カードローンの借り換え審査は厳しい?重要ポイントをおさえよう!

カードローンコラム

現在利用しているカードローンの金利は高いから、もう少し条件のいいカードローンに借り換えできたらなあ…

返済の負担を抑えるには金利の低いカードローンに借り換えをするのが効果的ですが、借り換えをするには新たに審査を受ける必要があります。

カードローンの借り換え審査は、通常のカードローン審査とは異なる点もあります。

借り換え審査は厳しいのか、また、借り換え審査ではどのような点を見られるのかについて詳しく解説します。

さらに、借り換え審査に通過するためのコツや注意点などもアドバイスします。

プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短1時間融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
公式サイトはこちら

カードローンの借り換え審査は厳しいの?

ちゃんとカードローン審査に通過できたのだから、借り換え審査にも通過できる
はず…。

そう考える人は多いです。

しかし、カードローン審査に通過できたからといって、借り換え審査にも通過できるはずだと考えるのは早計ですよ。

新規申し込み時よりも審査は厳しくなる傾向にある

カードローンの借り換え審査は、通常のカードローン審査より厳しく行われる傾向にあります。

なぜなら、カードローンの借り換え審査に申し込みをする人は、すでに借入をしている状態でさらに借り入れの申し込みをしなければならないからです。

また、借り換え先のカードローン会社も、

「返済が苦しいから借り換えを希望しているのではないか」

「借り換えをしたいということは、経済状況が低下してきているのではないか」

という前提で審査を行いますので、どうしても基準は厳しくなりがちです。

いずれにしても、充分な返済能力があるかどうかについて、通常のカードローンよりも入念にチェックされるのは間違いありません。

カードローン借り換え審査ではどのような点を見られる?

