ダイレクトワンの審査は時間がかからない?口コミを参考に解説

ダイレクトワン

スルガ銀行系列でありながら消費者金融として貸金業を営む「ダイレクトワン」。

一般的に消費者金融は審査が甘いとされていますが、ダイレクトワンの審査は甘いのでしょうか。

審査にかかる時間も気になるところですね。

この記事では、ダイレクトワンの審査が甘いのか、審査にかかる時間を実際に利用した人の口コミを交えて解説していきます。

ダイレクトワンで即日融資を受ける方法とより確実にさせるポイント
スルガ銀行がサービスを行っているダイレクトワンは、消費者金融でありながら即日融資の審査も通りやすいキャッシングです。 しかし確実に即日融資を利用するには、いくつかコツを駆使するのがおススメです。 そこで今回は、確実にダイレクトワ...
プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短1時間融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
公式サイトはこちら

ダイレクトワンの審査は甘くない!返済能力がなければ落とされます

結論から言うと、ダイレクトワンの審査は決して甘くありません。

一般的に、銀行系カードローンよりも消費者金融のほうが審査に甘いとされています。

ダイレクトワンは消費者金融であるので、確かに銀行系カードローンよりは審査は甘いです。

またアコムやプロミスなどの大手消費者金融と違って、ダイレクトワンは中小消費者金融です。

大手で審査落ちした人が中小へ申し込む傾向があるので、大手よりも審査基準は緩いと考えられます。

しかし、だからと言ってダイレクトワンが審査に甘いわけではありません。

安定した収入がなかったり、過去に返済トラブルを起こしていたりなど返済能力が低いと判断されれば、容赦なく審査落ちするでしょう。

またダイレクトワンをはじめとする消費者金融では、「総量規制」により年収の1/3以上を貸し付けすることを禁止されています。

既に借り入れ金が多いというのも審査落ちの原因となるのです。

ダイレクトワンの申し込み基準は?

そもそも、ダイレクトワンには申し込み基準が定められています。

この基準をクリアしていないと、申し込みをしても確実に審査落ちになってしまうのです。

ダイレクトワンの公式サイトには「20歳から69歳までの方で安定した収入のある方であればお申込みいただけます。」と記載されています。

つまり、19歳以下や70歳以上の人はダイレクトワンを利用することはできません。

またここで言う「安定した収入」とは、正社員としての収入だけでなく、派遣社員やアルバイト・パート、個人事業主も含まれています。

つまり20歳以上なら、学生や主婦であっても利用は可能であるということです。

しかし、収入のない専業主婦(夫)は利用することができません。

貸金業者によっては配偶者に安定した収入があれば利用できるところもありますが、ダイレクトワンの場合は利用不可です。

ダイレクトワンの審査の流れ

ダイレクトワンの審査は、次のような流れで行われます。

  1. 申し込み
  2. 仮審査
  3. 必要書類の提出
  4. 本審査
  5. 契約

ダイレクトワンへ申し込む方法は次の4つです。

  • Web
  • 電話
  • FAX
  • 来店

このうちのどれかで申し込みをし、その時に記入した情報を元に仮審査が行われます。

仮審査は「スコアリング方式」を採用しており、申込者の情報を点数付けして合格点を越えれば次に進めるという機械的な方法です。

結果が通知されると、次は必要書類の提出をします。

ここでは次のようなものが必要です。

  • 運転免許証または運転経歴証明書
  • 写真付きの住民基本台帳カード
  • 個人番号カード(表面のみ)
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

これらの用意が難しい人は、「パスポートまたは健康保険証+住民票」を準備しましょう。

本審査では担当者から電話が入り、本人確認と契約内容についての確認をします。

この確認が完了すれば契約成立となり、借り入れができるのです。

ダイレクトワンの審査スピードは早いの?審査が長引く原因は?

