査通過するためのコツとは
なんとかお金を借りたいけど、審査に通過できるか不安。 審査なしで作れるカードローンてないのかな? カードローンの利用時の心配の種といえば、審査に通るか否かですよね。 カードローンは審査なしで...