なぜキャッシング審査に落ちてしまうのか?審査に時間をかけないことが大切

お金を借りる

キャッシングを決意して申し込んだ消費者金融銀行。
ですがそこから実際にキャッシングを行う前にその業者基準の審査を受けることになります。
この審査を無事通過することができないと、そこからお金を借り入れることはできません。
もしこの審査に落ちてしまったとしたら、その落ちた理由がかならずあります。
そもそも申し込むための条件を満たしていなかった。申込内容に誤りがあった。または信用情報に問題があったという理由が最も多い理由で、その消費者金融や銀行が定めた基準を満たしていない信用情報だったならお金を借りることはできません。
それらカードローンなどでキャッシングを行う前の審査に落ちてしまう理由について、今一度確認してみましょう。


プロミス
プロミス
おすすめポイント
  • 最短1時間融資も可能
  • はじめての方は30日間利息0円!
  • Web完結申込みなら郵送物なし!
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
公式サイトはこちら

キャッシングの審査で落ちてしまった時に考えられる理由2つ

理由がないと審査に落ちたりしません。しかし審査に落ちてしまう人の理由なんてほとんど似通っているものであることがほとんど。その理由を今一度確認しておきましょう。

属性がその消費者金融などに認められなかった

属性とは申し込んだ人が今現在どんな状況で生活しているのか。その人の細かい個人情報のことです。
その人が今何歳なのか。どこで働いていて、どんな働き方なのか。そこでどれくらいの期間働いていて、年収の額はどれくらいなのか。
それらの情報が特に大切で、お金を貸す側からすれば貸したお金が帰ってこないのが一番の問題なので、その人がどれくらい支払い能力を持っているのかをより重要視するというわけです。
この年収はたくさんもらっていれば良いということでもなくて、その収入が定期的で安定したものか。
不定期な収入ではないのか。それが大切なのです
銀行カードローンではなく消費者金融からのキャッシングならパート・アルバイトの収入でも、その収入が安定したものなら問題なくお金を借り入れることができる場合が多いです。
そしてそんな収入周りの情報以外にも、家族構成や結婚しているのか、持ち家に住んでいるのかなど、援助を受けられるのか否か細かい情報を見てお金を貸すかどうかの判断が下されることになります。どれくらい生活に安定感があるのかが大切なのです。
銀行カードローンなんかの審査だと、より厳しくこの属性が良いものかどうかを見られるので、より良い条件でキャッシングを行うためにはここに気をつけておく必要があります。

信用情報に問題があった

信用情報に問題がある状態というのは、過去のキャッシングにトラブルが起きていたという情報が残っている状態のことを言います。
例えば1年以内にキャッシングを行っていて、そこで借り入れたお金を返済するのが遅れていた場合。その返済遅延の情報は不利です。
または債務整理を行って、それからあまり時間が経っていなかった場合。
その情報により信用情報が悪いものになってしまっていたとしたら、審査に落ちてしまう可能性をより高くしてしまうでしょう。
他には過去のキャッシング履歴に問題がなかったとしても今現在キャッシングを同時に複数社から行っていた場合。
この情報も貸金業者側から返済能力を疑われる原因になってしまいます。
もしも複数のキャッシング会社からお金を借り入れており、さらにお金を借りる必要性を感じておりそこで受けた審査に落ちてしまったとしたら、それは複数の業者からお金を借りていることが原因かもしれません。
まずはお金を借り入れているキャッシング件数を減らすことから考えましょう。

消費者金融や銀行からお金を借り入れるために申し込むと、その業者基準の審査を受けることになります。
この審査を無事に通らないと、その業者や銀行からお金を借り入れることはできません。
そしてここで行われることになる審査。これに要する時間が一体どれくらいの長さなのか。
それもその消費者金融や銀行によって異なります。
時間をかけずに即日キャッシングでお金を借り入れることを考えているのにその前段階の審査で時間がかかってしまうところに申し込んでもその願いはかないません。

