おまとめローンの審査に通らないときの対処法は?

おまとめローン

今の借金の負担を少しでも減らすためにおまとめローンを利用しようとしても、審査に通らない…。

なぜ、おまとめローンの審査に落ちてしまうのでしょうか?

おまとめローンの審査は厳しい傾向にあります。きちんと対応をしておかなければ、審査に通過するのも難しいでしょう。

ここでは、おまとめローンの審査に通らない理由を元に、審査に通過するための対策をご紹介していきます。

プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短1時間融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
公式サイトはこちら

審査基準をクリアしないとおまとめローンの審査は通らない

おまとめローンの審査に通らない理由には、審査基準をクリアしていない可能性が高いです。

ここでは、おまとめローンの基本的な審査基準や注意ポイントを確認していきましょう。

  • 申し込み時に入力ミス・虚偽の申告をしている
  • 借り入れ状況が総量規制を超えている
  • 他社での借り入れ件数が多い
  • 勤務先の勤続年数が短い
  • 申し込みブラックとして扱われている
  • これまでの返済に問題がある

各ポイントを確認していきましょう。

申し込み時に入力ミス・虚偽の申告をしている

申し込み時に申告する個人情報・勤務先情報が、実際の情報に相違がある場合、おまとめローンの審査に通りません。

虚偽の申告をしている時点で、おまとめローンの審査担当者からは信用を失っています。

「ちょっとくらい情報を盛ってもバレないでしょ」などと高を括って申し込みをしても、審査の途中で絶対にバレます。

おまとめローンの審査では、下記の項目もおこなわれます。

  • 本人確認書類の提出
  • 収入証明書の提出
  • 申告した勤務先への在籍確認の電話
  • 個人信用情報機関の照会

これらの情報を元に、おまとめローンの審査は厳密に行われます。

特に最後の個人信用情報の照会では、これまでのキャッシングの利用履歴などが記録されています。

申し込み履歴や、延滞の記録なども全て保管されていますので、最初の申し込みフォームでの申告時に虚偽の申告をしても後々バレます。

また雇用形態なども、提出された収入証明書などの情報などを元に考慮するため、やはりバレてしまうのです。

おまとめローンの審査でも、一つの項目が引っかかったからといってすぐ審査落ちしてしまうわけではありません。

様々な情報から相対的に審査を行うので、細かいところで盛ろうとするのはやめましょう。

借り入れ状況が総量規制を超えている

申し込み時の借り入れ状況が総量規制を超えてしまっている場合、おまとめローンの審査には通らないでしょう。

通常のキャッシングやおまとめローンでは、融資を行うのに『貸金業法』という法律に則って運営をしています。

貸金業法では、総量規制を超えての融資を行ってはいけないという決まりがあります。

そのため、総量規制を超えている申し込み者はおまとめローンを申し込んでも審査には通らないのです。

仮に総量規制を超えている申し込み者に融資を行ってしまった場合、貸金業法を違反していることになるため、ペナルティを食らうことになります。

総量規制とは、年収の1/3までしか借り入れが出来ないという決まり。

年収が300万円であれば消費者金融などで借り入れが出来るのは100万円が上限になります。

他社での借り入れ件数が多い

他社での借り入れ件数が多くても、おまとめローンの審査に通らないのです。

基本的に総量規制の方が重視されるので、件数が多くても総量規制を超えていなければ問題はありません。

しかし印象だけでいうと、いくつものキャッシングを利用しているのはあまりよろしくありません。

おまとめローンの審査担当者からすれば「何件ものキャッシングを利用しないといけないほど困っているのか」という印象を持ちかねません。

自転車操業に陥っている可能性も懸念されるので、おまとめローンでまとめる前に少しでもまとめておく、返済をしておけるものは返済をしておきましょう。

使っていないキャッシングは解約手続きをしよう

以前申し込みをして、完済してそのままにしているキャッシングがある場合、解約手続きをしておきましょう。

完済=解約ではありません。カードローンはフリーローンと違い、上限の中では何度でも利用が可能です。

そのため既に完済をしていても、信用情報上では利用継続中という扱いになるのです。

例えば、下記のような条件。

以前A社で3万の融資を受け、完済。その後A社では借り入れは無し、現在はB社で2万円のみの融資。

と言ったような借り入れ状況ですと、借入ではB社のみの利用ですが、審査時の信用情報を照会ではA社とB社の2社から借りいれいを利用している状況になってしまうのです。

これでは審査担当者側からすると「多重債務者」となってしまうので、今は借り入れを行っていないキャッシングがあるのであれば、きちんと解約手続きを取りましょう。

解約をしても、すぐには信用情報に反映されないので、解約手続き時には「解約証明書」を発行してもらいましょう。

勤務先の勤続年数が短い