カードローンの借り換え審査では、下記の二つが重視されます。

  • 返済能力
  • 信用力

カードローンの借り換え審査で特によく見られるポイントについて、順番に見ていきましょう。

年収

年収は、借り換え審査で最も重視されるポイントの一つです。

借り換えをした後も滞りなく返済をしていかなければなりませんから、しっかりチェックされるのは当然だといえます。

年収が高ければもちろん借り換え審査では有利です。

ですが、実際には、年収そのものよりも年収のうちいくら返済にあてられるかの方が重視される傾向にあります。

他の支出が多くて借入の返済に充てられない状態では、どんなに年収が高くてもカードローンの借り換え審査には通過できません。

一般的には年収が200万円以上あれば問題はないといわれています。

勤続年数

勤続年数も、収入の安定性をはかる大きなポイントになるので、重視されます。

勤続年数が長ければ長いほど、借り換え審査では有利になると考えてください。

同じ勤務先に長く勤めている人は、退職や転職をすることなく同じ勤務先で働き続ける傾向にあるので、安定的に収入を得られる可能性が高いと判断してもらえるのですね。

3年以上勤続していると、借り換え審査では高く評価されます。

職業

収入の安定性を判断する際には、申込者の職業も参考にします。

公務員や大手企業は、倒産する可能性が低いので借り換え審査では有利です。

といっても、中小企業だと不利になるというわけではありませんので、その点は安心してください。

ただ、自営業者や個人事業主はサラリーマンのように毎月の収入が決まっているわけではないため、収入の安定性には欠けます。

会社員と比べると借り換え審査には通過しにくいといえるでしょう。

雇用形態でいえば、借り換え審査ではやはり正社員が有利です。

アルバイトや契約社員などは、この先ずっと同じ会社で働き続ける可能性や収入といった面を考えると、正社員より評価が低くなります。

その他の属性

【住居の種類】

現在の住居が賃貸なのか持ち家かによっても評価は異なります。

持ち家に住んでいる場合は、と下記の点で賃貸住宅よりも高く評価されます。

  • それ自体が資産とみなされる。
  • 賃貸とは異なり、急に引っ越しする心配がない

【住宅ローンの有無】

住宅ローンがあることで特に審査に不利になることはありません。

ただし、住宅ローンの負担が大きすぎるとカードローンの返済にも影響が及びます。

返済率があまりにも高い場合は、借り換えの金額を減らされる、あるいは借り換え審査に通過できないこともあります。

【家族構成】

カードローンの借り換え審査に申し込む場合は、独身の方が有利だといえるでしょう。

独身なら自分が自由に使えるお金が多く、ゆとりをもって返済に回せますので高く評価されます。

カードローンの借り換え審査ではこれらのさまざまな項目を総合的に見て、申込者にどのくらい返済能力があるかを判断しているのです。

他社からの借入金額・借入件数

カードローンの借り換え審査では、借入金額よりも借入件数を重視しています。

借入件数が多いと借り換え審査では確実に不利になると考えておきましょう。

例えば、同じように100万円を借りている状態でも、下記のなら、前者の方が借り入れ審査では有利です。

  • 1社から100万円を借りている人
  • 3社からそれぞれ、30万円、30万円、40万円、といった感じで借りている人

何社からも借り入れをしている人は、1社からまとまった金額を借りられるだけの信用がないから、別の金融機関からも借りているのだと判断されます。

また、お金に困ったらすぐに借金に頼る人、お金に対して何の計画性もない人と思われやすいです。

一般的には、4社以上から借り入れがあると、カードローンの借り換え審査に通過する可能性はほとんどないといわれます。

カードローンの借り換えを希望するなら、まずは借り入れ件数を減らしてください。

これまでの返済状況

カードローンの借り換え審査では、これまでの返済状況から申込者にどの程度の信用力があるかを判断しています。

もちろん、これまでに一度も遅延などを起こしたことがない状態が理想的です。

長期延滞など大きな返済トラブルを起こしていなければ大丈夫と思っている人も多いですが、返済日に1日でも遅れると用情報に記録が残ります。

遅延の情報は信用情報に過去2年分記録されていますから、借り換えを希望する人は要注意です。

借り換え審査は、通常のカードローン審査よりも審査が厳しめだということを忘れないでください。

大きな返済トラブルを起こしていれば、当然、カードローンの借り換え審査には通過できません。

借り換え審査が甘いカードローン業者はあるか

インターネットで借り換え審査について調べていると、カードローンの借り換えが簡単にできるかのように書かれている記事を見かけることがあります。

審査が甘い借り換えローンがあればぜひ利用したいですが、本当にそのような借り換えローンはあるのでしょうか?

審査が甘い借り換えローンはありません!

どのカードローン会社でも、借り換えに際しては審査基準を定めていて厳格に運用しています。

審査の基準から少しでも外れていれば、借り換え審査に通過することはありません。

インターネットの情報など見ていると、〇〇の借り換えローンは審査が甘い、などと記載されていることがありますが、審査が甘い借り換えローンなどというものは一切ありません。

ただ、カードローン会社によって借り換えローンの審査基準はさまざまです。

自分の状況にあった借り換えローンを探し当てられた人にとっては、「審査が甘かった」「借りやすかった」と思うことはあるでしょう。

ですが、その基準がだれにでも当てはまるわけではないということは、よく理解しておきたいです。

自分の属性や返済能力にあった借り換えローンを選ぶ

借り換えローンを選ぶ際には、自分の属性や返済能力にあった借り換えローンを選びましょう。

例えば、アルバイトで年収もそれほど多くない人が審査の申し込み基準が厳しい借り換えローンの審査を受けても、通過できる見込みは少ないです。

まずは、自分の属性や返済能力をしっかり把握することが重要です。

その上で、下記のポイントをよく検討し、条件に適合しそうな借り換えローンの審査基準を充分にリサーチしましょう。

  • 毎月返済金額をどれくらいに抑えたいのか
  • どれくらいの期間で返済したいのか

カードローン借り換え審査に通過するためのポイント

ここまでは、カードローン借り換え審査基準や厳しさなどについて解説してきました。

ここから先は、そうした借り換えローン審査にどう対応していけばいいかについて考えていきます。

借り換えを希望していることを申し込み時に伝える

銀行カードローンを借り換えローンとして利用する場合は、借り換え目的で審査に申し込んだことを必ず審査時に伝えてください。

通常のカードローンの借り入れとして申し込みをしたと思われると、審査に通過できる可能性が低くなってしまいます。

例えば、借入残高が50万円ある人が借り換えをしようと考えとします。

カードローン会社に何も伝えずに申し込みをすれば、50万円他社から借りている上にさらに50万円の限度額を希望しているので、合計100万円の借金をする人として審査されます。

しかし、あらかじめ借り換えが目的であることを伝えておけば、一時的には借り入れが100万円になるけれども、その後は既存の借入を返済するので、結果的に自社から50万だけを借りる人として審査してもらえます。

じぶんの状況をきちんと伝えるか伝えないかで、審査の状況も大きく異なってくるのです。

他社からの借入金額・借入件数をできるだけ減らしておく

4社以上から借り入れがある場合は、カードローンの借り換え審査にはまず通過できないものと考えておいてください。

どうしても借り換えをしたいなら、借り入れ件数を減らすべきです。

何とかして、最も金額が少ない借入先を完済しておきましょう。

借り換え審査申込時に虚偽の申告を絶対にしない

審査で少しでも良い印象を与えられるようにと、借り換え審査の申し込みの際にウソの内容を記入する人がいますが、虚偽申告は絶対にしてはいけません。

虚偽申告は絶対にダメ!