  1. 審査に申し込む前の注意点
  2. 審査に時間がかからない消費者金融
  3. 審査を早く終わらせるためのコツ

最近のキャッシングは以前にも増して早さ勝負。より時間のかからないキャッシングのためにはどこに申しこめば良いのでしょうか。


審査に申し込む前の注意点

もしも申し込んだその日のうちにお金の借入を完了できる即日キャッシングを希望しているのなら、まずは審査に関するポイントをいくつか注意しておかないといけません。

タイムリミットを意識しておく

いつ申し込んでも早い審査と融資でお金を借り入れることができないことは理解できているでしょうか。
早い時間帯に申し込んでその後の審査まで終わらせておかないと、即日キャッシングを行うことはできないのです。
例えばプロミスからお金を借り入れるためにホームページや電話から申し込む方法なら、平日の14時頃までに申し込んで審査を終わらせておかないと早い借入を行うことができません。
ネットや電話での申し込みにこだわらないのなら、自動契約機を使った申し込みを行うことで21時など遅い時間の申し込みが可能です。

審査基準を満たしているか

自分はその申し込む業者から借り入れることができるだけの条件を満たしているのか。それを確認しておくことも大切です。
申し込みを行ったのにその消費者金融や銀行の審査に落とされてしまっては、その申込に使った時間をロスしてしまいます。
時間を無駄にしないためにも自分の身の丈にあった業者に申し込みを行うことを心がけておきましょう。


審査に時間がかからない消費者金融

消費者金融といえばキャッシングに時間がかからない会社が多いことでおなじみです。
その中でもサービス面など総合的におすすめの業者を2社ご紹介します。

プロミス

プロミス-300x250

  • 金利:4.5~17.8%
  • 審査時間:最短30分
  • 融資時間:最短1時間
  • 申込方法:ネット・電話・自動契約機・店頭・郵送

大手消費者金融プロミスから借り入れるメリットは、なんといっても審査時間を最短30分で済ますことができるのが魅力。
ホームページから申し込むと画面に仮審査結果が表示されるので、それにより仮とはいえ審査結果を知ることができるのは魅力です。
キャッシングを急いでいる方で、自動契約機や店舗に行く余裕も無い方には、振込キャッシングでお金を借り入れることも可能です。

SMBCモビット

SMBCモビット-300_250-20190819

  • 金利:3.0~18.0%
  • 審査時間:最短30分
  • 融資時間:最短即日
  • 申込方法:ネット・電話・自動契約機・郵送

SMBCモビットも申し込んでから最短30分で終わらせることができる審査に対応していますし、SMBCモビットはWEB上で申し込みから借入までの手続きを完結させることができるWEB完結キャッシングというサービスを売りにしていますから、主にWEB上でキャッシングを行う予定のある方におすすめの消費者金融です。


審査を早く終わらせるためのコツ

まず第一に、審査時間の短い業者を選んで申し込むことが大切です。
その貸金業者に申し込んで実際の審査にかかる時間を実際の利用者が残した口コミなどをしっかり確認しておきましょう。
そしてもう一つ忘れがちなのが、必要書類をしっかり用意しておくこと。
どの業者や銀行に申し込むのかでも必要書類の種類は多少変わりますが、どの業者からの借入にも共通して必要になるのが本人確認書類です。運転免許証や健康保険証など本人の個人情報を確認できる書類がこれにあたります。
ですがこれを用意するのは時間をかけなくても良いはず。問題は大手消費者金融から50万円以上借り入れるときなど、特定の条件で必要になる収入証明書です。
給与明細や源泉徴収票など、これらを用意するのには少し時間がかかることもあるでしょうから、これらの書類を準備するのに不要な時間をかけないようにしましょう。


自分にあったキャッシングを利用して

銀行からお金を借りるには、それに見合った属性を持っていることが条件となります。
収入は十分なのか。正社員として働いているのかを自分で考えてみて、自分はそれだけの条件を満たしていないと思ったなら、それより審査基準が甘い大手消費者金融や信販会社のカードローンの審査に申し込んでください。
それにも落ちてしまってもまだ規模の小さい消費者金融のカードローンやフリーローンに申し込むという選択肢もあります。
あなたに一番適したキャッシングはどこの業者や銀行からの借り入れでしょう。