勤務先への勤続年数が短いことも、おまとめローンの審査に通らない原因の一つになりかねません。

勤続年数が短いと、すぐ辞めてしまい、返済のための収入源が絶たれてしまうのではないかと懸念されるためです。

要は「安定した収入があるか否か」が重要なポイントです。

勤続年数が少ない場合には、収入証明書を提出し、きちんと収入があることを証明することで、審査に通らないことを防ぎましょう。

申し込みブラック状態に陥っている

短期間の間に、いくつものおまとめローンやキャッシングの申し込みを行っていると、おまとめローンの審査に通らない原因になってしまいます。

キャッシングの申し込み状況なども、これまでの経歴として信用情報に記録が残ります。

おまとめローンの審査担当者が審査時に、信用情報を照会して審査を行います。

短期間で複数の申し込み履歴があることが発覚すると、「いくつも申し込みを行わないといけないほど、債務状況に困っているのか」「他のおまとめローンでは審査に通らない理由があるのでないか」と懸念されてしまい、審査に通らないことがあります。

申し込みブラックでも融資可能?ブラック原因や対処法も紹介
キャッシングに申し込んだのに何も審査を受けないまま審査落ちの連絡が入る場合もあります。 審査をしているとは思えないような時間で審査落ちの連絡を受ける場合、ブラック状態に陥っているケースがあります。 ブラックは返済していないなどの...

金融事故を起こしている

金融事故を起こしていると、おまとめローンの審査には通りません。

金融事故とは、キャッシングなどで返済遅延を起こしていたり、債務整理などを起こしてしまっていることを指します。

信用情報に記録がされてしまっていることを言います。

それでは金融事故と呼ばれる信用情報にキズがつく状態とは、どのようなことを指すのでしょうか。

  • 返済の延滞
  • カードローンの返済
  • クレジットカードの支払い
  • 奨学金の返済
  • 携帯電話の分割払い
  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産
金融ブラックはどのような状態なの?厳しい状態はいつ消えるのか
ブラックと呼ばれる中には金融ブラック状態の人もいます。 金融ブラックは信用されていない状況であり、借入が困難となっています。 ブラックの状態は非常に大きな影響を受けるほか、場合によっては数年間の借入が不可能となり、ローンを使えな...

おまとめローンの審査に通るための対策は?

上記でご紹介した審査基準をクリアしていれば、審査に通る可能性が高いです。

しかし結局「誰でも審査に通るような審査が甘いおまとめローン」というのは存在しないので、審査に通るようにしっかりと対策を練ることが大切です。

全然おまとめローンの審査に通らない!なんてことを防ぐために、確実におまとめローンに通るための対策を行いましょう!

おまとめローンの審査に通らないのを防ぐための対策は下記の2ポイントです。

  • おまとめローン目的であることを伝える
  • 審査に通りやすいローンに申込む

細かいポイントを確認していきましょう。

おまとめローン目的であることを伝える

おまとめローン専用の商品に申し込みを行う場合は問題ありませんが、おまとめローンにも利用できるローン商品で申し込みを行う場合、利用目的を伝えないと、審査に通らないことがあります。

例をあげてチェックしてみましょう。

現在A社で60万円、B社で50万円を借りているローンを、新たにC社のローンサービスでおまとめローンとしてまとめようとしている場合。

C社の審査担当者には、おまとめローンの申し込みであることを伝えていないと、「この申し込み者はすでに2社から110万円の融資を受けているのに新たにローンを組もうとしている…」と融資を懸念されてしまい、審査に落ちかねません。

そのような意図せずことでおまとめローンの審査に通らないなんてことを防ぐためにも、きちんと「おまとめローン目的である」ことを、申し込みをした時点で伝えましょう。

審査に通りやすいローンに申込む

おまとめローンの審査に通らないことを防ぐために、審査に通りやすいおまとめローンを戦略的に狙って申し込みを行いましょう。

審査に通らないのは、自分の目的にあったおまとめローンを選択できていないから。

審査に甘い・誰でも審査に通るようなおまとめローンはありませんが、きちんとローン選択ができていれば、審査に通りやすいおまとめローンはあります。

ここで審査に通りやすいおまとめローンを確認していきましょう。

  • おまとめローン専用の商品を利用する
  • 現在利用しているキャッシングが提供するおまとめローンを利用
  • 金利が高めのローン商品
  • 営利を目的としていないおまとめローン

上記のポイントを押さえたローンを選択することで、より審査に通りやすくなります。

審査に通りやすいおすすめおまとめローンはこれだ!通過するためのポイントは?
「カードローンの借り入れを一本化して、返済を楽にしたい…」と悩んでいる人におすすめなのが「おまとめローン」です。 他社借り入れを一本化して、金利を下げることができるほか、返済日がまとまるので管理がしやすくなるというメリットがあります。...

