カードローンの再審査に通るコツは?審査に通らなかった原因を解説

カードローンコラム

カードローンの審査に落ちてしまったけど、再審査に申し込みたい!けど、再審査の対策って何をすればいいの

実は、一度審査に落ちたカードローンに申し込んでも、審査通過することはありません。

そこで今回は、なぜカードローンの再審査に申し込んでも通過できないのか?再審査に申し込みをする場合は、どのような対策が必要なのか?などを解説していきます。

この記事でわかること

  • なぜカードローン再審査のハードルは高いのか
  • 審査に落ちてしまう原因は?
  • 再審査に通過するためのコツは?
  • 再審査が難しい時の対処法は?
プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短1時間融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
公式サイトはこちら

カードローンの再審査はなぜ通過することができない?

カードローンの再審査は、最初の審査申し込みに比べて通過することが極めて難しいです。

基本的にカードローンの審査に落ちてしまう原因は、数日ちょっとで改善できるようなものではないためです。

また実際に審査に落ちたとしても、カードローン会社は審査に落ちた原因を教えてくれません。

そのため対策方法を自分で考えなくてはいけません。

まずは再審査に申し込む前に審査に落ちた原因を追究する必要があります。

カードローンの審査に落ちた原因

カードローンの再審査に申し込むための対策を行う前に、審査に落ちてしまった理由をチェックしていきましょう。

再審査に申し込みを行う前に、審査に落ちた原因をチェックしていきましょう。

  • 収入面が審査基準を満たしていなかった
  • 総量規制に触れていた
  • 金融事故を起こしたことがある
  • 現在の借入件数・残高が多すぎる
  • 同時期に複数のローンに申し込んでいた

上記の理由がに審査落ちの原因であると、基本的に審査に通過できません。

また再審査に申し込んだところで審査結果は変わらないこともあります。

審査に落ちてしまう原因をもう少し深堀していきましょう。

収入面が審査基準を満たしていなかった

カードローンの審査基準では、安定した収入が必要となります。

申込者に融資を行っても、仮に踏み倒されてしまえば、儲けどころか損害になりかねません。

そのようなことにならないためにも、返済していく能力があるかを収入の安定性でチェックしていきます。

これが一定以上の基準を満たしていないと、カードローンの審査に落ちてしまいますし、再審査を、申し込んだところで審査結果は変わらないでしょう。

安定した収入は、収入に関するいくつかの項目を点数化(スコアリング)して安定性をチェックします。

基本的には正社員で毎月の収入額に大きな変動がなければ、安定した収入はクリアします。

アルバイトなどでも、固定シフトで毎月の収入額が一定であれば、安定した収入は十分クリアしています。

しかし下記のような場合、安定した収入とされないケースも。

  • 勤続年数が短い(半年未満)
  • 毎月の収入のふり幅が大きい

この場合、収入が安定性ておらず急に返済が止まってしまう懸念があります。

そんとあめ、審査に落ちてしまう可能性が高いといえます。

総量規制に触れていた

カードローンには、総量規制といって、収入の3分の1以上は借りることができないという決まりがあります。

これは貸金業法という法律の下定められています。

そのため安定した収入はクリアしていても、借入希望額が総量規制を上回ってしまっていると審査通過することはできません。

例えば年収が240万円の場合、総量規制は3分の1の80万円となります。申込時にこの金額を超えてしまっていると、審査に通過できないでしょう。

また申し込み時にすでにほかの金融機関も利用している場合、他社での借入金額と合わせて3分の1以内である必要があります。

240万円の年収で、すでに他社で30万円の融資を利用している場合、今回借入できる金額はマックスでも他社分を差し引いた50万となるのです。

この場合、審査に落ちてしまうほかの原因に引っかかっていなければ少し時間を置くことで再審査に申し込めるでしょう。

貸し付け時に適用される総量規制とは?例外となる事例も紹介
貸金業界では総量規制という言葉があります。 総量規制はキャッシングを利用する際に適用されるもので、貸しすぎを防ぐために使われています。 総量規制は適用される場合と適用されない場合があります。 適用されない場合はもちろんのこ...