金融機関の担当者はお金を貸すプロですから、毎日数多くの申込者を見ています。

もし、申込内容に矛盾点があればすぐに気づきます。

他社からの借入を少なく申告しても、信用情報を調査すれば本当のことはすぐに分かります。

収入を多く申告しても、収入証明書の提出を求められれば嘘はすぐばれます。

カードローンなどの審査では信用が何よりも重視されますから、お金を借りる為に嘘をつく人だと判断されれば、カードローンの借り換え審査には通過できないでしょう。

年収や職業などの属性がどんなによくても、申込内容に虚偽があれば信用は得られません。

申告内容の記入ミスにも注意する

虚偽の申告だけではなく、申込内容の誤りにも注意しなければなりません。

カードローン会社にしてみれば、虚偽の申告であろうが記入ミスであろうが申込者が「正しくない情報」で申し込みをしたことに変わりはありません。

申込内容に間違いがあれば、虚偽の内容を申告したと疑われても仕方がないのです。

申込書の提出前には、よく内容を確認して誤りがないようにしておきましょう。

虚偽申告だと思われてしまうと、借り換え審査に通過できないだけではなく、今後のローン審査にも大きな影響が及びます。

借り換え審査の前に返済トラブルを起こさない

カードローン借り換え審査に申し込みをする前には、返済トラブルを起こさないようにしてください。

今利用しているカードローンの返済の負担が大きくても、借り換え審査前に返済トラブルを起こせば、信用情報にその情報が登録されてしまいます。

それが原因で、借り換え審査に通過できなくなってしまうかもしれません。

毎月の返済が苦しくて借り換えを検討しているという人は、返済に行き詰まってしまわないためにも、できるだけ早いうちに借り換え審査に申し込みをすることをおすすめします。

借り入れが複数あるならおまとめローンもおすすめ!

他社借り入れが複数あるなら、金利の高いカードローンだけを借り換えるより複数の借り入れを一本化してしまう方がメリットが大きいです。

借り換えとおまとめの違いは何でしょう?

借り換えはとは、現在利用しているカードローン会社から別のカードローン会社へと借入先を変更することを指します。

一方、おまとめとは、複数ある借り入れをひとまとめにして一社で借り換えることを指します。

カードローン会社によっては、借り換えローンもおまとめローンも同じ一つのサービスとして取り扱っているケースも多いので混同しやすいです。

それぞれ名称は異なりますが、内容的にはどちらも似たようなサービスなので特に気にすることはないでしょう。

どちらも支払利息や返済負担を減らすのが目的です。

ただし、おまとめローンには多重債務を防止する目的もあります。

おまとめローンで借金をまとめれば金利が下がる可能性がある!

1件ずつの借入金額が小さくても、いくつかある借り入れをひとまとめにすればまとまった金額になります。

利息制限法では借入残高によって上限金利が定められており、借入残高が大きくなるほど上限金利は低くなります。

借り入れの合計が100万円以上あればそれだけで金利は15%まで下がりますから、おまとめローンで1本化するメリットは大きいです。

【利息制限法による上限金利】

借入残高 上限金利
10万円未満 20.0%
10万円~100万円未満 18.0%
100万円以上 15.0%

おまとめローンなら返済日も1つにまとめられる

おまとめローンで借り入れを1本にまとめるメリットは、金利が下がることだけではありません。

借金を一本化することによって、これまで月に何度もあった返済日が月に一度になります。

返済日が月に一度に減れば、始終返済日を気にする必要がなくなります。

それだけではありません。

これまでは借り入れごとに返済日や返済金額、返済方法を把握して管理しなければなりませんでした。

しかし、おまとめをすれば1件分の返済日や借入金額を把握するだけで済みますので、借金の管理が非常に楽になります。

消費者金融のおまとめローンは総量規制対象外

借り入れが複数あると、おまとめローンで一本化する金額はどうしても大きくなります。

現在借りている金額を抱えた状態でローン審査に申し込むわけですから、おまとめローンの審査は非常に通過しにくにいです。

消費者金融のおまとめローンは金額が大きくても利用可能

本来、消費者金融には総量規制が適用されますので、年収の3分の1を超える貸付はできません。

ただし、消費者金融のおまとめローンは「顧客に一方的に有利な貸付」に当たるため、総量規制の適用外の扱いになっています。

現在借りている総額とおまとめローンでの借入希望額の合計が年収の3分の1を超えている場合でも借り入れ可能なのですね。

しかも「顧客に一方的に有利な貸付」にならないといけないので、審査に通過すればこれまでよりも確実に金利が下がります。

銀行カードローンはおまとめできなくなってきている

以前は、銀行カードローンをおまとめローンとして利用するケースが非常に多くありました。

ところが、2017年に銀行カードローン業界は自主規制を導入して総量規制を取り入れたため、銀行カードローンをおまとめローンとして利用するのが難しくなってしまったのです。