おまとめローンの審査に通らない時は債務整理を

おまとめローンの審査対策を行っても審査に通らない場合、債務整理を行いましょう。

審査に通らないときの対策をしても、おまとめローンの審査に落ちてしまった…。

前述でも紹介している、審査の通りやすいおまとめローンを利用しても審査落ちしてしまう時は、債務整理も検討しましょう。

おまとめローンの審査に通らないからと、そのまま放置して返済を続けていても、リスクが高すぎます。

複数の返済で整理がつかなくなっている、収入が無くて返済していく手立てがない、といった状況に陥っている方は、債務整理行いましょう。

債務整理とは、現在の借金など整理することです。整理することで、返済負担額を減らすことが出来ます。

一口に債務整理といっても実際に債務整理を行うには、状況によって対応するものが異なります。

確認していきましょう。

任意整理 弁護士と借入先の業者と交渉をし、借金や利息の引き下げを行う手続き。月の返済額を引き下げことが目的
個人再生 借金の減額や引き下げ裁判所に申し立てる手続き、借金は1/5まで減らすこともできる
自己破産 破産の申し込み。裁判所に申し立て、返済を免除してもらう手続きのこと。持ち家や車などの財産をすべて差し押さえられる

債務整理と聞くと、全ての財産を差し押さえられるようなイメージがありますが、債務整理にも上記のように段階があります。

全く収入が見込めないといった状況にもなると、自己破産を検討する必要もありますが、自分に少しでも収入がある場合は、任意整理などですむことも。

任意整理で済めば、周りにバレずに債務整理を行うことが可能ですので、おまとめローンの審査に通らないときは、債務整理も検討しましょう。

債務整理をすると5年~10年はローンが組めない

債務整理を行うと、向こう5年から10年間は、債務整理を行った旨が信用情報に残ります。

そのため、新たにカードローンなどを組むことは出来ませんし、住宅ローンも組むことが出来ません。

また債務整理を行う際は、自分で進めるのは困難です。弁護士事務所などに依頼をし、プロの手に助けてもらいながら行いましょう。

おまとめローンの審査に通らない人の体験談

おまとめローンの審査に通らない人の体験談もとに、審査に通らないときの対処法をご紹介していきます。

アイフルで60万円、レイクで50万円、フクホーで20万円借りています。

毎月三社の支払いをしていましたが、3つとも支払日がバラバラで、管理がめんどくさいし、とにかく利息が膨らんで全然返済額が減らない。

しかもちょいちょい返済を忘れてしまいがちで。

その時にアイフルでおまとめローンというのがあることを知りました。

おまとめローンを使うことによって、支払いはそのおまとめローン先の一つで良いし、支払いも一つになるからこれまで各社に払っていた利息が、一社にまとまるから利息分も抑えられるよって聞いて。

アイフルのおまとめローンを申し込みました。

しかしなぜか審査に通らず。普通に総量規制は超えていません。これまでも遅れてもちゃんと返済してきたし、なによりアイフルは利用しているのに落とされるなんて意味が分かりません。

この人の場合は、利用しているアイフルのおまとめローンを申しこむ・おまとめローン専用商品を利用しているのにも関わらずに審査に通らないとのこと。

一番は「ちょいちょい返済を忘れてしまいがちで。」というポイントです。

返済の延滞を繰り返していると、金融事故を起こしていることになり、信用情報にキズが付きます。

審査に通らない理由には、この金融事故を起こしていることが大きな原因と言えるでしょう。

こういった場合は、申し込みブラック状態を回避するために、前の申し込みから少し日を開けてから、より審査に通りやすいといわれている中小消費者金融のおまとめローンなどを検討しましょう。

アイフルのおまとめローンはどんな商品?利用するメリットは?
「おまとめローンの利用を検討しているのだけど、どの会社に申し込みをすればいいかわからない」 「アイフル含めた複数社から借り入れをしているのだけど、月々の返済負担を減らしたい」 こちらの記事では、そんな人に向けてアイフルのおまとめ...

おまとめローン審査通らないなら対策が大切

今回はおまとめローンの審査に通らない理由や対処法などをご紹介いたしました。

おまとめローンの審査に通らないときは、まずは審査基準をクリアしているかをチェック。

  • 申し込み時に入力ミス・虚偽の申告をしている
  • 借り入れ状況が総量規制を超えている
  • 他社での借り入れ件数が多い
  • 勤務先の勤続年数が短い
  • 申し込みブラックとして扱われている
  • これまでの返済に問題がある

審査基準をチェックして、対策をしても審査に通らなかった場合、債務整理も検討しましょう。

審査に通りやすいおすすめおまとめローンはこれだ!通過するためのポイントは?
「カードローンの借り入れを一本化して、返済を楽にしたい…」と悩んでいる人におすすめなのが「おまとめローン」です。 他社借り入れを一本化して、金利を下げることができるほか、返済日がまとまるので管理がしやすくなるというメリットがあります。...