金融事故を起こしたことがある

金融事故を起こしてしまったことがあると、審査落ちの原因になってしまっている可能性が高いです。

金融事故とは、ローンなどの利用の中で返済滞納などを指します。

滞納などを起こすと金融事故という扱いになり、個人の信用情報に記録が残ります。

カードローンの審査及び再審査では信用情報が大きなカギを握ります。

信用情報とは、これまでのローンの申し込みや利用履歴が記録されているものです。

審査時に信用情報に記録が残っていると、同じような事故を起こす可能性があると判断されてしまいます。結果、審査に通過することが難しくなるのです。

金融事故が信用情報に記録されてしまうと、5年間はその記録が残り続けます。

その間は新規のカードローン申し込み・再審査を申し込んでも審査通過することはありません。

金融事故の一例

金融事故として信用情報に記録されるものは、下記のような事故情報です。

  • カードローンで長期の返済滞納(61日以上)
  • クレジットカード利用料金の長期滞納
  • スマートフォンなどの分割払いの滞納
  • 自己破産などの債務整理

これらを起こしていると金融事故扱いになってしまいます。

その状態が改善されてから5年間は、新規の申し込みや再審査を行っても、審査に通過することはありません。

金融事故が記録から消えて信用情報が改善されるまで、再審査には申し込まないようにしましょう。

カードローンの審査落ちでも履歴が残る?

ここで注意したいのが、信用情報には申し込みの履歴も残ることです。

カードローンに申し込みを行って、仮に審査に落ちてしまった場合も信用情報に記録が残るため、注意しましょう。

現在の借入件数・残高が多すぎる

カードローンの申し込み時に、他社の借入利用件数や借入残高が高すぎると、審査に落ちてしまいます。

総量規制の問題もあるため、申込者の借り入れ状況も厳しくチェックされます。

また仮に総量規制を超えていなくても借入件数が多すぎると、返済が間に合わない状況となっているケースが多いです。

結果、融資を行っても返済がされないと判断されます。

実際、申し込み時点で3件以上の借入件数があると審査に通過するのは極めて難しいです。4件となると完全に審査通過はできなくなります。

金融事故を起こしているかどうかもわからない時は?

金融事故を起こしているかどうかもわからない時は、自分の信用情報をチェックするのも良いでしょう。

信用情報はWEB、電話、郵送などで開示してもらうことができます。

開示には手数料がかかりますが、やみくもに審査に落ちてしまった理由を推測するよりかは確実な原因に近づくことができます。

信用情報にはいくつか種類があります。種類・開示方法などは下記の記事でチェックしてください。

消費者金融の審査で必ずチェックされる信用情報の項目
消費者金融カードローンの審査で避けてはとおれないもの…、それは「信用情報機関の調査」です。 カードローンを提供している消費者金融は貸金業法の規制を受けますが、貸金業法では「審査時には必ず返済能力を調査すること」を義務付けています。 ...

同時期に複数のローンに申し込んでいた

カードローンの申し込みを同時に複数行っていると、それも審査落ちの原因になります。

申し込み履歴も信用情報上に残るようになっています。

そのため、審査時に他社への申し込みが発覚すると両方の審査に通ってしまったときに総量規制を超えてしまう可能性があります。

そうなると、ペナルティを受けるのは融資を行った金融機関側になってしまうのです。

そうならないように、複数の申し込みが同時に行われていると、すべての審査通過ができなくなってしまうのです。

そのことを申し込みブラックと呼びます。

また申し込みブラックとなってしまうと、半年間はその記録が残り続けるため、新規や再審査に申し込みを行っても審査に通過できなくなります。

複数を申し込みが同時に行われる以外にも、1か月に3件以上の申し込みがされたりしても同様にブラック状態となってしまいます。

申し込みは1件ずつ、次の申し込みを行うときは、今申し込んでいるローンの審査結果が判明してからにしましょう。

申し込みブラックでも融資可能?ブラック原因や対処法も紹介
キャッシングに申し込んだのに何も審査を受けないまま審査落ちの連絡が入る場合もあります。 審査をしているとは思えないような時間で審査落ちの連絡を受ける場合、ブラック状態に陥っているケースがあります。 ブラックは返済していないなどの...