現在では、通常の銀行カードローンをおまとめローンとして提供している銀行は限定的です。

審査に通りやすいおすすめおまとめローンはこれだ!通過するためのポイントは?
「カードローンの借り入れを一本化して、返済を楽にしたい…」と悩んでいる人におすすめなのが「おまとめローン」です。 他社借り入れを一本化して、金利を下げることができるほか、返済日がまとまるので管理がしやすくなるというメリットがあります。...

カードローンの借り換えをする際に注意すべきこと

カードローンの借り換えの際には注意したい点がいくつかあります。

注意点をよく把握せずに借り換えをしてしまうと、借り換え以前より負担が大きくなってしまうことも…。

借り換えを成功させるためにも、注意点をよく把握しておきましょう。

金利の低さ・毎月の返済額の少なさだけで借り換えを決めてしまわない

毎月の負担を抑えるために借り換えをするのだから、金利や毎月の返済額が低いカードローンを選ぶのが当たり前だと考えていませんか?

確かに金利や返済額は重要なポイントですが、それだけを見て借り換え先を選んではいけません。

金利の低さだけで借り換え先を決めるのはNG!

楽天銀行カードローンとプロミスでそれぞれ100万円を借りた場合、返済回数や総返済額がどうなるか見てみましょう。

100万円を借りた場合の金利と毎月の返済額は、

  • 楽天銀行カードローン…金利14.5%、毎月の返済額15,000円
  • プロミス…金利15.0%、毎月の返済額26,000円
金融機関名 金利 毎月の返済額 返済回数 総返済額
楽天銀行カードローン 14.5% 15,000円 291回 2,381,236円
プロミス 15.0% 26,000円 53回 1,371,743円

金利はプロミスの方が高いですから、そこだけ見れば借り換え先として楽天銀行カードローンを選びたくなりますよね。

ところが、実際に楽天銀行カードローンで100万円借り換えて返済していくと、返済総額が元金の2.5倍近くにもなってしまいます。

プロミスと比べて100万円も余分に利息を支払わなければなりません。

また、完済するのに24年以上もかかってしまいます。

これはいったいどういうことなのでしょうか?

借り換え先の返済方式も考慮して!

銀行カードローンは、借入残高に応じて返済金額が減少していく返済方式を採用しているケースが多いです。

借入残高が減少するにつれて返済額も少なくなるので、返済が長期化しやすいのですね。

しかし、返済期間が長期化してしまっては、せっかく借り換えをした意味が薄れてしまいます。

借り換えローンを選ぶ際は、当初の返済金額だけ見るのではなく、返済方式もよく考慮する必要があります。

返済金額がどれくらい減少するか、返済額が少なくなった時もこれまでと同じ金額を返済するようにするのか、というところまでよく考えなければなりません。

借り換え先カードローンの利便性も十分考慮する

カードローンの借り換えは、返済の負担を小さくするのが目的ですからどうしても金利や返済金額に目が向いてしまって、カードローン自体の利便性については見落としがちです。