ダイレクトワンは、審査スピードが早いです。

平日の早い時間帯に申し込みをすれば、その日中に借り入れまで完了できる「即日融資」もできます。

また店頭での申し込みなら、最短30分でカードの発行まで完結させることも可能です。

しかし、次のような場合は審査が遅くなる可能性があります。

  • 申し込みが混み合っている
  • 記入内容に誤りがある

申し込み数が殺到しているタイミングに申し込みをしてしまうと、さばき切れずに審査が長引く可能性があります。

時間に余裕を持って申し込みをすると、混雑を避けられるでしょう。

また申し込み時に記入した内容に誤りがあると、その確認のために審査が長引いてしまう可能性があります。

最悪の場合、審査落ちの原因となることも。

そのため、情報は正確に記入するようにしましょう。

審査に通過しやすい人の特徴

ダイレクトワンをはじめ、カードローンや消費者金融の申し込みを通過しやすい人には次の特徴があります。

  • 収入が安定している
  • 他社からの借り入れが少ない
  • 過去に返済トラブルを起こしていない

まず、収入が安定していること。

正社員だと特に審査通過率は高いと言えますが、アルバイトやパートなどで高収入ではないとしても毎月一定の給料が入っているなら審査通過はできます。

また返済能力があって他社からの借り入れが少ない人は、貸し付けをしても問題なく返済可能と判断されて審査に通過することができます。

返済トラブルを過去に起こしていないことも、審査に通過する上で重要な要素です。

長期延滞や債務整理などを起こしていると、通称「ブラック」という状態になり信用情報機関に5年間はその記録が残ります。

その記録は貸金業者の間で共有されるので、他社で返済トラブルを起こしているとダイレクトワンの審査に落ちる可能性が高いです。

審査ではどのような情報が点数が高いのか

それ以外にも、審査時には次のような情報もプラスとされています。

  • 年齢が若い
  • 同じ勤務先への勤続年数が長い
  • 年収が高い
  • 課長や部長など、高い役職に就いている
  • 大企業に勤めている
  • 同じ家に長く住んでいる
  • 持ち家がある
  • 同居している家族が多い
  • 固定電話がある

例えば高齢の人よりも、若い人のほうがこれから収入が上がっていく可能性は高いですよね。

また同じ勤務先で長く勤めているのは、収入が安定していると判断され審査にはプラスになります。

もちろん収入が多いということや、大企業で高い役職に就いているというのは返済能力を証明するのに重要な要素です。

また家についての情報も、同居家族が多いというのはそれだけ家族を養えているということが分かり、同じ家に長く住んでいるのも安定した生活が送れていることが伺えます。

このように、「どのような人が返済能力が高いか」というのを考えると、どの情報がプラスとされるかが分かりますね。

ダイレクトワンの良い口コミ・悪い口コミを紹介!

前の章では、ダイレクトワンの審査が甘くないこと、審査の内容やどのような人が審査に通過しやすいのかなどについて解説しました。

ダイレクトワンなどカードローンや消費者金融の利用は、Webサイト上で口コミを確認することができます。

そこでこの章では、ダイレクトワンの良い口コミと悪い口コミの両方について見ていきましょう。

ダイレクトワンの良い口コミ

債務整理を完済した3年後、希望額の30万円で可決してもらいました。
土曜日にWebで申し込みをして、必要書類などのアップロードは日曜日に行い、月曜日には申し込み詳細の電話が入りました。

30代女性の派遣社員で、年収は400万円、4社から90万円を借り入れしていましたが通過できました。
火曜日に申し込みをして、当日には審査結果が出ました。
翌日にはカードが郵送で届きました。

月曜の夜にWebで申し込みをしました。
必要書類を送って水曜日には審査通過の電話がありました。
途中で携帯の操作がうまくいかずに何度も電話をしましたが、翌日の木曜日には郵送でカードが届きました。

本人確認書類を送って、在籍確認がスムーズに進んだので即日融資ができました。

窓口で申し込みをしたら30分で手続きが完了しました。

ダイレクトワンの悪い口コミ

申し込み時に根掘り葉掘り聞かれました。

窓口で自分の給与明細を持って行ったところ、主人の給与明細や、毎月の支払い(電気、ガス、水道、生命保険など)もチェックされました。

審査は早いけど、他社と比べると金利が高いです。

他で否決された人でも貸し付けしているから仕方がないとは思いますが。

窓口で借りると手数料はかかりませんが、振込だと手数料がかかります。

Webで申し込みをしたら、借り入れまで2日から3日かかりました。

専業主婦なのですが、申し込みをしたところあっさり否決されました。
やはり収入がないとダメなのかと。

ダイレクトワンの口コミ総評

口コミをまとめると、ダイレクトワンはこのような特徴があると推測できます。

  • 審査が早い
  • しかしWebからの申し込みだと審査完了まで時間がかかる
  • 収入や支出の状況確認をしっかりされる
  • 金利は他社に比べて高め
  • 専業主婦だと利用できないが、女性でも収入があれば利用できる

基本的にはこの記事で解説した内容通りですね。

ダイレクトワンは店舗で申し込みをすると、最も早く審査完了するようです。

反面ネットで完結させようとすると、審査に時間がかかるとのこと。

また大手と比べて中小消費者金融は申し込みが少ないので、多少属性が悪くても審査通過できるようです。

しかしブラックの状態になっていると、審査落ちする可能性が高いです。

もちろんネット上に書かれた匿名の情報なので、全てを鵜呑みにするのは危険でしょう。

しかし参考程度にこのようなことを知っておくと、判断材料として利用できますね。

大手の消費者金融でもダメならダイレクトワンを利用してみよう

この記事では、ダイレクトワンの審査内容や、審査スピードについて、また口コミについて解説しました。

ダイレクトワンはブラックだったり無職で収入がなかったりすると借り入れができないため、決して審査が甘いというわけではありません。

しかし収入がちゃんとあって大きな返済トラブルを起こしていなければ、審査に通過し利用することができます。

大手の消費者金融でも審査に落ちてしまって、なるべく早くお金の借り入れをしたいという人はダイレクトワンに申し込みをしてみるとよいでしょう。