ほかにもこんな理由も

カードローンの申し込み時に、個人情報の入力ミスがあったりしても、審査落ちてしまう原因となることがあります。

また単に入力ミスであればいいですが、故意による虚偽申告として判断されてしまうと、その時点で審査落ちの原因となってしまいます。

入力ミス程度であれば本人確認時などで訂正される傾向があるため、これだけの理由で落ちることは難しいです。

しかし入力ミスで虚偽申告となってしまうのは大変もったいないので、もうしこみじには慎重に入力を行うようにしましょう。

カードローンの審査に通らない理由とは?審査通過のコツを伝授!
「カードローンの審査に通らなかった…」と頭を抱えてはいませんか? お金に困っているからカードローンを利用したいのに、「審査」という初手でつまづく… そんなあなたのお気持ちお察しします。 審査に通らない人たちには、ある共通し...

カードローンの再審査に申し込みたい!対策は?

カードローンの審査におちてしまう理由がわかったところで、どうにか再審査に申し込めないか気になるところです。

ここからは、審査に落ちてしまった原因ごとに再審査に通過するための対策を解説していきます。

  • 半年経過してから再審査に申し込む
  • 少しでも借入件数を減らしておく
  • おまとめローンを利用する
  • 信用情報が改善されるまで待つ
  • 場合によっては中小消費者金融などを活用する

半年経過してから再審査に申し込む

審査に落ちてすぐにほかのローンに申し込んでしまうと、申し込みブラックとなってしまう可能性があります。

そのため、審査に落ちてから半年が経過してから新たに再審査に申し込むことをお勧めします。

信用情報に傷がついている状態の場合、その記録が消えないと意味がありませんので、注意が必要です。

少しでも借入件数を減らしておく

複数の借入件数がある場合は、少しでも返済を進めておき、借入件数を減らしておきましょう。

借入件数が少なければ少ないほど審査に落ちる可能性が低くなるため、確実な方法といえます。

しかし、仮に再審査に申し込む前に完済をしたとしても、信用情報上ではその記録が反映されるまでにラグが発生することもあります。

その時のために、完済したローンにて解約手続きを発行してもらうようにしましょう。

解約手続きはデフォルトで発行されるものではないため、解約手続き時に発行してもらいたい旨を伝えておく必要があります。

また、完済しただけでは借入件数に反映されないため、利用中扱いになってしまいます。

完済をしたら、他社で再審査に申し込むのならば解約手続きも忘れないように行いましょう。

おまとめローンを利用する

もしも借入件数が多すぎて返済がまともに進まないのであれば、おまとめローンを活用して債務状況を改善することをお勧めします。

おまとめローンとは、複数のローンをひとつにまとめることができるサービスです。借金の一本化などとも呼ばれます。

おまとめローンを組むと、下記のようなメリットがあります。

  • 一つにまとめることで、返済はおまとめローンにだけ行う
  • 返済日が月に1回にまとまるため、返済忘れのリスクを軽減できる
  • 月の返済に充てる金額を減らすこともできる
  • 金額によっては利息が減り、最終的な支払金額が下がることも

このようなメリットがあります。

しかし注意したいのが一回おまとめローンを契約してしまうと、おまとめローンを完済するまで新規のローン契約ができないという点です。

すでに借入件数が複数あって新規や再審査に落ちている状況であれば、一度おまとめローンで債務状況を整理することをお勧めします。

審査に通りやすいおすすめおまとめローンはこれだ!通過するためのポイントは?
「カードローンの借り入れを一本化して、返済を楽にしたい…」と悩んでいる人におすすめなのが「おまとめローン」です。 他社借り入れを一本化して、金利を下げることができるほか、返済日がまとまるので管理がしやすくなるというメリットがあります。...