借り換え先のカードローンとは、完済までつきあっていかなければなりません。

せっかく借り換えのために審査まで受けるのですから、使いづらくて後悔することがないよう利便性にもしっかり目を向けてください。

返済方法が豊富にあるか

できれば、借り換え先には返済方法が多くあるカードローンを選びましょう。

返済方法が少ないと何かと不便です。

例えば、返済方法が口座引き落としだけに限定されると、返済日当日に口座残高の資金不足が判明しても、対処できないことがあります。

ATMやインターネットバンキングなどさまざまな返済方法があれば、代わりの方法で返済できるので遅延を防げます。

返済できるATMが生活圏内にあるか

返済の負担が小さくなっても、返済のためにわざわざ遠方まで足を延ばさなくてはいけないようでは手間がかかって仕方がありません。

返済に利用できるATMや店舗が生活圏内にあるカードローンを借り換え先として選びましょう。

また、返済が長期化すると手数料がかさみます。

手数料無料で利用できる提携ATMがあるかどうかも大きなポイントです。

口座開設の有無

銀行カードローンのなかには、利用条件としてその銀行の普通預金口座を保有していることが挙げられている商品もあります。

もし、その銀行の口座を持っていなければ、新しく口座開設をしなければなりません。

口座開設には手間がかかりますし、ローンカードとキャッシュカードが一体化している場合は、カードが郵送されるまではカードローン自体を利用できないこともあります。

カードローンを完済した後もその銀行の口座を活用するのなら特に問題はありませんが、口座開設をすれば口座を管理する手間が生じます。

通帳やキャッシュカードを管理するのは思いのほか面倒ですから、カードローンの借り換えのためだけに口座開設をすることが後々負担にならないかについても、よく考えてみてください。

借入希望金額に対する金利や返済額をよく確認しておく

先にも開設しましたが、見た目の金利だけで借り換え先を選ばないことです。

金利がどのように決まるか確認する

カードローンの金利は、審査によって決定されることもありますが、どちらかというと利用限度額によってきめられていることが多いです。

借入希望額に対する適用金利よくリサーチしたうえで、借り換え先カードローンを選択しましょう。

【限度額が100万円の場合の上限金利】

カードローン名 適用金利 100万円借りた場合の上限金利
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0% 12.0%
横浜銀行カードローン 1.5%~14.6% 14.6%
楽天銀行カードローン 1.9%~14.5% 14.5%
ソニー銀行カードローン 2.5%~13.8% 9.8%
住信SBIネット銀行カードローン 1.59%~14.79% プレミアムコース7.99%
スタンダードコース14.79%
プロミス 4.5%~17.8% 15.0%

まとまった金額を借りると、銀行カードローンと消費者金融とでほとんど金利が変わらないケースも出できます。

返済金額が適切かどうかを確認する

【100万円借りた場合の毎月の返済額】

カードローン名 最低返済金額
みずほ銀行カードローン 20,000円
横浜銀行カードローン 15,000円
楽天銀行カードローン 15,000円
ソニー銀行カードローン 12,000円
住信SBIネット銀行カードローン 15,000円
プロミス 26,000円

消費者金融は、追加借り入れをしない限り最後まで返済金額はずっと一定ですが、銀行カードローンは借入残高に応じて返済額が少なくなっていくことが多いです。

ただ、そうした返済方式だと返済期間が長期化しがちです。

借入残高が減少するにつれて返済額も減少していくとしたら、具体的にどのくらいの総返済額になるのか、事前に借り換え先金融機関に問い合わせるなどしたうえで審査を受けるようにしましょう。

多重申し込みをしない

早くこれまでよりも条件のいいカードローンに借り換えをしたくても、あちこちのカードローン会社に申し込みをするのは避けてください。

短期間に何社ものカードローンに申し込みをすると、「申し込みブラック」状態になってどの借り換え審査にも通過できなくなってしまいます。

申し込みブラックとは?

カードローン会社に申し込みをすると、「申し込みをした」という情報が個人信用情報に登録されます。

借り換え審査の際には、カードローン会社は申込者の信用情報をチェックしますので、同時期にいくつもの借り換え審査に申し込みをしていることは必ず知られます。

短期間のうちにあまりにも借り換え審査に申し込みをしていると、返済が苦しくて借り換えを急いでいるのではないかと疑われてしまいます。

そうなると、実際には返済能力には全く問題がないのに、どこからも借りられなくなってしまうのです。

最後に借り換えローンに申し込みをした日から6ヶ月以上たてば、カードローン会社への申込情報は削除されますが、その間は借り換えできません。

できるだけ早く借り換えをしたいときこそ、ゆっくり慎重に審査に申し込みをしていきましょう。

借り換えにおすすめの銀行カードローンはどれ?金利の負担を抑えよう
「現在利用しているカードローンの金利が高くて返済が厳しい…。」 カードローンを利用している人の中には、できればもっと金利の低いカードローンに借り換えをしたいと考えている人が多くいます。 支払利息や毎月の返済金額を抑えたいのなら、...

おわりに

カードローンの借り換え審査は、通常のカードローン審査より厳しく行われる傾向にあります。

まずは、自分の返済能力や信用度をよく把握してきちんと対策をとっておきましょう。
その上で、

  • 現在の返済条件や返済状況
  • 借り換え先の利用条件や返済条件

などを充分にリサーチしてください。

対策とリサーチがしっかりしていれば、借り換え審査通過のハードルはうんと低くなるでしょう。

ぜひカードローンの借り換え審査に通過して、返済の負担を減らしましょう。