信用情報が改善されるまで待つ

信用情報が改善されるまで、再審査を待つことも一つの手段です。

基本的にいちど信用情報に傷がついた後、その状態が改善されてから5年で、金融事故情報は消える仕組みになってします。

自己破産のみ、10年間となります。

そのため小細工をするよりは信用情報がクリーンになるのを待ってから再審査に申し込む方ことも一つの対処法でしょう。

場合によっては中小消費者金融などを活用する

場合によっては、審査基準が比較的甘いとされている消費者金融に申し込むのも一つの手段です。

例えば、大手消費者金融では信用情報などが原因で審査に落ちてしまっても、中小消費者金融であれば審査に通過できることがあります。

中小消費者金融は、大手と同じような審査基準にしていしまうとなかなか顧客を集められない…という背景があるため、若干審査基準が舞い亜傾向にあるのです。

そのため、大手では審査に落ちてしまうような理由でも、中小であれば審査に通過できるケースもあります。

どうしてもお金が必要で、カードローンの利用を検討したいのであれば、中小の利用もおすすめです。

審査の甘い消費者金融なら中小消費者金融を利用!おすすめの業者を徹底的に調査
大手消費者金融や銀行カードローンは審査が厳しく、ちょっと不備があろうもんなら問答無用で審査に落とされます。 その点中小消費者金融は、大手や銀行に比べると審査が甘い傾向にあり、多少利用履歴に傷がついている人でも利用しやすいキャッシングと...

銀行の審査に落ちても消費者金融は通る?

銀行カードローンの審査に落ちてしまっても、消費者金融にとおることはある?

実際に銀行カードローンの審査基準は厳しい傾向にあり、それに比較すると消費者金融の審査は緩めではあります。

しかし、信用情報に傷がついていたりするのであれば、消費者金融の審査でも通過することは難しいです。

そのため審査落ちた原因によっては消費者金融のカードローンでも良いですが、必ずしも利用できるというわけではないことを念頭に入れておきましょう。

再審査がダメでもお金が必要!そんなときは?

カードローンの再審査は絶望的なことが分かった…だけどもどうしてもお金が必要!

そんなかたのために、キャッシング以外にお金を用意する方法を解説していきます。

  • 質屋で借りる
  • 普段使っているクレカの現金化
  • 周りの人に頼み込む

解各方法をもう少し詳しく解説していきます。

質屋で借りる

カードローンなどのキャッシング以外でお金を作る方法の一つに、質屋でお金を狩つことがあります。

質屋とは、ブランド品の時計やバックを買い取ってくれるお店ですが、質に出すブランド品を担保にお金を借りることもできるのです。

質に出せるものさえあれば、査定金額分内で借入が利用できます。

カードローンのように審査もないので、消費者金融などの利用ができなかった方でも安心して利用できます。

しかし注意したいのが、カードローンのように貸金業法が適用されないため、利息が100%と高金利であるところが多いです。通常のカードローンは18%程度が上限のため、いかに暴利であるかがわかります。

返済ができない場合は、そのまま売ってしまえばいいですが、いつかは手元にブランド品を戻したいのであれば、返済時のことをきちんと考慮しておく必要があります。

普段使っているクレカの現金化

普段使っているクレジットカードにキャッシング機能がついている場合、クレカのキャッシング枠でお金を借りるのも一つの手です。

すでにキャッシング機能がついているものであれば、審査に申し込む必要がありません。

そのためマイページなどから利用申し込みを行い、そのまま提携ATMから引き出すことができます。

基本的にカードローンの金利と同じくらいの18%程度で借りられます

しかしキャッシング機能がついていないと、キャッシング機能の審査に通過しなくてはいけません。カードローンの審査と同様で信用情報などに問題があれば審査通過が難しいので、注意が必要です。

消費者金融で借金があってもクレジットカードの審査に影響はあるのか?
消費者金融などで借金をしている時でも、クレジットカードをつくりたいとき、クレカの審査に通過できるのか気になりますよね。 結論、クレジットカードの申し込み時に借金があると、クレカの審査時に影響を及ぼします。 しかし借金があるからと...

同じ現金化でもショッピング枠の現金化は規約違反なのでNG

他サイトなどでは、クレジットカードのショッピング枠を使って現金化を勧めているところもあります。

ショッピング枠の現金化とは、金券などをクレジットカード払いで購入をおこない、購入した金券を転売してお金を手にすることを指します。

一見自分でお金を払っているため、どこがいけないのかわかりませんよね。

しかしクレジットカードは利用料金が後払いになるため、購入直後はカード会社の所有物扱いになります。

クレジットカードのショッピング枠での現金化はカード会社の規約違反になり、カード強制解約となってしまうことがあります。

そのため、クレジットカードで借りるときはキャッシング枠を利用して借りるようにし、ショッピング枠の現金化は絶対に行わないようにしましょう。

周りの人に頼み込む

どうしてもお金が必要な場合、信用できる周りの人にお願いをして借りることも一つの方法です。

ここで大切なのが、なぜお金を借りるのか説明できるようにしておく必要があります。

周りの人に借りるときも、金融機関で借りるときと同様にきちんと返済を行ってくれるような信用力がないと、貸すのを躊躇してしまいますよね。

またお金のトラブルは関係性の悪化につながりやすいため、慎重に行う必要があります。

そのため、周りの人にお金を借りるときは借用書を作成するようにしましょう。

紙が一枚あるだけで、自分が人から借金をしているという気持ちも生まれますし、相手も安心できるようになります。

借用書を作成する際に、下記のことを相手と話し合って細かいポイントもきちんと詰めておきましょう。

  • いくら借りるのか
  • いつまでに返すのか
  • 毎月いくら返すのか
  • 返済日は
  • 返済方法(振り込みなら口座も)
  • 利息は

借用書の作り方は下記の記事でも紹介しているので、併せてチェックしてください。

借用書の書き方とは? 借用書を有効にする6つのポイントを解説!
借用書はお金の貸し借りにおいて重要な文書です。 しかし、間違った借用書の書き方をしてしまうと、金額を誤魔化されてしまう場合や、そもそも借金をしていないと主張されてしまう可能性があります。 この記事では、法的に有効な借用書の書き方...

カードローン再審査は対策が大切

今回は、カードローンの再審査の通過は難しいことや、審査に落ちてしまう原因などを紹介してまいりました。

カードローンの審査に落ちてしまう原因には、下記のようなことが関係しています。

  • 収入面が審査基準を満たしていなかった
  • 総量規制に触れていた
  • 金融事故を起こしたことがある
  • 現在の借入件数・残高が多すぎる
  • 同時期に複数のローンに申し込んでいた

この場合、数日ちょっとで状態が良くなるわけではないため、再審査の申し込みをしたところで審査結果は同じである可能性が高いためです。

そのため、それでも再審査に申し込みたい人は、下記の対策を行うことが大切です。

  • 半年経過してから再審査に申し込む
  • 少しでも借入件数を減らしておく
  • おまとめローンを利用する
  • 信用情報が改善されるまで待つ
  • 場合によっては中小消費者金融などを活用する

このように再審査のために期間を空けるか、ほかの方法を活用していくことが良いでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

審査のゆるいカードローンはどこ?審査に通りやすくするコツも解説
カードローンの審査に申し込んだはいいものの、審査のゆるいカードローンを探している人も多いと思います。 しかし、審査のゆるいカードローンなんてあるのでしょうか? 今回は審査のゆるいカードローンがあるのか、またカードローンの審査に通...